2019年1月16日(水)リニューアルオープン! 新宿駅南口徒歩5分。ディスクユニオン唯一の'60年~'70年代の洋楽ロック新品/中古 CD・DVD専門店です。 Allman Brothers Band / Beatles / Bob Dylan / David Bowie / Eric Clapton / Grateful Dead /Jimi Hendrix / Led Zeppelin / Rolling Stones...の王道ロックをはじめ、PSYCH / GARAGE / SOFT ROCK / AOR / SSW / FOLK / HARD ROCK等といった、クラシック・ロック全般を濃く深く取り揃えております。買取は常時大募集中でございます。ロック査定専門スタッフがお客様のコレクションを一点一点丁寧かつ、適正価格で高額買取いたします!

クリムゾン、日本アセンブル仕様盤遂に入荷!クルアンビン国内盤各種!特典缶バッジ!話題のストレンジャー・シングスの最新サントラも! 本日の新品新入荷 7/12(金)

★40thアニヴァーサリー・ボックス・シリーズ最終章!17CD+2DVDオーディオ+4ブルーレイ。制作サイドが40thアニヴァーサリー・ボックス・シリーズ中最長・最大の収録時間に挑戦すると豪語する巨大ボックス!

●キング・クリムゾン / ヘヴン&アース 1997-2008:日本アセンブル仕様盤 国内CD 40,000円(税込) (DGM/WOWOW ENTERTAINMENT / KCCBX14JPN / 2299990675772)
※価格は予定価格です。変更になる場合も御座いますので、予めご了承くださいませ。

●ライセンス・カンパニー正規輸入盤:23枚組輸入ボックス日本アセンブル仕様
(ボックス、ディスクは輸入盤:英国DISCIPLINE/PANEGYRIC: 17CD+2DVD+4Blu-Ray)

●日本アセンブル盤のみ別途特製BOXキットを添付
(詳細は決定次第、追ってご連絡致します。)

40thアニヴァーサリー・ボックス・シリーズ最終章!
17CD+2DVDオーディオ+4ブルーレイ。制作サイドが40thアニヴァーサリー・ボックス・シリーズ中最長・最大の収録時間に挑戦すると豪語する巨大ボックス!

恒例・日本アセンブル特典ボックス収録の紙ジャケットは今回、既発紙ジャケット・タイトルとのダブりが一切ない日本アセンブル特典ボックス・オリジナル全種初出紙ジャケット20枚+『ヘヴン&アース 1997-2008』オリジナル紙ジャケット収納ボックスとこれがなくては始まらない上西園 誠・訳のブックレット付き!

■現在では製造中止となっているProjecKctシリーズの諸作品とダブル・デュオ期作品『ザ・コンストラクション・オブ・ライト』&『ザ・パワー・トゥ・ビリーヴ』の新規ステレオ・ミックス+5.1chサラウンド・ミックスを収録!

■CDは17枚。『ザ・コンストラクション・オブ・ライト』&『ザ・パワー・トゥ・ビリーヴ』に加え、ProjecKct 1から4までを各1枚ずつ+大量の初CD化クリムゾン・ライヴ音源で構成される。

■2枚のDVDオーディオ(企画段階ではDVDオーディオ・フォーマット採用を予定していますがオーディオ収録DVDに変更される可能性もあります)には『ザ・コンストラクション・オブ・ライト』&『ザ・パワー・トゥ・ビリーヴ』の新規ステレオ・ミックス+5.1chサラウンド・ミックス+エクストラ・コンテンツを収録!

■4枚のブルーレイは今回のボックスの目玉となる。テーマは容量の限界への挑戦!2枚のオーディオ収録ブルーレイに存在するProjecKct 1-6の全ライヴ音源とProjecKct Xを含む過去にリリースされた全ProjecKct作品を網羅。この部分だけで実現すれば70時間を超える巨大アーカイヴとなる。
これに加え、『ザ・コンストラクション・オブ・ライト』&『ザ・パワー・トゥ・ビリーヴ』の新規ステレオ・ミックス+5.1chサラウンド・ミックス+エクストラで1枚。

最後の1枚はスタンダードレゾリューションながら2000年に企画されたが、当時のネット配信技術の限界から不発に終わったBootleg-TVマテリアル(映像)をありったけ収録。総収録時間10時間にも及ぶ映像アーカイヴBDディスクとなる。

CD 17枚 : 『ザ・コンストラクション・オブ・ライト』&『ザ・パワー・トゥ・ビリーヴ』の新規ステレオ・ミックスに加え、ProjecKct 1—4までを各1枚で振り返る他、ダブル・デュオ期、ミレニアム・クリムゾン期のライヴ音源で構成される。ライヴ音源部分には初CD化音源多数!
DVDオーディオ1: 『ザ・コンストラクション・オブ・ライト』40thアニヴァーサリー・ステレオ&5.1chサラウンド・ミックス+モア

2000年に発表された『ザ・コンストラクション・オブ・ライト』新規ステレオ・ミックス&5.1chサラウンド・ミックスにエクストラ・マテリアルを追加したもの。

DVDオーディオ2: 『ザ・パワー・トゥ・ビリーヴ』40thアニヴァーサリー・ステレオ&5.1chサラウンド・ミックス+モア

2003年に発表された『ザ・パワー・トゥ・ビリーヴ』新規ステレオ・ミックス&5.1chサラウンド・ミックスにエクストラ・マテリアルを追加したもの。

Blu-ray 1: ProjecKct 1、3、4、6ライヴ!+ProjecKct作品集
ProjecKct 1、3、4、6までの現存するすべてのライヴ音源と過去に発売されたProjecKct作品を網羅!

Blu-ray 2: ProjecKct 2 ライヴ!
ブルーレイ・ディスクの大容量をフルに活用し、30公演以上のProjecKct 2ライヴを収録! ProjecKct シリーズの中でも最も公演数の多かったProjecKct 2 - 1988年ツアーを網羅! 勿論、東・名・阪でおこなわれたジャパン・ツアーもコンプリート収録!(現状では何公演収録かは発表されていませんが’98年ツアー音源全35公演をコンプリート収録となるとこのディスクのみで約46時間超えとなります)

Blu-ray 3: ハイレゾ版『ザ・コンストラクション・オブ・ライト』&『ザ・パワー・トゥ・ビリーヴ』
40thアニヴァーサリー・シリーズ用ニュー・ミックスの最終章! 新規ステレオ・ミックス&5.1cbサラウンド・ミックス+エクストラ&ボーナス・マテリアルを追加収録!

Blu-ray 4: Bottleg TVアーカイヴ
2000年当時企画された映像版コレクターズ・クラブ構想。2000年ツアーのほとんどのコンサートから4曲ずつ残されたBottleg TV用映像素材を集めたもの。スタンダード・レゾリューションながら総収録時間は10時間にも及ぶ空前のスケールの映像ブルーレイ・ディスクだ!

【17CD+2DVD-AUDIO+4Blu-ray(計23枚組)】




★BOWIE初のヒットとなった69年"SPACE ODDITY"の50周年を記念してオリジナル・モノ・シングル音源がスペシャル2X7"ボックス・セット・リイシュー!


●DAVID BOWIE / SPACE ODDITY (50TH ANNIVERSARY 2 X 7" BOX SET) 輸入7" 4,860円(税込) (PARLOPHONE / 190295473792 / 0190295473792)
2NDアルバム『DAVID BOWIE』からの先行カット・シングルとして69年7月11日にシングル・リリース、ほどなくチャート1位を獲得し、BOWIE初のUKヒットとなった初期の代表曲"SPACE ODDITY"。スタンリー・キューブリック監督「2001年宇宙の旅」に影響を受けて作られた本作ですが、発売から5日後7月16日のアポロ11号の打ち上げ(月面着陸はさらに8日後の7月24日)という歴史的出来事とも相まって世界的にも大ヒットを記録しています。

DISC 1には、"SPACE ODDITY"のオリジナル・モノ・シングル・エディットとオリジナルBサイド同様の"WILD EYED BOY FROM FREECLOUD"をフィーチャー。

さらにDISC 2には、両曲のTONY VISCONTIによる2019年3月のブランニュー・ミックスをコンパイル。

RAY STEVENSON撮影による69年11月30日にLONDON PALLADIUMで開催された「SAVE RAVE '69」コンサートでのステージ・ショット(そのバックにはNASAの宇宙飛行士の姿が)と、オリジナルの広告プリントとを両面に配したダブル・サイド・ポスターに加え、JOJANNEKE CLAASSEN撮影によるプロモ・シングル・カヴァー・フォト・セッションからのオルタネイト・ショットをフィーチャーしたプリントとインフォメーション・カードが付属。

オリジナル・モノ・シングルのカヴァーにはレアなUKプロモーショナル・ピクチャー・スリーヴを復刻採用し、レーベル面にもオリジナルのPHILIPSのトレードマークをフィーチャー。オリジナル・アナログ・シングル・マスター・テープからのリマスター。

2019年ミックスのジャケット・デザインにはポスター同様のRAY STEVENSONによるステージ・ショットの別ヴァージョンを採用しています。







★77年5THがリマスターCDリイシュー!
Running On Empty
●JACKSON BROWNE / RUNNING ON EMPTY (CD) 輸入CD 1,944円(税込) (ASYLUM / 603497863327 / 0603497863327)
SSWというスタイルを確立させた最重要アーティストにして、70年代のウエストコースト・ロックを代表する至上のシンガー・ソングライターJACKSON BROWNE。「70年代最高の詩人」「真のアメリカを語る真のロック・アーティスト」「アメリカを代表する偉大なるシンガー・ソングライター」など世界中から惜しみない賞賛を受け、2004年にはロックの殿堂入り、2007年にはソングライターの殿堂入りも果たした偉人です。

プロフェッショナルなミュージシャンと共にサウンドを強化した76年前作『THE PRETENDER』の発表後、ロック・アーティストとしての存在感をシーンに見せつけていったBROWNE。ツアー中の生活をそのままドキュメント的に捉えた異色の作品にして、彼のキャリアにおいて大きな成功を収めることとなった名作です。

77年8月17日から9月18日にかけて、バック・ミュージシャン達とともに敢行したツアーの模様を生々しく捉えるべく制作された本作は、ステージ上でのライヴ・パフォーマンスに加え、ホテルの部屋やバック・ステージのリハーサル・ルーム、ツアー・バスでの演奏までを収録。通常のライヴ作品とは全く違う、当時としては(現在でも)非常に革新的な手法でレコーディングされたまさしく金字塔的作品に仕上がっています。

ギターのDANY KORTCHMAR、フィドルとラップ・スティールのDAVID LINDLEY、キーボードのCRAIG DOERGE、ベースのLELAND SKLAR、ドラムのRUSS KUNKEL、そしてバック・グラウンド・ヴォーカルのDOUG HAYWOODとROSEMARY BUTLERという西海岸最高の布陣が顔を揃えた名演のオンパレード。

キャメロン・クロウがかつて「ライヴ・アルバムというより、もはやライフ(人生の)レコーディング・アルバムだ」と称したこの作品は、全米チャート3位を記録、その後65週にわたりチャート・インし続け、全米のみで700万枚を超えるセールスを記録、7Xプラチナム・ディスクを獲得する彼のキャリアに置いても最も大きな商業的成功を収めた傑作です。

本人監修による最新リマスター。





★2018年ライヴがCDリリース!

●SUPERSONIC BLUES MACHINE / ROAD CHRONICLES: LIVE! (CD) 輸入CD 1,944円(税込) (PROVOGUE / PRD75922 / 0819873019435)
僅か14歳でプロ・ミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせ、LUCKY PETERSONバンドやBUDDY MILES EXPRESSの一員としても活動するテキサスのメガトン級ブルース・ロック・ギタリストLANCE LOPEZを中心に、STEVE LUKATHERとの仕事やメロディック・メタル・バンドの活動でも知られるイタリア生まれNY在住ベーシスト/プロデューサーFABRIZIO GROSSI、JOHN MELLENCAMPを長年支えた強力ドラマーKENNY ARONOFFの3名によるブルース・ロック・トリオ、SUPERSONIC BLUES MACHINE。

2018年7月20日、イタリアはブルニェーラ公演を収録。

2017年の2ND『CALIFORNISOUL』を引っ提げたバンド初となるヨーロッパ・ツアーからの一夜。"I AM DONE MISSING YOU"、"ELEVATE"、"BAD BOYS"といった新作楽曲はもちろんのこと、2016年1ST『WEST OF FLUSHING』からの楽曲を中心に、スペシャル・ゲストとしてZZ TOPのBILLY F. GIBBONSを迎えた"LA GRANGE"、"DUST MY BROOM"といったZZ TOPナンバー、MUDDY WATERSの"GOT MY MOJO WORKING"や"GOING DOWN"といったブルーズ・カヴァーまでを披露する熱い名演を繰り広げています。現代UKを代表するブルース・ロック・ギタリストKRIS BARRASも参加しています。





★78年ライヴ音源がリマスターCDリリース!

●FOREIGNER / LIVE AT THE RAINBOW '78 (CD) 輸入CD 1,944円(税込) (RHINO / R2591282 / 0603497851898)
78年4月27日、ロンドンはRAINBOW THEATER公演を収録。

元SPOOKY TOOTHのMICK JONESと元KING CRIMSONのIAN MCDONALDを中心に英米混合のメンバーで構成、ハード・ロック~AOR的サウンドを鳴らし人気を博した名うての実力者揃いのスタジアム・ロック・バンドFOREIGNER。全米チャート最高位4位を記録し、その後約1年にわたり全米チャートのトップ20をキープした77年3月のデビュー盤『FOREIGNER (邦題:栄光の旅立ち)』を引っさげたロンドンでの一夜。2019年3月には映像作品とデジタル配信のみでリリースされていた彼らの初期のライヴ音源がファン待望の音盤化です。

"LONG, LONG WAY FROM HOME"で幕を開けたこの夜は、"FEELS LIKE THE FIRST TIME"や"COLD AS ICE"といったヒット・シングルに加え、78年6月に発売を控えた2ND『DOUBLE VISION』からの新曲2曲"HOT BLOODED"、"DOUBLE VISION"も披露。その確固たるミュージシャンシップに裏打ちされた素晴らしいパフォーマンスで観客に目くるめく時間を提供、まさしく栄光の旅立ちといった初期の名演を捉えています。

「1978年はバンドにとって間違いなくマジカルな年だったよ。イギリスに戻って、あの伝説的なRAINBOWでヘッドラインのコンサートをするなんて、本当に夢が叶った瞬間さ。観客も素晴らしかったしあれ以上に最高なものなんて望めなかったよ。」
--- MICK JONES





★国内盤は特典缶バッジ!クルアンビン再来日記念で各種リリースあります!

【特典】

国内盤CDのみ缶バッチ特典付き!




●クルアンビン / ユニバース・スマイルス・アポン・ユー 国内CD 1,944円(税込) (BEAT RECORDS、NIGHT TIME STORIES / BRC606 / 4523132224633)
フジロックフェスティバル'19出演記念!

メロウでエキゾなミッドナイト・ファンクで世界中の人気者となったクルアンビン!全曲初CD化となる来日記念と合わせてボーナストラック追加収録で再発!

メロウ・グルーヴ・マスターとして人気を博すボノボに見いだされたのをきっかけに、60~70年代のタイ音楽や東南アジアのポップ・ミュージックに影響を受けたメロウでエキゾなソウル~ファンク・サウンドが瞬く間に評判を呼んだデビュー・アルバム。現在ライブの冒頭を飾る人気曲で、アナログ盤にのみシークレット・トラックとして収録された「Bin Bin」を追加収録。
・日本盤CD(解説付・ボーナストラック追加収録)

・紙ジャケット仕様






●クルアンビン / コン・トード・エル・ムンド 国内CD 1,944円(税込) (BEAT RECORDS、NIGHT TIME STORIES / BRC607 / 4523132246079)
フジロックフェスティバル'19出演記念!

メロウでエキゾなミッドナイト・ファンクで世界中の人気者となったクルアンビン!全曲初CD化となる来日記念と合わせてボーナストラック追加収録で再発!

タイ・ファンク、AOR、ソフト・ロックからハワイアンまで飲み込んだ越境グルーヴ道を究めに極め、世界中でブレイクを果たした大人気の2ndアルバム。日本盤CD化にあたり、辺境レアグルーヴ・ファンに人気のレバノン音楽の巨匠、エリアス・ラーバニのカバー「Dance of Maria」を追加収録。

・日本盤CD(解説付/ボーナストラック追加収録)
・紙ジャケット仕様






●クルアンビン / 全てが君に微笑む 国内CD 2,376円(税込) (BEAT RECORDS、NIGHT TIME STORIES / BRC605 / 4523132116457)
フジロックフェスティバル'19出演記念!

メロウでエキゾなミッドナイト・ファンクで世界中の人気者となったクルアンビン!全曲初CD化となる来日記念盤発売決定!

タイ・ファンクをルーツに持ち、独自のメロウ・グルーヴを纏ったその越境的なサウンドで今や世界中のオーディエンスから指示されるテキサスのグルーヴ・トリオ、クルアンビンが全公演ソールドアウトとなった2019年3月の初来日ツアーに続く、待望のフジロック出演を記念して日本独自企画盤『全てが君に微笑む』をリリース!本作には、日本ツアーでも披露され、ライブの定番曲としても人気の高い「The Infamous Bill」や「The Number 4 」、YMOバージョンでも知られる「Firecracker」や、セルジュ・ゲンズブールの名曲「LaJavanaise」のカバーなどこれまでに発表されたシングル、EPからアルバム未収録かつ初CD化となる全10曲を収録。また彼らの日本愛が現れたオリジナル・アートワークを纏ったファン必携の一枚!




●クルアンビン / ハスタ・エル・シエロ-コン・トド・エル・ムンド・イン・ダブ 国内CD 2,006円(税込) (BEAT RECORDS、NIGHT TIME STORIES / BRALN50DUB / 4523132080505)
●KHRUANGBIN / HASTA EL SIELO(CON TODO EL MUNDO IN DUB) 輸入CD 1,890円(税込) (NIGHT TIME STORIES / ALNCD50DUB / 5060391092270)
国内仕様解説付CD

♨木霊するミッドナイト・ファンクの世界♨ 

クルアンビン人気作のダブ盤発売決定!!!!!!!!!!

