2019年1月16日(水)リニューアルオープン! 新宿駅南口徒歩5分。ディスクユニオン唯一の'60年~'70年代の洋楽ロック新品/中古 CD・DVD専門店です。 Allman Brothers Band / Beatles / Bob Dylan / David Bowie / Eric Clapton / Grateful Dead /Jimi Hendrix / Led Zeppelin / Rolling Stones...の王道ロックをはじめ、PSYCH / GARAGE / SOFT ROCK / AOR / SSW / FOLK / HARD ROCK等といった、クラシック・ロック全般を濃く深く取り揃えております。買取は常時大募集中でございます。ロック査定専門スタッフがお客様のコレクションを一点一点丁寧かつ、適正価格で高額買取いたします!

オールジャンルで大量入荷! 本日の新品新入荷 10/8(火)

★公式カレンダーが到着!

●ビートルズ / ザ・ビートルズ・カレンダー2020(CALENDER)
国内GOODS 2,750円(税込) (ユニバーサルミュージック / USZZ-15200 / 4988031352946)


アップルから公式に承認を得た国内唯一の日本版壁掛けカレンダー(B3サイズ)。

日本版なので祝日表記も日本仕様です。

表紙は2020年に発売から50周年を迎える『レット・イット・ビー』のジャケット写真をフィーチャー。

月めくりタイプで、ザ・ビートルズの全活動期間を通じたアートワーク、写真満載の仕上がり。巻末に各月に使用されたアートワークの解説あり。

リング綴じタイプなのでページを切らずに使用可能! ファンには嬉しい仕様です。







★2018年ライヴが2CDリリース!


●AMERICA / LIVE AT THE PALLADIUM (2CD)
輸入CD 1,980円(税込) (AMERICA RECORDS / USGZ117CD / 5056083205677)



2018年10月19日、ロンドンはPALLADIUM公演を収録。

2019年で50周年を迎えるロック・レジェンド、ロンドンで結成された在英駐留アメリカ軍人子息、GERRY BECKLEY、DEWEY BUNNELL、故DAN PEEKによる故国望郷トリオ、AMERICA。"A HORSE WITH NO NAME (名前のない馬)"の全米ナンバー・ワン・ヒットを始め、アコースティック・ギターと3人それぞれのヴォーカル、爽やかでみずみずしいコーラスを活かした 素朴で洗練されたポップ、フォーク、ロックの豊潤なミックス・センスを武器に、英国産の西海岸というコンセプトでCNS&Yに続くバンドとして一世を風靡した名バンドです。

"TIN MAN"、"VENTURA HIGHWAY"といった大ヒット曲にBEATLESカヴァー"ELEANOR RIGBY"、THE MAMAS & THE PAPASカヴァー"CALIFORNIA DREAMIN'"等を挟みつつ、アンコールでは誰もが待ち望む"A HORSE WITH NO NAME"で締めくくるファン感涙のステージ。
BECKLEYのメロディックなポップ・ロックにBUNNELLのしなやかなラテン・ノリのリズムで紡がれる前向きなメッセージの数々が詰まっています。



★2018年ライヴがDVDリリース!

●AMERICA / LIVE AT THE PALLADIUM (DVD)
輸入DVD 1,980円(税込) (AMERICA RECORDS / USGZ117DVD / 5056083205684)



2018年10月19日、ロンドンはPALLADIUM公演を収録。

2019年で50周年を迎えるロック・レジェンド、ロンドンで結成された在英駐留アメリカ軍人子息、GERRY BECKLEY、DEWEY BUNNELL、故DAN PEEKによる故国望郷トリオ、AMERICA。"A HORSE WITH NO NAME (名前のない馬)"の全米ナンバー・ワン・ヒットを始め、アコースティック・ギターと3人それぞれのヴォーカル、爽やかでみずみずしいコーラスを活かした 素朴で洗練されたポップ、フォーク、ロックの豊潤なミックス・センスを武器に、英国産の西海岸というコンセプトでCNS&Yに続くバンドとして一世を風靡した名バンドです。
"TIN MAN"、"VENTURA HIGHWAY"といった大ヒット曲にBEATLESカヴァー"ELEANOR RIGBY"、THE MAMAS & THE PAPASカヴァー"CALIFORNIA DREAMIN'"等を挟みつつ、アンコールでは誰もが待ち望む"A HORSE WITH NO NAME"で締めくくるファン感涙のステージ。

BECKLEYのメロディックなポップ・ロックにBUNNELLのしなやかなラテン・ノリのリズムで紡がれる前向きなメッセージの数々が詰まっています。





★06年2NDがジャケット一新&ボーナス追加でCDリイシュー!

●GERRY BECKLEY / HORIZONTAL FALL
輸入CD 1,760円(税込) (HUMAN NATURE / USGZ110CD / 5056083203987)



52年テキサス州フォートワースでアメリカ人の父とイギリス人の母のもとに生まれ、わずか10歳の62年にはヴァージニアのサーフ・インスト・バンドVANGUARDSにギター参加。その後夏は毎年イギリスで過ごし、当然ブリティッシュ・インヴェイジョンを経験、67年には空軍所属の父とともにロンドン近くの基地で生活しやがてご存じAMERICAの一角として活躍した天才的シンガー・ソングライター、GERRY BECKLEY。

