2019年1月16日(水)リニューアルオープン! 新宿駅南口徒歩5分。ディスクユニオン唯一の'60年~'70年代の洋楽ロック新品/中古 CD・DVD専門店です。 Allman Brothers Band / Beatles / Bob Dylan / David Bowie / Eric Clapton / Grateful Dead /Jimi Hendrix / Led Zepplin / Rolling Stones...の王道ロックをはじめ、PSYCH / GARAGE / SOFT ROCK / AOR / SSW / FOLK / HARD ROCK等といった、クラシック・ロック全般を濃く深く取り揃えております。買取は常時大募集中でございます。ロック査定専門スタッフがお客様のコレクションを一点一点丁寧かつ、適正価格で高額買取いたします!

★オールデイズレコード新譜! ケイク、オズモンド・ブラザーズ、マイク・カーブ・サントラ・ワークス3CD!

2019年06月15日入荷予定----



★オールデイズレコード新譜! ケイク、オズモンド・ブラザーズ、マイク・カーブ・サントラ・ワークス3CD!

●ケイク / ザ・ケーキ 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6787 / 4582239487877)
ザ・ケーキのデビュー作は、ガール・グループ・マニアのプレミア・アイテム!

60年代に登場したガール・グループのなかでも、このザ・ケーキという3人組は独特のムードを醸し出していた。全米ホット100に入るようなヒット曲は皆無なのに67年と68年に計2枚もアルバムを出しているのも当時としては珍しいケース。

本盤は67年リリースのファーストで、デビュー曲「ベイビー・ザッツ・ミー」の作者ジャック・ニッチェ&ジャッキー・デシャノン、レッキング・クルーの面々、ドクター・ジョンといった有能なスタッフに恵まれて、スペクター風からR&B風まで、彼女たちの魅力が横溢する名作だ。





●オズモンド・ブラザーズ / ニュー・サウンド・オブ・ザ・オズモンド・ブラザーズ 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6799 / 4582239487990)
テリー・メルチャーのプロデュース曲も収録、隠れた名盤が世界初CD化!

70年代に入り全米で躍進するオズモンド・ブラザーズが1965年にリリースした隠れた名盤が、うれしい復刻。

従来からのファンを魅了するコーラス・ワークの美しさは言わずもがな、テリー・メルチャーがブルース・ジョンストンとのコンビ始動期にアレンジを手がけた2曲が秀逸。ともにビーチ・ボーイズ・スタイルのアレンジ&コーラスが心地よく、「ミスター・サンドマン」のナイスカバー、ボビー・ダーリンとの共作曲「マイ・マム」とメルチャーのセンスとオズモンド・ブラザーズの躍動感が融合した珠玉の2曲を収録したアルバムをご堪能あれ!

※ボーナス・トラック:1STアルバム(1963年作)より収録






●イク・カーブ) / マイク・カーブ・サントラ・ワークス BOX 国内CD 3,240円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6800-02 / 4582239488003)
様々な顔を持つプロデューサー、マイク・カーブ。誕生75周年を記念して彼が手掛けた映画音楽4作品『MARYJANE』『TEENAGE REBELLION』『THUNDER ALLEY』『THE WILD ANGELS』が紙ジャケ3枚組ボックスで登場!

八面六臂という言葉は、まさしくこの男にこそふさわしい。作曲家、プロデューサー、バンド・リーダー、モータースポーツ団体オーナー、レコード会社社長、慈善家、さらに政治家として華やかさを振りまいてきたマイク・カーブ(1944年12月24日ジョージア州サヴァナ生まれ)、その誕生75周年を記念して彼が携わった映画音楽4作品がボックス・セットにまとめられた。

ディスク1『MARYJANE』は1968年1月24日に公開され、100万ドルの収益をあげたと伝えられる映画(監督:モーリー・デクスター)のサウンドトラック。

ディスク2『TEENAGE REBELLION』は1967年某日公開のドキュメンタリー映画(監督:ノーマン・T・ハーマン、エリプランド・ヴィスコンティ)のサウンドトラック。

