2019年1月16日(水)リニューアルオープン! 新宿駅南口徒歩5分。ディスクユニオン唯一の'60年~'70年代の洋楽ロック新品/中古 CD・DVD専門店です。 Allman Brothers Band / Beatles / Bob Dylan / David Bowie / Eric Clapton / Grateful Dead /Jimi Hendrix / Led Zeppelin / Rolling Stones...の王道ロックをはじめ、PSYCH / GARAGE / SOFT ROCK / AOR / SSW / FOLK / HARD ROCK等といった、クラシック・ロック全般を濃く深く取り揃えております。買取は常時大募集中でございます。ロック査定専門スタッフがお客様のコレクションを一点一点丁寧かつ、適正価格で高額買取いたします!

リチャード・ナットやスティーヴ・ハイエットなどAORがイイ! 本日の新品新入荷 10/19(土)

★10/20(日)のインストア・イベントも間近! リチャード・ナット幻の作品『LETS MAKE MUSIC』がボーナス追加でCDリイシュー!

●リチャード・ナット / レッツ・メイク・ミュージック・アゲイン 国内CD 2,530円(税込) (ヴィヴィド・サウンド・コーポレーション / VSCD3986 / 4540399039862)
リチャード・ナットが3RDアルバム『WON’T TAKE NO FOR AN ANSWER』と5THアルバム『LOVE IS EVERYTHING』の間に発表し、自身のホームページだけで販売され、殆ど流通していない幻の作品『LETS MAKE MUSIC』が、少し早いリチャードからのクリスマスプレゼント2曲を追加し、ジャケットの装いと収録曲も新たに『LET‘S MAKE MUSIC AGAIN』として、初来日公演に合わせて緊急リリース!

3枚目のソロアルバム『WON’T TAKE NO FOR AN ANSWER』から、15年後の2009年に久しぶりにリリースされた4作目『LETS MAKE MUSIC』は、リチャードの才能が些かも変わらず素晴らしいことを証明した快作!アイズレー・ブラザーズのナンバーで、数々のカバーを生んだ「THIS OLD HEART OF MINE」をハワイの風が吹き抜けるような爽快なアレンジで新たな名曲として生まれ変わらせ、せつないハワイアンロコAORの名曲「TROPIC NIGHTS」、どこまでも優しい「YOU ARE MY ANGEL」、ネオアコファンにもお薦めの「PUSH ME OUT」等、収録。珠玉の弾き語りでは、マイク・ネスミス「JOANNE」やオリジナルの「DOWN THIS ROAD」、本作品の為に新録したインティメイトな雰囲気が最高の「HAVE YOURSELF A MERRY LITTLE CHRISTMAS」を収録。オリジナルのクリスマスソング「I MISS YOU ON CHRISTMAS DAY」も収録し、ジャケットの装いと収録曲も新たに『LET‘S MAKE MUSIC AGAIN』(LETS MAKE MUSICのオリジナルジャケットもブックレットに収録)として、待望の初来日公演に合わせて緊急リリース。

TROPIC HAWAII RECORDS 第5弾リリース(TROPIC HAWAII RECORDS / TAKESHI NAGAKUBO)




★AOR/ライト・メロウ名盤として知られる83年唯一作が日本国外で初となるCDリイシュー!

●STEVE HIETT / DOWN ON THE ROAD BY THE BEACH (CD) 輸入CD 2,420円(税込) (BE WITH RECORDS / BEWITH001CD / 4251648414254)
英国出身、学生時代にはアート・スクールで学び、卒業後の60年代半ばからはIAIN MATTHEWSとのTHE PYRAMIDをはじめプロのギタリストとしてバンド活動。その後、アート・ディレクター、デザイナーを経て、写真家へ転向し、「VOGUE」や「MARIE CLAIRE」等の一流誌でファッション・フォトグラファーとして活躍したSTEVE HIETT。70年ワイト島フェスティヴァルでのJIMI HENDRIXのファイナル・パフォーマンスをはじめ、BEACH BOYSやDOORS、MILES DAVISらの撮影も手掛けています。