01年CHICAGOのROBERT LAMM、BEACH BOYSのCARL WILSONとの共作アルバム『LIKE A BROTHER』を挟み、ソロとしては95年の1ST『VAN GO GAN』以来11年ぶりとなったソロ・アルバム。作詞作曲はもちろん、アレンジ、プロデュースまでBECKLEY自身が手掛け、美しくエアリーなインストルメンタル"3AM"、まさしくポップ・チューンな"CRYING"や"SATURDAY SKY"、"I'LL BE GONE"に、ダイナミックにロックする"LAZARUS"、アップビートなバウンシー・トラック"WARM GONE GRAY"、ビートレスクな"FIREMAN"に、至高のバラッド・チューン"HERE & NOW"に"LOVE & LEAVING"、"ARMS"など、グレイトなフックにソリッドな演奏、ユニークでハートフェルトなヴォーカルが詰まった全15曲を収録。ラヴリーでドリーミーな"SOMEWHERE, SOMEHOW"にはLOWのMIMI PARKERがウィスパリング・ヴォーカルを添えています。

"FIREMAN"のアーリー・デモ、"CRYIN'"のアコースティック・リミックスをボーナス追加。





★65-93年FMラジオ放送用ライヴ音源が3CD化!

●SIMON AND GARFUNKEL サ / THE LITTLE BOX OF SIMON & GARFUNKEL (3CD)
輸入CD 2,420円(税込) (BROADCAST ARCHIVE / BSCD6112 / 0823564031453)



DISC 1には 67年1月2日、ニューヨーク州バッファロー公演を収録。

66年10月リリースの『PARSLEY, SAGE, ROSEMARY AND THYME』期の一夜。"HOMEWARD BOUND"、"FOR EMILY, WHENEVER I MAY FIND HER"、"A POEM ON THE UNDERGROUND WALL"といった新作楽曲はもちろん、”THE 59TH STREET BRIDGE SONG (FEELIN' GROOVY)”、”THE SOUND OF SILENCE”、"WEDNESDAY MORNING, 3 A.M."といった代表チューンに、THE CYRKLEに提供したTHE SEEKERSのBRUCE WOODLEYとPAUL SIMONによる共作チューン"RED RUBBER BALL"もセルフ・カヴァーで取り上げたファン必聴のステージです。
DISC 2には 各種BBC音源を収録。

65年1月27日録音/5月に放送された宗教プログラム「FIVE TO TEN」のセッションでのPAUL SIMONソロでの4曲と、夏に合流した相方ART GARFUNKELとの65年7月のセッション、さらには67年3月20日のマンチェスターはFREE TRADE HALL公演、70年4月のロンドンはROYAL ALBERT HALL公演、そして年代不明のBBCリハーサル・セッション音源をコンパイル。

DISC 3には 93年10月23日、NYCのTHE PARAMOUNT THEATRE公演を収録。

70年の別離から82年チャリティー・リユニオン・コンサートを経ての再結成の6日間のステージからの一夜。"AMERICA"、"HOMEWARD BOUND"、"MRS. ROBINSON"、"EL CONDOR PASA"、"SCARBOROUGH FAIR"、"BRIDGE OVER TROUBLED WATER"、"CECILIA"、"THE SOUND OF SILENCE"、"OLD FRIENDS"、"THE BOXER"、"THE 59TH STREET BRIDGE SONG (FEELIN' GROOVY)"といったクラシック群にTOM & JERRY時代からの"HEY SCHOOL GIRL"や"BE-BOP-A-LULA"カヴァーまで、こののち12月には東京・福岡の来日公演も果たすデュオの名演のステージを捉えたファン必携盤です。





★88年FMラジオ放送用ライヴ音源がCD化!

●DIRE STRAITS & ERIC CLAPTON / NELSON MANDELA BENEFIT CONCERT
輸入CD 2,200円(税込) (GOOD SHIP FUNKE / GSF045 / 0823564031491)



88年6月11日、ロンドンはWEMBLEY STADIUM公演を収録。

まだ獄中生活を送っていた反アパルトヘイト運動の旗手にしてのちの南アフリカ大統領、ネルソン・マンデラの70歳のバースデーに開催されたトリビュート・コンサート。67か国6億人のオーディエンスに届けられた記念すべきステージで、数年前のLIVE AIDコンサートとは異なり、本コンサートは主に募金活動ではなく(5百万ポンドを稼ぎましたが)、当時の南アフリカのアパルトヘイト体制下で起きている不正に対する世界的な認識を高めることを目的としたイベントでした。

SIMPLE MINDSやSTING、TRACEY CHAPMAN、STEVIE WONDERら当時のトップ・アーティストが大挙参加する中、DIRE STRAITSにはERIC CLAPTONがゲスト参加。当時の最新作だった85年『BROTHERS IN ARMS』の"WALK OF LIFE"、"MONEY FOR NOTHING"、"BROTHERS IN ARMS"に、78年『DIRE STRAITS』の"SULTANS OF SWING"、80年『MAKING MOVIES』の"ROMEO AND JULIET"、"SOLID ROCK"といったクラシック、さらにはCLAOTONによる77年『SLOWHAND』からの名曲"WONDERFUL TONIGHT"もダイナミックに披露するファン必携のステージです。





★97年FMラジオ放送用ライヴ音源がCD化!

