2019年1月16日(水)リニューアルオープン! 新宿駅南口徒歩5分。ディスクユニオン唯一の'60年~'70年代の洋楽ロック新品/中古 CD・DVD専門店です。 Allman Brothers Band / Beatles / Bob Dylan / David Bowie / Eric Clapton / Grateful Dead /Jimi Hendrix / Led Zeppelin / Rolling Stones...の王道ロックをはじめ、PSYCH / GARAGE / SOFT ROCK / AOR / SSW / FOLK / HARD ROCK等といった、クラシック・ロック全般を濃く深く取り揃えております。買取は常時大募集中でございます。ロック査定専門スタッフがお客様のコレクションを一点一点丁寧かつ、適正価格で高額買取いたします!

辺境マニア悶絶! 遂に! 中央エイジャン・サイケデリック・グルーヴ最後の秘境、81年のモンゴルに残された鬼レア盤! 本日の新品新入荷 5/30(木)

★辺境マニア悶絶! 遂に! 中央エイジャン・サイケデリック・グルーヴ最後の秘境、81年のモンゴルに残された鬼レア盤が初のオフィシャルCDリイシュー!

●SOYOL ERDENE / SOYOL ERDENE (CD) 輸入CD 1,944円(税込) (EBALUNGA!!! / EBL-001 / 8016670136057)
「ソ連の16番目の共和国」時代の社会主義モンゴルで生まれたSOYOL ERDENE。あのBAYAN MONGOL VARIETY GROUPと並び、モダン西洋音楽を取り入れた最初期のモンゴル産バンドのひとつとして71年から90年代初頭まで活動した彼らは、「文化の宝石」を意味する1920年代のポピュラー・ソングから名前が取られたモンゴル初のロック・バンドでした。

当時の文化大臣で著名小説家CH. LODOIDAMBAにより「イギリスにはBEATLESという若い4人組がいる。なぜ我々には同様のバンドがいないのか」との理由で集められたという若き4人、ドラムスTSERENBAT、ギターERDENEKHUYAG、ギターBATSAIKHAN、キーボードNARANBAATARで結成され、多くのフィメール・ヴォーカリストをフィーチャーしながらのちに多くのメンバーが入れ替わった彼ら。モンゴル民謡のロック・スタイル・アレンジからはじまり、やがてメンバーのオリジナルも演奏、歌詞には有名なモンゴルの作家による詩も多く採用されています。

爽やかなガール・ヴォーカルとグルーヴィなバンドが織り成す代表曲"SONG OF MY HAPPINESS"、ソフロ・アイドル歌謡ミーツJEFFERSON AIRPLANEな"LYRIC SONG"、ファズ・ギターがむせび泣く艶歌系マイナー・キー・サイケデリア"A BROAD EXPANSE"、男声によるジェントル・メロウな"EXPECTATIONS"など全9トラックを収録。

アートワークのデザインはオリジナルに忠実に再現されているものの、オリジナル盤は中央の写真がBAYAN MONGOLのものと取り違えられていたため、本リイシューでは本来のSOYOL ERDENEのものに差し替えられています。ちなみに逆にBAYAN MONGOL盤にはSOYOL ERDENEの写真が採用されていたとのこと。

 


★辺境マニア悶絶! 遂に! 中央エイジャン・サイケデリック・グルーヴ最後の秘境、81年のモンゴルに残された鬼レア盤が初のオフィシャル・カセット・リイシュー!

●SOYOL ERDENE / SOYOL ERDENE (CASSETTE) 輸入CASSETTE TAPE 2,160円(税込) (EBALUNGA!!! / EBL-001TAPE / 2299990223455)
「ソ連の16番目の共和国」時代の社会主義モンゴルで生まれたSOYOL ERDENE。あのBAYAN MONGOL VARIETY GROUPと並び、モダン西洋音楽を取り入れた最初期のモンゴル産バンドのひとつとして71年から90年代初頭まで活動した彼らは、「文化の宝石」を意味する1920年代のポピュラー・ソングから名前が取られたモンゴル初のロック・バンドでした。

当時の文化大臣で著名小説家CH. LODOIDAMBAにより「イギリスにはBEATLESという若い4人組がいる。なぜ我々には同様のバンドがいないのか」との理由で集められたという若き4人、ドラムスTSERENBAT、ギターERDENEKHUYAG、ギターBATSAIKHAN、キーボードNARANBAATARで結成され、多くのフィメール・ヴォーカリストをフィーチャーしながらのちに多くのメンバーが入れ替わった彼ら。モンゴル民謡のロック・スタイル・アレンジからはじまり、やがてメンバーのオリジナルも演奏、歌詞には有名なモンゴルの作家による詩も多く採用されています。

