2019年1月16日(水)リニューアルオープン! 新宿駅南口徒歩5分。ディスクユニオン唯一の'60年~'70年代の洋楽ロック新品/中古 CD・DVD専門店です。 Allman Brothers Band / Beatles / Bob Dylan / David Bowie / Eric Clapton / Grateful Dead /Jimi Hendrix / Led Zeppelin / Rolling Stones...の王道ロックをはじめ、PSYCH / GARAGE / SOFT ROCK / AOR / SSW / FOLK / HARD ROCK等といった、クラシック・ロック全般を濃く深く取り揃えております。買取は常時大募集中でございます。ロック査定専門スタッフがお客様のコレクションを一点一点丁寧かつ、適正価格で高額買取いたします!

ライブ盤が大量入荷! 本日の新品新入荷 7/2(火)

★5年振りスタジオ新作、限定カラー・ヴァイナルでもリリース!

●ブルース・スプリングスティーン / ウエスタン・スターズ (限定カラー・ヴァイナルLP) 国内LP 6,264円(税込) (ソニー・ミュージックレーベルズ / SIJP-86/7 / 4547366409895)
ロック界のBOSS、ブルース・スプリングスティーンの2014年『ハイ・ホープス』以来5年振り、通算19作目となるオリジナル・ニュー・アルバムが2枚組限定カラーヴァイナルでリリース(ブルー・マーブル・カラーヴァイナル)。

‘60年代終わりから’70年代初めにかけてのサザン・カリフォルニア・ポップ・レコードにインスパイアされた、彼の音楽を新たな境地へと誘う作品。ボス曰く「このアルバムは、キャラクター主導型の曲と、大胆でシネマチックなオーケストラのアレンジを特徴としていた僕のソロ作品への回帰――“宝石箱”のようなアルバムなんだ」。

13曲全曲スプリングスティーンの書下ろし新曲。ハイウェイ、荒廃した空間、孤立感、コミュニティ、そして家庭や希望の不変性といったアメリカ的なテーマを広範囲に網羅している。プロデュースを手がけたのはブルースとロン・アニエロ。パティ・スキャルファ、ジョン・ブライオン、デヴィッド・サンシャス、チャーリー・ジョルダーノ、スージー・タイレル他ゲスト参加。

アルバムのミキシングはグラミー賞受賞歴13回のトム・エルムハーストが手がけている。

完全生産限定 アナログLP2枚組(ブルー・マーブル・カラーヴァイナル)/輸入盤国内仕様(日本制作帯+解説・歌詞・対訳付)





★最新号入荷!
クイーンLPレコードコレクション 18号 (ザ・ゲーム) [分冊百科] (LPレコード付) (クイーン・LPレコード・コレクション)
●クイーン / THE GAME クイーンLPレコードコレクション 全国 18号 国内BOOK 2,980円(税込) (デアゴスティーニ・ジャパン / 4813522621 / 9784813522621)
■オリジナル・アルバム、ライヴ盤、オフィシャル作品をすべて180Gの重量盤LPにプレス
『クイーン・LPレコード・コレクション』は、1973年から今日までに発表されたクイーンのすべてのオリジナル・アルバムに、ベスト・アルバムや、『ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』『オデオン座の夜~ハマースミス1975』など伝説のライヴ盤を加えたシリーズである。これら全25枚のアルバムは、全世界で3億枚以上を売り上げ、「伝説のチャンピオン」「リヴ・フォーエヴァー」「ブレイク・フリー(自由への旅立ち)」「RADIO GA GA」など、いまもなお愛される名曲の数々を生み出した。このシリーズには、最も影響力のあるロックバンドのひとつで、“史上最高のイギリスのバンド”と呼び声の高いクイーンの音楽がすべて詰まっている。レコードプレーヤーにクイーンの作品を1枚のせれば、特別な時間が訪れるはずだ。180G重量盤のLPレコード・コレクションを、ぜひ楽しんでほしい。