●DAVID BOWIE / OUTSIDE IN BUDAPEST
輸入CD 1,760円(税込) (ICONOGRAPHY / ICON071 / 0823564031545)



97年8月14日、ハンガリーはブダペストで開催されたHUNGARY'S STUDENT ISLAND FESTIVAL公演を収録。

74年の『DIAMOND DOGS』以来となるセルフ・プロデュースで放たれた97年2月リリースのスタジオ20作目『EARTHLING』を引っ提げた「THE EARTHLING TOUR」中の一夜。90年代のインダストリアルやドラムンベース・カルチャーにインスパイアされたエレクトロニカ・サウンドなショウ・ケースには、ギターにREEVES GABRELS、ベースにGAIL ANN DORSEY、ドラムスにZACK ALFORD、キーボードにMIKE GARSONが参加。新作からの"I'M AFRAID OF AMERICANS"、"BATTLE FOR BRITAIN (THE LETTER)"、"SEVEN YEARS IN TIBET"、"LOOKING FOR SATELLITES"、"LITTLE WONDER"に加え、70年『THE MAN WHO SOLD THE WORLD』の”THE MAN WHO SOLD THE WORLD”、71年『HUNKY DORY』の"QUICKSAND"、"QUEEN BITCH"、73年『ALADDIN SANE 』の"THE JEAN GENIE"、75年『STATION TO STATION』の"STAY"、80年『SCARY MONSTERS (AND SUPER CREEPS)』の"FASHION"、"SCARY MONSTERS (AND SUPER CREEPS)"、QUEENとの81年コラボレーション"UNDER PRESSURE"、95年作『OUTSIDE』の"HALLO SPACEBOY"といったキャリアを横断する名曲に、さらにはVELVET UNDERGROUNDクラシック"I'M WAITING FOR THE MAN"、"WHITE LIGHT WHITE HEAT"も披露するファン必聴のステージです。





★82年サントラ盤がデジタル・リマスターCDリイシュー!

●RY COODER / THE BORDER
輸入CD 1,980円(税込) (BGO / BGOCD1394 / 5017261213945)



82年TONY RICHARDSON監督JACK NICHOLSON/HARVEY KEITEL主演映画「THE BORDER」のサウンドトラック盤。

テックス・メックス・シンガーFREDDY FENDERがヴォーカルを取った絶品メイン・テーマ"ACROSS THE BORDERLINE"、BRENDA PATTERSONが歌うバラッド"BUILDING FIRES"、SAMUDIOのヴォーカルとともにレイドバックする"PALOMITA"や"NO QUIERO"、ブルージーなガレージ・ロック・ジャム"SKIN GAME"などなど、RY自身のキャリアのハイライトといってもおかしくはない楽曲が並び、国境の町エル・パソを舞台にした作品を彩るにふさわしいRY COODERのスコアとスライドがあたたかくスロウに響く名盤です。

TIM DRUMMOND、JIM KELTNER、SAM SAMUDIO、RAS BABOOといった馴染みのセッション面子はもちろんのこと、JIM DICKINSON、JOHN HIATTがヴォーカル&共作参加しています。





★68年1STがボーナス大量追加でCDリイシュー!

●ESSRA MOHAWK / SANDY'S ALBUM IS HERE AT LAST
輸入CD 1,980円(税込) (GONZO MEDIA GROUP / HST512CD / 5056083205233)



NYで出会ったFRANK ZAPPAに見出されたMOTHERS初の女性メンバー。ソロとしてSANDY HURVITZ名義でデビューを試みるもその制作途中にZAPPAとは仲違い・・・MOTHERSのIAN UNDERWOODの協力でどうにかリリースに漕ぎ着けたものの、以降のアルバムではESSRA MOHAWK名義でリリースを続けた CAROLE KINGミーツLAURA NYROな女性シンガー・ソングライター、SANDRA ELAYNE HURVITZ MOHAWK。

音楽面での意見対立から最終的にはZAPPAの手を借りずに制作されたデビュー作。

ジャズを基調としたピアノ主体のプロダクションとフリーキーでありながら圧倒的な存在感を見せる彼女の歌声。愛の三角関係を描いた”THREE HAWKS”、若き日の予言的考察”ALL THIS TIME GOING BY"、ZAPPAのフェイヴァリット・ソングだったという”WOMAN”、JIM PEPPERがサックスを吹く"THE SUN"などなど、LAURA NYROのネガ・フィルムと呼びたくなる暗さと迫力を併せ持った全10トラックを収録しています。自由に動き回るフルートと収束が中々見えないアンサンブルがアシッド感を高めている、彼女の作品の中で最もサイケ度が高い一枚。

オリジナル・アルバムの裏面に歌詞だけが載せられているアルバム未収楽曲"LIFE IS SCARLET"ほか、ESSRA自身のアーカイヴから発掘されたボーナス・トラック10曲を追加。





★AOR名盤としても高い人気を誇るデビュー・アルバムが、当時録音された未発表曲、デモ&別テイク、そして、ラリー本人のセルフ・ライナーを完備したコンプリート版となって待望のリイシュー!
LARRY JOHN MCNALLY / ラリー・ジョン・マクナリー / シガレット・アンド・スモーク -コンプリート・エディション-
●ラリー・ジョン・マクナリー / シガレット・アンド・スモーク -コンプリート・エディション-
国内CD 3,300円(税込) (CA VA? RECORDS / HYCA3090 / 4571167364909)


ピンク・フロイドのロジャー・ウォーターズの息子、ハリー・ウォーターズとのユニット「マクナリー・ウォーターズ」の1STアルバムも好評なラリー・ジョン・マクナリー、彼の20年振りの来日公演を記念して、AOR名盤としても高い人気を誇るデビュー・アルバムが、当時録音された未発表曲、デモ&別テイク、そして、ラリー本人のセルフ・ライナーを完備したコンプリート版となって待望のリイシュー!!