邦題『渚にて』。本作は83年にCBSソニーで制作された日本盤オンリーの唯一のソロ・アルバムで、現ワタリウム美術館の前身現代美術画廊ギャルリー・ワタリの依頼で個展の開催が提案されたことをきっかけに始動したプロジェクトでした。

元々はカタログに付随させるシングルのために行われたというHIETT単独でのパリのラジオ局でのセッションと、ELLIOTT RANDALLが参加したニューヨークでのセッションを経て、本の出来を確かめるために来日したHIETTに対してレコード会社は突如アルバム分の製作を依頼。急遽ホテルの部屋で楽曲を仕上げ、翌日にはスタジオ入り。本来HIETT自身が予定していなかった東京でのセッションには、再びHIETTが呼び寄せたELLIOTT RANDALLとともに、ムーンライダーズの岡田徹 (KEY)、白井良明 (G)、鈴木博文 (G)、武川雅寛 (VIOLIN)、そして加藤和彦 (G)といったミュージシャンが参加することとなりました。

全編にわたって気だるくブルージーなエレクトリック・ギターをフィーチャーし、当時流行していた環境音楽としても話題を呼んだ一枚。DURUTTI COLUMNからSTEVE CROPPER、ASHRAまでに例えられる 空間に漂うアンビエント・ライクなアレンジメントの中で、無重力ブルースと評される"ROLL OVER BEETHOVEN"や、SANTO & JOHNNYカヴァー"SLEEP WALK"、EDDIE FLOYDの67年ソウル・ヒット"NEVER FOUND A GIRL"等も披露しています。

オリジナル・マスター・テープからのリマスター。『DOWN ON THE ROAD BY THE BEACH』エキシビジョン・カタログのリプロダクション付属。




★辺境ガレージ/ロックンロール・ファン・マスト! 2011年リリースのパキスタン・コンピレーションがCDリイシュー!

●V.A. (WORLD MUSIC) V.A. (辺 / PAKISTAN: FOLK AND POP INSTRUMENTALS 1966-1976 輸入CD 2,420円(税込) (SUBLIME FREQUENCIES / SF064CD / 0843563121542)
FINDER KEEPERSからの『THE SOUND OF WONDER』に続くようにリリースされたパキスタン産ロックンロール/ガレージ/サイケ/フォークの決定版ミックス・コンピレーションが待望のCD化。

ロックンロール・ビートにサーフ、現地のトラディショナル・フォークにポップスのミックス、フィルム・チューンにエレクトリック・ギター、シタール、オルガン・ソロにパーカッション、グルーヴィなバンド・サウンド。

60年代後半にはほかの多くの国と同様に英米のポップ・カヴァーがナイトクラブ・シーンやプライヴェートなダンス・パーティを彩ったパキスタン。長髪が若者のファッションのトレンドになり、国中のキャンパスでハシシが流行、英米からのヒッピーも押し寄せ始めると、少ないながらも幾つかのバンドはレコードを残します。EMI PAKISTANを中心としたプレス工場を擁したパキスタンですが、隣国インドと同じくレコード産業もいわゆるロリウッドの映画音楽を中心にリリースを重ね、エレキ・ギターとともにエレキ・シタールも組み込まれていき独自の様相を呈していきました。しかし77年のクーデターを発端としたイスラーム原理主義への傾倒をもって遊興施設やアルコールも禁止、テレビや映画、ポピュラー・ミュージックも政府の監視下に置かれ、当然パキスタンの音楽革命は終焉を迎えることに。

そんな時代に残されたスウィンギン70Sなパキスタン産ポップスの数々を、オリジナルEMI PAKISTANマスターからリマスター。66年から76年までの音源をコンパイルしたもので、シタールとファズとハモンドが埃と共に舞い上がるイカレた奴等ばかりが揃ってます。THE MODS、THE PANTHERS、THE BUGSといったカレー風味ロックンロールから、FINDERS KEEPERSからの単独再発でもおなじみ、パキスタンのファンク帝王と呼びたいフィルム・コンポーザーSOHAIL RANAによる"KHYBER TWIST"など全曲がダンス向け。辺境DJ必携の名作です。