世界中の音楽が溶け合った深い水の底に、クラシックなソウル、ダブ、サイケデリアを注ぎ込んだミッドナイト・ファンクで人気を博すグルーヴ・トリオ、クルアンビンの大ヒット・セカンド・アルバムに待望のダブ盤が登場!!紅一点ローラ・リーのふくよかなベースラインとドナルド "DJ" ジョンソンのミニマルなドラムのスペースとテクスチャーを全面に引き出しながら、マーク・スピアーのギターやマリンバの滴がエキゾな波紋を広げるタイトル通り昇天必至の仕上がり!

さらに、バンドが愛してやまない伝説的ジャマイカ人プロデューサー、サイエンティストによるボーナス・ダブも2曲収録。







★世界中で話題沸騰! 7月4日に配信がスタートしたNetflixオリジナル作品『ストレンジャー・シングス 未知の世界3』サウンドトラック!80'sクラシックの数々とキャストによる「Never Ending Story」のカヴァーを収録!

●V.A. / STRANGER THINGS: SOUNDTRACK FROM THE NETFLIX ORIGINAL SERIES, SEASON 3 輸入CD 1,944円(税込) (LEGACY RECORDINGS / 19075947532 / 0190759475324)
7月4日に配信がスタートする、Netflixの人気ドラマシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界3』のサウンドトラック盤。80年代のアメリカ・インディアナ州を舞台に、SF・ホラー映画へのオマージュ満載で描かれるこの作品は、2016年にシーズン1がスタートするや瞬く間に世界的な大ブームとなった。今作は、80年代のヒット曲満載のサンドトラック盤。ドラマのファンは勿論、80’sコンピレーションとしても楽しめる1枚です。 







ETERNAL GROOVESの新作が到着!  本日の新品新入荷 7/11(木)

★ETERNAL GROOVESの新作が到着!




●ビートルズ / スターズ・オブ・'65 国内CD 2,484円(税込) (ETERNAL GROOVES / EGDR-0106 / 4589767512460)
★ビートルズの未発表ライヴ・シリーズ第6弾!
★『ヘルプ!/四人はアイドル』を発表し充実期の65年のライヴ傑作選!
★地元英国でのNME人気投票コンサート、全5曲完全収録。
★英国TV特番「ナイトアウト」での「イエスタディ」など全6曲完全収録。
★ETERNAL GROOVESから、デジパックで登場!

ビートルズの貴重な未発表ライヴを年代順に追いかけるライヴ・シリーズ。第6弾は、いよいよ1965年に突入です。

前年11月に世界初のフィードバック・ギター・サウンドをイントロに取り入れた「アイ・フィール・ファイン」をヒットさせたビートルズ。1965年に入ると、2作目の主演映画『ヘルプ!/四人はアイドル』の撮影と、サントラのレコーディングも始まり、多忙を極める中、アイドルからの脱皮を予見させる告白調の歌詞で歌われる「ヘルプ!」や、弦楽四重奏を施した「イエスタディ」といった傑作を生み出して行きます。

そんな時期のビートルズのライヴは、まず1965年4月の英国音楽誌N.M.E.の人気投票コンサートから5曲収録。ロンドンの大観衆の中、その「アイ・フィール・ファイン」や、2日前にシングル発売された「涙の乗車券」が早くも演奏されています。ここでのジョンはスタジオ盤と同じくギブソンJ-160E(エレアコ)を使って「アイ・フィール・ファイン」を弾いています。以降はリッケンバッカー(エレキ)で弾くことになるので貴重ですね。

2月から始まった映画撮影の合間を縫って、彼等は欧州ツアーも敢行。2週間程のそのツアーの音源は、ほとんど発見されておらず、初のイタリア・ローマ公演(7月27日)から、わずか2曲ほどですが「セニューレ」とイタリアの司会者の紹介から始まる貴重な放送用ライヴ音源を収録しました。途中までですが「I'M A LOSER」はこの時期のみのレアな演奏です。

そして8月には、『HELP!』の映画とアルバム発売に合わせて、英国TVでの特別番組『BLACKPOOL NIGHT OUT』に出演。アンソロジー映像版でも数曲取り上げられた重要なライヴです。「イエスタディ」など新曲を中心に全6曲のライヴを完全収録。

最後にボーナストラックとして、時期が遡りますが、米国TV「シンディグ!」用にロンドンで収録されたライヴから「KANSAS CITY / HEY HEY HEY」など3曲を追加収録。

世界中で人気が爆発したさなか、レノン&マッカートニーの作曲能力も冴え渡り、レコーディングにも果敢に挑戦していったザ・ビートルズの飛躍の年、1965年のライヴ集です。

当時の状況、背景などを記した日本語解説を内ジャケに掲載。

ETERNAL GROOVESよりデジパックCDで登場です。

★日本著作権協会JASRAC許諾商品 
★GETTY IMAGES JAPANのライセンス写真使用ジャケ




●バーズ / ミスター・タンブリン・マン・セッション 国内CD 2,484円(税込) (ETERNAL GROOVES / EGRO-0026 / 4589767512569)
★ザ・バーズの1965年、初期傑作アルバム・別バージョン集!
★きらめく12弦ギター!鮮やかなスタジオワークス!
★「ミスター・タンブリン・マン」メイキング音源も!
★ETERNAL GROOVESの"ROCK OFF"シリーズから登場!

元祖アメリカン・フォーク・ロック! ザ・バーズの、1965年のハリウッドのスタジオで行われたファースト・アルバム「ミスター・タンブリン・マン」と、セカンド・アルバム「ターン・ターン・ターン」のレコーディング・セッションから、別バージョンなど貴重音源を収録。12弦ギターの魔法使いロジャー・マッギン。ソングライターとして天賦の才を放つジーン・クラーク。後にCSNYを結成し西海岸ロックのレジェンドとなるデヴィッド・クロスビー。フライング・ブリトー・ブラザーズやマナサスで伝説を残すクリス・ヒルマン。そんな、のちのロックのレジェンド達を生んだザ・バーズ。

まず伝説のスタートとなった1965年1月20日の「ミスター・タンブリン・マン」の録音では、12弦エレキ・ギターを弾くロジャー・マッギンしか演奏参加はできず、ハル・ブレイン(DRUMS)やレオン・ラッセル(KD)のバック演奏に、メンバーがボーカルを乗せ「ミスター・タンブリン・マン」が完成します。しかし3ヶ月後のアルバム・レコーディングの際はメンバーもしっかり演奏して成長ぶりを発揮します。そんなセッションから、名曲「すっきりしたぜ/I'LL FEEL A WHOLE LOT BETTER」やビートルズの「恋をするなら」に流用される「THE BELLS OF RHYMNEY」、そして「IT'S NO USE」など7曲の別バージョンを収録。

セカンド・アルバムのレコーディングからは、歌入れ前の演奏トラックのセッションから公式テイクとは違うバージョンを8曲収録。いろんなテイクを重ねる音源の中から、完成バージョンに至る前の興味深いテイクばかり。幻の曲といわれたクロスビー作の「STRANGER IN A STRANGER LAND」は、後の「EIGHT MILES HIGH(霧の8マイル)」などサイケ・ロックへと繋がる歴史的ナンバーですが、ここにはジャム・セッション風に演奏が始まるアーリー・テイクを収録しました。

そして最後には、その「ミスター・タンブリン・マン」録音時のセッションから、4テイクを収録。TAKE1ではプロデューサーであるテリー・メルチャーが演奏にストップをかけ、TAKE2前にはハル・ブレインと思われるスネアのロール音や声のカウントも。フィル・スペクターやビーチ・ボーイズに重用されたバック・ミュージシャン~レッキング・クルーの温かみある演奏もさすがです。そこにバーズのボーカル・ハーモニーが乗ると一瞬であのバーズ・サウンドが現出します。一大ブームとなる、フォーク・ロックが誕生する刹那。米国ロックを先導したザ・バーズの素晴らしい貴重音源集です。

当時の状況、エピソード、曲目などの日本語解説文を内ジャケに掲載。

ETERNAL GROOVESの"ROCK OFF"シリーズから登場!

★日本著作権協会JASRAC許諾商品
★GETTY IMAGES JAPANのライセンス写真使用ジャケ




●イモン&ガーファンクル / マンチェスター 1967 国内CD 2,484円(税込) (ETERNAL GROOVES / EGRO-0027 / 4589767512576)
★英国グラナダTVに残された未発表スタジオ・ライヴ完全版!
★「ザ・サウンド・オブ・サイレンス」、「59番街橋の歌」。美しいハーモニーが響きます。
★「7時のニュース/きよしこの夜」は、ニュース朗読と合奏するアルバム版の再現ライヴ!
★ETERNAL GROOVESの"ROCK OFF"シリーズから登場!

1966年の傑作『パセリ・セージ・ローズマリー&タイム』発表後の絶好調の時期に、英国マンチェスターにて収録されたフォーク・デュオ時代の最重要ライヴと言える素晴らしい未発表ライヴ! 英国グラナダTVによりマンチェスターのスタジオで1967年3月に収録され、5月2日に放送されたライヴ番組。TV用として映像も残されたのですが、2015年に突如発見されるまで、放送された事実を含め、知られることのなかった貴重なパフォーマンスです。フォーク・ロックの時代の幕開けと共に脚光を浴び、1966年に「ザ・サウンド・オブ・サイレンス」が一気にブレイク。そんな時でも、彼等のライヴは一切飾ることなく、アコギ1本と2人のボーカルのみという構成。ポール・サイモンは6弦と12弦のギターを使い分け、チューニングを自在に操りながらの素晴らしいギター伴奏と、アート・ガーファンクルの澄み切ったボーカル。たった二人だけのシンプルな演奏だからこそ際立つ名演です。収録は1時間近くにも及び、破格の放送時間枠といえます。おそらくすべてが放送されたわけではないのでしょう。しかし、ここには収録された全18曲を完全収録しました。

ステージは初期の彼等の重要曲「私の兄弟」から幕を開けます。友人であった公民権活動家が殺害された事件を歌っています。続いてセカンド・アルバムから「木の葉は緑」と「とても変わった人」を演奏。これは、不遇時代にポールが過ごした英国で作られた曲だからでしょう。そして当時の最新アルバムであった『パセリセージ・ローズマリー&タイム』から、英国での初のチャート・イン曲「早く家へ帰りたい」。12弦ギターに持ち替えて、アートの澄んだボーカルが美しい「エミリー・エミリー」。P・サイモンのフィンガー・ピッキングと2人のハーモニーが絶妙な「夢の中の世界」。特に「7時のニュース/きよしこの夜」のここでのライヴ・テイクは、アルバムと同じように、アナウンサーによるニュースの読み上げと合奏されており、ほぼ今まで明らかにされていなかった初公開となる貴重テイクです。さらに人気曲「クラウディ」や、当時の最新シングル「冬の散歩道」、「AT THE ZOO」も披露。最後は最大のヒット曲「ザ・サウンド・オブ・サイレンス」まで、緩急を自在に操りながら2人の呼吸もぴったりの、全54分のコンサート。ハロー暗闇よ、僕の友達よ。沈黙の音はまだ鳴っていますか?激動の60~70年代、僕等の日々はS&Gと共にありました。静謐さが胸を打つ幻のライヴが、52年の時を越え甦ります。

当時の状況、エピソード、曲目などの日本語解説文を内ジャケに掲載。

ETERNAL GROOVESの"ROCK OFF"シリーズから登場!

★日本著作権協会JASRAC許諾商品
★GETTY IMAGES JAPANのライセンス写真使用ジャケ




●ビーチ・ボーイズ / サマーデイズ(&サマーナイツ!!)・セッションズ 国内CD 2,484円(税込) (ETERNAL GROOVES / EGRO-0028 / 4589767512583)
★好評!アルバム毎の別バージョン&メイキング音源シリーズ! 
★名曲「カリフォルニア・ガールズ」のメイキンング・セッション収録。
★33年間封印される幻の曲「SANDY」の1965年バージョン、2テイク収録。
★ETERNAL GROOVESの"ROCK OFF"シリーズから登場! 

ザ・ビーチ・ボーイズのアルバムごとのセッション別バージョンを集めた ETERNAL GROOVESレーベルの人気シリーズ。今回は、通算10作目のアルバム『サマーデイズ(&サマーナイツ!!)』。1965年3月に傑作アルバム『トゥデイ』を発表してからわずか4ヶ月後。また夏が来て、ザ・ビーチ・ボーイズの新作が出ない訳には行きません。もちろん親会社キャピトル・レコードからも夏発売のアルバム制作の指令が出ます。そんな無茶振りに応えてしまうブライアン・ウィルソンの天才ぶりにも驚愕です。3月から開始したレコーディングは、最新の8トラック録音機材を導入し、ブライアン・ウィルソンも水を得た魚のように、陽気に爽やかに、・・しかし鬼気迫るアレンジを見せ傑作アルバムを作り上げます。ポップス界に輝く金字塔「カリフォルニア・ガールズ」と、全米1位を記録する「ヘルプ・ミー・ロンダ」も収録されました。

ここには、そんな名作の別バージョンを、ワーキング・マスターから、制作途中段階のベーシックな演奏トラックに、コーラスパートやリード・ボーカルを追加録音していく過程をとらえた音源を収録。アルバム曲順通りに別テイクとメイキング(歌無しバージョン)を収録し、曲の完成していく様子をイメージしやすい曲順としました。モータウン・サウンドを意識したオープニング曲「THE GIRL FROM NEW YORK CITY」。「AMUSEMENT PARKS USA」は歌詞が違う初期バージョンと、そのベーシック・トラック。ブライアンのコンソール・ルームからの威勢のいい声から始まる「SALT LAKE CITY」TAKE.9はインストのみですが、公式版にはない2小節のイントロがついた非常にレアなテイクです。名曲「カリフォルニア・ガールズ」はラフ・ミックスに加え、ブライアンが演奏について的確なアドバイスをコンソール・ルームから送り、レッキング・クルー(スタジオ・ミュージシャン)達と、伴奏トラックを作り上げる様子が聴けるメイキング・セッション音源も追加収録。また、幻の曲として、33年後の1998年にブライアンのソロ・アルバムに歌詞とタイトルを変えて発表されるまでお蔵入りとなる「SANDY」を、後半にわずかだけ歌が登場するボーカル入りテイク(おそらく歌詞が未完だったのでしょう)と、インストとして聴いても美しいバッキング・トラックの2テイク収録しました。青い海、輝く太陽、白いビーチにビキニのカリフォルニア・ガールズ。1965年の夏、ザ・ビーチ・ボーイズの傑作アルバムの貴重音源集です。

当時の状況、エピソード、曲目などの日本語解説文を内ジャケに掲載。

ETERNAL GROOVESの"ROCK OFF"シリーズから登場! 

★日本著作権協会JASRAC許諾商品 
★GETTY IMAGES JAPANのライセンス写真使用ジャケ




●クリーム / ロンドン・ギアーズ 1967 国内CD 2,484円(税込) (ETERNAL GROOVES / EGRO-0029 / 4589767512590)
★1967年、ロンドンを熱狂させたクリームの未発表ライヴ!
★リッキー・ティック・クラブでの1967年1月ライヴ、7曲。
★マーキー・クラブでの1967年5月ライヴ、8曲。
★ETERNAL GROOVESの"ROCK OFF"シリーズから登場!

1967年はクリームにとって、いやロック史にとっても記憶に残されるべき年です。66年12月にデビュー・アルバムをリリースしたクリームは、67年になると、その演奏力が発揮できる場所・・ライヴ・ステージを何度も重ねて、その噂は英国だけにとどまらず世界を駆け巡っていました。そして米国の名門アトランティック・レコードとの契約を獲得。後にブルース・ロックの歴史的名盤となる2枚目のアルバム『カラフル・クリーム (DISRAELI GEARS)』を5月に録音し秋にリリースします。

ここに収録したのはそんな時期の2つのライヴ。まずは1967年1月の地元ロンドンの小さめの会場、リッキー・ティック・クラブでの激烈なるライヴから7曲。このクラブは、ヤードバーズが出演したミケランジェロ・アントニオーニ監督の映画「欲望」でのライヴ・シーンが撮影された会場でもあります。バンド・コールのあと、クラプトンの声のカウントも聞こえてくる臨場感のなか、5月に録音する「サンシャイン・ラブ」も既に披露していますが、アルバム版と違い、ここではアップテンポで、いきなり1曲目からフル全開というべき演奏です。E・クラプトン、J・ブルース、G・ベイカーという強烈なる個性の3人が、演奏する喜びやこのバンドへの手ごたえを感じているのがこちらにも伝わってくるような熱量マックスのライヴ!

そして次に収録したのは、バンドの成長を促したプロデューサー、F・パパラルディとの2NDアルバム『カラフル・クリーム』録音後の1967年5月の地元ロンドンの著名ライヴ・ハウス、マーキー・クラブでの秘蔵ライヴ。公式な録音ではなく、音質クオリティに多少難はあるのですが、バンドが急成長するこの時期に、老舗マーキー・クラブという場所で繰り広げられた強烈なるライヴの前ではそんな事も気にならない歴史的音源です。レコーディング直後で発表前の「WORLD OF PAIN」、「DANCE THE NIGHT AWAY」のライヴは珍しく、「SWEET WINE」後半ではクラプトンの強烈なギター・ソロが聞け、観客が熱烈な拍手を送っています。1967年春のロンドン。ジミ・ヘンドリックスはパープル・ヘイズをヒットさせ、ビートルズはサージェント・ペパーズを発表しようとしていました。スウィンギング・ロンドンにサイケデリックの波が押し寄せる、まさにそんな時代の空気を感じて頂けたらと思います。そんな時代、1967年のクリームの未発表ライヴです。

当時の状況、エピソード、曲目などの日本語解説文を内ジャケに掲載。

ETERNAL GROOVESの"ROCK OFF"シリーズから登場!

★日本著作権協会JASRAC許諾商品
★GETTY IMAGES JAPANのライセンス写真使用ジャケ



★ヴィンテージ・ソウル発掘レーベルSOUL 4 REALから秘蔵デモ名曲2曲がファン待望の7"シングル・カット!