ディスク3のメインは『THUNDER ALLEY』。1967年3月22日公開、140万ドルの収益をあげたと伝えられる映画(監督:リチャード・ラッシュ)のサウンドトラックだ。

そしてさらに、このディスク3にはボーナス・トラックとして、TOWERからリリースされた『THE WILD ANGELS』(監督:ロジャー・コーマン、1966年7月20日公開)のサウンドトラックがそのまま収められている。







★長らくお待たせいたしましたLPオンリー音源も収録のアナログ盤! もちろんDVD-R特典♪ EMレコの俚謡山脈シリーズ第四弾は、東京の農漁村娯楽芸能『おしゃらく』2CD/LP!

2019年06月28日入荷予定-----



★長らくお待たせいたしましたLPオンリー音源も収録のアナログ盤! もちろんDVD-R特典♪ EMレコの俚謡山脈シリーズ第四弾は、東京の農漁村娯楽芸能『おしゃらく』2CD/LP! 素人芸達者ジジイババアによる 迸る三味線、イイ声イイ唄イイ念仏のアコースティカル・パレード! 夢の国!

●葛西おしゃらく保存会、他 / おしゃらく (LP) 国内LP 2,700円(税込) (エム・レコード (EM RECORDS) / EM1181LP / 4560283217817)【【ディスクユニオン・オリジナル特典『おしゃらく秘蔵映像DVDR』
もう言わずにいられない「ジジイババアの芸は最高だな!」

俚謡山脈監修シリーズ第四弾は、東京の芸能「おしゃらく」伝説の録音の初蔵出し。明治生まれの芸達者達による最強のパス・ザ・マイク・セッションまでも収録した全28曲、これぞ良い声、良い唄の大洪水!

東京にも民謡ってあるの?と問われたら答えたい「東京こそ唄の宝庫だ!」と。東京オリンピックによって急速に失われた「古き良き東京」をはっぴいえんど(松本隆)は「風街」という架空の街に見立てたが、「風街」とは別の東京、農民漁民や船頭が生きていた東京がつい数十年前まで存在していたことを、一体どれほどの人が現実に知っているだろうか?毎月念仏講(※1)が催され、農作業や土木作業で唄う作業唄があり、晴れの場では祝い唄を全員で唄い、夏が来れば盆踊りで死者の霊を慰めた。

今回我々が紹介するのは、東京の江戸川区および隣接する千葉の浦安に残されていた「おしゃらく」という芸能だ。おしゃらくは念仏講で歌い踊られていた念仏踊りを起源とし、そこに遊芸人である瞽女や飴屋の唄、江戸のはやり唄などを取り込みつつ高度に発展を遂げた「民謡と民俗芸能のハイブリッド」とでも言うべきものだ。この芸能は茨城から千葉、埼玉、神奈川まで分布しており、「万作踊り」「小念仏」の名称でも知られているが、おしゃらくはその中で最も複雑かつ洗練された芸能と言える。達者な三味線、モーラム(※2)にも引けを取らない節回しを聴かせる唄、踊り手を鼓舞するように快調なビートを刻む鉦と太鼓。民謡には「素人の良さ」があるのは確かだが、ここに登場する人々は「芸達者中の芸達者」だ。CD版のディスク2には、そのおしゃらくオールスターズが唄う葛西と浦安の民謡を収録しており、これがまた凄い内容。作業唄から盆踊り唄まで一流の芸達者たちによる土着民謡大会! ファンキーとかドープとかいう言葉ではとても表しきれない、目くるめく「良い声」「良い唄」の大洪水に酔いしれて欲しい。

本作収録音源は、現在も葛西おしゃらく保存会の会長を務める藤本秀康氏が昭和40~50年代に自ら録音した膨大な量の所蔵テープから、俚謡山脈が藤本氏と共にセレクトした。アレマイユ・エシェテ(※)のような歌手が日本にもいたらな~と夢想したことがある人に教えたい。小川金蔵、長谷川米吉、高橋八五郎、藤代伝八、等々、全員素人だがプロ以上の声を持った達人たちが東京と千葉にいたのです!と。

