2019年1月16日(水)リニューアルオープン! 新宿駅南口徒歩5分。ディスクユニオン唯一の'60年~'70年代の洋楽ロック新品/中古 CD・DVD専門店です。 Allman Brothers Band / Beatles / Bob Dylan / David Bowie / Eric Clapton / Grateful Dead /Jimi Hendrix / Led Zeppelin / Rolling Stones...の王道ロックをはじめ、PSYCH / GARAGE / SOFT ROCK / AOR / SSW / FOLK / HARD ROCK等といった、クラシック・ロック全般を濃く深く取り揃えております。買取は常時大募集中でございます。ロック査定専門スタッフがお客様のコレクションを一点一点丁寧かつ、適正価格で高額買取いたします!

お待たせしました!ジェフ・ベックのライブ盤5タイトル揃いました!特典BOXあります♪THE WHOの新作も到着~! 本日の新品新入荷 12/6(金)

★お待たせしました!遅延2Wも到着!特典BOX付でご用意してます!

●JEFF BECK ジェフ・ベック / CD 5タイトルまとめ買いセット
国内CD 12,980円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10204SBOX / 4997184107266 4997184107273 4997184107280 4997184107297 4997184107303)


ジェフ・ベックのライヴ・パフォーマンスが楽しめる5作品が<帯、ブックレット対訳付き>輸入盤国内仕様CDで一挙登場!

・ライヴ・アット・フィルモア1968 / IACD10204 / 2,376円 (税込)
・ライヴ・イン・ロンドン1972 / IACD10205 / 2,376円 (税込)
・ライヴ・ブロウ・バイ・ブロウ・イン・USA1975 / IACD10206 / 2,376円 (税込)
・ライヴ・イン・ジャパン1999 / IACD10207/208 / 2,808円 (税込)
・ライヴ・イン・ロンドン2002 / IACD10209/210 / 2,808円 (税込)

【特典】

『ジェフ・ベック / CD 5タイトルまとめ買いセット』 をお買上げのお客様に先着で、収納ボックス(内箱無し)を差し上げます。

This is NOT sold as a box set or sold individually.
This is a give-away box to customers who had bought all 5 albums.




●JEFF BECK GROUP ジェフ・ベック・グループ / ライヴ・アット・フィルモア1968
国内CD 2,420円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10204 / 4997184107266)


ヤードバーズ脱退後、ジェフ・ベックはロッド・スチュワートを迎えて結成した自身のバンド、ジェフ・ベック・グループを結成する。

ニュー・バンドはシングル・ヒットに恵まれ、アメリカでの成功を求めてUSツアーを積極的に展開する。その中で1968年7月にサンフランシスコの名門ロック・ホール、フィルモア・ウエストで6回のコンサートを行った際、地元のロック専門FMラジオのKSAN-FM のスペシャル番組用として7月24日のフィルモア・ウエストのライヴが収録・放送される。今回、オリジナル・サブマスターの発見に伴い、現時点で最良のリマスタリングが施されてのリリースである。若きジェフ・ベックが追求するブルース・ベースのハード・ロック・サウンドを全編で聴ける貴重なアーカイヴだ。

ボーナス・トラックとして同年11月に行われたマイアミでのライヴ・パフォーマンスを8曲追加収録。

ジェフ・ベック(G, VO)
ロッド・スチュワート(VO)
ロン・ウッド(B)
ミッキー・ウォーラー(DS)

輸入盤国内仕様
1CDジュエルケース

<帯、ブックレット対訳付き>

01-07: FILLMORE WEST, SAN FRANCISCO, CA 24TH JULY 1968 KSAN-FM
08-15: THEE IMAGE CLUB, MIAMI, FL 16TH NOVEMBER 1968




●JEFF BECK GROUP ジェフ・ベック・グループ / ライヴ・イン・ロンドン1972
国内CD 2,420円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10205 / 4997184107273)


ジェフ・ベックは自己のバンド、ジェフ・ベック・グループを一旦解散させ、新たな方向性を模索するが交通事故により、しばらく休養をよぎなくされる。そして1970年に新たな4人のメンバーと共にジェフ・ベック・グループを再始動させる。