●DAN PENN / BLUE IN THE HEART / TIME TO GET OVER YOU (7") 輸入7" 2,160円(税込) (SOUL 4 REAL / S4R07 / 2299990799528)
アラバマ州ヴァーノン生まれ。CONWAY TWITTYのヒット曲"IS A BLUE BIRD BLUE"や、CHIPS MOMANとの共作による"DO RIGHT WOMAN, DO RIGHT MAN"、プロデューサーも務めたBOX TOPSの"THE LETTER"などなどなど数多の名曲を量産。盟友SPOONER OLDHAMとのコンビで同州マッスル・ショールズのサザン・ソウル至宝レーベル/スタジオFAMEの専属ライターを務めるなど、米国のポピュラー~ソウル音楽史における最も重要なソングライターの一人として 世界中のスワンプ・ロック/サザン・ソウル・ファンに愛されたDAN PENNことWALLACE DANIEL PENNINGTON。

世に出た音源以上に多くの優れた楽曲を残していた彼の埋もれた仕事は2000年代以降に発掘デモCDシリーズとして掘り起こされますが、今回その中でもよりマイナーながらも良曲として愛される2曲がファン待望のアナログ音盤化となりました。女性ソウル・シンガーIRMA THOMASの00年作『MY HEART'S IN MEMPHIS - THE SONGS OF DAN PENN』に取り上げられ、2014年リリースのデモ・シリーズ第3弾『I NEED A HOLIDAY』に収録された"BLUE IN THE HEART"をA面に、ケイジャン・レジェンドJO-EL SONNIERの共作で2017年の第4弾『SOMETHING ABOUT THE NIGHT』に収録された"TIME TO GET OVER YOU"をB面にコンパイル。

400枚限定盤。









レコード・コレクターズ / 2019年8月号 入荷しました!

★最新号入荷!
レコード・コレクターズ2019年8月号
●レコード・コレクターズ / 2019年8月号 国内書籍 823円(税込)
【特集】ザ・ローリング・ストーンズ『ロックン・ロール・サーカス』

『ベガーズ・バンケット』のリリース直後の1968年末に、ジョン・レノンやザ・フーらの豪華なゲストを集めて、ローリング・ストーンズが制作したテレビ番組「ロックン・ロール・サーカス」は、斬新なコンセプトとヴィジュアルを擁しながらも放映されず、幻の映像として長く陽の目を見ることはありませんでした。大変な話題となった96年の公式発売を経て、4Kの映像と追加コンテンツを伴って再発されるこのタイミングに、当時の英国ロック・シーンの結節点ともなったこのプログラムを再検証します。
今も強烈な輝きを放つ、一つの時代の終わりと始まりの記録(大鷹俊一)
なぜ“サーカス”なのか?(佐野ひろし)
ミュージシャン自身の主体性が呼び寄せた最先端の個性(若月眞人)
『ロックン・ロール・サーカス』全曲ガイド(青山陽一)
番組制作に至るまでの事情と収録の実際を改めて検証(犬伏功)
60年代ローリング・ストーンズの“映像作品”解説(赤岩和美)
テレビ・メディアの可能性を活かした60年代の音楽特別番組(赤岩和美)

【特集】追悼 ハル・ブレイン
本誌でもおなじみのフィル・スペクターやビーチ・ボーイズなど、1960〜70年代のロックンロールやアメリカン・ポップス作品でその特徴的な演奏を聞かせた、ドラマーのハル・ブレインが3月に亡くなりました。西海岸のスタジオ・ミュージシャンの集団、レッキング・クルーの一員として一時代を築き、数多くのヒット曲をその技術で支えてきたトップ・ドラマーの名演を味わいながら、その功績を偲びたいと思います。
ハル・ブレイン・ヒストリー(木村ユタカ)
名演60選(萩原健太、片島吉章、ガモウユウイチ)
ハル・ブレインのソロ・アルバムほか(澤山博之)
 
YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)
結成40周年の、SACDハイブリッド/LP2種による最新リマスタリング・シリーズ第3弾(武田昭彦)
キング・クリムゾン
初登場音源やライヴ音源/映像等を集大成した圧倒的な情報量──『ヘヴン&アース 1997-2008』(石川真一)
ブライアン・イーノ
“サウンドトラック作品”の枠を超え支持され続けてきた『アポロ』が、リマスター版+新曲で甦る(田山三樹)
デフ・レパード
昨年に続いての『CDコレクション』第2弾はレア音源ディスクが3枚にも及ぶ90年代編(杉原徹彦)
追悼 ロッキー・エリクソン
“ゾンビと歩んだ”テキサス・サイケの怪人──その足跡を辿る(湯浅学)
RCAグルーヴィー・ソングバーズ
名門レーベルにひっそりと眠る女性シンガーの好音源を詰め込んだ長門芳郎監修コンピ第2弾(中村彰秀)
冨田恵一(冨田ラボ)
インタヴュー〜06年の名作『Shiplaunching』がニュー・ミックス仕様のSACD/アナログでリリース(松永良平)
島田奈美
インタヴュー〜シティ・ポップをキーワードに再評価が進むアイドル時代の楽曲を“島田奈央子”が語る(池上尚志)
THE WEIGHT BAND
リトル・フィートのギタリスト二人も加わった、ザ・バンドの名曲をグループ名に冠したバンドが間もなく来日(遠藤哲夫)

REGULAR CONTENTS
リイシュー・アルバム・ガイド
国内外でリリースされた幅広いジャンルの旧音源コンピレーションや再発アルバム、映像作品をくわしく紹介。音楽そのものはもちろん、リマスターやパッケージの出来にまでこだわって、豊富な知識をもつ執筆陣が徹底チェックします
*今月のリリース情報…紙ジャケット、生産限定盤などの予定も可能な限りお伝えします
*ニュー・アルバム・ピックアップ…ヴェテランの新作から注目の新人まで、編集部が選んだおすすめの新録アルバム
インフォ・ステーション……ニュース、書評、コンサート情報など
[連載]ミュージック・ゴーズ・オン〜佐藤優介(柴崎祐二)/桑本正士が写した音楽と記憶の風景(長門芳郎)/ビートルズ来日学(宮永正隆)/ブリティッシュ・ロックの肖像(富岡秀次)/ヴィクター・ハーバートから夢綴るロスト・アメリカーナ(高橋健太郎)/大鷹俊一のレコード・コレクター紳士録/続・蒐集奇談(岡田則夫)/ちょっと一服(コモエスタ八重樫)/DJフクタケのゆるみっくす7”/ウィ・ヒア・ニュー・サウンズ(武田昭彦)/赤岩和美の海外盤DVD&Blu-rayロック映像情報/初盤道(真保安一郎)/和久井光司のアナログ奇聴怪会/Legendary LIVE in U.K.(写真=イアン・ディクソン)






MSI新譜など連日良質入荷続いてます~! 本日の新品新入荷 7/10(水)

★MSIから新作入荷!



●V.A. / お楽しみはこれから~あなたの知らないソフト・ロック名曲選第三集 国内CD 3,348円(税込) (MSI / MSIG1314 / 4938167023364)
1960年代末から70年代初頭にかけて発表された「知られざる」ソフト・ロックの名曲を集めた豪ティーンズヴィル編集のコンピレーションの第三弾。緻密なアレンジ、軽快なメロディ、魅惑的なハーモニーからなる多幸感溢れるサウンドで気分はもう桃源郷!

今回はビーチ・ボーイズの影響を強く感じさせるスプリング・フィーヴァー、サンライズ・ハイウェイ、キューバ出身のアイドル、ルイス・ブラボー、ゲイリー・アッシャーの曲をカヴァーしているファインダーズ・キーパーズ、後にアル・クーパーのプロデュースでアルバム・デビューすることとなるマイケル・ゲイトリー、スティーヴ・バリがプロデュースしたバリー・ゴードン、スナッフ・ギャレットがプロデュースしたジェシー・ロペスにエターナル・フレイム、日本では「セーラー・ボーイ」のヒットで知られるシェリー・シスターズ、山下達郎の楽曲の英語詞を手掛けたことでも知られるアラン・オデイ、そしてミュージカル歌手として活動していたバーブラ・ストライサンドが初めて録音したポップ・ソングなど全33曲を収録。

詳細な英文解説の対訳付。




●V.A. / ウディ・ガスリー・オールスター・トリビュート・コンサート1970 国内DVD 3,672円(税込) (MSI / MSIDV046 / 4938167023371)
ボブ・ディランの師としても知られるアメリカン・フォークの巨人、ウディ・ガスリー(1967年没)を偲んで1970年9月12日ロサンゼルスのハリウッド・ボウルで行われたトリビュート・コンサートを収録したDVD。

69年公開の制作、脚本、主演を務めた『イージー・ライダー』のヒットで当時アメリカン・ニューシネマの旗手として人気絶頂だったピーター・フォンダがホストを務め、ウディ・ガスリーに影響を受け60年代のフォーク・ブ―ムの中心人物だったジョーン・バエズ、ランブリン・ジャック・エリオット、オデッタ、ピート・シーガー、カントリー・ジョー・マクドナルド、リッチー・ヘヴンス、そしてウディ・ガスリーの息子で前年に自身のヒット曲を基に映画化された『アリスのレストラン』の主演も務めたアーロ・ガスリーが参加。ウディ・ガスリーの代表曲「我が祖国」「栄光への途上」「900マイル」「みのりの牧場」「アイ・エイント・ガット・ノー・ホーム」など19曲を収録。解説: 宇田和弘。





★初期レコーディングスがCDリイシュー!

●PAUL SIMON / THE EARLY YEARS VOL 1 輸入CD 1,944円(税込) (GREY SCALE / GSGZ160CD / 5056083202737)
11歳でART GARFUNKELと出会った事ではじまったPAUL SIMONの音楽キャリア。6年生の卒業時には2人で「不思議の国のアリス」に出演、13歳で共に歌うようになり、ときどき学校のダンス会で演奏していたといいます。彼らのアイドルだったEVERLY BROTHERSに憧れ2パートのハーモニー・ヴォーカルを模倣したデュオを結成しつつ、SIMONはジャズやフォーク、ブルース、特にWOODY GUTHRIEやLEAD BELLYへの興味を強めていきました。12歳か13歳のときにはデュオの為に初めての楽曲"THE GIRL FOR ME"を書き下ろしています。

57年のミッド・ティーン時にはTOM & JERRYの名で"HEY, SCHOOLGIRL"を録音。まさしくEVERLY BROTHERSスタイルのフレッシュなコーラス・ロックンロールでBIG RECORDSからデビューを果たした彼らですが、TOM & JERRY名義での活動とは別にJERRY LANDISやPAUL KANE、TRUE TAYLOR等の変名を用いいくつかのソロ活動もしていたPAUL青年。複数のNYの出版社と契約しデモ・シンガーとして残したデモやアウトテイクなど、未発表録音を含むロックンロール、ポップ、ティーン・ソングな貴重音源がてんこ盛り、SIMON & GARFUNKEL結成前の64年までに残した全34トラックをコンパイル。ART GARFUNKELのARTIE GARR名義シングル音源2曲も含んでいます。





★68-69年FMラジオ放送用ライヴ音源が4CD化!

●SCOTT WALKER / LIVE ON AIR 1968 - 1969 (4CD) 輸入CD 3,780円(税込) (LONDON CALLING / LC4CDBOX2 / 5053792300235)
60年代にTHE WALKER BROTHERSとしてデビューし、DAVID BOWIE、U2、THE SMITHS、RADIOHEAD、ALEX TURNER (ARCTIC MONKEYS)、BRIAN ENO、DAMON ALBARN (BLUR)にまで影響を与えたUK音楽界で最も重要なシンガー・ソングライターSCOTT WALKER。

BBCで放送された自身のテレビ番組から、スペシャル回だった68年8月16日と68年12月30日、通常回の69年3月11日、69年3月18日、69年3月25日、69年4月1日、69年4月8日、69年4月15日のセッション音源を一挙コンパイル。スペシャル・ゲストとしてBLOSSOM DEARIEやKIKI DEE、DUDEY MOORE、BILLY PRESTON等々も参加しています。ライヴ・パフォーマンス自体がレアなWALKERの名演を堪能できるファン必携盤です。

フル・カラー16ページ・ブックレット。





★ベスト・コレクションがお買い得3CDリリース!

●EVERLY BROTHERS / THE GOLD COLLECTION (3CD) 輸入CD 1,080円(税込) (MY GENERATION MUSIC / MGM033 / 5060442751156)
歴史上の兄弟の中でもっともロックンロールしている2人、DONとPHILのEVERLY BROTHERS。

"BYE BYE LOVE"、"WAKE UP LITTLE SUSIE"、"RIP IT UP"、"MAYBE TOMORROW"などなどなど、全60トラックに及ぶオール・タイム・クラシックス・コレクションの登場です。




★74年リリースの初期音源コンピレーションがCDリイシュー!

●JOHN DENVER WITH THE MITCHELL TRIO / BEGINNINGS 輸入CD 1,620円(税込) (GONZO MEDIA GROUP / HST501CD / 5056083203666)
ここ日本でも「耳をすませば」ヴァージョンで広く知られる名曲"COUNTRY ROAD"でおなじみ、70年代アメリカを代表する国民的シンガー・ソングライターとして愛された大御所JOHN DENVER。

HARRY BELAFONTEに認められ、BYRDSのROGER MCGUINNが初期に客演、DYLANの"BLOWIN' IN THE WIND"をかなり早い段階で取り上げるなど、60年代モダン・フォークを語る上で外せないトリオTHE CHAD MITCHELL TRIOからCHAD MITCHELLが脱退、THE MITCHELL TRIOとしての再出発に際し開かれたオーディションで選ばれデビューしたのが、若きJOHN DENVERにとってのキャリアのスタートでした。

JOHN DENVERがソロとして成功を収めたのちの70年代になってリリースされた回顧盤コンピレーションが本作。65年8月にリリースされたCHAD無し編成による1ST『THAT'S THE WAY IT'S GONNA BE』からの5曲に、同年12月の2ND『VIOLETS OF THE DAWN』からの5曲、さらにシングル楽曲やBサイド楽曲をコンパイルした全12曲を収録しています。





★Serge Fiori(g/flu/vo)、Michel Normandeau(g/vo)、Louis Valois(g/b/key/vo)により'73年結成されたCanada:QuebecのProgressive/Folk Rockシーンを代表する名バンド、Canada:CBSから発表された'80年二枚組Live盤がCanada:Unidiscから2枚組CDで'19年再発!

●HARMONIUM / EN TOUREE 輸入CD 3,240円(税込) (UNIDISC / TACD4587 / 0064027458718)
'76年作『L'HEPTADE』発表後の'77年6月加Vancouver:Par Radio-Canada公演を収録。全編'76年作収録曲で構成されつつ、随所にそのハイ・レヴェルな演奏力を駆使してのインプロを織り交ぜた白熱の演奏を余さず収録。QuebecのみならずCanadaシーンきってのSymphonic色を持つTrad/Folk Rockバンドだけに、Studio作でも味わえる繊細な音色と豊穣な音空間はそのままに、Liveバンドとしての魅力も全編でたっぷりと堪能できる素晴らしいLive盤です。








★Canterbury Musicの起源にしてシーンを代表する名バンド、英CBSから発表された'72年作が蘭Music On CDから'19年再発CD化!

●SOFT MACHINE / FIFTH 輸入CD 1,728円(税込) (MUSIC ON CD / MOCCD13752 / 8718627228999)
旧アナログのA面にPhil Haward/B面にNUCLEUSJohn Marshallの二人のドラマーをそれぞれ迎えた録音、彼らの作品の中では最も正調Jazzの色合いを打ち出し当時のバンドへのJazzからの影響力と、常に新しい“音”を追い求めるバンドの先進性が伺える快作です!

マスターは既発の'07年リマスター音源を使用。

ボーナス・トラックとして'07年欧Sony再発CDにも収録されていた'All White(Take Two)'を収録。
【2007 Remaster/Bonus Track1曲収録】





再入荷!
★現行サザン・ロック有望株の2018年デビュー作がCDRリリース!

●JP SOUTHERN BAND / WHO I AM (CDR) 輸入CD-R 1,944円(税込) (JP SOUTHERN RECORDS / / 0194171114137)
CD-R商品は、一部の機器(パソコンなど)で再生・読み込みの際に不具合が生じる場合がありますので、予めご了承ください。

すでにそれぞれ20年選手だというリード・ギターDREW JONESとリード・ヴォーカル/リズム・ギターのBILLY POTTERを中心にヴァージニア州南西部ウィズビルで活動するサザン・ロック・アクトJP SOUTHERN BAND。

GOV'T MULE、BLACK BERRY SMOKE、ALLMAN BROTHERS、LYNYRD SKYNYRDといった偉大なる南部の先達から、AC/DC、ALABAMA、GARTH BROOKS、AEROSMITH、NORAH JONESにB.B KINGまでの幅の広さに影響を受けた彼らが奏でるモダーンかつヴィンテージなパワー・ハウス・スタイルのプレイが全10曲。彼らの生活する地域の物語をベースに、サザン・ロックにR&B、ブルース、アウトロウ・カントリーまで多岐に亘りながら愛と情熱が迸る名演に仕上がっています。





ロックン・ロール・サーカスがリマスター&リストア再発!まずは輸入盤到着!BIGPINK新作やABS改め北里彰久の新作も! 本日の新品新入荷 7/9(火)

★ロック史に残る伝説的ステージ。68年のお蔵入りBBC TVスペシャルで残された幻のライヴ音源が2CDリイシュー!

