2019年1月16日(水)リニューアルオープン! 新宿駅南口徒歩5分。ディスクユニオン唯一の'60年~'70年代の洋楽ロック新品/中古 CD・DVD専門店です。 Allman Brothers Band / Beatles / Bob Dylan / David Bowie / Eric Clapton / Grateful Dead /Jimi Hendrix / Led Zeppelin / Rolling Stones...の王道ロックをはじめ、PSYCH / GARAGE / SOFT ROCK / AOR / SSW / FOLK / HARD ROCK等といった、クラシック・ロック全般を濃く深く取り揃えております。買取は常時大募集中でございます。ロック査定専門スタッフがお客様のコレクションを一点一点丁寧かつ、適正価格で高額買取いたします!

★THE WHO、ROGER DALTREYが「『QUADROPHENIA』以来のベスト・アルバム」と語る2019年新作『WHO』がCD/DELUXE CD/180G LPリリース! 国内盤SHM-CDも!

★THE WHO、ROGER DALTREYが「『QUADROPHENIA』以来のベスト・アルバム」と語る2019年新作『WHO』がCD/DELUXE CD/180G LPリリース! 国内盤SHM-CDも!

●ザ・フー / WHO (SHM-CD) 国内SHM-CD 2,860円(税込) (ユニバーサルミュージック インターナショナル / UICP-1197 / 4988031355848)
【金曜販売開始商品】【SHMCD】

●THE WHO / WHO (DELUXE CD) 輸入CD 2,860円(税込) (POLYDOR / 082-6465 / 0602508264658)
ボーナス3曲追加のデラックス・エディションCD

●THE WHO / WHO (STANDARD CD) 輸入CD 2,420円(税込) (POLYDOR / 774-3036 / 0602577430367)
スタンダードCD

●THE WHO / WHO (180G LP) 輸入LP 4,180円(税込) (POLYDOR / 774-7053 / 0602577470530)
180グラム重量盤アナログ

R&BやMOTOWNをルーツにしたチャーミングかつポップな楽曲をタイトにワイルドに若々しく披露した世代の宣言『MY GENERATION』で65年に衝撃のデビューを飾り、一躍モッド・カルチャーの寵児に。ポップ・アートなセンスとサイケデリックでビートな空気感をよりトータルに発展させた69年の壮大なロック・オペラ『TOMMY』でロック史そのものを塗り替え、70年ワイト島での伝説をはじめとして長きに亘って最強のライヴ・バンドでありつつづけるレジェンド、いわずと知れた英国3大ロック・バンドの一角THE WHO。

06年『ENDLESS WIRE』以来実に13年ぶりとなった通算12枚目のスタジオ・アルバム。ヴォーカルROGER DALTREYとギターPETE TOWNSHENDのみとなったオリジナル・メンバーを軸に、RINGOの息子という肩書を超えた名ドラマーZAK STARKEY、JOHN ENTWISTLEの後継として02年から活躍するベーシストPINO PALLADINO、PETEの弟ギタリストSIMON TOWNSHEND、TOM PETTY AND THE HEARTBREAKERSのキーボーディストBENMONT TENCH、JACK WHITEやPJ HARVEYとの仕事で知られるオルタナ女流ドラマーCARLA AZAR、LENNY WARONKERの息子でBECKやR.E.M.との仕事で文字知られるドラマーJOEY WARONKER、英国を代表するフォーク・ギタリストGORDON GILTRAPが参加し、PETE TOWNSHENDのソロ楽曲"GUANTANAMO"の再録となった先行シングル・トラック"BALL AND CHAIN"や「MOVING ON!」オーケストラル・ツアーでも披露した"HERO GROUND ZERO"をはじめ、ダークなバラッドにヘヴィなロック・リフ、エクスペリメンタルなエレクトロニカにサンプリングも光る全11曲を収録しています。

2019年の春夏にロンドンとLAでレコーディングされ、NOEL GALLAGHERやOASIS、LCD SOUNDSYSTEMにGORILLAZ等の仕事で知られるD. SARDYとPETE TOWNSHENDがプロデュース、MANIC STREET PREACHERSやROGER DALTREYソロ、WILKO JOHNSONとの仕事で知られるDAVE ERINGAがヴォーカル・プロダクションを手掛けています。

81年9TH『FACE DANCES』やBEATLESの『SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND』のジャケット・デザインでも知られるイギリスの名ポップ・アーティストPETER BLAKEが手掛けたアートワークには、ユニオン・ジャックや赤いインペリアル・バス、モッド・マーク、67年『THE WHO SELL OUT』を想起させるトマト・ビーンズ、69年名曲"PINBALL WIZARD"そのままのピンボール・マシーン、ファンなら周知の名文句「THIS GUITAR HAS SECONDS TO LIVE.」で知られるステージ上のPETE TOWNSHENDをフィーチャーした79年の『THE KIDS ARE ALRIGHT』の発売広告ポスター、73年『QUADROPHENIA』を、というよりモッド・カルチャーを体現するスクーター、81年『QUADROPHENIA』のカセット・エディション・アルバム・カヴァー、バットマン・アンド・ロビンにチャック・ベリーにモハメド・アリ、そして今作の楽曲名でもありTHE WHOの前身バンド名DETOURSとも関連する「DETOUR」の文字などなど、長いバンドの歴史を燦然と彩ってきたシンボルの数々があしらわれています。

「2曲を除いてほとんど新曲でできたアルバムだ。テーマもないし、コンセプトもない、ストーリーもない。ただあるのは、俺(と弟のSIMON)がROGERに歌わせ、彼のインスピレーションや挑戦、その歌声への新たな展望を与えることになった一連の楽曲だけさ。」
「ROGERも俺ももう老いぼれさ、どうやっても。だからロマンスやノスタルジアとはできるだけ距離を取ろうとしたんだ。誰も不快にさせたくはない。思い出はそれでいいんだ、いくつかの曲では今現在の事情にも言及しようとしたよ。」 --- PETE TOWNSHEND

「73年の『QUADROPHENIA』以来の俺らのベスト・アルバムが出来たと思う。PETEはいまだに衰えていないし、彼は素晴らしいソングライターであり続けている。相変わらず最先端さ。」 --- ROGER DALTREY




※9/30以前の商品リストの価格は消費税8%で表記されております。
 10/1以降はご購入時に消費税10%に再計算されますので、あらかじめご了承ください。