このバンドではジャズやR&Bの要素を取り入れた音楽性で、仕上げた新作『ラフ・アンド・レディ』はこれまでのブルースをベースにしたものとは異なるがアメリカのマーケットでは支持される。そんな新生ジェフ・ベック・グループが1972年に2 作目の『ジェフ・ベック・グループ』のリリースに伴い、同年6月29日にBBCラジオの音楽番組≪IN CONCERT≫用にスタジオ・ライヴを行う。新作を中心に披露した8曲のパフォーマンスのサブマスターを現時点に於いて最良のリマスタリングを施したこのライヴ・アルバムはこの時期のオフィシャル・プロダクツが制作されなかっただけにファンにとっては感涙ものである。

ボーナス・トラックとしてドイツのテレビ番組≪BEAT CLUB≫出演時のパフォーマンスを5曲収録!

ジェフ・ベック(G, VO)
クライヴ・チャマン(B)
コージー・パウエル(DS)
マックス・ミドルトン(KBDS)
ボビー・テンチ(VO)

輸入盤国内仕様
1CDジュエルケース

<帯、ブックレット対訳付き>

01-08: BBC PARIS STUDIOS, LONDON 29TH JUNE 1972
09-13: BEAT CLUB, GERMANY 25TH MARCH 1972 CS-TV




●JEFF BECK ジェフ・ベック / ライヴ・ブロウ・バイ・ブロウ・イン・USA1975
国内CD 2,420円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10206 / 4997184107280)


ベック・ボガート&アピス解散後、ジェフ・ベックは新たな音楽性を追求すべく名プロデューサー、ジョージ・マーティンと共に当時流行っていたジャズ・フュージョン・ミュージックの要素を導入したギター・インストゥルメンタル・アルバムの制作に取り掛かる。

そして1975年にリリースした『ブロウ・バイ・ブロウ』は全世界でヒットし、アメリカでは初のゴールド・ディスクを獲得する。このアルバムを引っ提げて行った北米ツアーの中で1975年5月9日にミシガン州デトロイトで行ったコンサートを完全収録したライヴ・アルバムが遂に登場! 地元のロック専門FMラジオのWRIF-FMで放送した素材のサブマスターを現時点で最良のリマスタリングを施してのリリースである。インストゥルメンタル・パフォーマンスということから全編でジェフ・ベックのテクニカルなギター・プレイが炸裂! この時期のライヴ・アルバムとしては初登場なだけに話題沸騰となるに違いない!

ボーナス・トラックとして別の日のパフォーマンスを4曲収録し、「パワー」では名ジャズ・ギタリスト、ジョン・マクラフリンとのギター・バトルが聴ける!

ジェフ・ベック(G)
ウィルバー・バスコム(B)
マックス・ミドルトン(KBDS)
バーナード・パーディ(DS)
*ゲスト: ジョン・マクラフリン(G)

輸入盤国内仕様
1CDジュエルケース

<帯、ブックレット対訳付き>

01-09: MASONIC TEMPLE THEATRE, DETROIT, MI MAY 9TH 1975 WRIF-FM
10-13: RIVERSIDE THEATRE, MILWAUKEE, WI MAY 10TH 1975 WNEW-FM




●JEFF BECK ジェフ・ベック / ライヴ・イン・ジャパン1999
国内CD 2,860円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10207/208 / 4997184107297)


1999年、ジェフ・ベックは10年間の沈黙を破り、ニューアルバム『フー・エルス!』をリリースする。

そして久々の大規模なワールド・ツアー≪WHO ELSE? TOUR≫を同年3月15日ワシントンDCのライヴ・ハウス≪9:30CLUB≫よりスタートさせる。その一環として5月23日より日本公演を行う。そして6月2日の東京ファーラムで行われたコンサートはテレビ番組用に収録され、翌月にNHKで放送される。放送後の素材は商品化されることなくお蔵入りとなる。しかし、今回オーディオ・マスター素材発見により、遂にCDとしてリリースされる。マイケル・ジャクソンのツアーに参加し名を馳せた女性ギタリスト、ジェニファー・バトゥン。インコグニートの準メンバーであるベーシスト、ランディ・ホープ・テイラー。そしてロンドンのミュージック・シーンで活躍するドラマー、スティーヴ・アレキサンダーという3人の実力派ミュージシャンを従えて披露するパフォーマンスは10年の空白を全く感じさせないもので、<ギター職人> ジェフ・べックのテクニックを完璧に堪能できる! 当日のセット・リストは全17曲でこのライヴ・アルバムは完全収録しており、当日の強烈なライヴ・パフォーマンスが鮮烈に蘇る!