爽やかなガール・ヴォーカルとグルーヴィなバンドが織り成す代表曲"SONG OF MY HAPPINESS"、ソフロ・アイドル歌謡ミーツJEFFERSON AIRPLANEな"LYRIC SONG"、ファズ・ギターがむせび泣く艶歌系マイナー・キー・サイケデリア"A BROAD EXPANSE"、男声によるジェントル・メロウな"EXPECTATIONS"など全9トラックを収録。

アートワークのデザインはオリジナルに忠実に再現されているものの、オリジナル盤は中央の写真がBAYAN MONGOLのものと取り違えられていたため、本リイシューでは本来のSOYOL ERDENEのものに差し替えられています。ちなみに逆にBAYAN MONGOL盤にはSOYOL ERDENEの写真が採用されていたとのこと。

30本限定カセット。CD/LPとは異なるカセット用のマスタリングが施されています。




★国内仕様も入荷! 72-73年ライヴをコンパイルしたオフィシャル・ブートレグ・ボックス5CD第3弾!

●ハンブル・パイ / オフィシャル・ブートレグ・ボックス VOL.3 国内5CD 5,832円(MSI / MSIG128892)
69年に元SMALL FACESのSTEVE MARRIOTT、 元HERDのPETER FRAMPTON、元SPOOKY TOOTHのベーシストGREG RIDLEY、そして当時17歳の天才ドラマーJERRY SHIRLEYによって結成されたスーパー・グループHUMBLE PIE。ライヴではパワフルでブルージーでソウルフル、そしてなによりもハードだったHUMBLE PIEが最も輝いていた時期のライヴ音源を集めた公式ブートレグ・シリーズの第3弾が登場です。

CD1&2は、『SMOKIN'』プロモート・ツアーから72年8月22日のNYはリヴァーデイルのGAELIC PARK公演の"HOT 'N' NASTY"に"I WONDER"、さらにEDDIE COCHRANカヴァー"C'MON EVERYBODY"を、さらに前年の『PERFORMANCE: ROCKIN' THE FILMORE』からの"HALLELUJAH (I LOVE HER SO)"、"I DON'T NEED NO DOCTOR"、"FOUR DAY CREEP"、"ROLLIN' STONE"もコンパイルしています。

CD3にはその3日後の同様のセットを中心に、翌73年作『EAT IT』に収録されるSTONESの"HONKY TONK WOMEN"や"UP OUR SLEEVE"も披露。

CD4には73年4月10日のボストンはBOSTON'S MUSIC HALL公演を収録し、BLACKBERRIESにVENETTA FIELDS、CLYDIE KING、BILLIE BARNUMらを伴ったステージを展開しています。『EAT IT』からのオリジナル"UP OUR SLEEVE"にPROMOTING THE NEW DOUBLE LP "EAT IT", THE SET INCLUDES BAND ORIGINAL 'UP OUR SLEEVE' AS WELL AS PIE'S TAKE ON RAY CHARLESの"I BELIEVE TO MY SOUL"、ロックンロール・クラシック"TWIST AND SHOUT"などなどを披露。

CD5には73年5月25日のフィラデルフィアはSPECTRUM公演を収録し、再びBLACKBERRIESとともに、JOHN LEE HOOKERの"BOOGIE CHILLUN"、SLY & THE FAMILY STONEの"I WANT TO TAKE YOU HIGHER"などもコンパイル。

PIEのJERRY SHIRLEYへの新規インタビューに基づくMALCOLM DOMEのエッセイと、PIE専門家IAIN MCGONIGALによるエッセイを掲載しています。




★国内仕様! ゴールデン・ポップス人気コンピから珠玉の名曲60曲を選曲した究極のベスト・アルバム! 
 