■ファン必読のマガジンも毎号付いてくる
『クイーン・LPレコード・コレクション』に毎号付いてくるマガジンは、クイーンのファンはもちろん、ロック好きも満足できる内容だ。バンドのアーカイヴから選びぬかれた貴重な写真で彩られる誌面は、各アルバムの逸話にあふれ、クイーンの音楽が生まれた背景やメンバーの思いが伝わってくる。ロック史上最も愛され、成功したクイーンの楽曲がいかにして誕生したか、その背後で彼らを支えた人々や当時のできごとについて、フレディやブライアン、ロジャー、ジョンが思い思いに語る。

見逃してはならない、希少なコレクションだ。

※180グラム重量盤LP

すべてのLPは、“ハーフ・スピード・マスタリング”という特殊技術を駆使し、かのアビイ・ロード・スタジオで録音されたマスターから復刻したものである。





★83-94年FMラジオ放送用ライヴ音源が3CD化!

●STEVIE NICKS / THE BROADCAST ARCHIVES (3CD) 輸入CD 2,592円(税込) (BROADCAST ARCHIVE / BSCD6104 / 0823564030869)
DISC 1には 83年6月24日、ニュージャージー州イースト・ラザフォードのBRENDAN BYRNE ARENA公演を収録。

83年6月10日にリリースしたばかりの2NDソロ・アルバム『THE WILD HEART』を引っさげた一夜。新作からは"ENCHANTED"、"IF ANYONE FALLS"、"STAND BACK"、"BEAUTY AND THE BEAST"を披露、81年前作1ST『BELLA DONNA』からの"OUTSIDE THE RAIN"、"HOW STILL MY LOVE"、"STOP DRAGGING MY HEART AROUND"、"LEATHER AND LACE"に、77年『RUMOURS』からのFLEETWOOD MACクラシック"GOLD DUST WOMAN"、"DREAMS"に79年『TUSK』の"SARA"、82年『MIRAGE』からの"GYPSY"、さらに『BELLA DONNA』期の未発表セッション・チューン"GOLD AND BRAID"や、盟友TOM PETTY AND THE HEARTBREAKERSカヴァー"I NEED TO KNOW"等も披露するファン必携のステージです。

DISC 2には 86年8月15日、NYはウィーズポートのCAYUGA FAIRGROUNDS公演を収録。

彼女にとって3枚目のソロ・アルバムとなる『ROCK A LITTLE』をひっさげてのツアーからの一夜。大いに沸く観客の期待を受けての"OUTSIDE THE RAIN"からなだれ込むMACクラシック"DREAMS"で熱狂最高潮! さらにたたみかける様にヒット曲"TALK TO ME"、しっとりとその艶っぽい歌声を聴かせる"BEAUTY AND THE BEAST"、じらしにじらしまくるパーカッション・イントロから始まる"STAND BACK"、PETER FRAMPTONがギター&バッキング・ヴォーカルで参加した"STOP DRAGGIN' MY HEART AROUND"、印象的なイントロのギター・カッティングに燃えるしかないロッキン・ディスコ名曲"EDGE OF SEVENTEEN"など、ハードでタフなバンドをバックに絶頂期といえるパフォーマンスを繰り広げています。

DISC 3には 94年9月18日、ハリウッドはHOUSE OF BLUES公演を収録。

94年6月にリリースされたソロ6枚目『STREET ANGEL』期の一夜。新作からは"DESTINY"1曲に留められ、81年『BELLA DONNA』の"OUTSIDE THE RAIN"、"DREAMS"、"THE EDGE OF SEVENTEEN"、83年『THE WILD HEART』の"STAND BACK"、85年作『ROCK A LITTLE』の"TALK TO ME"、89年『THE OTHER SIDE OF THE MIRROR』の"ROOMS ON FIRE"といったソロ・クラシックに、MACの75年作『FLEETWOOD MAC』の"RHIANNON"、76年作『RUMOURS』の"GOLD DUST WOMAN"、"THE CHAIN"などのFLEETWOOD MACクラシックスに、ソロ初期からのライヴ・レパートリーTOM PETTY AND THE HEARTBREAKERSの"I NEED TO KNOW"カヴァーまでを披露。WADDY WACHTELやRUSS KUNKELを引き連れたツアー編成で贈るファン必聴のステージです。





★73-84年放送用ライヴ音源が3CDリイシュー!