※注釈
1) 念仏講:主に浄土宗系の信者が、集まって念仏を唱える儀式のこと。同時にその集団自体を指す。念仏が済むと、持ち寄った食事を食べたり、唄や踊りで楽しんだ。宗教儀式というよりは、今で言うところの老人クラブに近い。
2) モーラム:ラーオ系の芸能でラオスやタイ東北地方イサーンが本場。モーは達人、ラムは声調に抑揚をつけながら語る芸能。つまり“語りの達人” で、その歌手と芸能の両方をさす。モーラムは“歌” ではない。
3) アレマイユ・エシェテ (ALEMAYEHU ESHETE):エチオピアのジャズ/歌謡歌手。1941年生まれ。エチオピア独自のフィーリングを色濃く残したその節回しでジャズやロックを堂々と乗りこなし、エチオピアのエルヴィスという異名を取った。

=CDディスク1:『おしゃらく』=
=CDディスク2:『葛西・浦安の民謡』=
※こちらはCD版のみ収録となります。
※LP版はCDディスク1から抜粋し、LP版のみのトラックを追加。

+ CD 版:デュオケース/ 38 頁ブックレット封入
+ LP 版:8P 中綴じライナー封入
+ LP オンリートラック2 曲収録
+ 解説/歌詞/貴重写真掲載/CD 版未掲載の貴重写真も複数あります。
+ 日本語・英語表記

監修・解説:俚謡山脈
ADテープ変換:菅井健 (SUGAI KEN)
マスタリング:倉谷拓人 (Ruv Bytes)
装丁:高木紳介(Soi48)



写真提供:藤本秀康氏


写真提供:藤本秀康氏








【ディスクユニオン・オリジナル特典】


『葛西おしゃらく保存会、他 / おしゃらく』 をお買上げのお客様に先着で、ディスクユニオン・オリジナル特典 『おしゃらく秘蔵映像DVDR』 を差し上げます。

内容:
16mmフィルムよりデジタル化
昭和46年7月16日 / 葛西第一小学校講堂にて撮影
新川地曳・木更津・浦島・白枡粉屋・つけた・坊さま 収録







★BOB DYLAN 75年伝説のツアーの決定盤アンソロジー第1弾『THE ROLLING THUNDER REVUE: THE 1975 LIVE RECORDINGS』が14CDボックスでリリース! 同時期音源『THE BOOTLEG SERIES VOL. 5』3LPも併せてリイシュー!

2019年06月入荷予定----



★BOB DYLAN 75年伝説のツアーの決定盤アンソロジー第1弾『THE ROLLING THUNDER REVUE: THE 1975 LIVE RECORDINGS』が14CDボックスでリリース! 同時期音源『THE BOOTLEG SERIES VOL. 5』3LPも併せてリイシュー!
 
●ボブ・ディラン / ローリング・サンダー・レビュー:1975年の記録 国内CD 16,200円(税込) (ソニー・ミュージックレーベルズ / SICP.6101 / 4547366400052)

●BOB DYLAN / THE ROLLING THUNDER REVUE: THE 1975 LIVE RECORDINGS (14CD BOX) 輸入CD 14,040円(税込) (LEGACY / SNYL592828.2 / 0190759282823)
75年伝説のツアーの決定盤アンソロジー第1弾が14CDボックスでリリース!