●V.A. / 虹のパラダイス~ポップス黄金時代の究極のロマンチック・ヒット曲集 国内3CD 2,160円 (MSI / MSIG12935)
50~60年代のポップスの黄金時代のヒット曲を収録した『恋はくせもの』『涙のくちづけ』『恋するティーンエイジャー』『天国への三つの階段』に収録された232曲の中から人気の高いポップスのクラシックと言っても過言ではない珠玉の名曲60曲を収録した究極のベスト・アルバム! 「ザットル・ビー・ザ・デイ」「ロック・アラウンド・ザ・クロック」「虹のパラダイス」「涙のくちづけ」「浮気なスー」「カラーに口紅」「のっぽのサリー」「アンチェインド・メロディ」「ジョニー B. グッド」「カモン・エヴリバディ」「クライ・ミー・ア・リヴァー」「ラヴ・ポーションNo.9」「縁は異なもの」「悲しき街角」「プリーズ・ミスター・ポストマン」「ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー」「ヘイ・ポーラ」「ブルー・スウェード・シューズ」「ランブル」「急がば廻れ (ウォーク・ドント・ラン)」「テルスター」など60曲収録。




★オブスキュア・メロウ・フォーク・サイケ・ロッカー74年自主盤1STがボーナス追加でCDリイシュー!

●KEVIN VICALVI / SONGS FROM DOWN THE HALL 輸入CD 1,944円(税込) (LEFT RECORDS / / 0656613629727)
BEATLESインヴェイジョンの波を受けた世代としてひっそりと地元マサチューセッツ州ウースターのシーンに登場したオブスキュア・アコースティック・フォーク・サイケ・プログ・シンガー・ソングライターKEVIN VICALVI。

高校時代のJON DOESやSLEEPY TIME BLUES BANDといったローカル・バンドでの活動後、徐々にオリジナル楽曲を製作。2トラック・レコーダーにピンポン・ダビングで録り貯めた素材を元にスタジオ入りし残された知る人ぞ知るプライヴェート・プレス盤が、自身のLEFT RECORDSより待望の正規再発となりました。

VICALVIのヴォーカル、ギター、キーボードを中心に、友人ベーシストDENIS DELAGORGENDIEREらとともにひっそりと録音された本作は、一部マニアからBEATLESやDYLAN、BUFFALO SPRINGFIELDにBYRDS、PROCOL HARUMやELTON JOHN、PAUL SIMONにJAMES TAYLOR等々と張るとも評された秘宝盤コレクターズ・アイテムです。

不穏なコード進行とメロトロンで紡がれる"LETTER TO MICHAEL HENCHARD"、ニュー・エイジでニュー・ウェーヴなキーボードと軽やかなパーカッションが織り成す"ANOTHER DAY, ANOTHER TIME"、ポップなギター・フックでパワー・ポップ一歩手前を行く"YOU JUST DON'T KNOW"、ジェントル・ジャングリー&ハーモニーなウェストコースト風フォーク・ロッキン"LOVER NOW ALONE"などなどなど、その憂いも帯びた甘酸っぱいヴォーカルはもちろんのこと、フォークからポップ、ブルースにフラメンコにピアノ・バラッドまですべてオリジナルというまさしく60Sマナーなメロディックでメロウなフォーク・ポップの数々が詰まった名作中の名作です。

RICHARD SOUTARからTIM BUCKLEYにまで例えられる70Sローナー・フォーク・ロックな"ALL MY LOVE"デモ、初期のSTEELY DANデモのようとも例えられるソフト&グルーヴィな"OLD RICHARD"の最終ヴァージョンなど貴重録音7曲をボーナス追加したファン必携盤。


★オブスキュア・メロウ・フォーク・サイケ・ロッカーの70年代未発表音源集が2017年CD+DVD AUDIOリリース!

●KEVIN VICALVI / SONGS FROM 63 MAIN ST. 輸入CD 1,944円(税込) (LEFT RECORDS / / 0709951690093)
BEATLESインヴェイジョンの波を受けた自作ロック世代としてひっそりと地元マサチューセッツ州ウースターのシーンに登場したオブスキュア・アコースティック・フォーク・サイケ・プログ・シンガー・ソングライターKEVIN VICALVI。

高校時代のJON DOESやSLEEPY TIME BLUES BANDといったローカル・バンドでの活動後、徐々にオリジナル楽曲を製作。74年のプライヴェート・プレス盤デビュー作『SONGS FROM DOWN THE HALL』はマニア垂涎の秘宝盤コレクターズ・アイテムとして一部自主盤シンガー・ソングライター・ファンに知られていますが、同作のリリース直後に録音されていたというさらなる秘蔵音源集が今回自身のLEFT RECORDSより待望の正規発掘となりました。