元フィフス・アヴェニュー・バンドのジョン・リンドがプロデュースを担当し、バジー・フェイトン、ヴァレリー・カーター、ビル・ペイン、トム・スコット、ケニー・バーク他が参加。(オリジナル・リリース:1981年/ARC RECORDS)

アース・ウインド&ファイアーのモーリス・ホワイトのレーベルARCからリリースされたAOR/SSW超名盤、ラリー・ジョン・マクナリーのデビュー・アルバムは90年代初頭に一度ソニーからCD化され権利関係の問題で長らく廃盤となっていたが、本人に原盤が戻り2012年に韓国のレーベルから2枚組限定盤として再発されたがこちらもすぐに廃盤状態に。本作は本人監修の下に新たな未発表音源2曲を追加しての決定版リイシューとなる。

ラリー・ジョン・マクナリーは70年代後半に元フィフス・アヴェニュー・バンドのピーター・ゴールウェイのバンドにギタリストとして参加し、78年と99年にはピーターとともに来日公演も行われた。彼の楽曲はイーグルス、ドン・ヘンリー、アーロン・ネヴィル、チャカ・カーン、ロッド・スチュワート、ボニー・レイット、ジョー・コッカー、ピーボ・ブライソン、エモーションズ、ブルース・ウィリス、ベティ・ライト、ジェニファー・ウォーンズ、ニコレット・ラーソン等、多くのアーティストに取り上げられてきた。今回の来日は99年以来の20年振り、そしてソロとしては初の来日公演となる。

オリジナル発売日:1981年

来日記念盤
解説歌詞対訳付/ライナーノーツ
ボーナストラック収録/未発表曲収録
解説:長門芳郎

[DISC 1]「シガレット・アンド・スモーク」オリジナル盤」
[DISC 2]「シガレット・アンド・スモーク」セッションズ

+未発表音源2曲追加収録





★遂に最終号!
クイーンLPレコードコレクション 25号 (オン・エア~BBCセッションズ) [分冊百科] (LPレコード付) (クイーン・LPレコード・コレクション)
●クイーン / QUEEN ON AIR クイーンLPレコードコレクション 全国 25号
国内BOOK 5,082円(税込) (デアゴスティーニ・ジャパン / 4813522690 / 9784813522690)


■オリジナル・アルバム、ライヴ盤、オフィシャル作品をすべて180Gの重量盤LPにプレス

『クイーン・LPレコード・コレクション』は、1973年から今日までに発表されたクイーンのすべてのオリジナル・アルバムに、ベスト・アルバムや、『ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』『オデオン座の夜~ハマースミス1975』など伝説のライヴ盤を加えたシリーズである。これら全25枚のアルバムは、全世界で3億枚以上を売り上げ、「伝説のチャンピオン」「リヴ・フォーエヴァー」「ブレイク・フリー(自由への旅立ち)」「RADIO GA GA」など、いまもなお愛される名曲の数々を生み出した。このシリーズには、最も影響力のあるロックバンドのひとつで、“史上最高のイギリスのバンド”と呼び声の高いクイーンの音楽がすべて詰まっている。レコードプレーヤーにクイーンの作品を1枚のせれば、特別な時間が訪れるはずだ。180G重量盤のLPレコード・コレクションを、ぜひ楽しんでほしい。

■ファン必読のマガジンも毎号付いてくる

『クイーン・LPレコード・コレクション』に毎号付いてくるマガジンは、クイーンのファンはもちろん、ロック好きも満足できる内容だ。バンドのアーカイヴから選びぬかれた貴重な写真で彩られる誌面は、各アルバムの逸話にあふれ、クイーンの音楽が生まれた背景やメンバーの思いが伝わってくる。ロック史上最も愛され、成功したクイーンの楽曲がいかにして誕生したか、その背後で彼らを支えた人々や当時のできごとについて、フレディやブライアン、ロジャー、ジョンが思い思いに語る。

見逃してはならない、希少なコレクションだ。

※180グラム重量盤LP

すべてのLPは、“ハーフ・スピード・マスタリング”という特殊技術を駆使し、かのアビイ・ロード・スタジオで録音されたマスターから復刻したものである。





★初の本格的なアンソロジーが3CD+DVDリリース!

●STEVE MILLER BAND / WELCOME TO THE VAULT (3CD+DVD BOX)
輸入CD+DVD 15,180円(税込) (UNIVERSAL / 677-6341 / 0602567763413)



ブルース/R&Bに根ざした渋さ光る側面と、AOR的なメロウでポップな側面を自在に操りながら、米国伝統音楽とポピュラー・ミュージックを融合させたサイケデリック・サウンドで新たなアメリカン・ロックを生み出したウエスト・コーストの巨人、STEVE MILLER率いるSTEVE MILLER BAND。

タイトルどおりに膨大なアーカイヴからの蔵出し発掘音源が詰まった大ヴォリューム・アンソロジーが登場です。50余年に亘るキャリアからセレクトされたヒット曲やロックンロール・クラシックはもちろんのこと、デモ音源やリハーサル・テイクにアウトテイク、ライヴ音源等レア・トラック38曲を含んだ全52曲を収録。さらにうち5曲は60-70年代の完全未発表トラックというファン垂涎盤。

DVDには、貴重なテレビ出演パフォーマンスなど60年代から2010年代にかけて残されたライヴ映像の中から選りすぐりの全21トラックをコンパイル。

STEVE MILLER自身の全面協力。アートワークにもMILLERが提供した貴重な写真/資料がふんだんに使用された100ページ・ハードカバー・ブックレット付属。