アメリカ東部とカナダの小さな会場を中心に、ライヴ告知を殆どせずに回った伝説の公演の数々。75年秋から76年にかけて行われたROLLING THUNDER REVUEツアーの第一期、75年の5公演を記録した14CD限定ボックス・セットが登場です。巨匠マーティン・スコセッシ監督による新たなコンサート・ドキュメンタリー「ROLLING THUNDER REVUE: A BOB DYLAN STORY BY MARTIN SCORSESE」に併せてリリースされます。

1976年のアメリカ建国200年へ向け国内に祝賀ムードが漂う中、アメリカの再発見と巨大化するロック・ビジネスの軌道修正を目指しスタートしたツアー。30代半ばを迎えていたDYLANは、75年1月の『BLOOD ON THE TRACKS』やのち76年1月に控えた『DESIRE』等の傑作をモノにし、制作におけるピークを極めていた時期で、自由、即興性、創造性、自信に溢れたパフォーマンスがここに記録されています。この伝説的なミュージカル・バラエティー・ショウに参加したのは、JOAN BAEZ、RAMBLIN' JACK ELLIOTT、ROGER MCGUINN、ALLEN GINSBERG、MICK RONSONらで、旅回りの一座的なツアーは撮影も同時に行われ、78年に映画「RENALDO & CLARA」として公開もされました。

まず3枚のディスクには新たに見つかったツアー開始前のリハーサル音源3回分を収め、10枚のディスクにはプロフェッショナル録音による本編の5公演を新規ミックスで完全コンパイル。さらにレア音源を纏めたボーナス・ディスク1枚を加えた全14枚組CDに亘る超貴重音源集。全148曲中、100曲以上が未発表トラックで構成されたファン垂涎のボックス・セットです。これまで多くのリリースを重ねてきた恒例のブートレグ・シリーズとは異なる発掘企画となっています。

未発表フォト、エッセイ掲載44ページ・ブックレット。

■DISC 1: S.I.R. REHEARSALS, NEW YORK, NY ? OCTOBER 19, 1975
■DISC 2: S.I.R. REHEARSALS, NEW YORK, NY ? OCTOBER 21, 1975
■DISC 3: SEACREST MOTEL REHEARSALS, FALMOUTH, MA ? OCTOBER 29, 1975
■DISC 4-5: MEMORIAL AUDITORIUM, WORCESTER, MA ? NOVEMBER 19, 1975
■DISC 6-7: HARVARD SQUARE THEATER, CAMBRIDGE, MA ? NOVEMBER 20, 1975
■DISC 8-9: BOSTON MUSIC HALL, BOSTON, MA ? NOVEMBER 21, 1975 (AFTERNOON)
■DISC 10-11: BOSTON MUSIC HALL, BOSTON, MA ? NOVEMBER 21, 1975 (EVENING)
■DISC 12-13: FORUM DE MONTREAL, QUEBEC, CANADA ? DECEMBER 4, 1975
■DISC 14: RARE PERFORMANCES







★02年のオフィシャル・ブートレグ・シリーズ第5弾が3LPアナログ・リイシュー!

●BOB DYLAN / THE BOOTLEG SERIES VOL. 5: BOB DYLAN LIVE 1975, THE ROLLING THUNDER REVUE (3LP) 輸入LP 11,340円(税込) (LEGACY / SNYL593076.1 / 0190759307618)
アメリカ東部とカナダの小さな会場を中心に、ライヴ告知を殆どせずに回った伝説の公演の数々。75年秋から76年にかけて行われたROLLING THUNDER REVUEツアーの第一期、75年の5公演を記録した14CD限定ボックス・セット『THE ROLLING THUNDER REVUE: THE 1975 LIVE RECORDINGS』の発売に併せ、同時期の音源を詰め込んだブートレグ・シリーズ第5弾がアナログ・リイシュー。巨匠マーティン・スコセッシ監督による新たなコンサート・ドキュメンタリー「ROLLING THUNDER REVUE: A BOB DYLAN STORY BY MARTIN SCORSESE」も公開されます。

1976年のアメリカ建国200年へ向け国内に祝賀ムードが漂う中、アメリカの再発見と巨大化するロック・ビジネスの軌道修正を目指しスタートしたツアー。30代半ばを迎えていたDYLANは、75年1月の『BLOOD ON THE TRACKS』やのち76年1月に控えた『DESIRE』等の傑作をモノにし、制作におけるピークを極めていた時期で、自由、即興性、創造性、自信に溢れたパフォーマンスがここに記録されています。この伝説的なミュージカル・バラエティー・ショウに参加したのは、JOAN BAEZ、RAMBLIN' JACK ELLIOTT、ROGER MCGUINN、ALLEN GINSBERG、MICK RONSONらで、旅回りの一座的なツアーは撮影も同時に行われ、78年に映画「RENALDO & CLARA」として公開もされました。