●ROLLING STONES / ROCK AND ROLL CIRCUS (2CD) 輸入CD 2,808円(税込) (ABKCO / 7185542 / 0018771855422)
「ロックンロールとサーカスの融合」をコンセプトにROLLING STONESの企画・製作によって実現したテレビ放映用の伝説のライヴ・オン・ステージ。実際には様々な要因によりその後30年近くに亘り封印され続け、96年になってようやくVHS/LD/CDとして日の目を見た曰く付きの作品です。

仮装させたファン・クラブの会員をオーディエンスに迎え、収録は何度もリハーサルや撮り直しをしながら68年12月10日の昼頃から12日の午前6時過ぎにかけてウェンブリーにあるスタジオにて行われています。製作に当たってはSTONESが自ら50000ポンドを出資。映像監督はこの後すぐBEATLESのドキュメンタリー名作「LET IT BE」も手掛けるMICHAEL LINDSAY-HOGGが担当しています。

68年12月6日にリリースされたばかりの『BEGGARS BANQUET』を引っさげた オリジナル・ラインナップにNICKY HOPKINSとROCKY DIJONを加えたROLLING STONESを中心に、ゲストにはTHE WHOや当時MICKの恋人だったMARIANNE FAITHFULL、当時デビューしたばかりのJETHRO TULL、収録当時英国への入国許可が得られていなかった筈のTAJ MAHAL、YOKO ONOらを招待した豪華なステージ。

自分たちの出来に満足いかなかったことがお蔵入りの一端とも言われた当のSTONESは全く十分にロウでパワフルな演奏を披露。結果的にBRIAN JONESの最後のステージを捉えたロック史的にも貴重な記録となりました。

また伝説化の大きな要因の一つ、ここでしか聴く事のできないロック・ファン垂涎の一ステージ限りの超豪華スペシャル・タッグ・バンド、ギター/ヴォーカルにJOHN LENNON、リード・ギターにERIC CLAPTON、ベースにKEITH RICHARDS、そしてJIMI HENDRIX EXPERIENCEのドラマーMITCH MITCHELLが参加したTHE DIRTY MACも、この11月にリリースされた『WHITE ALBUM』からラウドで贅沢すぎる長尺の"YER BLUES"を炸裂させています。

そんな大充実の本編に加え、まさかの"REVOLUTION"のリハーサル演奏などこれまでまったく世に出ることのなかったTHE DIRTY MACによる未発表の2トラック、TAJ MAHALによるさらなる3曲に、本場ヨーロッパで高い評価を得たアメリカの正統派ピアニストJULIUS KATCHENの演奏等、未発表のエクストラ・トラックをボーナス追加したファン必携の驚愕アーカイヴとなっています。

サウンドトラック音源は最新ミックス&192K 24 BIT HDリストア。



★ロック史に残る伝説的ステージ。68年のお蔵入りBBC TVスペシャルで残された幻のライヴ音源が豪華4KレストアBLU-RAY+DVD+2CDデラックス・エディション・ボックスでリイシュー!

●ROLLING STONES / ROCK AND ROLL CIRCUS (4K RESTORATION BLU-RAY+DVD+2CD) 輸入CD+BLU-RAY(ブルーレイ) 8,424円(税込) (ABKCO / 8120039 / 0038781200395)
サウンドトラック音源は最新ミックス&192K 24 BIT HDレストア。

BLU-RAYはコンサート・フィルム史上初というDOLBY ATMOSサラウンド・ミックスの4Kレストア・ヴァージョン。

オーディオ・コメンタリーにはMICK JAGGER、KEITH RICHARDS、TONY RICHMOND、MICHAEL LINDSAY-HOGG、YOKO ONO、MARIANNE FAITHFULLを収録し、カメラ・インタビューにPETE TOWNSHENDが参加しています。

DAVID DALTONのオリジナル69年ROLLING STONEエッセイ、MIKE RANDOLFによるフォト等掲載44ページ・ブック。カスタム・フォールドアウト・ゲートフォールド・デザイン装。



★ロック史に残る伝説的ステージ。68年のお蔵入りBBC TVスペシャルで残された幻のライヴ音源が初の180グラム重量盤3LPリイシュー!

●ROLLING STONES / ROCK AND ROLL CIRCUS (180G 3LP) 輸入LP 9,180円(税込) (ABKCO / 7185551 / 0018771855514)
サウンドトラック音源は最新ミックス&192K 24 BIT HDリストア。








★ドゥービー・ブラザーズの初期の名作の完全再現ライヴをパッケージ化!

●ドゥービー・ブラザーズ / ライヴ・フロム・ザ・ビーコン・シアター 国内CD+DVD 5,184円(税込) (ワーナーミュージック / WPZR-30860~2 / 4943674298372) 
2018年11月15日&16日、ドゥービー・ブラザーズが25年ぶりとなるビーコン・シアターでのライヴを行った。その内容は初期の名作『トゥールーズ・ストリート』、『キャプテン・アンド・ミー』の完全再現ライヴ。この模様を、2CD&DVDとしてリリース! 

このライヴは、ファンにとって、バンドがかつてパフォーマンスしたことがない、知る人ぞ知る名曲を観る機会となった。1972年にリリースされ、プラチナ・ディスクとなった2NDアルバム『トゥールーズ・ストリート』の10曲からスタート。「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック」、「ロッキン・ダウン・ザ・ハイウェイ」、「希望の炎」が披露された。続いては、1973年の3RDアルバムの『キャプテン・アンド・ミー』。ダブル・プラチナ・ディスクとなったこのアルバムから、「ロング・トレイン・ランニン」、「チャイナ・グローヴ」、「サウス・シティ・ミッドナイト・レディ」が披露された。さらに、「ブラック・ウォーター」など3曲のアンコールでショウは終了した。ドゥービー・ブラザーズは40年以上活動し、4800万枚以上のセールスを誇り、4度のグラミー賞を受賞。5枚のトップ10シングルと、16枚のトップ40シングルの記録を持つ。

DISC1 『トゥールーズ・ストリート』完全再現ライヴのCD
DISC2 『キャプテン・アンド・ミー』完全再現ライヴ+アンコール3曲のCD
DISC3 ライヴ全編のDVD 

完全生産限定盤/輸入盤国内仕様/2CD+DVD 










★BIGPINK新作4タイトル入荷!




●CATHY YOUNG / A SPOONFUL OF 輸入CD 2,592円(税込) (BIG PINK MUSIC / BIGPINK622 / 8809270026299)
カナディアン・フィメール・アシッド・ブルース・フォークの傑作69年1STがCDリイシュー!

のちカナダの栄誉あるJUNOアワードも受賞するトロントの女性フォーク・シンガーCATHY YOUNG。

ヒッピー/アシッドなジャケットも人気の記念すべきデビュー作は、邦題『ニュー・フォークのスター/キャシー・ヤングの世界』として日本盤リリースもされた一枚です。当時のライナー曰くの「うたう呪術師」というキャッチフレーズも納得のオープニング、HOWLIN' WOLFのレコーディングで広く知られるWILLIE DIXONカヴァー"SPOONFUL"のブルース・サイケデリックに過ぎるアレンジと凄みすら感じる迫力のヴォーカルで一気に持っていく独自解釈のタイトル・トラックをはじめ、アシッド・フォークというよりもアシッド・ブルースと言っていい方向性に加え、全編にわたって異質なアレンジが目立ちつつ、ジャズやポップス、カントリー、バラッドなどヴァラエティに富んだ独特のムードを湛えた時代の仇花盤に仕上がっています。"CIRCUS"では不穏なイントロの中、キュートな楽曲と思わせるも最後にはやはり不気味な笑い声が...。当時18歳の録音というのも、驚きとともに妙に納得させられる妖しい勢い溢れる名盤です。"SPOONFUL"以外は全てCATHYのオリジナルというまさしく「スプーンいっぱいのCATHY YOUNG」な一枚。

バンジョー、ギター、アレンジには多くのスワンプ/SSW作品でドブロやスティール・ギターを聴かせる名プレイヤーERIC WEISSBERGが参加。また、のちWEISSBERGとともにTHOMAS JEFFERSON KAYEのWHITE CLOUDにも参加したジャズ・ベーシストDON PAYNEや、FOUR SEASONSからTIM HARDINにJANIS IAN、THE CYRKLEにALZO & UDINE、MARGO GURYANらとの仕事で知られる腕利きスタジオ・ドラマーBUDDY SALTZMAN、さらにHERBIE MANNからSTEELY DAN、THE AVERAGE WHITE BAND、HALL & OATESらをサポートするセッション・キーボーディストPAT REBILLOTら、CATHYの実力だけでは無かったことを如実に物語る豪華なバック陣も見逃せません。

紙ジャケット仕様
24ビット・デジタル・リマスタリング
リリック・シート封入




●RO RO / MEET AT THE WATER 輸入CD 2,592円(税込) (BIG PINK MUSIC / BIGPINK618 / 8809270026251)
英国スワンプの裏名盤72年唯一作がリマスター&ボーナス追加でCDリイシュー!

のちROSSやALAN ROSS BANDでの活躍で「ブリティッシュ・ロック界隋一の"静かなる男"」として知られるヴォーカルALAN ROSSと、LOVE AFFAIRの前身バンドSOUL SURVIVORSやMIKE CHAPMANによるマイナー・サイケ・バンドTANGERINE PEEL等を経たベーシストWARWICK ROSEの2人の頭文字を取った米国ルーラル憧憬系の短命英国スワンプ・ロック・デュオ、RO RO。

ほかJOHNNY KIDD & THE PIRATESやERIC BURDON & THE ANIMALS、FAMILY、STUD等を渡り歩いたギター/ヴァイオリンJOHN WEIDER、JUICY LUCYからSTEALERS WHEEL、STRAWBSにまで参加するドラマーROD COOMBESらがバックアップしたバンド編成の唯一作。

メンバーの大半は同時期録音のJOHN ENTWISTLEのソロ・アルバム『WHISTLE RYMES』にも参加しています。

若干線が細くもソウルフルなヴォーカルが哀愁溢れるメロディに乗るオン・ビート系スワンプの名品"GOIN' ROUND MY HEAD"、THE BANDの"THE WEIGHT"のフレーズをまんま拝借したフォロワー・サウンド"MEET AT THE WATER"、16ビート+クラビネット風の音色の鍵盤でファンキーなアプローチを見せる"WILD WILD WOMAN"などなど、乾いたギターと力強いリズム・セクションによるアメリカ南部への憧れと共に、英国薫るストリングスや湿り気も同時に配置。まさしく「あの時代の音」を鳴らし、ERNIE GRAHAMやROGER MORRIS、ANDWELLAら英国スワンプの系譜に確実に連なる名演を聴かせています。

71年シングル"HERE I GO AGAIN"、73年シングル"BLACKBIRD "の4曲のアルバム未収レア・トラックをボーナス追加。2019年リマスター。

紙ジャケット仕様
24ビット・デジタル・リマスタリング
リリック・シート封入




●SWAMPWATER / SWAMPWATER 輸入CD 2,592円(税込) (BIG PINK MUSIC / BIGPINK621 / 8809270026282)
70年1STがCDリイシュー!

CLARENCE WHITE、GENE PARSONSとともにかの有名なNASHVILLE WESTとして活動し、のちにはFLYING BURRITO BROTHERSにも参加するフィドル/ギター/ヴォーカルGIB GILBEAUを中心にTHE REASONSとして結成、CLARENCEとGENEがBYRDS参加の為脱退し、またSPANKY & OUR GANGのOZ BACHとともにアート・ロックスTARANTULAで活動していたギタリスト/ベーシストTHAD MAXWELL、BYRDS周りのブルーグラス系名シンガー・ソングライター/バンジョー奏者HERB PEDERSENらが加入するなど幾多のメンバー・チェンジを経て改名、途中LINDA RONSTADTのボーイ・フレンドでギタリストのJOHN BELANDへのメンバー・スイッチなどを経験し、LINDAのバック・バンドも務めた ケイジャン影響下のカントリー・ロック・バンド伝説SWAMPWATER。またARLO GUTHRIEのツアー・バンドとしての仕事や、BOB DYLANやJOAN BAEZらも参加したWOODY GUTHRIEトリビュート・コンサートではRY COODERとともにバック・バンドを務めたことでも知られます。

LINDA RONSTADTツアーのバック・バンド活動と並行して残されたバンドのデビュー作。カントリー・ロック・クラシック"LOUISIANA WOMAN"や、ROD STEWARTにFLYING BURRITO BROTHERSなど数多くのカヴァーを生んだ名曲"BIG BAYOU"、美しいハーモニーとアコースティック・フレイヴァー薫る"MAN FROM NEW ORLEANS"、EVERLY BROTHERSオマージュ"DESPERATIONS BACK AGAIN"などなど、次作同様にGIB GILBEAUのルイジアナ風味に躍動するケイジャン・フィドルをフィーチャーしたカントリー/フォーク・サウンドを軸に、THE BYRDSやDILLARDS、BEACH BOYにEAGLES等に代表されるモダンな西海岸サウンドとコーラス・ワークが爽やかに加わったキャッチーかつ哀愁溢れるポップなカントリー・ロック名品に仕上がっています。

紙ジャケット仕様
24ビット・デジタル・リマスタリング
リリック・シート封入




●SIR LORD BALTIMORE / SIR LORD BALTIMORE 輸入CD 2,592円(税込) (BIG PINK MUSIC / / 8809270026268)
1971年にリリースされたSIR LORD BALTIMOREの2枚目にして最後のアルバム。(その後、2006年に再結成して3rdアルバムをリリースした。)サイケデリック・ハード・ロック屈指の名盤として名高く、また、ドゥーム/ストーナー系バンドへの多大なる影響を与えた金字塔的作品。10分を超える大曲「Man From Manhattan」を筆頭に、粒揃いの楽曲が並ぶ。ハードかつ豪快、まさに元祖暴走ヘヴィ・メタルという印象が強い1stアルバムだったが、この2ndはアコギなども取り入れ、叙情性や幽玄な雰囲気を感じさせるスロー・パートを導入し、ドラマティックな一面も垣間見せる。

・ペーパースリーブ




★後期の未発表トラックも! GM期3作品がボーナス大量追加で3ON3CDリイシュー!

●LESLEY DUNCAN / LESLEY STEP LIGHTLY: THE GM RECORDINGS PLUS 1974-1982 (3CD) 輸入CD 2,592円(税込) (RPM / RETROSE1000 / 5013929600003)
ELTON JOHNがカヴァーした"LOVE SONG"のオリジネイターとしても知られる英国女性シンガー・ソングライターのパイオニアLESLEY DUNCAN。

セッション・シンガーとしてはDUSTY SPRINGFIELDやMADELEINE BELL、VICKY BROWNやKIKI DEE、DAVE CLARK 5、DONOVAN、TIM HARDIN、ALAN HULL、RINGO STARRらとの仕事やPINK FLOYDの『DARK SIDE OF THE MOON』、NIRVANAの『BLACK FLOWER』等でのクレジットも残す英国シーンを支えた才女です。ELTON JOHNらの仲間内では「UKのCAROLE KING」との異名も。

74年の3枚目『EVERYTHING CHANGES』は、初期の作品に比べると知名度も劣りますが、フォーク/ポップを基調にしたソウルフルでメロウでメロディックな楽曲にどこか憂いや叙情性を含んだユニークで美しいLESLEYのヴォーカルが穏やかに知的に響く名盤です。LINDA LEWISの1STでもアレンジを手がけたことでも知られる、当時の夫でもあるプロデューサー/キーボーディストJIMMY HOROWITZをはじめ、PETER FRAMPTON、ANDY BOWN、BARRY DESOUZA、LIZA STRIKE、SUE GLOVERら名うてのセッション・ミュージシャン/シンガーが参加し豊かなサウンドに貢献しています。

75年の4作目『MOON BATHING』をプロデュースしたのは引き続きの夫JIMMY HOROWITZ。ギター・カッティング+ストリングスが開放感たっぷりの"I CAN SEE WHERE I'M GOING"、軽快なポップ・ソウル"RESCUE ME"、"WOODEN SPOON"、"PICK UP THE PHONE"、最高のグルーヴに気持ちが高まる"JUMPED RIGHT INTHE RIVER"から、フォーキーでメランコリックな"HEAVEN KNOWS"、"ROCKING CHAIR"まで、世界からアルバムごと愛されてきたスペシャルな一枚です。

77年5THにしてラスト・アルバム『MAYBE IT'S LOST』は引き続きJIMMY HOROWITZのプロデュース。虚空に渺茫と浮かんだ想いを、彼女のどの作品よりポップ・ソウル調に仕上げています。GONZALEZやHUMMINGBIRDなどのファンク&ソウル・グループでおなじみのギタリストROBERT AHWAIの起用もリズミカルな"THE SKY'S ON FIRE"、"RIDE ON THE WIND"等で際立ちます。

74年ロンドンはGOLDERS GREEN HIPPODROMEでのBBCライヴ音源や、75年のシングルBサイドに73年レディング・フェスティヴァルでの一曲、2番目の夫でアレンジャー/プロデューサーのTONY COXと録音した未発表楽曲に、82年のラスト・シングルだったDYLANの"MASTERS OF WAR"カヴァー、ライヴ・エイド・スタイルで残した79年のチャリティ・シングルのBILLY NICHOLLSやJOE BROWN、KATE BUSH、MADELAINE BELL、PADDY BUSH、PETE TOWNSEND、PHIL LYNOTT、VICKY BROWNらがコーラス参加したLESLEY楽曲"SING CHILDREN SING"などなど、78年から82年にかけての大量のボーナス・トラックを追加した3枚組ファン必携盤。

20ページ・エッセイ付属。





★68-88年FMラジオ放送用ライヴ音源が6CD化!

