2019年1月16日(水)リニューアルオープン! 新宿駅南口徒歩5分。ディスクユニオン唯一の'60年~'70年代の洋楽ロック新品/中古 CD・DVD専門店です。 Allman Brothers Band / Beatles / Bob Dylan / David Bowie / Eric Clapton / Grateful Dead /Jimi Hendrix / Led Zeppelin / Rolling Stones...の王道ロックをはじめ、PSYCH / GARAGE / SOFT ROCK / AOR / SSW / FOLK / HARD ROCK等といった、クラシック・ロック全般を濃く深く取り揃えております。買取は常時大募集中でございます。ロック査定専門スタッフがお客様のコレクションを一点一点丁寧かつ、適正価格で高額買取いたします!

★ボックス特典♪ ジェフ・ベックのライヴ・パフォーマンスが楽しめる5+2作品が<帯、ブックレット対訳付き>輸入盤国内仕様CDで一挙登場!

2019年09月27日入荷予定----



★ボックス特典♪ ジェフ・ベックのライヴ・パフォーマンスが楽しめる5+2作品が<帯、ブックレット対訳付き>輸入盤国内仕様CDで一挙登場!

●ジェフ・ベック / CD 5タイトルまとめ買いセット 国内CD 12,744円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10204SBOX / 4997184107266 4997184107273 4997184107280 4997184107297 4997184107303)【特典『収納ボックス』(内箱無し)】
ジェフ・ベックのライヴ・パフォーマンスが楽しめる5作品が<帯、ブックレット対訳付き>輸入盤国内仕様CDで一挙登場!

・ライヴ・アット・フィルモア1968 / IACD10204 / 2,376円 (税込)
・ライヴ・イン・ロンドン1972 / IACD10205 / 2,376円 (税込)
・ライヴ・ブロウ・バイ・ブロウ・イン・USA1975 / IACD10206 / 2,376円 (税込)
・ライヴ・イン・ジャパン1999 / IACD10207/208 / 2,808円 (税込)
・ライヴ・イン・ロンドン2002 / IACD10209/210 / 2,808円 (税込)

【特典】

『ジェフ・ベック / CD 5タイトルまとめ買いセット』 をお買上げのお客様に先着で、収納ボックス(内箱無し)を差し上げます。

This is NOT sold as a box set or sold individually.
This is a give-away box to customers who had bought all 5 albums.





●ジェフ・ベック・グループ / ライヴ・アット・フィルモア1968 国内CD 2,376円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10204 / 4997184107266)
ヤードバーズ脱退後、ジェフ・ベックはロッド・スチュワートを迎えて結成した自身のバンド、ジェフ・ベック・グループを結成する。

ニュー・バンドはシングル・ヒットに恵まれ、アメリカでの成功を求めてUSツアーを積極的に展開する。その中で1968年7月にサンフランシスコの名門ロック・ホール、フィルモア・ウエストで6回のコンサートを行った際、地元のロック専門FMラジオのKSAN-FM のスペシャル番組用として7月24日のフィルモア・ウエストのライヴが収録・放送される。今回、オリジナル・サブマスターの発見に伴い、現時点で最良のリマスタリングが施されてのリリースである。若きジェフ・ベックが追求するブルース・ベースのハード・ロック・サウンドを全編で聴ける貴重なアーカイヴだ。

ボーナス・トラックとして同年11月に行われたマイアミでのライヴ・パフォーマンスを8曲追加収録。

ジェフ・ベック(G, VO)
ロッド・スチュワート(VO)
ロン・ウッド(B)
ミッキー・ウォーラー(DS)

輸入盤国内仕様
1CDジュエルケース
<帯、ブックレット対訳付き>

01-07: FILLMORE WEST, SAN FRANCISCO, CA 24TH JULY 1968 KSAN-FM
08-15: THEE IMAGE CLUB, MIAMI, FL 16TH NOVEMBER 1968



●ジェフ・ベック・グループ / ライヴ・イン・ロンドン1972 国内CD 2,376円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10205 / 4997184107273)
ジェフ・ベックは自己のバンド、ジェフ・ベック・グループを一旦解散させ、新たな方向性を模索するが交通事故により、しばらく休養をよぎなくされる。そして1970年に新たな4人のメンバーと共にジェフ・ベック・グループを再始動させる。

このバンドではジャズやR&Bの要素を取り入れた音楽性で、仕上げた新作『ラフ・アンド・レディ』はこれまでのブルースをベースにしたものとは異なるがアメリカのマーケットでは支持される。そんな新生ジェフ・ベック・グループが1972年に2 作目の『ジェフ・ベック・グループ』のリリースに伴い、同年6月29日にBBCラジオの音楽番組≪IN CONCERT≫用にスタジオ・ライヴを行う。新作を中心に披露した8曲のパフォーマンスのサブマスターを現時点に於いて最良のリマスタリングを施したこのライヴ・アルバムはこの時期のオフィシャル・プロダクツが制作されなかっただけにファンにとっては感涙ものである。

ボーナス・トラックとしてドイツのテレビ番組≪BEAT CLUB≫出演時のパフォーマンスを5曲収録!