『BOLLYWOOD STEEL GUITAR』も手掛けたブログRADIODIFFUSION INTERNASIONAALのSTUART ELLISによるコンパイル。

デジパック装。コンパイラーSTUART ELLISによるライナーノーツ。




★辺境ガレージ/ロックンロール・ファン・マスト! 2016年リリースのレトロスペクティヴがCDリイシュー!

●ADNAN OTHMAN / BERSHUKOR: A RETROSPECTIVE OF HITS BY A MALAYSIAN POP YEH YEH LEGEND 輸入CD 2,420円(税込) (SUBLIME FREQUENCIES / SF098CD / 0843563121559)
2013年SUBLIME FREQUENCIESからの『POP YEH YEH - PSYCHEDELIC ROCK FROM SINGAPORE AND MALAYSIA 1964-1970: VOL.1』や、2012年NOSMOKEからの『JAVA JAVA - INDONESIA SCREAMING FUZZ VOL 2』といったコンピレーションにも収録されていたマレーシアン・ロック・シーンの伝説ADNAN OTHMANは、60Sマレー語ロックンロールこと"POP YEH YEH"のスター歌手。

近年、欧米以外の未開拓地を求めてさまよう辺境ロックンロール・ファンにとって素通りできない一大産地となっている東南アジアにおいて、タイのSHADOWS由来のビート・シーン「シャドウ」のように、BEATLES "SHE LOVES YOU"の一節「♪SHE LOVES YOU YEAH YEAH YEAH」が元になって命名されたマレーシアのGS/ガールポップ・シーン「ポップ・イェー・イェー」。現地語の妖しい響きとマレー・メロディーに融和するBEATLESやCLIFF RICHARD由来のロッキン電化サウンドは、たとえ西洋を取り入れようとも西洋には為し得ない辺境ロック・辺境ポップの極致です。

60年代初頭にシンガポールでTHE RHYTHM BOYSを伴い初吹込み、以降70年代にも革新的なサイケデリック・ロックを生み出すなどミュージシャン、コンポーザーとして重要なキャリアを積み上げていったADNAN OTHMAN。本作にはそんなレジェンドのルーツといえる68年から71年のソロEPをコンパイル。哀愁あふれるマイナーキー・トワイライトやオルガン・ビートにファズ・ガレージを叩きだすTHE RHYTHM BOYSにTHE WANDERERS、THE FLAMINGOES、THE FALCONSといったバック・バンドとともに、力強くグリッティでエモーショナルな憂いヴォーカルを聴かせるOTHMANの魅力が詰まった決定盤コレクションです。

2013年コンピ同様、DJ CARLITOとして活動するCARL HAMMによるコンパイル。

32ページ・ブックレット。デジパック装。




★1971年に名盤『ホワッツ・ゴーイン・オン』を発表した翌年、ケネディ・センターで開催されたライヴを収録したライヴ盤『ホワッツ・ゴーイン・オン・ライヴ』がリリース!

●MARVIN GAYE / WHAT'S GOING ON LIVE(2LP) 輸入LP 4,290円(税込) (ISLAND/UMC / 7761200 / 0602577612008)

●MARVIN GAYE / WHAT'S GOING ON LIVE 輸入CD 2,200円(税込) (ISLAND/UMC / 7787486 / 0602577874864)

世紀の名盤 『ホワッツ・ゴーイン・オン』の発表から1年後、1972年5月1日、ワシントンD.C.はJ.F.ケネディ・センターでのライヴ録音を、最新のリミックスを施して初めて単独リリース(初出は2001年発売の『ホワッツ・ゴーイン・オン +25<デラックス・エディション>』)。

アルバム『ホワッツ・ゴーイン・オン』からのほとんどの楽曲に加え、オープニングでは60年代のヒット曲メドレーも披露

LPとしてのリリースは今回が初! マーヴィン・ファンならずとも是非手もとに置いておきたい一枚!