* PREVIOUSLY UNRELEASED RECORDING
** PREVIOUSLY UNRELEASED SONG

DVD:
MONTEREY INTERNATIONAL POP FESTIVAL - 1967
- MERCURY BLUES
- SUPER SHUFFLE
THE FILLMORE WEST - DUTCH TV SHOW EL DORADO (PIK-IN) - 1970
- KOW KOW CALCULATOR
- SPACE COWBOY
DON KIRSHNER'S ROCK CONCERT - 1973
- STAR SPANGLED BANNER
- LIVING IN THE USA
- SPACE COWBOY
- MARY LOU
- SHU BA DA DU MA MA MA MA
- THE GANGSTER IS BACK
- THE JOKER
- COME ON IN MY KITCHEN
- SEASONS
- FLY LIKE AN EAGLE
- LIVING IN THE USA (REPRISE)
ABC IN CONCERT WITH JAMES COTTON - 1974
- JUST A LITTLE BIT
PINE KNOB, MICHIGAN - 1982
- ABRACADABRA
STEVE MILLER AND LES PAUL AT FAT TUESDAY'S - 1990
- I WANNA BE LOVED
- CC RIDER
LIVE FROM AUSTIN CITY LIMITS - 2011
- FLY LIKE AN EAGLE
- LIVING IN THE USA





★世紀のB級バンドのさらにZ級な最高覆面プロジェクトが残した全5作品完全版が3CDボックスでリイシュー!

●エレクトリック・バナナ / ザ・コンプリート・デ・ウォルフ・セッションズ(3CD)
国内CD 4,950円(税込) (ATOZ (エイ・トゥ・ズィー) / ATOZ122 / 4988044870680)


帯ライナー付国内盤仕様
解説: 若月眞人

英国ロック史上初のドラッグ破綻バンドとしても知られ、R&B、ビート、フリークビート、ガレージ・パンク、サイケにロック・オペラにハード・ロックとさまざまな変遷を遂げつつ常に傑作をものにし続け、その後のロック・シーンに多大な影響を与えながらもあくまでB級の立ち位置に甘んじ続けた革新的で驚異的なR&Bパンク・バンドTHE PRETTY THINGS。、、、が、バンド活動の資金稼ぎにELECTRIC BANANAなる変名を用い、ライブラリー・レーベルDE WOLFE MUSICに一連の作品をひっそりと吹き込んでいたのは今や有名な話。

『EMOTIONS』から『S.F. SORROW』にかけてのノリにノっていた時期に残した67年1ST『ELECTRIC BANANA』と68年2ND『MORE ELECTRIC BANANA』をDISC 1に、
引き続きの勢いを感じまくる69年3RD『EVEN MORE ELECTRIC BANANA』と、PRETTY THINGSの分身バンドとしてはラスト作となった73年4TH『HOT LICKS』をDISC 2に、
PRETTIES脱退後のPHIL MAYを中心にしたPHIL MAY AND THE FALLEN ANGELSとして臨んだ78年5TH『THE RETURN OF THE ELECTRIC BANANA』をDISC 3にコンパイル。

ちなみにそれぞれのアルバムは実用ライブラリー・レーベルDE WOLFEらしくオリジナルLPのA面にヴォーカル・ヴァージョン、B面にインストルメンタル・ヴァージョンを収録しており、実際にその楽曲は69年のコメディ映画「WHAT'S GOOD FOR THE GOOSE」や、DOCTOR WHOの73年のストーリー「THE GREEN DEATH」、テレビ・シリーズ「THE SWEENEY」に「MINDER」、ジョージ・A・ロメロ監督の78年ホラー・クラシック「DAWN OF THE DEAD (ゾンビ)」といった60年代後半から70年代にかけてのホラー・フィルムやソフト・ポルノに広く使用されています。

とはいえ資金稼ぎゆえのバッタものかといえば然に非ずで、スウィンギン・ロンドンのヒップな空気をたっぷりと詰め込んだ珠玉の楽曲群のオンパレードはその全てがPRETTIES名義でリリースされていても全くおかしくはない素晴らしさ。

サイケの時代の狼煙のようにファズが唸りをあげファストでグルーヴィなTWINKが叩きまくる衝撃のロッキン・サイケ・ダンサー"ALEXANDER"、この時期の英国らしいダルなポップ感覚が楽しめる"IT'LL NEVER BE ME"や"I LOVE YOU"に"WHAT'S GOOD FOR THE GOOSE"、シタールっぽいフレーズを聞かせるサイケ・ポップ"GREY SKIES"、ブラスもヒップな"WALKING DOWN THE STREET"や"DANGER SIGNS"、ロウなパンク・ナンバー "STREET GIRL"にフリークビーター"LOVE DANCE AND SING"、ジミヘンと初期MOVEが合体したような"BLOW YOUR MIND"、ロンドン・アンダーグランドのクラブの風景を幻視させるに足るハード・サイケ・チューン"EAGLE'S SON"、後期のバー・バンド・ハード・ロッカー"THE LOSER"にベースも踊る"SWEET ORPHAN LADY"、まさしくジミヘン・トリビュートな"JAMES MARSHALL"にBYRDSインフルエンストなジャングリー・パワー・ポップ"DO MY STUFF"などなどなど、とてつもなくレベルの高い名曲が詰まりに詰まった全55トラックを収録。

60年代の3作品のみをコンパイルした音源集はすでに出ていましたが、インスト音源部分まで全て含まれた上で全作品を網羅してのリイシューは本当に初のこと。オリジナル・マスター・テープからのリマスター。PRETTY THINGS/DE WOLFE双方から認可された初の正規CDリイシュー。PHIL MAY、DICK TAYLOR、WALLY WALLERからのクオーツを含むエッセイや、68年映画「WHAT'S GOOD FOR THE GOOSE」で撮られたクラシック・ラインナップによる貴重フォト等掲載イラストレイテッド・ブックレット。クラムシェル・ボックス装。





★76年ロックパラスト公演がDVD+2CDリリース!