アナログ3枚に亘り、75年11月と12月に行われた4回の公演から選りすぐられた全22曲のハイライト楽曲、まさに轟く雷鳴のごときパフォーマンスを収録しています。『NASHVILLE SKYLINE』収録のカントリー調とはうって変わった"TONIGHT I'LL BE STAYING HERE WITH YOU"で幕を開け、DAVID MANSFIELDにMICK RONSONも参加の"IT AIN'T ME BABE"、JOAN BAEZ参加の"MAMA, YOU BEEN ON MY MIND"や"THE WATER IS WIDE"などなどバンド形式の楽曲はもちろんのこと、その間に組み込まれたアコースティック・ソロの数々も出色の名演。古いナンバーも新しいナンバーも、当時正真正銘最先端の本物のショウが体験できるファン必携盤です。

64ページ・ブックレット。ダウンロード・コード付属。





★8cm CD特典♪ 若き日のロバート・プラントとジョン・ボーナムが在籍! ふたりの研ぎ澄まされた精神が宿る伝説のバンド、バンド・オブ・ジョイの1STが紙ジャケCDリイシュー!

2019年07月24日入荷予定----



★8cm CD特典♪ 若き日のロバート・プラントとジョン・ボーナムが在籍! ふたりの研ぎ澄まされた精神が宿る伝説のバンド、バンド・オブ・ジョイの1STが紙ジャケCDリイシュー!
 
●バンド・オブ・ジョイ / ファースト 国内CD 2,808円(税込) (WASABI RECORDS / WSBAC-0118 / 4571136377664)【特典 8cm CD 『真夜中の都会』】
若き日のロバート・プラントとジョン・ボーナムが在籍! ふたりの研ぎ澄まされた精神が宿る伝説のバンド

ロバート・プラントとジョン・ボーナムがレッド・ツェッペリン結成以前に参加していたことで知られるグループ、バンド・オブ・ジョイ。残党メンバーがジェス・ローデンと共にブロンコとして活動後の78年、グループを再編してポリドールよりリリースしたファースト・アルバム。アーシーでスワンピーなブリティッシュ・ロックが楽しめる1枚。日本語解説書付。

◎英国盤LPを元にした紙ジャケット仕様
◎オリジナル・インサート封入
◎英文リーフレット封入
◎2019年24ビット・リマスター
◎DSDマスタリング

【特典】

『バンド・オブ・ジョイ / ファースト』 をお買上げのお客様に先着で、特典 8cm CD 『真夜中の都会』 を差し上げます。




★PAUL MCCARTNEY、 2018年作『EGYPT STATION』が未発表2NDディスク『EGYPT STATION II』を追加した「EXPLORER'S EDITION」として限定カラー・ヴァイナル仕様3LPリリース! 輸入2CD/通常3LP、国内2SHM-CDも!

2019年05月17日入荷予定----



★PAUL MCCARTNEY、 2018年作『EGYPT STATION』が未発表2NDディスク『EGYPT STATION II』を追加した「EXPLORER'S EDITION」として限定カラー・ヴァイナル仕様3LPリリース! 輸入2CD/通常3LP、国内2SHM-CDも!

●ポール・マッカートニー / エジプト・ステーション(ツアー・エディション) 国内SHM-CD 3,888円(税込) (ユニバーサルミュージック インターナショナル / UICC-90010 / 4988031328521)
【金曜販売開始商品】【初回生産限定盤】【SHM-CD】

●PAUL MCCARTNEY / EGYPT STATION (EXPLORERS EDITION) (2CD) 輸入CD 3,456円(税込) (VIRGIN / 7750147 / 0602577501470)
2018年作が未発表2NDアルバム『EGYPT STATION II』を追加した「EXPLORER'S EDITION」として2CDリリース!