爽やかに蒼いヴォーカルがピアノに導かれるオープナー"INTRO"、疾走するハーモニー・ポップ"MEMO (TO MYSELF)"、爽やかな雨の中をピアノと駆け抜ける"THERE WILL COME SOFT RAINS"、ジェントルに柔らかなバラッド"BROTHERS"、軽やかなカントリー・ポッパー"DREAMS AND MEMORIES"、ホンキートンカーな"OWE YOU SUNSHINE"に洒脱なサックスとともに都市を散歩する"LIVING IN THE CITY"、アコースティック・ポップ・バラッド最高峰"ON LOOKING BACK"、マイナーSSWファン層を超えて全ポップス・ファンに聴かれるべきアダルト・オリエンテッドな"SONG OF NEW BEGINNINGS"などなどなど、よりディープに深化したVICALVIのソングライティングは全曲が高水準。

ロック、フォーク、ポップ、カントリーにシンガー・ソングライター・バラッドが渾然一体となった独自のメロディ・センスに加え、1STのソウルフルなスタイルから一段天空へと突き抜けたかのような上質なハイ・トーン・ヴォーカルは、このままオブスキュアな立ち位置に埋もれさせておくにはあまりにももったいない傑作です。1STから引き続きの盟友DENIS DELAGORGENDIEREらもバックアップ。

オリジナル16トラック・マスター・テープからのデジタル・リマスター。DVDには5.1サラウンド・クアドロフォニック・ミックスを収録しています。12ページ・ブックレット。




★国内盤も4タイトル入荷!


●マンフレッド・マン / ラジオ・デイズVOL.1 ポール・ジョーンズ・エラ・ライヴ・アット・ザBBC 64-66 国内CD 3,780円(税込) (ATOZ (エイ・トゥ・ズィー) / ATOZ117 / 4988044886315)
帯ライナー付国内盤仕様輸入盤
解説:若月眞人

60年代BBCのラジオ音源コンピレーション第1弾が2019年新規リマスターで2CDリリース!

ジャズ、ブルーズ、R&B等々の要素をブレンドしたスマートでモッドなビート・サウンドでポップ・ヒットを連発、60年代英国のヒット・シーンを代表したMANFRED MANN。

タイトルの通り、ヴォーカリストPAUL JONES在籍期であるバンド初期-中期、64年から66年にかけてのBBCのラジオ放送用音源が発掘音盤化。BBCのラジオ番組「SATURDAY SWINGS」、「SATURDAY CLUB」、「TOP GEAR」、「SWING INTO SUMMER」、「POP INN」のために録音されたセッション音源/インタビュー音源を収録しています。一躍60年代を代表するバンドと成っていく姿を、当時の主要メディアであるラジオ音源で追っていくことのできるファン必携盤です。

MANFRED MANNによる跳ねるキーボード・プレイ、いなたくて不良っぽいPAUL JONESのヴォーカル等、R&B/モッズ色の濃いオリジナル・メンバー期はもちろんのこと、GRAHAM BOND ORGANISATIONやJOHN MAYALLのBLUESBREAKERSを経て一時MANNに参加しのちにCREAM結成へと動くJACK BRUCE在籍期も含む まさしくビート・バンドな時期の音源集に仕上がっています。BEN E. KINGの"GROOVIN'"やHERBIE HANCOCKの"WATERMELON MAN"などの名カヴァーや、メンバーのTOM MCGUINNESSによる"L.S.D."などのオリジナル楽曲に時代を彩ったシングル・ヒット"SHA LA LA"や"PRETTY FLAMINGO"のほか、JACK BRUCE期の未発表ハイライト"LONG HAIR, UNSQUARE DUDE CALLED JACK"や、BBCのホストBRIAN MATTHEWによる貴重なグループ/個々へのインタビューも含む当時のラジオ音源を一気に入手することのできる全41トラック決定盤。

MANFRED MANN (KEYBOARDS)
PAUL JONES (VOCALS/HARMONICA)
MIKE HUGG (DRUMS/VIBES)
TOM MCGUINNESS (GUITAR/BASS)
MIKE VICKERS (BASS/SAX)



●マンフレッド・マン / ラジオ・デイズVOL.2 マイク・ダボ・エラ・ライヴ・アット・ザBBC 66-69 国内CD 3,780円(税込) (ATOZ (エイ・トゥ・ズィー) / ATOZ118 / 4988044886322)
帯ライナー付国内盤仕様輸入盤
解説:若月眞人

60年代BBCのラジオ音源コンピレーション第2弾が2019年新規リマスターで2CDリリース!