●STARRY EYED & LAUGHING / LIVE AT ROCKPALAST 1976 (DVD+2CD)
輸入CD+DVD 3,520円(税込) (MIG-MUSIC / MIG90942 / 0885513909428)



76年2月24日、ケルンのWDR STUDIO-Lでのスタジオ・セッションを収録。

ウエストコースト風のヴォーカル・ハーモニーとフォーク・ロック・スタイルのギター・サウンドを看板に70年代半ばのロンドン・パブ・ロック・シーンにひっそりと咲いたブリット・ロック然とした好バンドSTARRY EYED & LAUGHING。BYRDSもカヴァーしたBOB DYLANの"CHIMES OF FREEDOM"の歌詞の一節からその名を取った名バンドです。

ドイツの名物番組「ROCKPALAST」でのステージは、STARRY EYED AND LAUGHINGとして唯一残るヴィデオでもある貴重な一夜。"EVEN THE RAIN"や"FAITH, HOPE & CHARITY"、"YOU ALWAYS LOSE IN THE END"といった未録音のレア・トラックに、DYLANの"MR. TAMBOURINE MAN"やSTEPHEN FOSTERの"OH SUSANNAH"、そしてもちろん由来となった"CHIMES OF FREEDOM"も披露する名演が詰まっています。リッケンバッカーの12弦をフィーチャーしたポップでタイトなサウンドはまさに英国版BYRDSの面目躍如。

ボーナスCDにはライヴでパフォーマンスされた楽曲のスタジオ・レコーディングをパッケージングし、アルバムからの楽曲はもちろん、当時未発表のTONY POOLEのペンによる"JET PLANE RIDER"や2014年のアーカイヴァル・リリース『FOREVER YOUNG』で発掘された"DANCING SLOW"もコンパイルされています。





★日本の環境音楽における重要人物、菅谷昌弘のコンピがCD !!

●MASAHIRO SUGAYA / HORIZON, VOLUME 1 (CD)
輸入CD 2,200円(税込) (EMPIRE OF SIGNS / EOS02CD / 0826853444521)



吉村弘 『MUSIC FROM NINE POSTCARDS』をリイシューし話題を呼んだ、VISIBLE CLOAKSのSPENCER DORANと MAXWELL AUGUST CROYが立ち上げたレーベルEMPIRE OF SIGNSから日本の環境音楽における重要人物、菅谷昌弘のコンピレーション・アルバムがCD / LPリリース。

1980年代から活動し『中学生日記』の劇伴や、編曲家としてゴンチチのアルバムにも参加、フランス音楽研究グループGROUPE DE RECHERCHES MUSICALES (GRM)との交流までボーダレスな活動を続ける音楽家。本作は、日本のパフォーミングアーツ・グループ「パパ・タラフマラ」の菅谷昌弘が手掛けた初期スコアを纏めたコンピレーション作品。コンピューター、シンセサイザー、サンプラーと全てデジタル機器を使用しながら有機的で温もり溢れる環境音楽を生み出している。イノヤマランドや、吉村弘とともに改めて評価されるべきの本の環境音楽の重要人物!
オリジナル・マスターテープからのリマスター / 菅谷昌弘、SPENCER DORAN、MAXWELL AUGUST CROYによる日本語 / 英語のライナーノーツ付属







★ARW改めYES featuring John Anderson, Trevor Rabin, Rick Wakema及びソロで八面六臂に活躍するProgressive Rockシーンを代表する名key奏者、'74年ライヴ音源を収録した発掘ライヴ盤が自身のレーベル英RRAWより'19年登場!


●RICK WAKEMAN / UNLEASHING THE TETHERED ONE
輸入CD 2,145円(税込) (RRAW / MFGZ046CD / 5056083205714)


'74年に行ったカナダ公演のライヴ音源。WARHORSEのメンバーだったBarney James(dr)とAshley Holt(vo)やWILD TURKEY,EYES OF BLUEのメンバーだったGary Pickford(vo)などといった『JOURNEY TO THE CENTRE OF THE EARTH』録音時のメンバーが帯同、オーケストラにはNATIONAL PHILHARMONIC ORCHESTRAを迎えて、同年にリリースした'Journey To The Centre Of The Earth'全編と'73年作収録'ANNE BOLEYN'を披露。

カナダのラジオ放送用にマルチトラックで録音されているためこの時代としては録音環境も良く、これまでに非公式でしかリリースされたいなかった貴重音源、JOURNEY TO THE~を愛聴するファンは必携の作品です。





★EXPANSIONレーベルから毎年恒例の最高の贈り物。大人気シリーズの最新作『SOUL TOGETHERNESS 2019』がCDとアナログ盤で同時リリース!