●FLEETWOOD MAC / RUMOUR, TANGO & MASK - 50TH ANNIVERSARY ANTHOLOGY - THE ULTIMATE CONCERT COLLECTION 1968-2018 (6CD) 輸入CD 2,484円(税込) (CODA / CRLCD025 / 5060420347241)
DISC 1には 82年10月22日、カリフォルニア州イングルウッドはTHE FORUM公演を収録。

79-80年の『TUSK』でのロング・ツアーとその後それぞれのソロ・プロジェクトへとシフトしていた81年を経て、82年に帰って来たMAC待望の新作、82年6月リリースの意欲作『MIRAGE』ツアーよりの一夜。"EYES OF THE WORLD"、"GYPSY"、"LOVE IN STORE"など新作楽曲はもちろん、79年『TUSK』の"TUSK"、"NOT THAT FUNNY"、" SISTERS OF THE MOON"、77年『RUMOURS』の"THE CHAIN"や"YOU MAKE LOVING FUN"、75年『FLEETWOOD MAC』の"RHIANNON"などなどMACクラシックも披露した80年代初頭の充実期が堪能できる貴重なライヴ音源となっています。

DISC 2には 79年11月6日、ミズーリ州セントルイスのCHECKERDOME公演を収録。

79年から80年にかけて行われた『TUSK』ロング・ツアーからの一夜。新作からは"NOT THAT FUNNY"、"OVER AND OVER"、"SARA"、"SAVE ME A PLACE"、"TUSK"、"ANGEL"、"SISTERS OF THE MOON"、"WHAT MAKES YOU THINK YOU'RE THE ONE"を披露、ほか77年『RUMOURS』の"THE CHAIN"や"DREAMS"、"OH DADDY"、"SONGBIRD"、75年『FLEETWOOD MAC』の"SAY YOU LOVE ME"、"LANDSLIDE"、"I'M SO AFRAID"と、黄金期らしい名演の詰まったステージを展開しています。

DISC 3には 75年9月23日、コネチカット州ウォリンフォードのTROD NOSSELスタジオ・セッションを収録。

MICK FLEETWOOD、JOHN MCVIE、CHRISTINE MCVIEに、新たに加わったSTEVIE NICKS、LINDSEY BUCKINGHAMという布陣での 初の全米ツアーからの一幕。75年7月リリースのこのラインナップでの記念すべきアルバム『FLEETWOOD MAC (ファンタスティック・マック)』が大ヒット・アルバムとしてバンド初のビルボード1位になるのは76年9月と、チャートインから58週目という先の出来事ですが、本ステージでも十二分にその漲る充実感が伝わってきます。安定感のある温かみを醸すCHRISTINE、ポップで張りのある男声LINDSEY、野性的かつ哀愁味を帯びたSTEVIEの三様のヴォーカルで、英国のブルース・ロック・バンドから世界のポップ・スーパースターへと変貌するまさに全盛期直前の貴重な記録。69年『THEN PLAY ON』の"THE GREEN MANALISHI"、73年『MYSTERY TO ME』の"HYPNOTISED"といったクラシックのLINDSEY BUCKINGHAMのテイクも聴きものです。

DISC 4には 88年6月5日、ドイツはニュルブルクのNUBURGRINGで開催されたROCK AM RING FESTIVAL公演を収録。

87年9月から始まり、前月8月にバンドを去ったLINDSEY BUCKINGHAM無しの初のツアーともなった「THE SHAKE THE CAGE」ツアーよりの一夜。ロカビリー・シンガー/ギタリストBILLY BURNETTEとギタリスト/セッション・マンRICK VITOを伴ったステージでは、8万人というオーディエンスを前に87年の新作『TANGO IN THE NIGHT』からは"ISN'T IT MIDNIGHT"、"SEVEN WONDERS"、"EVERYWHERE"を披露。ほか、79年『TUSK』の"BROWN EYES"、77年『RUMOURS』の"DREAMS"、"GOLD DUST WOMAN"、"GO YOUR OWN WAY"、"YOU MAKE LOVING FUN"、75年『FLEETWOOD MAC』の"SAY YOU LOVE ME"に、BUCKINGHAM NICKSの"DON'T LET ME DOWN AGAIN"やSTEVIE NICKSの85年ソロ『ROCK A LITTLE』よりの"HAS ANYONE EVER WRITTEN ANYTHING FOR YOU"、PETER GREEN時代の"STOP MESSIN' AROUND"などヴァラエティ豊かに展開するファン必携盤です。

DISC 5には 68年6月9日のサンフランシスコはCAROUSEL BALLROOM公演と、74年12月15日のカリフォルニア州サウサリートはRECORD PLANT公演を収録。

68年は、PETER GREEN、JOHN MCVIE、MICK FLEETWOOD、JEREMY SPENCERにハープでPAUL BUTTERFIELDを迎えたブルース・ロック・バンドとしての初期MACを堪能できるステージ。

74年は、BOB WELCH、CHRISTINE PERFECT MCVIE、BOBBY HUNT、JOHN MCVIE、MICK FLEETWOODという、BOB WELCHを中心とした布陣のレア・ライヴ音源となっています。
DISC 6には 77年12月5日、東京は武道館公演を収録。

『RUMOURS』リリース後の「77年緊急初来日」と銘打たれた伝説の一夜。『RUMOURS』からの"YOU MAKE LOVING FUN"、"GOLD DUST WOMAN"、"THE CHAIN"に、75年『FLEETWOOD MAC』の"RHIANNON"、"OVER MY HEAD"、"WORLD TURNING"に、69年クラシック"OH WELL"など、まさにマック黄金期といえる圧巻のステージです。





★74年2NDがリマスター&ボーナス追加で2CD+DVDリイシュー!

●MICHAEL MCGEAR / MCGEAR (2CD+1DVD) 輸入CD+DVD 3,024円(税込) (ESOTERIC RECORDINGS / ECLEC32655 / 5013929475540)
リヴァプールのポエトリー寸劇パフォーマンス・トリオSCAFFOLD、BONZO DOG BANDとLIVERPOOL SCENEとの合体アクトGRIMMSの中心的メンバーにして、PAUL MCCARTNEYの弟としてのネーム・ヴァリューが常に付いて回るMICHAEL MCGEAR。

兄PAULがプロデュースを務め、楽曲もほとんどがPAULとMIKEの共作、さらにバックにはLINDA MCCARTNEYをはじめとしたWINGSの面々に、CHIEFTAINSのPADDY MOLONEY、盟友BONZO DOG BAND/RUTLESのVIV STANSHALLらが名を連ねたソロ2作目にしてラスト作。

ERIC STEWART/GRAHAM GOULDMANの根城だったSTRAWBERRY STUDIOSでの録音で、10CCの『SHEET MUSIC』と同時期の作品としても知られます。ハード・ロックからポップ・チューンまでPAULらしいメロディも満載、SCAFFOLD時代やROGER MCGOUGHとの『MCGOUGH & MCGEAR』に比べより音楽的にシリアスな作品に仕上がったPAUL的/WINGS的ビートリッシュ・ポップ好きは避けて通れない一枚です。ROXY MUSICカヴァー"SEA BREEZES"収録。

アルバムのリマスター音源に加え、13曲の未発表トラックを含むアウトテイクや、VIVIAN STANSHALLをフィーチャーしたアルバム未収シングル"DANCE THE DO"といった初CD化シングル楽曲など21曲のボーナス・トラックをフィーチャーした拡張版2CDに、リバプール芸術学校での思い出やEVERYMAN THEATREでのインタビュー、74年のシングル・ヒット"LEAVE IT"のプロモーション・ヴィデオを収録したDVDが付属したファン必携仕様ボックス。

オリジナル・マスター・テープからのリマスター。エキスパンデッド・クラムシェル・ボックス装。

※本DVDは一般的な国産DVDプレイヤーで視聴可能です。NTSC/REGION 0



★74年2NDがリマスター180グラム重量盤アナログ・リイシュー!

●MIKE MCGEAR / MCGEAR (180G LP) 輸入LP 3,024円(税込) (ESOTERIC RECORDINGS / ECLECLP2655 / 5013929475519)
リヴァプールのポエトリー寸劇パフォーマンス・トリオSCAFFOLD、BONZO DOG BANDとLIVERPOOL SCENEとの合体アクトGRIMMSの中心的メンバーにして、PAUL MCCARTNEYの弟としてのネーム・ヴァリューが常に付いて回るMICHAEL MCGEAR。

兄PAULがプロデュースを務め、楽曲もほとんどがPAULとMIKEの共作、さらにバックにはLINDA MCCARTNEYをはじめとしたWINGSの面々に、CHIEFTAINSのPADDY MOLONEY、盟友BONZO DOG BAND/RUTLESのVIV STANSHALLらが名を連ねたソロ2作目にしてラスト作。

ERIC STEWART/GRAHAM GOULDMANの根城だったSTRAWBERRY STUDIOSでの録音で、10CCの『SHEET MUSIC』と同時期の作品としても知られます。ハード・ロックからポップ・チューンまでPAULらしいメロディも満載、SCAFFOLD時代やROGER MCGOUGHとの『MCGOUGH & MCGEAR』に比べより音楽的にシリアスな作品に仕上がったPAUL的/WINGS的ビートリッシュ・ポップ好きは避けて通れない一枚です。ROXY MUSICカヴァー"SEA BREEZES"収録。

オリジナル・マスター・テープからのリマスター。ABBEY ROADスタジオでのカッティング。スペシャル・リリック・インサート/ポスター付属。ゲートフォールド・スリーヴ装。





★アーリー60Sのポップ・スターの決定盤コレクションが2CDリリース!

●JESS CONRAD / JESS FOR YOU: THE DEFINITIVE COLLECTION 輸入CD 1,728円(税込) (EL RECORDS / ACMEMD348CD / 5013929334830)
NMEに「61年の顔」として取り上げられ、「WHAM!」や「BOY MEETS GIRLS」、「THANK YOUR LUCKY STARS」、「READY, STEADY, GO!」といったテレビ番組に引っ張りだこ、俳優としても28を超える映画に出演し、BEATLES以前のGOLDEN BOY OF POPとして知られたJESS CONRAD。

"CHERRY PIE" (NO.39)、"MYSTERY GIRL" (NO.18)、"PRETTY JENNY" (NO. 50)といった60年から62年にかけての英国ヒットの数々はもちろん、モッド/ビート・コレクターに人気のレア・シングル・チューン"PUSSY CAT"、JOE MEEKとの"HURT ME"や"IT CAN HAPPEN TO YOU"、レアな南アフリカ・オンリー盤"LITTLE BIT OF LOVELINESS"、後期のCOLUMBIA RECORDSでのCHARLES BLACKWELLやMITCH MURRAY、LES REEDらのプロデュース仕事に、PRESIDENT期のCY PAYNEやIVOR RAYMONDEのアレンジ/プロデュース作品、さらにはMENからのワン・オフ・シングルに、MOON MULLICANSの"SEVEN NIGHTS TO ROCK"カヴァーといったプライヴェート・コレクションからの未発表テイクまでをコンパイル。





★73-76年アルバム4作品がリマスター4ON4CDリイシュー!

●CLIMAX BLUES BAND / THE ALBUMS 1973-1976 (4CD) 輸入CD 3,240円(税込) (ESOTERIC RECORDINGS / ECLEC42681 / 5013929478107)
B級モッド・バンド代表格HIPSTER IMAGEのブルーズ・ハーピストCOLIN COOPERを中心に、シカゴ・ブルースを愛して止まない白人青年たちによって68年スタッフォードにて結成された英国発の正統派ブルース・ロック・バンドCLIMAX BLUES BAND。英国発のブルース・ロック・バンドとして米国でも大きな成功を成し遂げた稀有な存在です。

73年『FM LIVE』
遂に憧れの地アメリカに渡り、その熱い演奏を炸裂させたライヴ盤。73年ニューヨークのアカデミー・オブ・ミュージックでのコンサートを収録。アツイ演奏に大歓迎のアツイ歓声で応えるオーディエンスも含めて熱すぎる名演のステージが捉えられています。

74年『SENSE OF DIRECTION』
転換期にリリースされた一枚。ブルー・アイドと思わず言ってしまいたくなる洗練されたプロダクションにタイトなファンク・サウンド。KOKOMOやAWBのファンにも聴いて欲しい充実作です。

75年『STAMP ALBUM』
前作のクロスオーヴァ―路線をさらに進化/深化させた一枚。ブギを基調としつつも、レゲエやファンクなどの同時代のサウンドも見事に消化し、しかもいやらしくなくアルバム・トータルでまとめた手腕に拍手。楽曲自体の出来のよさが全体の完成度を支えています。

76年『GOLD PLATED』
クロスオーヴァー路線の後、MIKE VERNONをプロデューサーに迎え、大胆なディスコ・サウンドに挑戦しています。カウベルの刻みと泣きのメロディが上昇する"COULDN'T GET IT RIGHT"は彼ら随一のダンス・クラシックとして知っておいてほしい一曲です。

クラムシェル・ボックス装。





★94年ソロが25周年記念でリマスター&ボーナス追加のCDリイシュー!

●DAVE ALVIN / KING OF CALIFORNIA (25TH ANNIVERSARY EDITION CD) 輸入CD 2,268円(税込) (HIGHTONE / 888072092280 / 0888072092280)
80年代ロカビリー/ルーツ・ロッキン・バンドTHE BLASTERSのALVIN兄弟の片割れDAVE ALVIN。いくつかの新曲オリジナルに加え、BLASTERS時代の"LITTLE HONEY"などバック・カタログからのクラシックと、MEMPHIS SLIMの"MOTHER EARTH"ほか注意深く選ばれたカヴァーで構成された全13曲。セッションをプロデュースしたGREG LEISZのスライド・ギターも効いたスモール編成のアコースティック・コンボによる逸品に仕上がっています。

CHRIS GAFFNEY、ROSIE FLORES、DONALD LINDLEY、BOB GLAUBらカントリー、ロカビリー、ロックンロール人脈も多数参加。 

未発表楽曲"RIVERBED RAG"を含む3曲のボーナス・トラックを追加。




★マクナリー・ウォーターズの待望のファースト・アルバム!

●マクナリー・ウォーターズ / マクナリー・ウォーターズ 国内CD 2,592円(税込) (CA VA? RECORDS / HYCA-3086 / 4571167364862)
デビュー・アルバム『LARRY JOHN MCNALLY (邦題:シガレット&スモーク)』(1981)、セカンド『FADE TO BLACK』(1986)がブルーアイド・ソウルなAOR名盤として名高く、根強い人気を誇るシンガーソングライター、ギタリストのラリー・ジョン・マクナリーと、ピンク・フロイドのオリジナル・メンバー、ロジャー・ウォーターズを父に持つ、才能溢れるピアノ、オルガン奏者、ハリー・ウォーターズによる国籍(米英)も世代も異なる二人組、マクナリー・ウォーターズの待望のファースト・アルバム。

ラリー・ジョン・マクナリーは、デビュー曲「ジャスト・ライク・パラダイス」(全米86位)が小ヒットしたことがあるが、専ら70年代末から多くのアーティストたちに作品を提供、通好みのソングライターとして確固たる評価を集めている。これまでに、ロッド・スチュワート、ボニー・レイット、チャカ・カーン、アヴェレイジ・ホワイト・バンド、ドン・ヘンリー、エモーションズ、 ジョー・コッカー、アーロン・ネヴィル、ステイプル・シンガーズ、ブルース・ウィリス、 ベティ・ライト、ジェニファー・ウォーンズ、ニコレット・ラーソン、イーグルスほかが、彼の作品をレコーディングしている。

ハリー・ウォーターズは、ロンドン育ちのピアニスト、オルガニスト、ソングライター。ジャズ、ブルース、ニューオーリンズR&Bの影響を受けたピアノスタイルが特色。これまでにマリアンヌ・フェイスフル、ニック・ケイヴ、トム・ジョーンズらと共演。父ロジャーウォーターズと共に『ザ・ウォール』ツアー、『ダークサイド・オブ・ザ・ムーン』ツアーにも参加して来た。






★海外版レコードコレクターズ、ビートルズ特集号!

●BEATLES / RECORD COLLECTOR PRESENTS THE BEATLES VOL.1: EVOLUTION (1940-1964) (FROM THE MAKERS OF RECORD COLLECTOR) 輸入BOOK 1,620円(税込) (RECORD COLLECTOR / / 5010791940008)
THE BEATLES ? VOL 1: EVOLUTION (1940-1964) IS THE FIRST IN A SERIES OF THREE BOOKAZINES FROM RECORD COLLECTOR, CELEBRATING THE LIFE AND LIFE-CHANGING MUSIC OF THE GREATEST BAND OF ALL TIME.

ITS 116 PAGES ALSO COVER EVERY SINGLE, ALBUM AND EP FROM 1962 TO ’64, ALL NEWLY REVIEWED BY TOP CRITICS WITH THE LATEST LISTINGS FROM THE 2020 RARE RECORD PRICE GUIDE ? TOGETHER FORMING PART ONE OF THE ULTIMATE FULLY-ILLUSTRATED AND EXPERTLY ANNOTATED UK BEATLES DISCOGRAPHY: A MUST-HAVE FOR ALL SERIOUS FANS AND COLLECTORS.





★日本限定!ネオアコ~80'Sポップを代表するANDY PAWLAK。デビュー作品『SHOEBOX FULL OF SERCRETS』の後、ISLANDからリリース予定がお蔵入りとなってしまった幻のセカンド・アルバムが紙ジャケット仕様で世界初CD化!

●アンディ・ポーラック / ロウ・ビート・フォーク 国内CD 2,592円(税込) (ALTERNATIVE WAVERS / AW-54 / 4988044888289)
■解説:渡辺 亨、対訳:伊藤英嗣(COOKIE SCENE)

アズテック・カメラやプリファブ・スプラウトなどと共に人気を博したネオアコ~80'Sポップの代表アーティスト、アンディ・ポーラック。

80年代後半に発表したシングル「Mermaids」や「Secrets」がヒットを記録、1989年のデビュー・アルバム『SHOEBOX FULL OF SERCRETS(邦題:想い出のシークレッツ)』も成功を収めました。

その後、彼は一旦音楽業界から去ることとなりますが、90年代半ばにISLANDと契約しアルバムを制作。しかしレコード会社の買収などが関係し、結局リリース自体が破談に……。そう、そのお蔵入りとなった幻のアルバムこそが、この『ロウ・ビート・フォーク』なのです!解説:渡辺 亨 対訳:伊藤英嗣(COOKIE SCENE)

1998年にレコーディングを開始し、デビュー作品『SHOEBOX FULL OF SERCRETS』での華美なアレンジはほぼ抑えられており、逆に洗練さを宿した彼のメロディ・ラインやセンスが浮き彫りとなり、時代的にも「英国人を通して鳴らされるR&B~ソウル」な世界観を随所に感じさせてくれます。

それは、90年代にイーフレイム・ルイスやフィンリー・クエイ、デズリーなどを手掛けていたケヴィン・ベーコンとジョナサン・クォーンビーを共同プロデューサーに起用していることからも伺い知れます。

90年代のポール・ウェラーを想起させるM-1「Caving In」、ダンディズムに満たされたAOR風なM-2「Hole」、フィジーのビーチにいたときにコードやメロディ、オーケストレーション、歌詞が一気に閃いて作られたM-4「Slow Dance」は本作のハイライト。

また、UKソウルなM-5「Hurt」、ブリティッシュ・ロックの意匠を称えたような激渋ロック・チューンのM-7「Seven Days」など、これまでフィジカル・リリースされなかったことが悔やまれる佳曲ばかりです!







★Canterbury Musicの起源にしてシーンを代表する名バンド、70年代中/後期英EMI Harvest在籍期Studio3作品をまとめた'19年24Bitデジタル・リマスター/3枚組CDコンピBOXが登場!