●LINDA RONSTADT / THE BROADCAST ARCHIVES (3CD) 輸入CD 2,592円(税込) (BROADCAST ARCHIVE / BSCD6106 / 0823564031040)
DISC 1には 73年11月18日、カリフォルニア州サウサリートの名門スタジオTHE RECORD PLANTセッションを収録。

ソロ・キャリアの初期を捉えた貴重なレア・ライヴ。74年の傑作『HEART LIKE A WHEEL』からは"IT DOSEN'T MATTER ANYMORE"、"DARK END OF THE STREET"、"I CANT HELP IT (IF IM STILL IN LOVE WITH YOU) "を収録し、CLARENCE WHITE周りのギタリストBOB WARFORD、AORソロでも人気の高い"LAポップ・シーンの申し子"ANDREW GOLDといった『HEART LIKE A WHEEL』にもクレジットされている2人に加え、JACKSON BROWNEやBONNIE RAITTとの仕事でも知られるソングライター/ベーシストDOUG HAYWARD、LINDAとEAGLESの面々を引き合わせた張本人にしてのちにウエストコースト・ロック・シーンの重鎮プロデューサーとなるJOHN BOYLAN、さらにSTEELY DANからの2人、ドラムにJIMMY HODDER、スティール・ギターにJEFF 'SKUNK' BAXTERといった手練れの面々が支えています。 

DISC 2には 76年11月3日、LAはTHE UNIVERSAL AMPHITHEATRE公演を収録。

著名番組KING BISCUIT FLOWER HOURの放送音源。73年『DON'T CRY NOW』、74年/全米1位『HEART LIKE A WHEEL』、75年/全米4位『PRISINER IN DISGUISE』、76年/全米3位『HASTEN DOWN THE WIND』、と大ヒットを連発していた絶頂期ですが、この時でまだ21歳のLINDA。主に前述アルバムからの代表曲"THAT'LL BE THE DAY" (BUDDY HOLLY)、"LOVE HAS NO PRIDE" (ERIC KAZ)、"SILVER THREADS & GILDEN NEEDLES" (DUSTY SPRINGFIELD)、"WILLIN'" (LOWELL GEORGE)、"HEART LIKE A WHEEL" (ANNA MCGARRIGLE)、"DESPERADO" (THE EAGLES)など、全16曲を温かくパワフルに熱唱しています。若々しく艶やかでセクシーな声(途中のMCですらキュンキュンします)が堪らない名演ステージ。抜群の演奏力でサポートするバックのプレイも最高です。

DISC 3には 84年3月9-10日カリフォルニア州サンタバーバラのTHE ARLINGTON THEATER公演を収録。

83年傑作ジャズ・アルバム『WHAT'S NEW』からの楽曲をメインに、NELSON RIDDLE & ORCHESTRAを伴い披露された貴重なステージ。この後もNELSON RIDDLEと組んだ『LUSH LIFE』『FOR SENTIMENTAL REASONS』とLINDAのジャズ3部作が続くオトナ・リンダ期のゴージャスな名演を堪能できるファン必携盤です。





★66-70年FMラジオ放送用ライヴ音源が3CD化!