ジャズ、ブルーズ、R&B等々の要素をブレンドしたスマートでモッドなビート・サウンドでポップ・ヒットを連発、60年代英国のヒット・シーンを代表したMANFRED MANN。

タイトルの通り、ヴォーカリストMIKE D'ABO在籍期であるバンド中期-後期、66年から69年にかけてのBBCのラジオ放送用音源が発掘音盤化。BBCのラジオ番組「SATURDAY CLUB」、「EASY BEAT」、「TOP GEAR」のために録音されたセッション音源/インタビュー音源/コマーシャル用音源を収録しています。60年代のロック・シーンを語るうえで外すことのできない名バンドの姿を、当時の主要メディアであるラジオ音源で追っていくことのできるファン必携盤です。

バンド脱退後もROD STEWARTやCHRIS FARLOWEのプロデュース等を手掛け活躍したMIKE D'ABOの手腕によりバンドの形が変動していった時期の音源集。FONTANAからの"JUST LIKE A WOMAN"や"RAGAMUFFIN MAN"といったヒット・チューンはもちろんのこと、BOB DYLANの"MIGHTY QUINN"、"JUST LIKE A WOMAN"といった名カヴァーや、メンバーのMIKE HUGGによる"MORNING AFFTER THE PARTY"などのオリジナル楽曲のほか、BBCのホストBRIAN MATTHEWによる貴重インタビューも含む当時のラジオ音源、さらに未放送の音源までを一気に入手することのできる全45トラック決定盤。過去にコンパイルされた"MIGHTY QUINN"の1曲を除き完全未音盤化の貴重音源集です。

MANFRED MANN (KEYBOARDS)
MIKE D’ABO (VOCALS/PIANO)
MIKE HUGG (DRUMS/VIBES/PIANO)
TOM MCGUINNESS (GUITAR)
KLAUS VOORMANN (BASS)



●マンフレッド・マン・チャプター・スリー / ラジオ・デイズVOL.3 ライヴ・セッションズ・アンド・スタジオ・レアリティーズ 国内CD 3,780円(税込) (ATOZ (エイ・トゥ・ズィー) / ATOZ119 / 4988044886339)
【帯・ライナー付輸入盤(盤は輸入盤を使用/原盤:英UMBRELLA)/2枚組/2019リマスター/(解説:若月眞人】 

60年代英国Beatシーンを支えたManfred Mann(key)がMANFRED MANN解散後Mike Hugg(dr)と共に結成したBritish Jazz/Progressive Rockバンド、ラジオ/サウンド・トラック用音源を纏めたコンピレーション・アルバムが2019リマスター/2枚組CDで登場!

タイトルの通りラジオ用音源を中心としたライヴ/スタジオ音源を収録。BBC1放送'The Wednesday Play'やオーストラリア/スウェーデン・ラジオ用音源を収録。短い期間で終わりはしたもののマニア人気の高い時期の音源を、当時の主要メディアであるラジオ用音源を中心に追っていくことのできるファン必携の一枚。

デビュー作『MANFRED MANN CHAPTER THREE』収録曲'KoneKuf' 'Time'のアルバム・リリース以前のデモ音源や、当時リリース予定であったものの中止となった3作目に収録される予定であった'Train Crash' 'So Sorry Please' 'Chips'、Mike Huggがサウンド・トラックを務め映画'VENUS IN FUR'用楽曲などの音源、加えてインタビューも含む当時のラジオ音源/デモ音源を纏めて入手できる一枚です。

マスターは新規リマスター音源を使用。



●マンフレッド・マンズ・アース・バンド / ラジオ・デイズVOL.4 ライヴ・アット・ザBBC 70-73 国内CD 3,780円(税込) (ATOZ (エイ・トゥ・ズィー) / ATOZ120 / 4988044886346)
【帯・ライナー付輸入盤(盤は輸入盤を使用/原盤:英UMBRELLA)/2枚組/2019リマスター/(解説:若月眞人】

Manfred Mann(key)を中心に~ CHAPTER THREEから発展/結成、現在も欧州を中心に活躍する隠れた名British Rockバンド、未発表ライヴ音源を纏めたコンピレーション・アルバムが2019リマスター/2枚組CDで登場!