●SOFT MACHINE / THE HARVEST ALBUMS 1975-1978: 3CD REMASTERED CLAMSHELL BOXSET EDITION - 24BIT DIGITAL REMASTER 輸入CD 3,024円(税込) (ESOTERIC RECORDINGS / ECLEC32682 / 5013929478206)
Disc1~3に英EMI Harvest移籍後に発表された'75年作『BUNDLES』/'76年作『SOFTS』/'78年作『ALIVE AND WELL: A RECORDED IN PARIS』のStudio/Live3作品全収録曲を完全収録('78年作のEsoteric Recordings単体盤に追加されていたボーナス・ディスク及び同ディスク収録ボーナス・トラックは未収)。

故Allan Holdsworth/John Etheridgeの名ギタリスト2人を招集すると共に、オリジナル・メンバーMike Ratledge(key)の脱退を受けて次第にKarl Jenkins(key/sax/oboe)を中心とするバンドへと変貌、各Albumごとにバンドの形態/音楽性を転換/変化させていく様を捉えた以降期作品を網羅。

後期の代表曲である'Hazard Profile'を筆頭に、デビューから常に変貌してきたこのバンドの特異性が味わえる一方で、同時期のCross Overの要素も捉えたこの時期ならではのユニークな音楽性がどの作品からも味わえる、特に未だ未聴の方にオススメのBOXです!!

マスターは本レーベルから発売された'10年各再発盤CDと同じ、英Probe/英CBS期も含む一連のSOFT MACHINE作品を手がけた、THE AUDIO ARCHIVING COMPANYのPaschal Byrneによる24Bitデジタル・リマスタリング音源を使用、オリジナル・ポスターを添付/各CDは紙ジャケット・タイプのスリップ・ケースに封入の上、CD/ブックレットは専用の収納BOXに同梱。

【24Bit Digital Remaster/3枚組/Slip Case仕様/Hard Case付】





★後にAlex Harveyと共にSENSATIONAL ALEX HARVEY BAND(S.A.H.B.)を結成する隠れた英国産名Hard Rockバンド、英Paramount傘下Famousから発表された'70年デビュー作が英Esoteric Recordingsからリマスターで'19年再発CD化!

●TEAR GAS / PIGGY GO GETTER: REMASTERED EDITION - 2019 DIGITAL REMASTER 輸入CD 2,160円(税込) (ESOTERIC RECORDINGS / ECLEC2683 / 5013929478343)
初の公式CD化、後にTEXASで活躍するEddie Campbell(key)が在籍/drが後に初期SQUEEZEで活躍するGilson LavisからRichard “Wullie” Monroに交代後に制作/発表された1枚。

次作では払拭されるアコースティカル/米国西海岸的要素を塗しつつ、'Mirrors Of Sorrow''Look What Else Is Happening'等次作やS.A.H.B.にも繋がっていく骨太なHard Rockサウンドは既に確立。ツボを押さえた演奏、当時としては破格にキレの良いタイトなアンサンブル等も特筆なBritish Hard ROckの隠れた秀作です!!

マスターはBROADLAKE STUDIO LTD.のBen Wisemanによる新規デジタル・リマスタリング音源を使用、ブックレットにはオリジナル盤の内ジャケットに掲載されたコミック・イラスト及びメンバーのZal CleminsonとChris Glenへのインタヴューを含むMalcolm Domeによる新規バイオグラフィー/歌詞を掲載。

【2019 Digital Remaster】





★現在もJohn Lodge(b)、Greame Edge(dr)と共にMOODY BLUESを支えるvo/gにして名Songwriter、英Trax Musicから発表されたLondon Philharmonic Orchestraとの'89年共演作が、英Gonzo Mediaから'19年再発CD化!

●JUSTIN HAYWARD / CLASSIC BLUE: A COLLECTION OF CLASSIC SONGS 輸入CD 2,160円(税込) (GONZO MEDIA GROUP / HST517CD / 5056083203567)
TV/FIlm/Theatre等でarrngerとして大活躍するMike Battの企画によるTHE BEATLES/THE BEACH BOYS等名アーティストの名曲カヴァー集、'Blackbird''God Only Knows'やRichard Harris'MacArthur Park'/Simon & Garfunkel'Scarborough Fair'等々をOrchestra arr.で披露。

柔和で温かみのあるJustin Haywardの歌声はOrchestraサウンドとも絶妙にマッチしており、PROCOL HURUM'A Whiter Shade Of Pale'/LED ZEPPRLIN'Stairway To Heaven'等オリジナルとは異なる素晴らしい味わいに満ちたarr.の素晴らしさや、Viglass & Osbourne'Forever Autumn'等隠れた名曲も取り上げる等選曲/構成共に同種の企画作とはひと味もふた味も異なる好カヴァー作品に仕上がっています!!





★UNIFAUN/AGENTS OF MERCYでの活動を経て、現在はGENESISの元ギタリスト:Steve Hackettのバンド・メンバーとして活躍するSweden出身のヴォーカリスト、'19年作が登場!

●NAD SYLVAN / THE REGAL BASTARD: LIMITED DIGIPACK EDITION 輸入CD 2,160円(税込) (INSIDE OUT / 19075955112 / 0190759551127)
本盤はデジパック仕様限定盤CD。

前作にも参加していたSteve Hackett(g)、Jonas Reingold(b)、Guthrie Govan、元SPOCK'S BEARD/現BIG BIG TRAINのNick D'Virgilio(dr)にKING CRIMSONのTony Levin(b)等の豪華メンバーを迎え制作された、前作と前々作に続く"吸血鬼の花嫁”の物語を基にした続編コンセプト作であり、本作が本コンセプトの最終作となるアルバム。

同コンセプト前作/前々作の流れを継ぐ、Nad Sylvanの表現豊かな歌声を存分に発揮して雄大なスケールで紡ぐ快作。本作もファンには堪らない仕上がりの一枚です。







★Progresive Rockを代表する名バンドGENESISのオリジナル・メンバーの一人であるkey奏者、70~90年代にかけて発表されたソロ作及びコラボ/プロジェクト作7作品及び各作品発表時のプロモ・ヴィデオ映像を編纂した'19年新規リマスター/CD+DVD(7CD+DVD)8枚組BOXが登場!

●TONY BANKS / BANKS VAULTS~THE COMPLETE ALBUMS 1979-1995: 8 DISC BOXSET - 2019 REMASTER 輸入CD+DVD 7,452円(税込) (ESOTERIC RECORDINGS / ECLEC82680 / 5013929478008)
CD:Disc1~7まで各Disc毎に'79年デビュー作『A CURIOUS FEELING』から'91年作『STILL』までサントラ用作品を含むソロ5作品とHI-RISEのAlistair Gordon(vo)、THE OTHER ONESの Jayney Klimek(vo)、Steve Hillage(g)、Pino Palladino(b)、元EUROPEANS/KILLING JOKEのGeoff Dugmore(dr)等を迎えたソロ・プロジェクト:BANKSTATEMENTの'89年同名作『BANKSTATEMENT』/WANG CHUNGの“Jack Hues”ことJeremy Allan Ryder(vo/g)とのコラボ・ユニットSTRICTLY INC.の'95年同名作『STRICTLY INC.』各全収録曲を、

DVDに'79年デビュー作のSingle曲'For a While'からSTRICTLY INC.の'95年作Single曲'Only Seventeen'までソロ4作品からカットされたSingle8曲のプロモ・ヴィデオ・クリップをそれぞれ収録。

CDのマスターは90/00年代期GENESIS諸作のpro.を担当/近年もTony Banksソロ諸作を手掛けるNick DavisとThe Abby Road StudioのMiles Showellによる新規リマスタリング音源を使用/'83年作『THE WICKED LADY』は曲順を変更した'13年英Fugitive Inc.盤CD仕様に準拠、ボーナスとして『THE FUGITIVE』に同作初回発売時CDに収録されていた'K2''Sometime Never'を追加。

【2ch Stereo対応(DVDのみ)/Bonus Track2曲収録予定/2019 Remaster/CD+DVD(7CD+DVD)8枚組(DVDはNTSC方式対応のため、国内機種で視聴可能)】





★YES~KING CRIMSON~UK他数々のバンドを渡り歩き、現在はLive活動を引退/Studioワークのみに専念し活動するProgresive Rockを代表する名ドラマー、80年代後半から00年代末期まで自身のリーダー・ユニットとして活動したJazzバンド、活動期の全Studio/Live作品をまとめたCD+DVD(英Gonzo Media傘下Bat CountryからMoraz/Brufordの'09年発掘Live盤と自身のレーベル・コンピ盤2作品を纏めた'14年プラ・ケース仕様スリップ・ケース付2枚組廉価盤が登場!

●BILL BRUFORD'S EARTHWORKS / EARTHWORKS COMPLETE: 24 DISC DELUXE BOXSET 輸入CD+DVD 12,420円(税込) (SUMMERFOLD / BBSF030BX / 5060105491436)
Patrick Morazとのデュオ・ユニット“MORAZ-BRUFORD”活動期の'85年来日公演音源を収録した'06年発掘Live盤『IN TOKYO』/自身が運営する自主レーベル:Winterfold発表作品音源から選曲/編纂された'05年レーベル・コンピ盤『AN INTRODUCTION TO WINTERFOLD』の二作品を収録。





★JOHNNY WINTERとJAMES COTTONとの熱演を収録した77年ボストンでのライブ!

●MUDDY WATERS, JOHNNY WINTER & JAMES COTTON / LIVE IN NY '77 輸入CD 2,484円(税込) (KEYHOLE / KH2CD9093 / 5291012909329)
JOHNNY WINTERとJAMES COTTONとの熱演を収録した77年ボストンでのライブを録音。ゲストにEDGAR WINTERも参加しています。




★北里彰久(Alfred Beach Sandal )、約4年ぶりとなるフルアルバムのリリース!

●北里彰久 / TONES 国内CD 2,700円(税込) (FELICITY / PECF1175 / 4544163462023)
耳慣れた「アルフレッド・ビーチ・サンダル」から本名「北里彰久」へ名義をあらため4年振りとなる新作をドロップ!

先行配信された"Easy Tempo"はSTUTS(Beat Programming、Percussion)と山本紗織(Flute)も参加したアップテンポなボサ・チューン。タイトなリズムで「すき間」を感じさせる"子午線"、メロディとコードの対比と同調が仄暗くも美しい"出発"など起伏に富んだ全9曲。

前作らと対比すると芳醇に練られたメロディはそのまま、より個としての深化が感じられる一枚。ソリッドにそぎ落とされたアレンジ故に、エンジニアzAkの味付けがより明確に伝わるサウンド・プロダクションです。

ジャケットは、Alfred Beach Sandalのシングル『Honeymoon』からアートワークを手掛けている我喜屋位瑳務が担当。


「ずっとコツコツ作ってたアルバムようやくできました。作ってる過程でサンダルから人間になりました。もはや、ヒトだから...」
-TWITTERより


●参加メンバー

池部幸太(Ba)
光永渉(Dr)
山本紗織(Fl)
STUTS(Beat Programming, Key etc)
zAk(SOUND PRODUCE)
我喜屋位瑳務(ARTWORK)

【プロフィール】
2009年よりフリーフォームなソロユニットAlfred Beach Sandalとして活動開始。3枚ほどアルバムを作る。ロックからMPB、ブラックミュージックまでを三次元的にイビツに迷走していく手腕には一定の評価をいただく。「DJ的発想で曲を作っている」と言われ、いい気になって「そうですね」と答えたことがある。
最近はよりひとりぼっち方面の活動が増え、歌にフォーカスしていく傾向がみられる。ギターもちょっと弾ける。

◆Official Site ⇒ https://akihisa-kitazato.com/




★毎夏恒例!? 久保田麻琴さんがプロデュースする「ぞめき」シリーズの最新作!

●オムニバス(ぞめき) / ぞめき七 徳島阿波おどり 純情派 国内CD 2,160円(税込) (ABY RECORDS / ABY023 / 4525937002478)
久保田麻琴が録音した「ぞめき」から浮かび上がるのは、明るく開放的なリズムで踊る陽気な日本人。権力に屈せず、同調圧力など吹き飛ばす、強いシャッフルがぼくらのDNAに流れてることを証明してくれた。 
by 松本 隆

● 2010年にスタートした阿波踊りの鳴りものを中心に録音する企画、“ぞめき”。
最初は、東京・高円寺阿波おどりを録音した『ぞめき壱』。そして2011年には本場・阿波の国(徳島)の深いグルーヴと艶やかな空気を収めた『ぞめき弐 正調連』『ぞめき参 路上派』をリリース。リミックス集の『ぞめき四』を挟んで5作目としては、徳島山間部の伝承木挽き歌から始まり、徳島と東京・高円寺の人気&実力トップクラスの個性際立つ連を収めた『ぞめき伍 個性派』、6作目は、本場徳島の粋でディープな演奏を聞かせてくれる4連を収めた『ぞめき六 粋』とリリースしてきました。これら一連のシリーズは、阿波おどりファンだけでなく、幅広い世代、ワールド・ミュージック・ファンからクラブ系音楽ファンまで多くの反響を受け、大ヒット。今も売り上げを伸ばし続けています。

● そして、7作目となる『ぞめき七 徳島阿波おどり 純情派』は、躍動するリズムと瑞々しいメロディーで、清らかな響きを感じさせる徳島の6連を収録。

● 収録されたそれぞれの連に対する、プロデュサー、久保田麻琴のコメント。
「やっこ連は、今回の作品を作るきっかけになった連です。清純というか清廉というか、独特の清々しさがあった」
「葉月連と藝茶楽は若々しくてスポーティー。決して派手じゃないけど、すごく上手で、アレンジも凝ってるんですよ」
「殿様連もとても若々しい。いい意味で歴史の古い連という印象がないんです」
「本家大名連は、ファンキーだよね。締め太鼓とシンバルを組み合わせたセットを叩いていたり、ノリが本当におもしろい。絶対に崩さない自分たちのスタイルがあって、一本木」
「無作連はストリート感があるんですよ。今までの『ぞめき』のなかでも初めてテイク1でOK が出た」

● これまでの録音は、公民館や体育館で行われてきましたが、今作は、四国大学音楽科のスタジオを使用。これまで以上にクリアに仕上がり、それぞれの楽器の分離もよく臨場感一杯。徳島の空気さえ感じられるサウンドに仕上がっています。
<メーカーインフォより>






プレBADFINGERなIVEYS時代のデビュー前66年最初期ライヴ音源がメンバー自身の手によって発掘CDリリース! 本日の新品新入荷 7/6(土)

★BADFINGERファンもブリティッシュ・ビート・ファンもR&Bファンも必聴! プレBADFINGERなIVEYS時代のデビュー前66年最初期ライヴ音源がメンバー自身の手によって発掘CDリリース!

●BADFINGER / ORIGINS: THE IVEYS ANTHOLOGY VOL. 1 - LIVE AT THE EMPIRE JUNE 7, 1966 NEATH, SOUTH WALES (CD) 輸入CD 2,376円(税込) (RL GRIFFITHS / 2017 / 0641444199525)
ウェールズ南部スウォンジーにて61年にPETE HAMとTOM EVANSを中心にPANTHERSとして結成、その後IVEYSと名前を変え68年にAPPLEからデビューするも、レーベルの体制も整わぬまま不発に終わり、バンドは再出発へ。"WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS"の当初のタイトルから再度BADFINGERと名付けられた彼らは、BEATLESの弟分的存在として期待され翌69年に再デビュー。その音楽性の素晴らしさとは裏腹にキャリアを通じて悲しみに暮れ続けた悲運の歴史はファンには広く知られるところです。

そんな彼らの最初期音源集が、バンドのオリジナル・ベーシストRON GRIFFITHSことRONALD LLEWELLYN GRIFFITHSが立ち上げた自主レーベルからファン垂涎の発掘音盤化。ちなみにこの試みは長いスパンでシリーズ化される見込みとのこと。

19歳のベーシストRON GRIFFITHS、19歳のリード・ギタリストPETE HAM、20歳のリズム・ギタリストDAVE JENKINSに17歳のドラマーMIKE GIBBINSという布陣で、66年7月7日、南ウェールズはニースの労働者向けヴェニューEMPIRE BALLROOMにて披露された若き情熱が迸る熱演の一夜。バンドの「発見」者でのちのマネージャー、当時マージー・ビート・バンドMOJOSのマネージャーだったBILL COLLINSによって、バンドをロンドンへ連れて行くか判断するための資料として録音されていたという音源です。

大西洋を越えてきたソウルやR&Bに強く影響を受けたリズム&ブルース・バンドだった当時の彼らは、米国産ビートをベースにしながら同様の先達だった自国のR&Bアクト達の楽曲も積極的にレパートリーに取り入れたステージを展開。

JAMES BROWN AND HIS FAMOUS FLAMESの"TELL ME WHAT YOU'RE GONNA DO"、DON COVAY AND THE GOODTIMERSの"SEE-SAW"、THE IMPRESSIONS/CURTIS MAYFIELDの"IT'S ALL RIGHT"、SOLOMON BURKEの"STUPIDITY"、WILLIE MITCHELLの"EVERYTHING IS GONNA BE ALRIGHTといったアメリカからの影響を直接に脳髄に注入し、

SPENCER DAVIS GROUPの"SOMEBODY HELP ME"や"KEEP ON RUNNING"に、THE WHOヴァージョンの"DADDY ROLLIN' STONE"、CHRIS FARLOWE AND THE THUNDERBIRDSの"BUZZ WITH THE FUZZ"、MOODY BLUESヴァージョンの"I'LL GO CRAZY"、HOLLIESの"WHAT KIND OF BOY"、JOHN MAYALL & THE BLUESBREAKERSの"CROCODILE WALK"に"CRAWLING UP A HILL"、SMALL FACESの"HEY GIRL"、GRAHAM BOND ORGANISATIONの"KEEP A-DRIVIN'"などなど、当時の英国シーンが湛える豊潤さもダイレクトに彼らの血肉となっていたことを物語る全21曲を収録。

THE WHOの大ファンだったRON GRIFFITHSは、「もしもTHE WHOがこのJAMES BROWNを演ったらどうなるか」という解釈でスタイルを構築していたと回顧。実際そのほかにも、

RIGHTEOUS BROTHERSの62年ブルーアイド・ソウル・ヒット"MY BABE"を65年のSPENCER DAVIS GROUPヴァージョンで、COASTERSの57年R&Bクラシック"YOUNG BLOOD"を64年のWAYNE FONTANA AND THE MINDBENDERSヴァージョン(PETE HAMはイントロダクションでWAYNE BENDER AND THE MINDFONTANASと紹介!)で、DUSTY SPRINGFIELDで知られたBACHARACH=DAVIDチューン"I JUST DON'T KNOW WHAT TO DO WITH MYSELF"を66年のCHRIS FARLOWEヴァージョンで演奏と、単なる米国憧憬カヴァー・バンドに留まらない、より最新の現代的アレンジを意識したブリティッシュ・ビートの実験の記録としても重要なセットとなっています。

またDAVEの聞き間違いから誤解釈されたというKINKSの"SITTIN' ON MY SOFA"カヴァー、"SITTIN' ON MY SAD SIDE"も聴きモノ。

「WITHOUT YOU: THE TRAGIC STORY OF BADFINGER」を著したBADFINGERバイオグラファーDAN MATOVINAによるリストア、エディット、マスタリング。輸入盤CD/簡素なペーパー・スリーヴ仕様。







★00年ROBERT JOHNSONカヴァー集第2弾がCDリイシュー!