●JEFFERSON AIRPLANE / TRANSMISSION IMPOSSIBLE (3CD) 輸入CD 2,592円(税込) (EAT TO THE BEAT / ETTB109 / 0823564031095)
DISC 1には 66年11月26日、サンフランシスコの名ヴェニューFILLMORE WEST公演を収録。

バンドが混沌の中で固まり始めたまさにその時期、2NDにして代表作の呼び声高い67年発表の『SURREALISTIC PILLOW』のレコーディング直後に行われた66年11月のステージ。人気曲"WHITE RABBIT"をはじめ、"SHE HAS FUNNY CARS"、"DCBA-25"、"3/5 OF A MILE IN TEN SECONDS"、"MY BEST FRIEND"、"PLASTIC FANTASTIC LOVER"と、早くもリリース前の新作収録楽曲もたっぷりと披露、さらに66年8月の1ST『TAKES OFF』の"BRINGING ME DOWN"に"TOBACCO ROAD"、のちの69年ライヴ・アルバム『BLESS ITS POINTED LITTLE HEAD』にも収録される"FAT ANGEL"や"OTHER SIDE OF LIFE"のラフでサイケ・アウトした初期ヴァージョン、ライヴ・ヴァージョンは非常にレアなALEXANDER SPENCEのペンによる"JPP MCSTEP B BLUES"などなど、60年代サイケのマスターピースを生み出すべくして生み出した彼らの名演が詰まっています。

DISC 2には 68年9月15日、オランダはアムステルダムのTHE CONCERTGEBOUW公演を収録。
同9月にリリースとなった『CROWN OF CREATION』を引っさげ、68年8月から9月にかけてTHE DOORSと共に回った初のヨーロッパ・ツアーからの一夜。演奏の間中JIM MORRISONがステージで踊っていたという"PLASTIC FANTASTIC LOVER"ではプレイが早くなればなるほどJIMもワイルドにスピンし、MARTY BALINの足元に果てていったという伝説を残しています。新作からは"IN TIME"、"IF YOU FEEL LIKE CHINA BREAKING"、"CROWN OF CREATION"、さらに同年10月FILLMORE WESTでの録音がライヴ盤『BLESS ITS POINTED LITTLE HEAD』にも収録される"ROCK ME BABY"なども披露。

ボーナスとして、すでにクラシック"SOMEBODY TO LOVE"や"WHITE RABBIT"など67-68年のテレビ番組「THE SMOTHERS BROTHERS COMEDY HOUR」音源3曲を追加収録しています。 

DISC 3には 70年10月4日、サンフランシスコはWINTERLAND BALLROOM公演を収録。

この日はGRATEFUL DEAD、QUICKSILVER MESSENGER SERVICE、HOT TUNA、THE NEW RIDERS OF THE PURPLE SAGEと豪華そろい踏みのライヴだったとのことですが、実は西海岸ロック史に刻まれる悲しい一日、JANIS JOPLINがホテルの一室で冷たく発見されたまさにその日の出来事でした。JA的にもオリジナル・メンバーでリード・ヴォーカルの一人でもあるMARTY BALINのラスト・ライヴ(JOPLINの悲報を聴きBALINは一時は公演キャンセルを申し出たとか)という、記憶に留めるべき大事な一夜でもあります。

68年『CROWN OF CREATION』と69年『VOLUNTEERS』からの楽曲を中心に、アルバム以外にも70年5月リリースのシングル"MEXICO / HAVE YOU SEEN THE SAUCERS"や、貴重な"EMERGENCY"、"YOU WEAR YOUR DRESSES TOO SHORT"なども収録、しかし当然一番燃えるのはMARTY BALINの最後の瞬間、自身の共作"VOLUNTEERS"で謳われる替え歌"GOTTA REVOLUTION - OH YEAH, AND I NEED A NEW BAND!"。





★74-76年FMラジオ放送用ライヴ音源がCD化!