ジェフ・ベック(G)
ランディ・ホープ・テイラー(B)
スティーヴ・アレキサンダー(DS)
ジェニファー・バトゥン(G)

輸入盤国内仕様
2CDジュエルケース

<帯、ブックレット対訳付き>

TOKYO INTERNATIONAL FORUM, TOKYO FEBRUARY 6TH 1999




●JEFF BECK ジェフ・ベック / ライヴ・イン・ロンドン2002
国内CD 2,860円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10209/210 / 4997184107303)


2002年9月、ロンドンの名門コンサート・ホール、フェスティヴァル・ホールで3日間に渡ってジェフ・ベックのこれまでの足跡を辿るスペシャル・コンサートが開催される。

元ピンク・フロイドのロジャー・ウォーターズ、ホワイト・ストライプス、ジャック・ジョンソン、テリー・ボジオ、ポール・ロジャース ETC豪華ゲスト・ミュージシャンを招いて繰り広げられるパフォーマンスは改めてジェフ・ベックというギタリストの存在の偉大さを知らしめるものである。コンサート2日目の9月13日はアメリカの公共放送局NPRのスペシャル番組の為に収録される。当日のセット・リストは全36曲で、この内番組として25曲が放送される。この放送用のサブマスターを現時点に於いて最良のリマスターを施し、今回のリリースに至る。このあまりにスペシャルな内容のコンサートのライヴ・アルバムはジェフ・ベック・ファンにとっては間違いなく感涙ものの作品である。

ボーナス・トラックとして14日の収録素材より、鬼才ジョン・マクラフリンとギター・バトルを繰り広げる2曲とポール・ロジャースがヴォーカルをとるナンバーの1曲を追加収録!

ジェフ・ベック(G)

THE HOUSE BAND:
トニー・ハイマス(KBDS)
ジェニファー・バトゥン(G)
ステファン・バーニー(DS)
ランディ・ホープ・テイラー(B)
アンディ・フェアウェザー・ロウ(G)

SPECIAL GUESTS:
テリー・ボジオ(DS)
ジミー・ホール(VO,HARM)
ビッグ・タウン・プレイ・ボーイズ(BAND)
ホワイト・ストライプス(BAND)
イモージェン・ヒープ(VO)
アレフ・ダーヴェッシュ(TABLA)
ジョン・マクラフリン(G)
ポール・ロジャース(VO)

輸入盤国内仕様
2CDジュエルケース

<帯、ブックレット対訳付き>

FESTIVAL HALL, LONDON, SEPTEMBER 13TH 2002
DISC2 T.9-12: 2ND NIGHT ? SEPTEMBER 14TH





★待望の新作到着!



●WHO (SHM-CD) / WHO (SHM-CD)
国内SHM-CD 2,860円(税込) (ユニバーサルミュージック インターナショナル / UICP-1197 / 4988031355848)


【金曜販売開始商品】【SHMCD】

■ザ・ビートルズ、ザ・ローリング・ストーンズと共にイギリスの3大伝説のロック・バンド、13年ぶり12枚目のニュー・スタジオ・アルバム。

■今年発売50周年を迎えたアルバム『トミー』で”ロック・オペラ”というジャンルを確立し、モッズ・カルチャーの中心的存在としてイギリスのファッションや文化全般を語る上では欠かせない重要なバンド。

■7月6日にはウェンブリー・スタジアムでオーケストラとの『トミー』一部再演を含むライヴを行った。

■ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のジャケットデザインで有名なイギリスのポップ・アーティスト ピーター・ブレイクが本作のアルバム・ジャケットのデザインを担当した。




●THE WHO ザ・フー / WHO (DELUXE CD)
輸入CD 2,860円(税込) (POLYDOR / 082-6465 / 0602508264658)


2019年新作がボーナス3曲追加のデラックス・エディションCDリリース!