★2019年新作がCDリリース!

●OZARK MOUNTAIN DAREDEVILS / HEAVEN 20/20 (CD) 輸入CD 2,200円(税込) ( / / 0051497095031)
71年にミズーリ州で結成、日本での知名度はいまいちながらアメリカ中で愛されたカントリー・ロック・バンド、もうひとつのOMDことOZARK MOUNTAIN DAREDEVILS。

南部の泥臭さと都会的な爽やかさを併せ持つと評価された彼らの待望の最新作。オリジナル・ハーピストSTEVE CASH、ベーシストMICHAEL SUPE GRANDA、ギタリスト/リード・ヴォーカルJOHN DILLONを中心とした編成で、セルフ・タイトル1STにも収録された70Sヒット"IF YOU WANNA GET TO HEAVEN"のリメイク、MICHAEL SUPE GRANDAの実体験?な"I MARRIED A CUBS FAN"のライヴ・ヴァージョン等全7曲。






★カントリー・フォーク/シンガー・ソングライター・ファン必聴の72年2NDがCDリイシュー!

●JIM SULLIVAN (US) / JIM SULLIVAN (CD) 輸入CD 1,980円(税込) (LIGHT IN THE ATTIC / LITA177 / 0826853017725)
FRED NEIL的なディープで印象深いヴォーカルにJOE SOUTH的なアメリカーナ・サウンド、都会的なラテン・フュージョンがブレンドされ独自の世界が繰り広げられた69年の自主制作激レア盤『U.F.O.』でサイケデリック・フォーク・ロック/スワンプな一部好事家に愛される不世出のシンガー・ソングライター、背は高かったもののけして「ビッグ」ではない、アメリカの方のJIM SULLIVAN。

サンディエゴのリンダ・ヴィスタ地区出身の彼は、CAPITOL RECORDSで働き始めた妻と共にLAへ移住、そこでLEE MAJORSやLEE MARVINといったハリウッド・セレブと知り合い、映画「イージーライダー」にエキストラとして出演。そんなゴージャスな友人たちが資金を寄付し製作されたのが、キーボーディストDON RANDIやドラマーEARL PALMER、ベーシストJIMMY BONDといったWRECKING CREWの面々をバックに豪勢に録音されながらもなぜかプライヴェート・プレスでリリースという金持ちの趣味的謎盤『U.F.O.』でした。

時は移り、1975年3月4日、ニュー・メキシコ州サンタ・ローザ郊外で突如消息を絶ったJIM SULLIVAN。愛車のフォルクスワーゲン・ビートルは放棄され、モーテルの部屋は手付かずのままだったといいます。マフィアに拉致されたとも、エイリアンに誘拐されたとも噂されるそのミステリアスな失踪の以前、72年にPLAYBOYレーベルからリリースされたソロ2作目にして悲運のラスト作。

かつてELLA FITZGERALDに帯同し、のちにはJOE PASSやTOM WAITSのサイド・マンとしても知られるジャズ・ベーシストJIM HUGHARTをアレンジャー/ベーシストに起用し、COUNTRY JOE AND THE FISHのDAVID COHENがバンジョー/ギター、BENNY GOODMANやBILLIE HOLIDAYからJOHN FAHEYまでを支えたジャズ・ギタリストALLAN REUSSがブズーキで、BUD SHANKやVINCE GUARALDのドラマーCOLIN BAILEYと、JEAN-LUC PONTYにFRANK ZAPPA、NEIL DIAMONDにHARRY NILSSONまでと仕事するドラマーGENE ESTESがパーカッションで、JOHNNY RIVERSのバンドやGABOR SZABOのセクステット等で活躍するMIKE MELVOINがピアノで参加した またも地味に豪華な一枚です。