●JEFFERSON STARSHIP / 70'S BROADCAST COLLECTION (6CD) 輸入CD 4,320円(税込) (SOUND STAGE / SS6CDBOX51 / 5294162605127)
DISC 1&2には 74年11月24日、サンフランシスコはWINTERLAND ARENA公演を収録。

GRACE SLICKとPAUL KANTNERを中心に、HOT TUNA結成に動いたJORMA KAUKONENとJACK CASADYに代わり、PETE SEARSと若きCRAIG CHAQUICOを迎え改名を果たしたJEFFERSON STARSHIP。ほか、元QUICKSILVERのDAVID FREIBERGにCSNYのドラマーを務めたJOHNNY BARBATA、HOT TUNAと同時並行したPAPA JOHN CREACHという布陣でのグループの2NDツアーよりの一夜。"LOOK TO THE SUMMER OF '75, ALL THE WORLD IS GONNA COME ALIVE!"と歌い、新たな幕開けを宣言するオープナー"RIDE THE TIGER"ほかフレッシュな新曲"HYPERDRIVE"、"DEVIL'S DEN"、"COME TO LIFE"に、このツアーでのみ演奏されたというSLICKの74年1STソロ『MANHOLE』からの"COME AGAIN TOUCAN"や"BETTER LYING DOWN"などなど、新たなラインナップが躍動する名演のステージを捉えています。またアンコールではゲストとしてAIRPLANEのラスト・ライヴ以来2年ぶりの共演となったMARTY BALINを迎え、"CAROLINE"のライヴ・デビュー・ヴァージョンにクラシック "SOMEBODY TO LOVE"に"VOLUNTEERS"も披露したファン感涙盤です。

DISC 3&4は 75年5月12日、NYはセントラル・パークのSHEEP MEADOW公演を収録。

74年と変わらぬ布陣で10万人もの観客を前に行ったコンサートの模様を収録。74年1ST『DRAGON FLY』、来る75年2ND『RED OCTOPUS』からの楽曲はもちろん、AIRPLANE時代のクラシック"WHITE RABBIT"、"SOMEBODY TO LOVE"、"VOLUNTEERS"などで畳み掛ける後半もやっぱり最高の名演のステージです。

DISC 5&6は 76年7月7日、NYはセントラル・パーク公演を収録。

JEFFERSON STARSHIP最高傑作とも名高い改名後2作目『RED OCTOPUS』リリース後の絶頂期を収めた一夜。ハードにサイケするギターと共に疾走する"RIDE THE TIGER"や、肉体的なリズム隊にソウルフルなヴォーカルが躍動する"SOMEBODY TO LOVE"、サイケな感覚のファンキー・ロック"SWEETER THAN HONEY"、DE LA SOUL "I AM I BE"ネタの名曲"MIRACLES"ももちろん収録。初期のサイケデリックな感覚を残しつつ、随所にリズム&ブルース/ソウル/ファンクからの影響を感じさせる聴きごたえ抜群のライヴ録音となっています。





★76年FMラジオ放送用ライヴ音源が3CD化!

●JERRY GARCIA BAND / LA PALOMA THEATRE (3CD) 輸入CD 2,592円(税込) (LEFTFIELD MEDIA / LFM3CD603 / 0823564030685)
76年2月21日、カリフォルニア州エンシニータスのPALOMA THEATER公演を収録。

トータル3時間を越える熱演の一夜。75年に結成されたバンドはメンバー変遷を繰り返しますが、76年の1月後半にはようやく面子が固定、ギター/ヴォーカルGARCIAを中心に、ドラムにRON TUTT、ベースにJOHN KAHN、さらにKEITH GODCHAUXがピアノ/ヴォーカルで参加という布陣で精力的にライヴをこなしています。70年『AMERICAN BEAUTY』の"FRIEND OF THE DEVIL"、GARCIAの76年3RDソロ『REFLECTIONS』の"MISSION IN THE RAIN"、この時期の重要なライヴ・レパートリーだったMIRACLESの"I SECOND THAT EMOTION"、TEMPTATIONSの"THE WAY YOU DO THE THINGS YOU DO"や、BOB DYLANカヴァー"KNOCKIN' ON HEAVEN'S DOOR"にTHE BANDカヴァー"THE NIGHT THEY DROVE OLD DIXIE DOWN"ほかメロウでレイドバックした名演が詰まったファン必携盤です。





★98年FMラジオ放送用ライヴ音源がCD化!