●V.A. (SOUL TOGETHERNESS) / SOUL TOGETHERNESS 2019
輸入CD 2,090円(税込) (EXPANSION / CDEXP61 / 5019421265610)



今年もこの季節がやってきました!2000年に始まり通算19作目となる『SOUL TOGETHERNESS』シリーズ!レーベルの確かな目利きで選ばれた圧巻の15曲、 全楽曲がオススメですが、その中の一部をご紹介。

TR-1のアーバンでスムースなメロウ・ナンバー 「What Turns You On」は話題の新生でシルキーな歌声が特徴的な "LUKAS SETTO"のデビュー・シングルで、こちらは世界初フィジカル化音源です。

TR-3の「Make It Last Forever」は1978年に"DONNA McGHEE"よって最初に録音され、その後1981年に"JOCELY BROWN"が在籍していたユニット"INNER LIFE"がカヴァーした有名なソウル名曲。ここでは"STEAL VYBE FT. ALEXA GOLD"がイロッぽい原曲を忠実にカヴァー!

TR-6の「You & Me (R&B Version)」はソウル・シンガーの名手"GLENN JONES"の久しぶりの新曲。シカゴ・ステッパーを意識した最高に優雅かつソウルフルな出来栄えで、EXPANSIONレーベルの真骨頂ともいえる1曲です。こちらも世界初フィジカル化!

今回もモンスター級の楽曲が豊富に並んでおります。初めて聴く方~往年のファンまで、自信を持ってお届けできる1枚です!







★サンフランシスコで活動したファミリーバンド、THE EDWARDS GENERATIONの未発表激レア音源集!!

●EDWARDS GENERATION / DYNASTY
輸入CD 1,650円(税込) (CORDIAL RECORDINGS / CORDCD005 / 0716053557810)



アメリカのサンフランシスコで活動していたファミリーバンド、THE EDWARDS GENERETION。彼らが1976年に唯一残したアルバム『THE STREET THANG』は、後年評価されたことで高値で取引されていることはソウルディガーなら周知の事実でしょう。

今回彼らが70年代後期から80年代初期にかけてセルフ・レコーディングしていた曲をまとめたアルバム『DYNASTY』が、CORDIAL RECORDINGSからCD/LPで発売決定!

セルフ・レコーディングとはいえ、各楽曲のクオリティーは高く、シティポップ風なファンクからグッド・メロディなバラードまで、バラエティ豊かな作品群!

今回アルバムに収録されている曲は、今までリリースされてこなかったものなので、それだけでもソウルファンなら見逃せないアルバムです!







★ヴァン・ダイク・パークスがプロデュースしたグアテマラの女性シンガー・ソングライターにして現代ラテン・ポップ・シンガーの代表格の一人であるガビー・モレーノの新作!

●GABY MORENO & VAN DYKE PARKS / ¡SPANGLED!
輸入CD 1,870円(税込) (NONESUCH / 75597925500 / 0075597925500)


ヴァン・ダイク・パークスがプロデュースしたグアテマラの女性シンガー・ソングライターにして現代ラテン・ポップ・シンガーの代表格の一人であるガビー・モレーノの新作。リリース情報は前々からアップされてましたが、少しずつ詳細が明らかになってきました。北アメリカへの移民が持ち込み、いまでも愛される名曲たち ー パナマのボレロ、ブラジルのボサノヴァ、アメリカ南西部のエレガントなバラード、そしてデビッド・ラダーによるカリプソまでが、ヴァンダイクらしい流麗なオーケストラ・アレンジで新たに生まれ変わるという内容は『ディスカバー・アメリカ』の現代版と言って差し支えないでしょう。ライ・クーダー、ジャクソン・ブラウンといった面々も参加。今年の話題作となること必至です。

*以下メーカーインフォより

この時代だからこそ聴きたい、聴かせたい、美しくロマンティックなアメリカン・ミュージック。グアテマラ生まれのシンガー・ソングライター、ギャビー・モレノと、革新的なアレンジと高い音楽性で独自のスタイルを築き上げてきた奇才プロデューサー/ソングライター/アレンジャー、ヴァン・ダイク・パークスによる、見えない壁も国境も超えたコラボレーション・アルバム『!SPANGLED!』発売。

■ グアテマラ生まれのシンガー・ソングライター、ギャビー・モレノと、革新的なアレンジと高い音楽性で独自のスタイルを築き上げてきた奇才プロデューサー/ソングライター/アレンジャー、ヴァン・ダイク・パークス。その二人によるコラボレーション・アルバム『!SPANGLED!』がNONESUCHより発売となる。

■ 中米グアテマラに生まれたギャビーと、北米ミシシッピに生まれたヴァン・ダイク・パークス。共に現在はロサンゼルスを拠点に活躍している二人が今作で取り上げるのは、“アメリカ大陸で生まれた”楽曲たち。アルバムに収録されている10曲には、パナマのボレロや、ブラジルのボサノヴァ、そしてアメリカ南西部の哀歌などがセレクトされている。アルバムから先行トラックとしてリリースされているのは、トリニダード・トバゴのソングライター、デヴィッド・ラダーの「The Immigrants」、そして、ライ・クーダー、ジョン・ハイアット、ジム・ディッキンソンがウィリー・ネルソンの同名アルバムの為に作った「Across The Borderline」。ちなみにこの曲には、ライ・クーダーとジャクソン・ブラウンもフィーチャーされている。

■ アルバムの選曲についてギャビーはこのように語っている。「私たちはラテン・アメリカの曲ばかりにしたくなかった」さらに彼女はこう続ける。「北米の曲も選んでいいと思った。私は(北米も中南米も)アメリかという一つの大陸として見ている。北米とラテン・アメリカを一つにすることは、自分にとってとても大切なことなの――さらに現在起こっている移民についての厳しい政治的状況を考えても、とても重要なことだと思う」