タイトルの通りBBC放送用に録音したライヴ音源を収録。'71年6月にBBC放送'Living Without You' 'Big Betty' 'Mighty Quinn'のために録音された音源や、'73年作『MESSIN'』の宣伝用に録音された音源、バンド絶頂期の名演として知られる'73年のThe Golders Green Hippodromライヴ・セッション等を収録。

-EARTH BANDのメンバーながらにまだMANFRED MANN名義であったバンド最初期も含む'70年から'73年にBBCで放送されたライヴ/セッション音源を収録。'73年代表作『MESSIN'』収録のBob Dylan'Get Your Rocks Off'カヴァーやMike Hugg作曲'Messin''、'73年作『SOLAR FIRE』収録のChris Slade/Mick Rogers作曲'Solar Fire'など、人気の高い時期の代表曲も含む貴重音源を多く収録しています。

マスターは新規リマスター音源を使用。収録全曲が初公式リリースとなる未発表音源。




★現在のメンバーによる"最新ヴァージョン”のヒット曲/代表曲に新曲3曲を加えたニュー・アルバム!

●MIKE & THE MECHANICS マ / OUT OF THE BLUE: DELUXE DIGIBOOK EDITION 輸入CD 2,592円(税込) (BMG/ADA / 538472500 / 4050538472509)
ジェネシスのオリジナル・メンバー、マイク・ラザフォード率いるマイク&ザ・メカニックス。
現在のメンバーによる"最新ヴァージョン”のヒット曲/代表曲に新曲3曲を加えたニュー・アルバム『OUT OF THE BLUE』完成! 

デラックス・エディションはアコースティック・ナンバーを追加収録したボーナス・ディスク付き! 

■ ジェネシスのオリジナル・メンバー、マイク・ラザフォード率いるマイク&ザ・メカニックス。”サイド・プロジェクト”、“趣味のバンド”と表現されながらも、今年で結成32年を迎える、超ロングラン・プロジェクトである。1985年に活動をスタートさせた彼らは、これまで8枚のスタジオ・アルバムを発表し、「Silent Running」、「The Living Years」、「Over My Shoulder」などのヒット・シングルを世に送り出すなどして、全世界で10,000万枚以上のセールスを記録している。 

■ 二人のリード・ヴォーカリストをフィーチャーした編成も大きな特徴だった彼ら。しかし2000年にそのリード・ヴォーカリストの一人、ポール・ヤングが亡くなり、2004年に”MIKE + THE MECHANICS + PAUL CARRAK”名義でアルバム『REWIRED』を発表した後、一旦活動を休止する。そして2010年、新たなツイン・リード・ヴォーカリスト、アンドリュー・ローチフォードとティム・ハワーをはじめとするメンバーを一新した形で活動を再開、2011年に『THE ROAD』そして、2017年に『LET ME FLY』をリリースした。 

■ その彼らが、約2年振りとなるスタジオ・アルバムをリリース!本作『OUT OF THE BLUE』は、3曲の完全新曲と、マイク&ザ・メカニックスがこれまで発表したヒット曲、代表曲を現メンバーで新たにレコーディングしたものからなる作品である。CD2枚組となるデラックス・エディションには、、「The Living Years」、「Over My Shoulder」などの楽曲6曲を現メンバーで演奏したアコースティック・ヴァージョンを収録したボーナス・ディスクが付いている。 

■ 今回昔の曲を新たにレコーディングすることについて、マイク・ラザフォードは次のように語っている: 

「(現編成の)メカニックスとこの10年一緒にツアーしてきて、私は昔の楽曲がアンドリューとティムのヴォーカルとメンバーの演奏によって毎年少しずつ変化していることに気付いた。その中には、元々のヴァージョンから発展して長くなったものもある――だから、これらの新しいヴァージョンをスタジオでレコーディングするのは良いアイディアだと思った。特にライヴを観たことがある人なら、現在の編成による昔の曲を聴いてみたいと思うよ、特に二人のヴォーカリストによる素晴らしい絡みをね。その中でも、新たにダブル・リード・ヴォーカルで録音された「Get Up」は聴きものになるだろう。さらに新たに作り、録音した新曲3曲も収録されているが、それらはマイク&ザ・メカニクスの新章を示すものになると思うよ」 

■ 自身最大のヒットとなる「The Living Years」のリリースから25周年を迎える今年、大規模なツアーを行う予定となっている彼ら。現在のラインアップによるアップデートされたマイク&ザ・メカニックスの姿が本作『OUT OF THE BLUE』にある! 

■デラックス・エディションのみの限定デジブック仕様。