●PATTI SMITH / HOME FOR THE HOLIDAY 輸入CD 1,944円(税込) (LEFTFIELD MEDIA / LFMCD613 / 0823564031019)
98年11月22日、シカゴはRIVIERA THEATER公演を収録。

WXRT FMで放送された「HOLIDAY CONCERTS FOR THE KIDS」用の恒例ベネフィット・パフォーマンス。97年新作『PEACE AND NOISE』からは"DEAD CITY"、"DON'T SAY NOTHING"を披露、ほか96年作『GONE AGAIN』からは亡きKURT COBAINに捧げた"ABOUT A BOY"をはじめ、"GONE AGAIN"、"WING"、"SUMMER CANNIBALS"を、また79年『WAVE』の"DANCING BAREFOOT"、75年『HORSES』の"REDONDO BEACH"、"FREE MONEY"や、78年『EASTER』クラシック"ROCK N ROLL NIGGER"からの"GLORIA"メドレーなどなど、時代を経ても精力的な女王PATTI SMITHを堪能できる名演盤です。





★ガレージ・ファンには高名なスタジオ企画盤67年唯一作がモノ仕様で初アナログ・リイシュー!

●FIRE ESCAPE / PSYCHOTIC REACTION (LP) 輸入LP 3,456円(税込) (GNP CRESCENDO / GNP2301 / 0052824230118)
ギタリストROBERT SAFIRを中心にしたLAのバンドCAJUNSのメンバーがセッション参加した架空のガレージ・バンドFIRE ESCAPE。

SEEDSのSKY SAXONやSTEPPENWOLFのMARS BONFIREがメンバーに含まれているというまことしやかな噂も流れた本作の実態は、KIM FOWLEYを仕掛け人に、プロデューサーMICHAEL LLOYDが手掛けた企画盤で、マニアにはパンカデリック・クラシックな一枚として知られます。

COUNT FIVEの"PSYCHOTIC REACTION"、MUSIC MACHINEの"TALK TALK"、? & THE MYSTERIANSの"96 TEARS"、SEEDSのTRIP MAKER"に"PICTURES AND DESIGNS"などなどガレージ・パンク・クラシックの同時代カヴァーとしてはセンス抜群の名品に仕上がっています。

オリジナル・テープからのリマスター。詳細ストーリー掲載インサート。





★金澤寿和監修≪LIGHT MELLOW SEARCHES≫新作は、現代フランスきってのポップ職人、ガイスター待望の2019年ニュー・アルバム!

●ガイスター / テレヴィジョン 国内CD 2,592円(税込) (ピーヴァインレコード / PCD-24846 / 4995879248461)
「ポップン・メロウなフランスのサウンド・クリエイター:ガエル・ベンヤミンによるワンマン・プロジェクト、ガイスターの2019年最新作は、トッド・ラングレンや10CCを髣髴させる甘美なポップ・メロディに磨きがかかった、キャリア最高の内容」 ―金澤寿和

前作『WITH ALL DUE RESPECT』(2017)以来2年ぶりのオリジナル新作は、70'S米英ポップスへのただならぬ愛情と、トッド・ラングレンばりに旺盛で多彩な彼のポップ職人ぶりが炸裂したキャリア屈指の傑作! ブラジリアンAORの超話題作=ルーカス・アルーダ『ONDA NOVA』(2019)に参加したり、自身の過去作にエヂ・モッタをゲスト・フィーチャーするなど、“フレンチAORの旗手”としての顔も持つ彼だけに、アーバン・メロウな楽曲の心地よさも抜群!