●PETER GREEN WITH NIGEL WATSON / HOT FOOT POWDER (CD) 輸入CD 1,944円(税込) (MADFISH / SMACDX1130 / 0636551713023)
JOHN MAYALL & THE BLUES BREAKERSスクールから巣立ったブリティッシュ・ブルース・シーンを代表する名ギタリストであり、初期FLEETWOOD MACのオリジナル・メンバーとしての活躍でも知られるブルース・ギター・レジェンドPETER GREEN。バンド脱退以降はドラッグを含む健康上の問題で一時第一線を退くも、90年代以降は自身のPETER GREEN SPLINTER GROUPで活動を続け復活を果たしています。

98年の『THE ROBERT JOHNSON SONGBOOK』に続くROBERT JOHNSONカヴァー集第2弾。第1弾同様にMAC以降のPETER GREENを支え続けた盟友ギタリストNIGEL WATSONとの連名による一枚で、スペシャル・ゲストとしてBUDDY GUY、OTIS RUSH、HUBERT SUMLIN、DR JOHN、JOE LOUIS WALKER、HONEY BOY EDWARDSといったブルース・ジャイアント達が名を連ねた豪華盤に仕上がっています。

デジパック装。8ページ・ブックレット。





★UKコンプリート・シングルズ・コンピレーションがCDリリース!

●GRAHAM BONNEY / THANK YOU BABY - THE COMPLETE UK POP SINGLES & MORE 1965-1970 輸入CD 1,944円(税込) (TEENSVILLE / TV1034 / 0766871513994)
英国エセックスはバジルドン生まれ。子役時代を経て、一時期DAVID BOWIEが参加したことでも知られる LARRY PAGE発掘/JOE MEEKプロデュースのレア・モッド/R&B/フリークビート・コンボRIOT SQUADのリード・シンガーを務めたのち、ソロへと転身。66年にはUKで唯一のヒット"SUPER GIRL"を放ったことで知られるポップ・シンガーGRAHAM BONNEY。

"SUPER GIRL"はヨーロッパも席巻。ドイツではチャート1位に輝き100万枚を売り上げたとされていますが、英国では不遇が続いたことで以降はドイツを拠点に活動の場を移し、その後好調にドイツ語ヒットを連発した彼の、初のUKシングル英語歌唱コンピレーションの登場です。ドイツで共にツアーを経験したBEACH BOYSのBRUCE JOHNSTONのペンによるタイトル・カット"THANK YOU BABY"をはじめとした65年から70年にかけてリリースされた14枚のUKシングルのAB面をすべてコンパイルし、さらにレアなデビューLP楽曲も追加した全32トラック。

12ページ・ブックレット。





★2019年デビュー作がCDリリース!

●GUITAR UP! / WESTERN PACIFIC 輸入CD 2,160円(税込) (GUITAR UP! / GU!002 / 0888295904476)
ミシガン州ロウアー半島南西部カラマズーのレトロ/モダン・サーフ・インストルメンタル・バー・バンドGUITAR UP!。

2017年リリースのデジタル・デビューEP『LIQUID SUNSHINE』に続く待望のフル・レングス・アルバムが登場。サーフ・ロックにスパイ・スリラー、マカロニ・ウェスタン・テーマ、ジャズなどなど豊潤なギター・インストルメンタル・チューンが響き渡る全12曲。







★70年コンピレーションがCDリイシュー!

●V.A. (COUNTRY) / HONKY TONK ANGELS 輸入CD 1,080円(税込) (STARDAY RECORDS / NA7-2301-2 / 0792014230121)
テキサスのSTARDAY RECORDS傘下に64年に設立された名レーベルNASHVILLEからの名作が一挙到着。

DOLLY PARTON、JUNE STEARNS、DOTTIE WEST、MELBA MONTGOMERY、PATSY CLINE、JAN HOWARD、LOIS WILLIAMS、SYLVIA MOBLEY、CAROL LEE COOPERと、タイトルどおりにカントリー界の天使たちをコンパイルした全10トラックを収録しています。





★70年作がCDリイシュー!

●MOON MULLICAN / I'LL SAIL MY SHIP ALONE: MOON'S GREATEST HITS 輸入CD 1,080円(税込) (STARDAY RECORDS / NA7-3006-2 / 0792014300626)
テキサスのSTARDAY RECORDS傘下に64年に設立された名レーベルNASHVILLEからの名作が一挙到着。

テキサス生まれの「キング・オブ・ヒルビリー・ピアノ」ことMOON MULLICAN。1930年代にウェスタン・スウィングのプレイヤーとして活動を始め、1960年代のホンキー・トンク・カントリーでキャリアを総括、ヒルビリーのみならず広範なスタイルで30年のキャリアを築き上げた彼の集大成的グレイテスト・ヒッツ集となっています。47年の"JOLE BLON"、50年の"I'LL SAIL MY SHIP ALONE"、51年の"CHEROKEE BOOGIE"などなど全10曲。




★ララージにも比類する孤高のアンビエント・ジャーニー! 82年エキゾチック・ミニマム・アンビエント唯一作がCDリリース!!

●MICHAEL O'SHEA / MICHAEL O'SHEA (CD) 【輸入盤】 82年エキゾチック・ミニマム・アンビエント唯一作がCD化 輸入CD 1,728円(税込) (ALLCHIVAL / ACMOSCDX1 / 7115834806520)
1982年にポスト・パンク・レジェンドWIREのBRUCE GILBERTとGRAHAM LEWIS運営レーベル DOME RECORD からリリースされた、特殊音楽家 MICHAEL O'SHEAの唯一作が遂にCD化。
オシェイの操る自作17弦楽器のシタール、ダルシマーともつかない音色に魅了されるエキゾチック・ミニマム・アンビエント。ドイツや、フランス、西アジアを渡り歩いた経験、その土地土地で出会った異文化との出会い、そしてストリート・ミュージシャンとしての活動がWIRE / DOMEの二人の音響工作も相まって旅情を誘う作品。今もな勢力的なリイシュー & リリースが続く桃源郷ニューエイジ/アンビエントの重要作家LARAAJIと並び称されるべき、80年代アンビエントの重要作品!!
 




★再入荷!

●モビー・グレープ / モビー・グレープ 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6674 / 4582239486740)
モビー・グレープのファースト・アルバムにして、ロック史に残る傑作!

ジェファーソン・エアプレインの初代ドラマーだったスキップ・スペンスがピーター・ルイス、ボブ・モズリーらと結成したサンフランシスコの5人組バンド、モビー・グレープのファースト・アルバム(67年)が待望の復刻! 

その独創的でダイナミズムあふれるロック・サウンドは、バッファロー・スプリングフィールドとともに、日本のはっぴいえんどにも多大な影響を与えたことで知られる。当時は正当な評価を得られなかったが、これは紛れもない傑作ロック・アルバムだ。

シングル・ヴァージョン2曲を追加。





★ヴェロカイ、カエターノ・ヴェローゾからバリス・マンチョ、クルアンビンのファンにまで推薦の現行サイケの超注目バンド! フランスそしてロンドンをベースに活動するキット・マーティンと、イスタンブールの女性ヴォーカリストのメルヴェ・エルデンによるデュオ、キット・セバスティアンが待望のデビュー!

●KIT SEBASTIAN / MANTRA MODERNE 輸入CD 1,944円(税込) (MR.BONGO / MRBCD213 / 7119691259529)
アナログシンセのMS20やファルフィッサのオルガン、タブラやダルブッカ、バラライカといったアラブ音楽で用いられる楽器を使い、フランスの片田舎にあるスタジオで8トラック・テープにて録音されたという本作。ヴェロカイやムタンチス、バリス・マンチョやエルキン・コライといったブラジルとトルコ・サイケのミックスのようなヴィンテージ感あふれる無国籍サイケ・サウンドと、コルテックスらヨーロピアン・ジャズの洗練、そしてクルアンビンやステレオラブのような現代性までを携えた、「現代版トロピカリア」と名乗るにふさわしい注目バンドです!







★アナログも到着!

●金延幸子 / MISORA 国内LP 4,320円(税込) (LIGHT IN THE ATTIC / LITA175LP / 0826853017510)
Light in the Atticの日本フォークのコンピレーション「Even a Tree Can Shed Tears」にも収録されていた金延幸子が、LIGHT IN THE ATTICより金延幸子「み空」リリース!! 

英訳豪華ブックレット封入!!
帯付






ALIVE THE LIVEシリーズ新作大量入荷!特典BOX付商品も! 本日の新品新入荷 7/5(金)

★英国ロック史上最上のロスト・マスターピース秘宝盤! MICK TAYLORプロデュースの74年未発表アルバムが発掘CDリリース!
 
●ROBIN MILLAR / CAT'S EYES (CD) 輸入CD 3,024円(税込) (APCOR BOOKS / APCORCD02 / 2299990223574)
ROBIN MILLAR WITH MICK TAYLOR名義でリリースされた75年のフレンチ・オンリー激レア盤シングル"CATCH AS CATCH CAN"のみが一部ROLLING STONESマニアに知られたROBIN MILLAR。

のちレコード・プロデューサー/アレンジャー/ミュージシャン/コンポーザー/スタジオ・オーナーとして、RANDY CRAWFORDやEVERYTHING BUT THE GIRL、WEEKEND、FINE YOUNG CANNIBALS、BIG COUNTRY、ERIC CLAPTON、STING、SADE等々を手掛け 英国ロックを裏から支えた彼の若き日、1STソロ・アルバムのレコーディングのためBEALTESのAPPLE STUDIOSの門を叩いたのは74年のことでした。

ROBINとは当時義理の兄弟(正確には姉の婚約者で75年に結婚、のち数年で離婚)だったというROLLING STONEのMICK TAYLORがプロデューサーを務め、スライド・ギターでも参加、ベースにはROBINの親友というGORDON RAITT、ドラムスにはのちSNIFF 'N' THE TEARS等に参加するJAMIE LANEを起用。レコーディング/ミキシング・エンジニアはSTONESやLED ZEPPELIN、ROD STEWARTらも手掛けるレジェンドANDY JOHNSが担当し、さらにBEATLES/STONES作品にも深く関わったご存知BILLY PRESTON、NICKY HOPKINS、BOBBY KEYSといった名うてのセッション・ミュージシャンが数曲でスペシャル・ゲスト参加。74年9月に無事アルバムは仮題『CAT'S EYES IN THE DARK』として完成を見たものの、その12月のMICKのSTONESからの離脱を受け、レコード会社ATLANTICは本作のお蔵入りを決定。いつしか幻のアルバムと呼ばれるようになりました。

16歳から21歳にかけて書かれたというオリジナル楽曲群は、初恋や失恋、盲目の苦しみや初体験へのエクスタシーなどなど若い感情がたっぷりと詰まりながら、表情豊かなROBIN MILLARのヴォーカル、ギター、ピアノを軸にキャッチーかつロッキンに美しく練られ纏め上げられた全10曲。

スウィートにポップにロマンティックなオープニングにふさわしい"MAY WE"、フォーキーでロッキンな"BY THE WAY"、『IT'S ONLY A ROCK'N'ROLL』期のSTONESを髣髴させると評された典型的70Sストンパー"CATCH AS CATCH CAN"、ROBINのピアノも麗しいジェントルなバラッドから、MICKのギターに導かれブルージーなロッカーへと展開する"HEY JO"、NICKYとBILLYのダブル・キーボードでメランコリーに奏でられる"REMEMBER"、ストリングスに彩られるセンチメンタルな愛の詩"THE MELODY OF LOVE"、よりダークに傾くロマンスと消失"SAIL AWAY ALONE"、再びSTONESライクなシャッフル・チューン"SUNDAY"、7分に亘ってドラマティックに展開するシングルB面トラックのロング・ヴァージョン"FOR MY LIFE"、ROBINとGORDONのギターのみによるシンプルにアコースティックなエンディング"WHEN YOU DIED"と、正しく70年代初頭の豊潤なサウンドが溢れ出る 当時埋もれさせるには惜しすぎた傑作中の傑作に仕上がっています。もしも本作が当時正式にリリースされていたら、、、彼がプロデュースすることになるポップ・スター達と肩を並べ、ロック史の表舞台に立ち続けていたのかもしれません。

オリジナル2トラックAPPLEマスター・ミックスダウン・テープからのリマスター。

CDにはオリジナル・シングル収録B面楽曲"FOR MY LIFE"の5分半のシングル・エディット・ヴァージョンをボーナス追加。500枚限定盤。デジパック装。







★POLYDOR期の8作品がボーナス追加で8CDボックス・リイシュー!

●ATLANTA RHYTHM SECTION / THE POLYDOR YEARS (8CD) 輸入CD 4,968円(税込) (CAROLINE / CAROLR073CD / 0600753866603)
ROY ORBISONのバック・バンドも務めたCANDYMENやソフト・ロック/ブルー・アイド・ソウルとしても評価されたCLASSICS IVのソングライティングの中心だったキーボーディストDEAN DAUGHTRYらによって結成。THE ALLMAN BROTHERS BANDのレディオ・フレンドリー・ヴァージョンと評され、その名の通りジョージア州アトランタを拠点に70年代から活躍を続ける名サザン・ロック・バンド、THE ATLANTA RHYTHM SECTION。

74年から80年までのスタジオ・アルバム7作品とライヴ・アルバム1作品をコンパイル。それぞれシングル・エディットやモノ・エディットなどの初CD化トラックをボーナス追加したファン必携仕様。

安定感あるハードなサウンドと華麗なハーモニー、メロディアスな部分が上手くまとまった代表作からバンドとしての充実期まで、彼らの醍醐味を存分に味わうことのできる名作が詰まっています。サザン・ロックというラフな固定概念からの脱出、本来得意としていたソウルフルなサウンドを押し出し、泥臭く豪快なイメージを払拭するかのような落ち着いた演奏はまさに達人の域。メロディアスなポップ・センス、染み付いたグルーヴ感、より磨き上げられた楽曲、南部らしさを湛えつつも暑苦しくはならない素晴らしいコーラス・ワーク、彼らの腕は本物です。

■THIRD ANNUAL PIPE DREAM 1974
■DOG DAYS 1975
■RED TAPE 1976
■A ROCK AND ROLL ALTERNATIVE 1976
■CHAMPAGNE JAM 1978
■UNDERDOG 1979
■ARE YOU READY? 1970
■THE BOYS FROM DORAVILLE 1980





★『MUSIC LIFE 1970年代ビートルズ物語』『MUSIC LIFE ザ・ビートルズ 1980年代の蘇生』に続く《年代記》の第3弾。

●ビートルズ / MUSIC LIFE 1990年代のビートルズ (フロム・ビー編監修) <シンコー・ミュージック・ムック> 国内BOOK 1,512円(税込) (シンコーミュージック / / 9784401648016)
巻頭はこの春に実現したリンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドの日本縦断ツアーの全公演詳細レポート。特集は「1990年代のビートルズ 伝説への昇華」。

「1990年代ビートルズ物語(1)」「1990年代ソロ活動(1)」1990年代ビートルズ物語(2)」「1990年代ソロ活動(2)」など。

【CONTENTS】

■巻頭
リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンド日本縦断ツアー2019
ぼくらのショーはピース&ラブの祭典なんだ!
リンゴ日本公演全曲レポート
ステージ・セットのアートワークに込められたメッセージ
日本縦断ツアー2019ダイアリー
到着?福岡/広島/仙台/郡山/東京/名古屋/尼崎/大阪

■特集
1990年代のビートルズ 伝説への昇華 監修/広田寛治
ポール、ジョージ、リンゴ 写真と発言
概論:ビートルズが伝説へと昇華する長く曲がりくねった道程

◎1990年代ソロ活動(1)

ビートルズを伝承するライブ活動 広田寛治

概論:伝道師の如く、ライブを通じて、ビートルズの素晴らしさを伝える
・ビートルたちとヨーコとの和解をとりもったジョン・レノン生誕50周年コンサート
・ビートルズを歌い、環境保護を訴える、ポールを新時代へと導いた世界ツアー
・ビートルズとジョンのスピリットを継承し、ゴー・ベジーな新世界を呼びかける
・ビートルズを受け入れ、想いの全てを込め、渾身の日本ツアーを成功させる
・ビートルズの呪縛から解き放たれ、オール・スターのスターになったリンゴ

◎1990年代ビートルズ物語(1)

歴史を総括するアンソロジー・プロジェクト 山川真理

概論:メンバー自身の手でビートルズを総括した『アンソロジー』の時代
・『赤盤』『青盤』のCD化が示したアーティストとしての自己決定権
・『ライヴ・アット・ザ・BBC』に始まる未発表音源リリースの時代
・『アンソロジー』を大きく前進させたポールとヨーコの「歴史的和解」
・ビートルズの新曲に込められた「再結成神話」への回答
・公式ドキュメンタリーとして描かれたビートルズの正史とその限界
・未発表音源のアルバムが提示したビートルズ・サウンドの新たな楽しみ方
・『イエロー・サブマリン』にみる映像メディアの変遷とデジタル時代の到来

◎1990年代ソロ活動(2)

はかない命と永遠のメッセージ 吉野由樹

概論:「愛こそはすべて」を体現した時代?世界の人たちを幸せに導く社会活動
・ヨーコとショーンによるジョンのメッセージを継承する活動
・未来を担う若い才能を育成 総合芸術大学LIPAの創設にポールが奔走する
・ポールとリンダが二人三脚で力を注いだ社会活動
・リンダの遺志を継ぐポールの献身的な活動
・ポールの挑戦と愛する人たちに捧げるクラシック音楽
・ジョージが命がけで教えてくれたこと





★ベスト・コレクションが3CDリリース!