ファンキーで大胆かつ軽快なセッションに柔らかなホーンが交差する、スウィートなカントリーにフォーク・ロック、スワンピーなブルースが全11曲。"SANDMAN"、"PLAIN TO SEE"といった『U.F.O.』楽曲の再録も含みアーシーでレイドバックした部分は残るものの、どこかクルーナーでジャズ・シンガー・ライクにジェントルな一面も魅せるJIMのヴォーカルはさらに一段高いポピュラリティを獲得するに十分だったものの、やはりセールス的には失敗しています。

オリジナル・アナログ・テープからのリマスター。


★カントリー・フォーク/シンガー・ソングライター・ファン必聴の69年未発表音源集が発掘CDリリース!

●JIM SULLIVAN (US) / IF THE EVENING WERE DAWN (CD) 輸入CD 1,980円(税込) (LIGHT IN THE ATTIC / LITA178 / 0826853017824)
FRED NEIL的なディープで印象深いヴォーカルにJOE SOUTH的なアメリカーナ・サウンド、都会的なラテン・フュージョンがブレンドされ独自の世界が繰り広げられた69年の自主制作激レア盤『U.F.O.』でサイケデリック・フォーク・ロック/スワンプな一部好事家に愛される不世出のシンガー・ソングライター、背は高かったもののけして「ビッグ」ではない、アメリカの方のJIM SULLIVAN。

サンディエゴのリンダ・ヴィスタ地区出身の彼は、CAPITOL RECORDSで働き始めた妻と共にLAへ移住、そこでLEE MAJORSやLEE MARVINといったハリウッド・セレブと知り合い、映画「イージーライダー」にエキストラとして出演。そんなゴージャスな友人たちが資金を寄付し製作されたのが、キーボーディストDON RANDIやドラマーEARL PALMER、ベーシストJIMMY BONDといったWRECKING CREWの面々をバックに豪勢に録音されながらもなぜかプライヴェート・プレスでリリースという金持ちの趣味的謎盤『U.F.O.』でした。

時は移り、1975年3月4日、ニュー・メキシコ州サンタ・ローザ郊外で突如消息を絶ったJIM SULLIVAN。愛車のフォルクスワーゲン・ビートルは放棄され、モーテルの部屋は手付かずのままだったといいます。マフィアに拉致されたとも、エイリアンに誘拐されたとも噂されるそのミステリアスな失踪の以前、69年の1STとほぼ同時期の未発表スタジオ・セッションがファン感涙の発掘音盤化です。

UFOとの邂逅を体験したかもしれない男がLAに残したアコースティック・ソロ・レコーディングス全10曲。『U.F.O.』では伝説のプロ・セッション・ミュージシャン集団WRECKING CREWが参加しファンキーでソフト・ロッキンでレイドバックしたサウンドを湛えていましたが、ここでの彼は単にソウルフルでアーシーな彼自身。"ROLL BACK THE TIME"、"SANDMAN"、"JEROME"、"SO NATURAL"、"WHISTLE STOP"といった『U.F.O.』楽曲のラフなヴァージョンに加え、これまで未発表の楽曲も半分を占めています。彼が最初に注目を浴びたマリブのバーでのパフォーマンスに最も近いとされる秘蔵音源が遂に日の目を見ます。

オリジナル・アナログ・テープからのリマスター。






★2019年貴重音源で編まれたキャリア・レトロスペクティヴが2CDリリース!

●LONNIE KNIGHT / THROUGH THE YEARS 輸入CD 3,300円(税込) (LONNIE KNIGHT PRODUCTIONS / / 0703132332420)
伝説のロック喫茶「ブラックホークの選んだ99枚のレコード」で有名な75年セカンド『SONG FOR A CITY MOUSE』でも知られるミネアポリスのシンガー・ソングライター/ギタリストLONNIE KNIGHT。

米国中西部で「モダン・フォーク界のギター・ゴッド」と称された伝説のギタリスト。2017年に68歳で癌のために亡くなった彼の隠された仕事の数々を、生前のパートナーでもあったPATTI PATTONが監修し発掘音盤化したファン感涙のプロジェクトが登場です。