■ 実は、ギャビーとヴァン・ダイク・パークスが初めて共演したのは、10年以上も前のことだった。ロサンゼルスのラーゴで共演した時について、ギャビーはこう振り返る。「その時、こうした音楽をどれほど愛しているか、そして一緒にコラボレーションが出来たらどんなに良いか、長い時間を掛けて話したの」その出会いがきっかけとなり、二人はメールで音楽のやりとりをし始めるようになったという。「彼は、私が全く聴いたこともなかったラテン・アメリカの楽曲を送ってきたりして、私が知っているべきであった様々な音楽に触れさせてくれた。そして気づいたら、10曲出来上がっていたのよ」

■ またヴァン・ダイク・パークスは、2010年7月4日にデンマークで開催されたヨーロッパの老舗フェスティヴァル、ロスキレ・フェスティバルに招かれたとき、オーケストラとギャビー・モレノとの共演を希望したという。「この時、私は演奏する楽曲をパン・アメリカ(汎米)で行こうと考えた。私は”醜いアメリカ人”が出てくる前の時代を表現したかったのだ」彼はその時のセットについてそう語っている。その後、二人がこの時の楽曲を再び演奏する為にスタジオに集まった時、ヴァン・ダイクはライ・クーダーにグラント・ガイスマン、リーランド・スカラー、ジム・ケルトナー、ジャクソン・ブラウンを始めとするミュージック・シーンのベテランたちに、ストリングスと管楽器のアンサンブル、さらにマリンバ奏者のマット・クックに声を掛けたのだった。そうして本作、『!SPANGLED!』が完成したのだった。

■ この時代だからこそ聴きたい、聴かせたい、美しくロマンティックなアメリカン・ミュージック。見えない壁も国境も超えたところにある音楽を通し、今アメリカを取り巻く問題について考えさせる、深く美しいアルバム、それが本作『!SPANGLED!』なのだ。

【ギャビー・モレノ】
ギャビー・モレノは、グアテマラ生まれで約20年前からロサンゼルスを拠点に活躍しているシンガー・シングライター。ブルース、ジャズ、フォークやソウルといった様々な音楽的要素を取り込みながら、母国語のスペイン語と英語の両方で歌う彼女は、パンチ・ブラザースのクリス・シーリーがホストを務めるラジオ番組『LIVE FROM HERE』にも頻繁にゲスト出演している。2013年にラテン・グラミー賞で最優秀新人賞を獲得した彼女は、2017年のグラミー賞で最優秀ラテン・ポップ・アルバムにもノミネートされた。

【ヴァン・ダイク・パークス】
ヴァン・ダイク・パークスは1943年1月3日、4人兄弟の末っ子としてミシシッピ州ハティスバーグに誕生。幼少のころにはボーイクワイアにも参加し、テレビショーにも子役として出演する。12才の頃には、グレース・ケリーの最後主演作品「白鳥」にも子役スターとして登場するほど才能に溢れていた。 大学ではクラシック・ピアノを専攻。その後 1964年ごろに、プロデューサーのテリー・メルチャーと出会い、レコーディングにも参加。そしてビーチボーイズのブライアン・ウィルソンとも交友を深めビーチボーイズの名曲を共作するに至る。66年にワーナーブラザーズのA&Rレニー・ワロンカーにソング・ライターとして雇われ、後にプロデューサーとしても活躍するテッド・テンプルマンも在籍していたハーパース・ビザールを手がける。そして、自身も68年に『ソングサイクル』をリリース。ハリウッドの映画音楽と、フォーク・ミュージックの華麗な融合として大絶賛を浴びる。その後はランディ・ニューマン、ライ・クーダー、リトル・フィートなどのアルバム制作を手がける。70年には、カリビアン・ミュージックへの敬意と憧れからエッソ・トリニタード・スティール・バンドもプロデュース。それは自身のセカンド・アルバム『ディスカバー・アメリカ』(72年)、『ヤンキー・リーパー』(75年)という作品にも反映される。また、72年に、LAで録音された、はっぴいえんどのラスト・アルバムにソング・ライター、アレンジャーとして参加。これが大きなきっかけとなって細野晴臣や大滝詠一に大きな影響を与えることになる。1984年には10年ぶりのアルバム『ジャンプ』を発表。その後ディスカバー・ジャパンとも言える『TOKYO ROSE』(89年)をリリース。今回の紙ジャケット・コレクションでは、5枚のオリジナル・アルバムと関連するアルバムを紙ジャケットで発売する。 なお2007年春には、細野晴臣トリビュートに参加し、大きな話題になった。









★ザ・クロマニヨンズ、13枚目のオリジナルアルバム。18thシングル「クレーンゲーム」を含む全12曲収録!

●ザ・クロマニヨンズ / PUNCH
国内CD 3,204円(税込) (ソニー・ミュージックレーベルズ / BVCL995 / 4547366417661)


ザ・クロマニヨンズ、13枚目のオリジナルアルバム。18thシングル「クレーンゲーム」を含む全12曲収録

★ディスクユニオンオリジナル特典”缶バッジ”付★

A:CD
B:LP

さらに
★先着特典”ステッカー”付★

※いずれも特典が無くなり次第終了となります





※9/30以前の商品リストの価格は消費税8%で表記されております。
 10/1以降はご購入時に消費税10%に再計算されますので、あらかじめご了承ください。