●EVERLY BROTHERS / PLATINUM COLLECTION (3CD) 輸入CD 1,296円(税込) (NOT NOW MUSIC / NOT3CD275 / 5060432022754)
歴史上の兄弟の中でもっともロックンロールしている2人、DONとPHILのEVERLY BROTHERS。

"BYE BYE LOVE"、"WAKE UP LITTLE SUSIE"、"RIP IT UP"、"MAYBE TOMORROW"などなどなど、全60トラックに及ぶオール・タイム・クラシックス・コレクションの登場です。





★5タイトルまとめ買いで特典ボックス!

●タンク / まとめ買いセット<5タイトル/紙ジャケット> 【特典:BOX】 国内CD 12,500円(税込) (RUBICON MUSIC / / 2299990770566 2299990770567 2299990770571 2299990770572 2299990770573)

■ TANK『FILTH HOUND OF HADES (激烈リフ軍団』)
■ TANK『POWER OF THE HUNTER (反逆の戦士』)
■ TANK『THIS MEANS WAR (ディス・ミーンズ・ウォー)』
■ TANK『HONOUR & BLOOD (血まみれの栄光』
■ TANK『TANK (タンク)』

【特典】

・紙ジャケット収納BOX
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。




●タンク / 激烈リフ軍団 <紙ジャケット> 国内CD 2,500円(税込) (RUBICON MUSIC / TANK-MLPCD-001 / 2299990770566)
82年リリースの記念すべきデビューアルバムであり、人気を決定づけた代表作。Damnedにも在籍したアルジー・ワード(vo,b)がピーター&マークのブラブス兄弟と組み、'81年にEP「Don't Walk Away」でデビュー。

そのMotörhead直系の飾り気のない無骨で突進力抜群のサウンドは瞬く間に大きな話題となる。その後の代表曲となる「Shellshock」、「Blood Guts & Beer」、「T.W.D.A.M.O」等収録!     

ボーナストラック10曲含む20曲収録!




●タンク / 反逆の戦士<紙ジャケット> 国内CD 2,500円(税込) (RUBICON MUSIC / TANK-MLPCD-002 / 2299990770567)
インターバルを空けず、同'82年にリリースされたセカンド。代表曲、「Walking Barefoot Over Glass」、「Power Of The Hunter」収録。

1st同様、Motörhead直径の突進力抜群の楽曲中心ではあるが、Osmondsのカヴァー曲「Crazy Horses」を収録するなど、音楽性の幅を広げることにも成功するなど、懐の深さを見せる名盤。
結果的にアルジー&ブラブス兄弟のトリオ編成でのラストアルバムとなる。

ボーナストラック3曲含む13曲収録!




●タンク / ディス・ミーンズ・ウォー<紙ジャケット> 国内CD 2,500円(税込) (RUBICON MUSIC / TANK-MLPCD-003 / 2299990770571)
元WHITE SPIRITのミック・タッカー(g)が加入してツイン・ギター体制となり、ドラマチックな要素が加わりヘヴィメタル然としたスタイルに進化した3rd!

移動式モービル・スタジオを駆使して録音された楽曲は音質も上々!

このアルバムを最後にブラブス兄弟はバンドを離れ、別々の道を行く。

代表曲「This Means War」、「Echoes Os A Distant Battle」収録!

ボーナストラック3曲含む10曲収録!




●タンク / 血まみれの栄光<紙ジャケット> 国内CD 2,500円(税込) (RUBICON MUSIC / TANK-MLPCD-004 / 2299990770572)
元Chicken Shackのクリフ・エヴァンス(g)を迎え、現在のギターチームがここに誕生!心機一転を図ったバンドの勝負作となる4thアルバム!

さらに増した突進力に劇的要素が加わり、さらにアルジーのヴォーカルも過去最高のパフォーマンスを見せる最高傑作が完成!

代表曲「The War Drags Ever On」、「Honour And Blood」を収録!

アルバムリリース後、バンドはMetallicaによる伝説の"Ride The Lightning Tour"に参加!!

ボーナストラック3曲含む10曲収録!




●タンク / タンク<紙ジャケット> 国内CD 2,500円(税込) (RUBICON MUSIC / TANK-MLPCD-005 / 2299990770573)
Metallicaとの欧州ツアー、その後のUSツアーと怒涛の進撃を続けた後、2年間のインターバルを経て再び合流したバンドはアルジー主導の下、3年振りのリリースとなった5thアルバム!

メンバー間での不穏な状況が噂されたが、アルバム的には前作の流れを汲む堂々たる内容で、ファンならば納得の仕上がり!

しかしながらバンドはこの後、1989年に活動を一旦停止。1997年の活動再開まで待たされることになる。

ボーナストラック2曲含む10曲収録!





★特典CD収納ケース♪ キャメルの貴重ライヴ音源5タイトルのまとめ買いセット!
 
●キャメル / 5タイトルまとめ買いセット 国内CD 13,967円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10165S / 4997184104364 4997184104371 4997184104388 4997184104395 4997184104401)【ディスクユニオン・オリジナル特典『CD収納ケース』】




●キャメル / ライヴ・イン・ロンドン&ニュー・ヨーク1974 国内CD 2,989円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10165 / 4997184104364)
1973年にMCAレコードからデビューしたキャメルは1974年にデッカ傘下のデラムに移籍し2ndアルバム『蜃気楼(原題: Mirage)』をリリース。

レコード会社のサポートを得てプロモーションを兼ねてイギリス国内を中心に積極的なツアーを展開する。その中で同年6月20日のロンドンのマーキー・クラブでのライヴ・パフォーマンスはラジオ放送用として収録される。

放送終了後はお蔵入りとなる。さらにアメリカ進出の為に同年11月に初のアメリカ公演を東海岸側で4回行う。その中でアメリカでのラジオ放送用としてニューヨークのエレクトリック・レディ・スタジオにてスタジオ・ライヴを行うがこちらも放送以外に使用されずお蔵入りとなる。今回、この2つのパフォーマンスのオリジナル・マスターが発見され、遂にライヴ・アルバムとしてリリースに至った貴重なアーカイヴである。

輸入盤国内仕様。帯、英語ブックレットの対訳付き。

【2枚組】




●キャメル / ライヴ・イン・ロンドン1977 国内CD 2,500円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10167 / 4997184104371)
ベーシストがEx.キャラヴァン~ハットフィールド&ザ・ノースのデイヴ・シンクレアに替わり、1977年9月17日にリリースされる5thアルバム『レイン・ダンス(原題:Rain Dances)』はキャメルの新たな方向性を明示する作品でよりファンの支持を獲得する。

そしてツアーをスタートするにあたってアルバムにゲスト参加していたEx.サーカス~キング・クリムゾンのサックス、メル・コリンズが正式メンバーとして加入する。

このツアーの中で10月1日のロンドン公演はプロモーションの為にBBCテレビの人気音楽番組用に収録される。このパフォーマンスの模様は2005年にリリースされたDVDに5曲収録される。今回のオリジナル・マスターの発見により、当日演奏された10曲を完全収録されたライヴ・アルバムとしてのリリースだけに正にファン待望の作品である。

輸入盤国内仕様。帯、英語ブックレットの対訳付き。 




●キャメル / ライヴ・イン・サンノゼ1979 国内CD 2,989円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10168 / 4997184104388)
1978年9月に6thアルバム『ブレスレス~百億の夜と千億の夢(原題:Breathless)』リリース後、オリジナル・メンバーであるピーター・バーデンスが脱退し、新たにキャラヴァンのヤン・シェルハースが加入、さらにワールド・ツアーを行うにあたりキャラヴァンのデイヴ・シンクレアも加入し、ツイン・キーボードとなる。

そして同年9月7日よりヨーロッパ~日本~北米~ヨーロッパを廻るワールド・ツアー<"Breathless" Tour>をスタートさせる。このツアーでは念願のアメリカでの成功を収める為、西海岸の3ヶ所のコンサートがライヴ収録されラジオ局で放送される。その中でもベスト・パフォーマンスの呼び声が高い1979年2月9日のカリフォルニア州サンノゼでのライヴ・パフォーマンスのマスターが発見され遂にCD化される。新作を中心にこれまでのアルバムの代表楽曲を網羅し、かつ6人編成による重厚なアンサンブルで再現しているだけにキャメルとしてはベストな時期である。ボーナス・トラックとして同年2月にBBCラジオに出演時の「レディ・ファンタジー」のパフォーマンスが収録されている。

輸入盤国内仕様。帯、英語ブックレットの対訳付き。

【2枚組】




●キャメル / ライヴ・イン・東京1979&1980 国内CD 2,500円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10170 / 4997184104395)
キャメルの初来日である1979年と二度目の来日公演の1980年の音源が遂にCD化!!

6thアルバム『ブレスレス~百億の夜と千億の夢(原題:Breathless)』リリース後にオリジナル・メンバーのピーター・バーデンスの脱退に伴い、キャラヴァンの2人のキーボード・プレイヤーが加入してスタートさせたワールド・ツアーの一環として行った初来日公演から6曲、そして翌年にリリースする8thアルバム『リモート・ロマンス(原題:I Can See Your House From Here)』の制作に伴い、メル・コリンズが脱退、キーボード・プレイヤーがデイヴ・シンクレアから元ハッピー・ザ・マンのキット・ワトキンスに、ベースもリチャード・シンクレアからコリン・ベースに替わってからの2度目の来日公演を6曲収録しており、ハイライトながらもこの時期のキャメルの貴重な来日公演のアーカイヴが遂にCD化される!

輸入盤国内仕様。帯、英語ブックレットの対訳付き。 




●キャメル / ライヴ・イン・オランダ1984 国内CD 2,989円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10171 / 4997184104401)
キャメルにとってラスト・スタジオ作品となる10thアルバム『ステーショナリー・トラヴェラー』のリリースに伴い、ヨーロッパ限定のツアーがスタートする。

キャメルにとってその活動の集大成的セット・リストで行われたツアーの後半でのオランダ公演は地元の放送局VPROでのスペシャル番組として収録される。

この1984年5月15日の約2時間に渡るコンサートのセット・リストは番組用に構成されたものでこのツアーのセット・リストとは若干異なるもの。

当日のセット・リストはアンコールを含めて全29曲で番組の放送時間の関係上から18曲が放送される。この時期のライヴ・アルバムとして4日前のロンドン公演がオフィシャル・プロダクツとしてリリースされているがそれとは異なるテイストに仕上がっている貴重なアーカイヴである。
輸入盤国内仕様。帯、英語ブックレットの対訳付き。

【2枚組】



★そのほかALIVE THE LIVEシリーズ新作まとめて入荷!




●キャラバン / ライヴ・イン・カリフォルニア1974 国内CD 2,500円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10173 / 4997184104418)
2019年結成50周年を迎える久々の来日公演を行うカンタベリー・ミュージック・シーンを代表するプログレッシヴ・ロック・バンド、キャラヴァン。

ロックとジャズを融合させながらもポップな感性をも融合させた独得なサウンドは今なお強い支持を獲得している。1974年4月に初のライヴ・アルバム『キャラヴァン&ニュー・シンフォニア』のリリース、それに伴い初の北米ツアーを行う。この間アメリカのラジオ局用のプロモーション番組としてスタジオ・ライヴを行う。セット・リストは全7曲でスタジオ前作『夜ごとに太る女のために』の楽曲4曲とライヴ・アルバム収録楽曲2曲、代表曲「リチャードのために」を披露する。この時点でバンドだけのライヴ・アルバムはリリースしていなかっただけにここで聴けるパフォーマンスは貴重なアーカイヴである。輸入盤国内仕様。帯、英語ブックレットの対訳付き。




●キャラバン / ライヴ・イン・ロンドン1975 国内CD 2,500円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10174 / 4997184104425)
2019年結成50周年を迎える久々の来日公演を行うカンタベリー・ミュージック・シーンを代表するプログレッシヴ・ロック・バンド、キャラヴァン。

ロックとジャズを融合させながらもポップな感性をも融合させた独得なサウンドは今なお強い支持を獲得している。1975年に入りキャラヴァンは積極的なライヴ活動を展開しながらも新作のレコーディングを行う。そして3月には新作『ロッキン・コンチェルト(原題:Cunning Stunts)』を完成させる。この新作の出来を確認すべく、BBCラジオの音楽番組で新曲を披露した模様を収録したライヴ・アルバム。当日のセット・リストは全4曲で3曲はこれまでの3枚のアルバム収録の代表楽曲、そして新曲は18分の大作「ロッキン・コンチェルト(原題:The Dabsong Conshitoe)」でこの大作の初披露パフォーマンスという貴重なライヴ・アーカイヴである。輸入盤国内仕様。帯、英語ブックレットの対訳付き。




●イエス / ライヴ・イン・ニューヘイヴン1971 国内CD 2,500円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10175 / 4997184104432)
プログレッシヴ・ロックのトップ・バンドとして今なお精力的な活動を続けるイエスの黎明期である1971年の貴重なライヴ・アーカイヴが遂にCD化!!

ギタリストがスティーヴ・ハウに替わり、そしてエディ・オフォードが第6のメンバーの如くプロデュースを担当し制作され、1971年3月にリリースされた3rdアルバム『イエス・アルバム』は全英アルバム・チャートNo.4,そしてアメリカでもNo.40にランク・インする。このアルバムと共にスタートさせた北米ツアーの千秋楽を飾る同年7月4日のコネティカット州ニューヘイヴンでのコンサートの模様をラジオでのプロモーション目的に完全収録した音源が遂にCD化! グランド・ファンク・レイルロードのオープニング・アクトでのパフォーマンスだけに演奏時間は短いがそのパフォーマンスの内容は素晴らしく、成長著しいバンドの状況が伺える。また、ビル・ブラッフォードの緻密なドラム・ソロも聴ける貴重なアーカイヴである。ボーナス・トラックとして凱旋公演となる同年7月31日のロンドン公演の模様を3曲追加収録! 輸入盤国内仕様。帯、英語ブックレットの対訳付き。




●ジョン・アンダーソン / ニュー・ジャージー1982 国内CD 2,989円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10176 / 4997184104449)
トレヴァー・ラビンとリック・ウェイクマンと共に活動を展開している元イエスのフロント・マン、ジョン・アンダーソンが1982年にリリースした3rdアルバム『アニメーション』を携えて行った北米ツアーの模様が遂にCD化!!

アルバム・レコーディングに参加した元コロシアム~ハンブル・パイのクレム・クレムソン(G)やアメリカン・プログレッシヴ・ロック・シーンやスティングのバック等で活躍したデヴィッド・サンシャス (Kbds)を従えて新作の楽曲を中心にジョン&ヴァンゲリスのナンバーや新たなアレンジを施したイエスの代表曲を網羅したメドレーなどによって構成されたコンサートを完全収録したこのライヴ・アルバムはイエス・ファンにとって必携の作品である!輸入盤国内仕様。帯、英語ブックレットの対訳付き。 

【2枚組】





★現在も活発に活動中のItalyを代表するベテラン・カンタゥトリーチェの一人、'19年作が登場!

●PATTY PRAVO / RED 輸入CD 2,592円(税込) (SELF DISTRIBUZIONE / MDS2019003 / 8051411743644)
アルバム・タイトルと同じ'赤'に染まった老いを感じさせぬアーティスティックなジャケットに同じく、今だ力強い歌声を響かせる、'19年伊Sanremo Festivalの開催と同時のリリースとなった作品。若き伊シンガーのBrigaとの共演曲'Un Po' Come La Vita'や'69年作『CONCERTO PER PATTY』収録'Il Paradiso'の50 Special Editionと題したセルフ・カヴァーほか、全編でしっとりとしたイタリア情緒溢れるメロディと力強い歌声とが詰まっている快作です。







★元LES SAUTERELLESのHardy Hepp(vo/organ/vln)、Düde Dürst(dr)等により'69年結成されたSwitzerland産Psyche/Art Rockバンド、独Libertyから発表された'70年作がバンド自主レーベルから結成50周年記念500枚数量限定盤として、3面デジパック仕様に変更し'19年再発CD化!

●KROKODIL (CHE) / SWAMP: 50TH YEARS ANNIVERSARY 500 COPIES LIMITED EDITION 輸入CD 2,592円(税込) (KROKODIL / KCD02 / 2090504759960)
CDは長らく廃盤/入手困難だった1枚、前作の流れを汲むwoodwindを含む編成を生かしつつ、時代性であるサイケ/アシッド感覚の残灰を湛えたBlues/Jazz Rockを展開。Tim Rose'Morning Dew'カヴァーを筆頭にドタバタしたアングラ色は残しつつ、アンサンブルが向上したことによりドラッギーかつ猥雑な味わいが後退。Hardy Heppのvln/Mojo WeideliのHaronica等が醸し出す、タイトル通りアーシーかつスワンプ味を加味しつつも、'Light Of Day''Tell Me What You Want(Tell Tale)'等に顕著な北米産バンドとは異なる欧州産Psycheの流れを汲むストレンジさと醒めたセンスに満ちた、前作以上に屈折した音楽性/内容が味わえる快作です!!ボーナスとして、'99年独Second Battle盤CDにも収録された'69年未発表Session音源から'Gipsy Man''That's What I Do''Stehaufmädchen (Trailer)'を追加。

【Bonus Track3曲収録/3面Digipack仕様】





★1957年から1971年までの未発表集!

●SISTER ROSETTA THARPE / SHOUT SISTER SHOUT 輸入CD 2,592円(税込) (SUNSET BLVD / CDSBR7941 / 0708535794127)
1957年から1971年までの未発表集。グループとソロの録音を含む真新しいコレクション。







★松谷健率いるミッキー・ギター・バンドの新作が到着!

●The Mickey Guitar Band / FROM THE BEACHES 国内CD 1,620円(税込) (CAPTAIN TRIP RECORDS / CTCD805 / 4560107538050)
ありそうでなかった聴いたことがない不思議な音楽

CAPTAIN TRIP RECORDS主催、マーブルシープ松谷健による別ユニット「ミッキー・ギター・バンド」の新作がフランスから逆輸入で到着!

ビーチをテーマにした全7曲、長尺ナンバーも多数収録したコンセプチュアルなサイケデリック・アルバムに仕上がっています!

Ambient Psychedelic Drone Music
Bass – Luis Inage* 
Electronics – Hiroshi Hasegawa 
Guitar – Ken Matsutani 
Percussion, Drums, Violin – Fukuoka Rinji