R&BやMOTOWNをルーツにしたチャーミングかつポップな楽曲をタイトにワイルドに若々しく披露した世代の宣言『MY GENERATION』で65年に衝撃のデビューを飾り、一躍モッド・カルチャーの寵児に。ポップ・アートなセンスとサイケデリックでビートな空気感をよりトータルに発展させた69年の壮大なロック・オペラ『TOMMY』でロック史そのものを塗り替え、70年ワイト島での伝説をはじめとして長きに亘って最強のライヴ・バンドでありつつづけるレジェンド、いわずと知れた英国3大ロック・バンドの一角THE WHO。

06年『ENDLESS WIRE』以来実に13年ぶりとなった通算12枚目のスタジオ・アルバム。ヴォーカルROGER DALTREYとギターPETE TOWNSHENDのみとなったオリジナル・メンバーを軸に、RINGOの息子という肩書を超えた名ドラマーZAK STARKEY、JOHN ENTWISTLEの後継として02年から活躍するベーシストPINO PALLADINO、PETEの弟ギタリストSIMON TOWNSHEND、TOM PETTY AND THE HEARTBREAKERSのキーボーディストBENMONT TENCH、JACK WHITEやPJ HARVEYとの仕事で知られるオルタナ女流ドラマーCARLA AZAR、LENNY WARONKERの息子でBECKやR.E.M.との仕事で文字知られるドラマーJOEY WARONKER、英国を代表するフォーク・ギタリストGORDON GILTRAPが参加し、PETE TOWNSHENDのソロ楽曲"GUANTANAMO"の再録となった先行シングル・トラック"BALL AND CHAIN"や「MOVING ON!」オーケストラル・ツアーでも披露した"HERO GROUND ZERO"をはじめ、ダークなバラッドにヘヴィなロック・リフ、エクスペリメンタルなエレクトロニカにサンプリングも光る全11曲を収録しています。

2019年の春夏にロンドンとLAでレコーディングされ、NOEL GALLAGHERやOASIS、LCD SOUNDSYSTEMにGORILLAZ等の仕事で知られるD. SARDYとPETE TOWNSHENDがプロデュース、MANIC STREET PREACHERSやROGER DALTREYソロ、WILKO JOHNSONとの仕事で知られるDAVE ERINGAがヴォーカル・プロダクションを手掛けています。

81年9TH『FACE DANCES』やBEATLESの『SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND』のジャケット・デザインでも知られるイギリスの名ポップ・アーティストPETER BLAKEが手掛けたアートワークには、ユニオン・ジャックや赤いインペリアル・バス、モッド・マーク、67年『THE WHO SELL OUT』を想起させるトマト・ビーンズ、69年名曲"PINBALL WIZARD"そのままのピンボール・マシーン、ファンなら周知の名文句「THIS GUITAR HAS SECONDS TO LIVE.」で知られるステージ上のPETE TOWNSHENDをフィーチャーした79年の『THE KIDS ARE ALRIGHT』の発売広告ポスター、73年『QUADROPHENIA』を、というよりモッド・カルチャーを体現するスクーター、81年『QUADROPHENIA』のカセット・エディション・アルバム・カヴァー、バットマン・アンド・ロビンにチャック・ベリーにモハメド・アリ、そして今作の楽曲名でもありTHE WHOの前身バンド名DETOURSとも関連する「DETOUR」の文字などなど、長いバンドの歴史を燦然と彩ってきたシンボルの数々があしらわれています。

「2曲を除いてほとんど新曲でできたアルバムだ。テーマもないし、コンセプトもない、ストーリーもない。ただあるのは、俺(と弟のSIMON)がROGERに歌わせ、彼のインスピレーションや挑戦、その歌声への新たな展望を与えることになった一連の楽曲だけさ。」

「ROGERも俺ももう老いぼれさ、どうやっても。だからロマンスやノスタルジアとはできるだけ距離を取ろうとしたんだ。誰も不快にさせたくはない。思い出はそれでいいんだ、いくつかの曲では今現在の事情にも言及しようとしたよ。」 --- PETE TOWNSHEND

「73年の『QUADROPHENIA』以来の俺らのベスト・アルバムが出来たと思う。PETEはいまだに衰えていないし、彼は素晴らしいソングライターであり続けている。相変わらず最先端さ。」 --- ROGER DALTREY







★テスト盤50枚のみ世に出たオリジナルは超入手困難/破格値の一枚マニア垂涎のプロトなキーボード・プログレ'73年作が待望の初CD化!!