★ノーザン・ファンは勿論、60's、ポップな方々には当然オススメ!

●CHARMAINES / I IDOLIZE YOU! (FRATERNITY RECORDINGS 1960-1964) 輸入LP 2,268円(税込) (ACE / CHD1545 / 0029667009614)
英ACEよりノーザン・ソウル、ガール・グループ・ファンへのプレゼントです!シンシナティ出身の彼女達、幾多の偉人達のバックを努めつつ、6つのレーベルを放浪。

このチャーミングなヴォーカル、コーラス・ワークに洗礼されたノーザン・チューンやキレのあるR&Bで今宵のダンス・クレイズは約束されたも当然!

ノーザン・ファンは勿論、60's、ポップな方々には当然オススメです!







★VAN MCCOYの60年代~70年代の提供曲をまとめたコンピがKENTより登場!

●V.A. (VAN MCCOY SONGBOOK) / THIS IS IT! (MORE FROM THE VAN MCCOY SONGBOOK 1962-1977) 輸入CD 2,160円(税込) (KENT / CDKEND489 / 0029667095228)
誰もが一度は耳にしたことがあるであろう、THE HUSTLEで広くお茶の間にも認識されているVAN MCCOY。

彼の60年代~70年代の提供曲をまとめたコンピがKENTより登場!

活動当初はJOHNNY MATHISの後釜として期待されポップスを中心に歌っていたVAN MCCOYですが、GLADYS KNIGHT & THE PIPSやBRENDA & THE TABULATIONへの曲提供を行う。75年には自身でHUSTLEを発表してすっかりディスコのイメージが強くなったがDAVID RUFFINやMELBA MOORE、FAITH HOPE & CHARITYへ曲を提供。

ディスコ・クラシックもそうですが、こういった彼の偉大なワークスの一端も後世へ残すべき大事な財産です!









★タイのレアグルといえばコレ。

●IMPOSSIBLES (RARE GROOVE) / HOT PEPPER (デジパック仕様) 輸入CD 2,160円(税込) (GET ON DOWN / GET54045CD / 0664425404524)
アジアン・レアグルーヴの出発点にして、最高峰の傑作アルバムがついに世界初CD化!世界のグルーヴ・ディガーを虜にした強烈なドラム・ブレイク入りクール&ザ・ギャングのカヴァー「Give It Up」に悶絶必至!もちろん『レアグルーヴ ディスク・ガイド RARE GROOVE A to Z』掲載!

東南アジア系の顔が並ぶ怪しいジャケット、リリースはスウェーデンのPHILLIPSという謎、そして聴く者を圧倒するグルーヴ...一体、何者!? いや、そんなの関係ないでしょ!かっこよければ!と、知られざるままに知名度を上げていった、アジアン・レアグルーヴの出発点にして、最高峰の傑作アルバムがついに世界初CD化!

今でこそEGONやGILES PETERSONはじめ、世界の著名DJに注目されているアジアン・レアグルーヴですが、このアルバムが注目されたのは遥か以前のレアグルーヴ黎明期であった1990年代。オリジナル盤はもちろん高騰、何度かリプロ盤LPが再発されたり、長きに渡り世界のグルーヴ・ディガーを虜にしてきたアルバムだ。実は彼ら、タイのグループ。自国であるタイでは大スター的なグループとして1970年代に活躍。そんな彼らが行なったヨーロッパ・ツアーの真っ只中に録音され、1975年に発売されたのが本作であります。