ジェフ・ベック(G, VO)
クライヴ・チャマン(B)
コージー・パウエル(DS)
マックス・ミドルトン(KBDS)
ボビー・テンチ(VO)

輸入盤国内仕様
1CDジュエルケース
<帯、ブックレット対訳付き>

01-08: BBC PARIS STUDIOS, LONDON 29TH JUNE 1972
09-13: BEAT CLUB, GERMANY 25TH MARCH 1972 CS-TV



●ジェフ・ベック / ライヴ・ブロウ・バイ・ブロウ・イン・USA1975 国内CD 2,376円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10206 / 4997184107280)
ベック・ボガート&アピス解散後、ジェフ・ベックは新たな音楽性を追求すべく名プロデューサー、ジョージ・マーティンと共に当時流行っていたジャズ・フュージョン・ミュージックの要素を導入したギター・インストゥルメンタル・アルバムの制作に取り掛かる。

そして1975年にリリースした『ブロウ・バイ・ブロウ』は全世界でヒットし、アメリカでは初のゴールド・ディスクを獲得する。このアルバムを引っ提げて行った北米ツアーの中で1975年5月9日にミシガン州デトロイトで行ったコンサートを完全収録したライヴ・アルバムが遂に登場! 地元のロック専門FMラジオのWRIF-FMで放送した素材のサブマスターを現時点で最良のリマスタリングを施してのリリースである。インストゥルメンタル・パフォーマンスということから全編でジェフ・ベックのテクニカルなギター・プレイが炸裂! この時期のライヴ・アルバムとしては初登場なだけに話題沸騰となるに違いない! 

ボーナス・トラックとして別の日のパフォーマンスを4曲収録し、「パワー」では名ジャズ・ギタリスト、ジョン・マクラフリンとのギター・バトルが聴ける!

ジェフ・ベック(G)
ウィルバー・バスコム(B)
マックス・ミドルトン(KBDS)
バーナード・パーディ(DS)
*ゲスト: ジョン・マクラフリン(G)

輸入盤国内仕様
1CDジュエルケース
<帯、ブックレット対訳付き>

01-09: MASONIC TEMPLE THEATRE, DETROIT, MI MAY 9TH 1975 WRIF-FM
10-13: RIVERSIDE THEATRE, MILWAUKEE, WI MAY 10TH 1975 WNEW-FM



●ジェフ・ベック / ライヴ・イン・ジャパン1999 国内CD 2,808円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10207/208 / 4997184107297)
1999年、ジェフ・ベックは10年間の沈黙を破り、ニューアルバム『フー・エルス!』をリリースする。

そして久々の大規模なワールド・ツアー≪WHO ELSE? TOUR≫を同年3月15日ワシントンDCのライヴ・ハウス≪9:30CLUB≫よりスタートさせる。その一環として5月23日より日本公演を行う。そして6月2日の東京ファーラムで行われたコンサートはテレビ番組用に収録され、翌月にNHKで放送される。放送後の素材は商品化されることなくお蔵入りとなる。しかし、今回オーディオ・マスター素材発見により、遂にCDとしてリリースされる。マイケル・ジャクソンのツアーに参加し名を馳せた女性ギタリスト、ジェニファー・バトゥン。インコグニートの準メンバーであるベーシスト、ランディ・ホープ・テイラー。そしてロンドンのミュージック・シーンで活躍するドラマー、スティーヴ・アレキサンダーという3人の実力派ミュージシャンを従えて披露するパフォーマンスは10年の空白を全く感じさせないもので、<ギター職人> ジェフ・べックのテクニックを完璧に堪能できる! 当日のセット・リストは全17曲でこのライヴ・アルバムは完全収録しており、当日の強烈なライヴ・パフォーマンスが鮮烈に蘇る!

ジェフ・ベック(G)
ランディ・ホープ・テイラー(B)
スティーヴ・アレキサンダー(DS)
ジェニファー・バトゥン(G)

輸入盤国内仕様
2CDジュエルケース
<帯、ブックレット対訳付き>

TOKYO INTERNATIONAL FORUM, TOKYO FEBRUARY 6TH 1999



●ジェフ・ベック / ライヴ・イン・ロンドン2002 国内CD 2,808円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10209/210 / 4997184107303)
2002年9月、ロンドンの名門コンサート・ホール、フェスティヴァル・ホールで3日間に渡ってジェフ・ベックのこれまでの足跡を辿るスペシャル・コンサートが開催される。

元ピンク・フロイドのロジャー・ウォーターズ、ホワイト・ストライプス、ジャック・ジョンソン、テリー・ボジオ、ポール・ロジャース ETC豪華ゲスト・ミュージシャンを招いて繰り広げられるパフォーマンスは改めてジェフ・ベックというギタリストの存在の偉大さを知らしめるものである。コンサート2日目の9月13日はアメリカの公共放送局NPRのスペシャル番組の為に収録される。当日のセット・リストは全36曲で、この内番組として25曲が放送される。この放送用のサブマスターを現時点に於いて最良のリマスターを施し、今回のリリースに至る。このあまりにスペシャルな内容のコンサートのライヴ・アルバムはジェフ・ベック・ファンにとっては間違いなく感涙ものの作品である。

ボーナス・トラックとして14日の収録素材より、鬼才ジョン・マクラフリンとギター・バトルを繰り広げる2曲とポール・ロジャースがヴォーカルをとるナンバーの1曲を追加収録!

ジェフ・ベック(G)

THE HOUSE BAND:
トニー・ハイマス(KBDS)
ジェニファー・バトゥン(G)
ステファン・バーニー(DS)
ランディ・ホープ・テイラー(B)
アンディ・フェアウェザー・ロウ(G)

SPECIAL GUESTS:
テリー・ボジオ(DS)
ジミー・ホール(VO,HARM)
ビッグ・タウン・プレイ・ボーイズ(BAND)
ホワイト・ストライプス(BAND)
イモージェン・ヒープ(VO)
アレフ・ダーヴェッシュ(TABLA)
ジョン・マクラフリン(G)
ポール・ロジャース(VO)

輸入盤国内仕様
2CDジュエルケース
<帯、ブックレット対訳付き>

FESTIVAL HALL, LONDON, SEPTEMBER 13TH 2002

DISC2 T.9-12: 2ND NIGHT ? SEPTEMBER 14TH