●METAPHYSICAL ANIMATION / METAPHYSICAL ANIMATION
輸入CD 2,255円(税込) (BLACK WIDOW / BWRCD2202 / 8058093422201)


'73年にテスト盤のみプレスしたもののリリースには至らなかった唯一作を残したアメリカ,フロリダのPsychedelic/Progressive Rockバンド、'73年唯一作が伊Black Widowより初となるCD化で'19年再発!

'73年に制作するもののリリースには至らず、50枚のみのテスト・プレスが流通しマニア垂涎の超激レア盤と化した作品。その内容は煌びやかなキーボードと歪ませたギターがリードし、エフェクトがかかる控えめなドラムに渋いヴォーカルがのっかるプロトなProgressive Rock。英国産かと思うような音作り/ヴォーカルとKraut Rockの影響も感じられるPsychedelicなエフェクトを軸にして、拍子乱れるプログレッシヴな楽曲を中心にブルージーな要素を含む楽曲まで収録。単なるサイケに終わらず単なるレア盤に終わらないトータルでかなり高いクオリティを誇る、この時代のキーボード・プログレを愛好するマニアには堪らない一枚、待望の再発です。

ジャケットは伊Black Widowより先にリリースの再発アナログ盤と同じ新規ジャケット・デザインを使用。





★フリー・ソウルからサバービア云々...そんな形容なんてブッ飛んでしまうくらいに官能的な世界を繰り広げるエロ・メロウ・ソウル・クラシック"Make It Last Forever"収録の大定番!フランスのWE WANT SOUNDSより正規リイシュー!

●DONNA MCGHEE ドナ・マッギー / MAKE IT LAST FOREVER
輸入CD 2,035円(税込) (WEWANTSOUNDS / WWSCD29 / 3700604723769)


喘ぎ声を織り交ぜた、鼻をつまんだ様なセクシー・ヴォイスにウットリ!言わずもがなのNYメロウ・ダンサー・クラシック人気曲"It Ain't No Big Thing"を筆頭にクラブ・ライクなダンサーもテンコ盛り。そう、何を隠そうこのアルバムはパトリック・アダムスとのコラボレーションにより数多くの N.Y.クラシックスを世に生み出しているグレッグ・カーマイケルのレーベル「REG GREG」よりリリースされた、NYサウンド~N.Y.アンダーグラウンド好きには堪らないハズの一枚なのです。





★こちらは最新リマスター音源となったオリジナル・アルバムと、当時オフィシャルでリリースされていたエディット・ヴァージョンやBサイド曲を収録した2枚組CD仕様のデラックス・エディション!

●PRINCE プリンス / 1999(DELUXE EDITION) (2CD)
輸入CD 2,915円(税込) (RHINO / R2604568 / 0603497850037)


"紫の伝説が新たに甦る!
躰を突き抜ける禁断のファンク・ビート、危険でグラマラスな香りを漂わすプリンスの熱いサウンド・メッセージ! プリンスの通算5作目であり、プリンスを象徴する重要作『1999』(1982年作品)が、新たなリマスター音源となって今ここに蘇る! こちらは最新リマスター音源となったオリジナル・アルバムと、当時オフィシャルでリリースされていたエディット・ヴァージョンやBサイド曲を収録した2枚組CD仕様のデラックス・エディション!