●PAUL MCCARTNEY / EGYPT STATION (EXPLORERS EDITION) (COLORED 3LP) 輸入LP 10,584円(税込) (CAPITOL / 776-2788 / 0602577627880)
2018年作が未発表2NDアルバム『EGYPT STATION II』を追加した「EXPLORER'S EDITION」として限定カラー・ヴァイナル仕様3LPリリース!

※限定商品の為、現在のところ入荷数未定となります。お渡しはご予約先着順とさせて頂きます。

※ご予約頂いても商品がご用意できない場合がございます。予めご了承のほどよろしくお願いいましたします。



●PAUL MCCARTNEY / EGYPT STATION (EXPLORERS EDITION) (3LP) 輸入LP 8,424円(税込) (VIRGIN / 7750148 / 0602577501487)
2018年作が未発表2NDアルバム『EGYPT STATION II』を追加した「EXPLORER'S EDITION」として3LPリリース!

ボーナス・ディスクには、2019年1月1日にサプライズ・リリースされたストリーミング・シングル・チューン"GET ENOUGH"や未発表スタジオ・カット"FRANK SINATRA'S PARTY"、"SIXTY SECOND STREET"といったスタジオ・トラックス6曲に加え、長尺ヴァージョンの"WHO CARES"などABBEY ROAD STUDIOSやTHE CAVERN CLUB、さらにはサプライズで話題となったNYはGRAND CENTRAL STATIONでのライヴ・パフォーマンス4曲を収録したファン必携盤が登場。

■EGYPT STATION:
BEATLES X 現代サウンドともいうべき強力作に仕上がった2018年新作。

2013年作『NEW』以来となる5年ぶりの新作は、古巣ともいえるCAPITOL RECORDSへの移籍後第1弾フル・アルバムにして、スタジオ・ソロ17作目。アルバムに先立ち6月21日に両A面の先行シングル"I DON'T KNOW / COME ON TO ME"がデジタル・リリースされ全世界でニュースとなっています。ジャケット・アートワークはPAUL画伯によるもので、印象的なアルバム・タイトルはこの絵にちなんで名付けられたとのこと。

"I DON'T KNOW"は美しいピアノのイントロで始まるPAULにしか作れないであろう哀愁のドラマティックなミディアム・バラッド・チューン、"COME ON TO ME"はライヴで絶対に盛り上がるであろう胸の高鳴るキャッチーなロック・チューン。いずれもBEATLESやWINGSを彷彿とさせるPAULらしさに現代的なサウンドがバランス良くミックスされており、アルバムの完成度の高さを予感させます。レコーディングはLA、ロンドン、サセックスで行われ、ONEREPUBLICのRYAN TEDDERが担当した1曲を除き、GREG KURSTIN (ADELE、BECK、FOO FIGHTERSなど)がプロデュース。

「僕は『EGYPT STATION』という言葉を気に入ってる。僕らがかつて作っていた「アルバム」を思い起こさせるね。『EGYPT STATION』は1曲目の駅から出発して、それぞれの曲がまるで違う駅のようなんだ。そのアイデアがすべての曲の元になっている。それは音楽が作り出す夢のような場所だと思っている」
--- PAUL MCCARTNEY

タイトルの発想に正しく、楽曲は独特なトラベローグ(紀行映画)のような雰囲気を持っています。音響的瞑想とアナウンスされる"HAPPY WITH YOU"、これまでのどのアルバムに入っていてもおかしくないタイムレスなアンセム"'PEOPLE WANT PEACE"、7分に及ぶ組曲"DESPITE REPEATED WARNINGS"等を旅しながら、オープニングとクロージングを飾るインストゥルメンタル"STATION"と"STATION II"に挟まれる全16曲。PAULはその場所や時を捉え、リスナーをスムースに次の行先に運んでいきます。