RICHARD THOMPSONやPATTY LARKIN、MARK KNOPFLERにBERT JANSC、ERIC CLAPTON、RICHARD SHINDELL、さらにBROOKS WILLIAMSなどと比較しても全く引けを取らないその卓越したスキルを味わい尽くすことのできる全22曲を収録。2016年4月2日、癌の診断が下ったその日にPATTIのために書かれたという詩を元にした涙のラヴ・ソング"IF I GO"をはじめ、ライヴ音源やラジオ・ショウ・セッション、リハーサル・テイクなどの未発表トラックに、アルバム未収のカヴァー・チューンなど、貴重音源の数々が詰まっています。

売り上げは退役軍人のためのNPO団体GUITARS FOR VETSと癌に関する情報提供、調査研究、患者支援を行うAMERICAN CANCER SOCIETYに半分ずつ寄付されるとのこと。




★2019年新作がCDリリース!

●GREGG ROLIE / SONIC RANCH 輸入CD 2,090円(税込) (ROLIE MUSIC GROUP / ROLM1 / 0020286229001)
1947年、ワシントン州シアトル生まれ。十代の頃からバンド活動を開始し、60年代末にはオリジナル・メンバーとしてSANTANAで活躍、その後JOURNEYに参加し黄金期を築き、2010年代にはRINGO STARRのALL STARR BANDでも活躍したキーボーディスト/シンガー・ソングライターGREGG ROLIE。

実に18年振りとなるスタジオ・レコーディングによる最新作。それまで長年に亘って書き溜め、2013年までには大半のレコーディングを終えていたというソロ用の楽曲でしたが、その後RINGOとのツアーや『SANTANA IV』への参加のために中断していた作業がようやく完成を見ました。「RINGOにインスパイアされて彼の平和と愛のメッセージを取り入れた楽曲もあるんだ」とも語るROLIEですが、RINGOとともにサウンド・チェックした楽曲を持ち帰りベース・ラインを足すなどして制作していったとのこと。

SANTANA/JOURNEYのバンド・メイトNEAL SCHONが"BREAKING MY HEART"と"LIFE ME UP"の2曲にゲスト参加し、またJOURNEYの76年作のタイトル・トラック"LOOK INTO THE FUTURE"のアップデート・ヴァージョンにも共作参加。ほかSTARR BANDメイトでもあるTOTOのSTEVE LUKATHERが"GIVE ME TOMORROW"と"THEY WANT IT ALL"に参加し、アルバム全体にSANTANAメイトのドラマーMICHAEL SHRIEVEとベーシストALPHONSO JOHNSONも参加しています。

愛息SEAN ROLIEと元SIXTEEN DELUXEのCHRIS 'FRENCHIE' SMITH、テキサス州オースティンのエンジニアDANIEL SAHADによる共同プロデュース。




★デビュー50周年を祝うベスト盤が2CDリリース!

●PAUL ANKA / CLASSIC SONGS: MY WAY (50TH ANNIVERSARY EDITION 2CD) 輸入CD 3,080円(税込) (DECCA / 251736947 / 2299990223809)
弱冠15歳にして自ら作詞・作曲したメジャー・デビュー曲"DIANA"がいきなり全米ナンバーワンに輝いたオールディーズ史上最高のシンデレラ・ボーイにして、70年代には同郷でもあるカナダ出身のDAVID FOSTERの才能をいち早く見出し素晴らしいAOR作品を残すなどキャリアを通じて輝かしい経歴を残す名ソングライターPAUL ANKA。

MICHAEL BUBLEとの"DESTINY"やJON BON JOVIとの"MY WAY"といったデュエットを含む全13曲のコレクションに、ボーナス・ディスクとしてANKAのグレイテスト・ヒッツ全20曲をコンパイル。


※9/30以前の商品リストの価格は消費税8%で表記されております。
 10/1以降はご購入時に消費税10%に再計算されますので、あらかじめご了承ください。