「2枚組のアルバムを作りたくはなかった。でも曲を書き続けた。いつもソングライティングをドアから入ってくる女の子のように思うんだ。どんな風なルックスかわからない。ただ突然、彼女は現れるんだ」 ─ プリンス(1982年11月)

◆ロックの歴史において、象徴的で影響力のある2枚組アルバム『1999』は、プリンスのキャリアにおいて大きなターニング・ポイントとなる時期にリリースされた。それまで数年間R&Bチャートに押し込められていた彼が、「Little Red Corvette」や「1999」、「Delirious」といった楽曲のメガ・ヒットで、遂にクロスオーヴァー・アーティストへとその姿を変貌させたのだ。このアルバムで、プリンスというアーティストは、ロック、ファンク、R&B、ニュー・ウェーヴ・ポップを融合し、その壁を突き破ったのだ。また彼はMTVでビデオがヘヴィ・ローテーションされた、初の黒人アーティストの一人となり、その事実も歴史を塗り替えた決定的な瞬間だったと言えるだろう。

◆しかし、アルバム『1999』に収められた曲は、1981年から1982年の時期に、多作として知られるプリンスが手掛けた仕事の一部に過ぎなかった…。彼自身の作品に加え、プリンス・ファミリーとして知られるヴァニティ6やザ・タイムにも楽曲を提供し、さらに多くの曲が後のリリースのために、未発表作品として倉庫に眠ることになったのだ。

◆11月29日、プリンス財団はワーナー・レコーズと共同で、この彼を象徴する傑作『1999』に初めてリマスターを施し、拡大盤として再びリリースする! 時を超えた魅力を放つこの傑作が初めてリマスター音源となって甦り、さらに、当時のBサイド曲やエディット・ヴァージョンに加え、プリンスの伝説とも言うべき保管庫から発掘された、当時のプリンスのクリエイティヴィティの高さを証明するかのような35曲にも及ぶの未発表音源も追加されることとなるのだ。今回リリースされる作品は、以下の通り。

●スーパー・デラックス・エディション (5CD+DVD / 180g 10LP+DVD)

●デラックス・エディション (2CD / 180g 4LP)

●リマスター・アルバム (1CD / 180g 2LP)

◆『1999 (DELUXE EDITION)』には、全29曲を2枚のCDに収録。最新リマスターが施されたオリジナル・アルバムを収録したDISC 1に加え、シングル・エディットやBサイド曲、プロモ用エディット・ヴァージョンといった、82年当時にオフィシャルでリリースされていた音源をDISC 2に収録。





★大好評FRENCH DISCO BOOGIE SOUNDSもこの度4作目!とどまることを知りません!

●V.A. (FRENCH DISCO BOOGIE SOUNDS) オムニバス / VOL.4 FRENCH DISCO BOOGIE SOUNDS
輸入CD 2,310円(税込) (FAVORITE RECORDINGS / FVR150CD / 3760179355222)


前作も好調だったFAVORITE RECORDINGSのFRENCH DISCO BOOGIE SOUNDS。最初に括っていたブラジルよりすっかり長くシリーズ化されていますが前回までもとにかく好内容でDJを始めブラック・ミュージック・ラヴァーのハートをつかんでは離しません。

DWIGHT DRUICKのGEORGY PORGYカヴァーで幕を開けテンションを高めつつ、MIKE FRANCISよろしく、イタロチックなSERGE DELISLEのGERMAINE REMIXやFRENCH JAZZ FUNKのスラップ・ベンベン・ナンバーCYRILLのNIGHT GETTOなどなど、当時の未発表含む高濃度な収録内容で満足度高めな一枚です。

近年のレ・ブルーに象徴されるようにアフリカ・ルーツやカリブ・ルーツの人物が多いお国柄故、単純にFRENCH DISCO BOOGIEと言っても様々な表情があるフランスのレア・グルーヴ。まだまだ底が知れません!











※店舗受取サービスはディスクユニオン・メンバーズ限定のサービスとなります。

引用元: https://diskunion.net/

https://diskunion.net/portal/ct/detail/RT190828JB00B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/RT190828JB01B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/RT190828JB02B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/RT190828JB03B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/RT190828JB04B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/RT190828JB05B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/XAT-1245717501B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/RY190919WH02B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008017015B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008017334B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1007998332B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008025788B29



※9/30以前の商品リストの価格は消費税8%で表記されております。
 10/1以降はご購入時に消費税10%に再計算されますので、あらかじめご了承ください。