どうせアメリカのファンク・バンドの真似事でしょ?という安直な音を連想をすると仰天必至!完成度の高いファンク・サウンドを全編に渡って展開する。オリジナル・ファンクのタイトル曲「Hotpepper」にはじまり、ボサ的な雰囲気も醸し出すメロウ・ファンク「Pretty Thing」、B.T.エクスプレスのような切れ味鋭い70sファンク「Love The Life You Live」、そして何と言っても極めつけの強烈なドラム・ブレイク入りクール&ザ・ギャングのカヴァー「Give It Up」で悶絶!
ストレートなブレイク狙いのヒップホップ世代、怪しいネタを日々掘り続ける仕事人、さらにはエキゾな音を求める謎追い人、全レアグルーヴ・ディガーに贈る、記念すべき世界初CD化であります。





★快挙! ドイツの現行ヒップ・ホップの名門レーベルが立ち上げたアラブ/中東圏のオブスキュア・ファンク・リイシュー・レーベル「HABIBI FUNK」の第11弾は、あのブライアン・ジョーンズをも魅了した呪術的音楽「グナワ」にファンク、サイケを融合した驚愕のお蔵入り音源をスタジオ・アーカイブから発掘!

●ATTARAZAT ADDAHABIA & FARADJALLAH / AL HADAOUI 輸入CD 2,160円(税込) (HABIBI FUNK / HABIBI011 / 0673790034731)
本作の音源をスタジオ・アーカイブから発見した際、Attarazat Addahabia や、そのバンドについて知るものはいなかったのだという。モロッコに赴き調査をはじめてみると、このバンドの数奇な運命が次々に明らかにされていった。サッカーチームの一員としてフランスに渡り楽器を調達していたこと、足りない楽器は自身たちで制作していたこと、モロッコを代表する音楽であるグナワを再発見させるべく音楽を始めたこと、そしてレコーディングされたにも関わらず、なぜかそのアルバムはリリースされなかったこと...。本作はそんな貴重なバイオグラフィーとともに、Attarazat Addahabia とそのバンドの、これまで世に問われることがなかったお蔵入り音源を世界で初めてリリースするものである。

彼らの音楽のベースとなっているのが「グナワ」である。モロッコの重要な音楽ジャンルのひとつであるグナワは、かつてローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズも魅せられたことでも知られている。鉄のカスタネット「カルカベ」、ボディが皮張りの低音弦楽器「ゲンブリ」、そしてコール・アンド・レスポンスの応酬により聴くものをトランス状態に導く音楽で、今でもグナワによって悪い精霊を取り払うといったことが実際に行われているのだという。そんなグナワの呪術性に加え、サハラ以南のアフリカ音楽を彷彿とさせるファンキーなエレクトリック・ギター、緻密にレイヤーされたパーカッション、そして女性のバックボーカルが結合。その唯一無二ともいえる音楽性はもちろんだが、何よりも当時の熱気がそのまま真空パックされたような、迸るエネルギーに圧倒されること必至である。

HABIBI FUNK をはじめとするレーベルの好事家的ともいえるリイシュー・ワークによって解明が進みつつある北アフリカの音楽だが、まだこんな音源が残されていたとは驚きである。アフリカ音楽ファン、中東音楽ファンはもちろん、20世紀ポピュラー・ミュージックのミッシング・リンク的作品として、全ポピュラー・ミュージック・ファンにレコメンド!!!!!!

*CD Digipak w/12 page booklet







★ウェザー・リポートの78年ライブ盤が登場!

●WEATHER REPORT / LIVE IN OFFENBACH 1978 輸入CD 2,484円(税込) (MIG-MUSIC / MIG80092 / 0885513800923)
Original recording remastered

ウェザー・リポート結成40周年記念にあたる本年。関連作品のリリースが続いていますがこちらもその一枚。ドイツ、オッフェンバッハにて78年に行われたライブの初音源化だけに待ち望んだファンの方も多いのではないしょうか?当時の空気を蘇らせてくれる歴史的価値も高い作品です。

■Joe Zawinul (keyboards)
Wayne Shorter ( soprano, alto & tenor saxophones)
Jaco Pastorius (Bass)
Peter Erskine (drums)