2019年1月16日(水)リニューアルオープン! 新宿駅南口徒歩5分。ディスクユニオン唯一の'60年~'70年代の洋楽ロック新品/中古 CD・DVD専門店です。 Allman Brothers Band / Beatles / Bob Dylan / David Bowie / Eric Clapton / Grateful Dead /Jimi Hendrix / Led Zeppelin / Rolling Stones...の王道ロックをはじめ、PSYCH / GARAGE / SOFT ROCK / AOR / SSW / FOLK / HARD ROCK等といった、クラシック・ロック全般を濃く深く取り揃えております。買取は常時大募集中でございます。ロック査定専門スタッフがお客様のコレクションを一点一点丁寧かつ、適正価格で高額買取いたします!

リンゴ・スターの2年ぶり、通算20作目となるスタジオ・アルバムが登場!そのほか未掲載ですがアナプロのジャズ高音質盤大量再入荷あり! 本日の新品新入荷 10/25(金)

★リンゴ・スターの2年ぶり、通算20作目となるスタジオ・アルバムが登場!

●リンゴ・スター / ホワッツ・マイ・ネーム
国内SHM-CD 2,750円(税込) (ユニバーサルミュージック インターナショナル / UICY-15842 / 4988031357538)


【金曜販売開始商品】【SHM-CD】

●ジョン・レノンの名曲「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」(アルバム『ミルク・アンド・ハニー』に収録)のカヴァーには、ポール・マッカートニーがベースとバック・ヴォーカルで参加!更には、かつて『ウィズ・ザ・ビートルズ』(1963)でジョンがヴォーカルを担当していた「マネー」の、リンゴ版カヴァー・ヴァージョンも披露!

●その他、ジョー・ウォルシュ、エドガー・ウィンター、デイヴ・スチュワート、ベンモント・テンチ、スティーヴ・ルカサー、ネイザン・イースト、コリン・ヘイ、リチャード・ペイジ、ウォーレン・ハム、ウィンディ・ワーグナー、カリ・キンメルら豪華な仲間たちが参加。自宅にあるレコーディングスタジオ"ロッカベラ・ウエスト"で、自らのプロデュースによって制作された作品。

「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」を取り上げたのは、とにかく好きだったからだ。僕はベストを尽くして歌った。ジョンを思いながら、自分の最高の歌唱を披露したと思っている。僕はポールに是非この曲で演奏してもらいたいと思った。で、彼は参加を快諾してくれた。僕のスタジオに来て、ベースを弾いて、僕と一緒にちょっと歌ってもくれた。この曲にはジョンも関わっているわけだし、僕も、ポールも参加しているってことだ。今回のアルバムを宣伝したくて話題作りのためにやったわけじゃない。ただこの曲をポールと一緒にレコーディングしたかったんだ。
ジャックがこのトラックに提供してくれたストリング・アレンジをよく聴いてもらえれば、「HERE COMES THE SUN」のフレーズが引用されていることに気付くはずだ。つまりこのトラックには僕たち"4人"全員が関わっているんだよ。 ---リンゴ・スター





★69年英国ロック史上の傑作が50周年記念デラックス・エディションで4CD+4X7"ボックス・セット・リイシュー!

●KINKS / ARTHUR OR THE DECLINE AND FALL OF THE BRITISH EMPIRE (DELUXE EDITION 4CD+4X7" BOX)
輸入CD 9,680円(税込) (BMG / 5053.851319 / 4050538513196)


ブリティッシュ過ぎるブリティッシュ・ロック・バンドとして世界中のロック・ファンやミュージシャンから今も愛されリスペクトを受け続けているKINKS。2019年に入りRAYとDAVEのDAVIES兄弟がともに新曲に取り組んでいるとの話も伝わり、いよいよ再始動への期待も高まるまさしく英国史そのものバンドの黄金期の記録が豪華ボックス化。

68年の前作『THE KINKS ARE THE VILLAGE GREEN PRESERVATION SOCIETY』と並び称される傑作にして、ストーリーテラーRAY DAVIESの面目躍如たるロック・オペラ作品。アコースティック・サウンド薫る前作までのフォーキーな作風から一転、DAVE DAVIESのギターが冴え渡るソリッドなロック・サウンドが展開された傑作です。

元々は脚本家JULIAN MITCHELLとRAY DAVIESがストーリーを組み立てる英グラナダTV制作のドラマ番組のサウンドトラックというコンセプトの元で企画されたものの番組制作自体は途中で頓挫。RAY DAVIESの単独プロデュースによって完成した内容はRAYの義弟のカーペット貼り職人であるARTHUR ANNINGをモデルにしたARTHUR MORGANというキャラクターを軸に構成されたものとなりました。時に皮肉やユーモアを混ぜながらストーリーが展開、RAYの卓越したソングライティングが光る作品に仕上げられています。

オリジナル・アルバムの2019年最新リマスターのモノ/ステレオ音源にボーナスとしてそれぞれオルタネイト・ミックスやアセテート、モノ・シングル音源を追加したDISC 1&2に加え、
『ARTHUR』のレコーディング・セッションの最中に同時進行しながらも結局完成までには至らなかったDAVE DAVIESの幻のソロ・アルバム用音源にして、73年KINKSの『THE GREAT LOST KINKS ALBUM』になぞらえた『THE GREAT LOST DAVE DAVIES ALBUM』を収録したDISC 3、

RAY自身がコンパイルした未発表デモ・トラックのメドレーや、DAVEがドゥー・ワップ・クワイアARTHUR & THE EMIGRANTSと新たにレコーディングした2曲、THE COME DANCING WORKSHOP ENSEMBLEとの3曲の未発表トラック、そしてRAY DAVIESがリミックスした"AUSTRALIA"と"SHANGLI-LA"の2019年ミックス等をまとめたレア・トラックスのDISC 4をコンパイルし、

さらに当時のシングル4枚も2019年リマスター音源で7"復刻し収蔵。全収録曲のうち未発表曲が5曲、初発売となる別ヴァージョンが28曲含まれるファン必携盤です。

脚本家JULIAN MITCHELLらによるノーツ、RAY、DAVE、MICK AVORYへの新規インタビュー、各国アートワーク、メモラビリア等掲載68ページ・デラックス・ブック。プリンテッド・ポスター、フォト、エナメル・バッヂ付属。

「『VILLAGE GREEN』よりも前に『ARTHUR』の制作を始めていたんだ」「このアルバムは互いに重なり合っている、繋がっているんだ。"ARTHUR”は既に出来上がっていた。”AUSTRALIA”は多分、まだフォーティス・グリーン78番地に住んでいた頃に作ったと思うから、これも早い時期に出来たものだ。その当時、コックフォスターズに住んでいたDAVEに持っていって、あいつに演奏して聴かせたのを覚えている。<誰もけんか腰になっていない>ってフレーズに込められた皮肉に爆笑していたよ」





●KINKS / ARTHUR OR THE DECLINE AND FALL OF THE BRITISH EMPIRE (2CD)
輸入CD 2,420円(税込) (BMG / 5053.851313 / 4050538513134)


69年英国ロック史上の傑作がボーナス追加で50周年記念2CDリイシュー!

ブリティッシュ過ぎるブリティッシュ・ロック・バンドとして世界中のロック・ファンやミュージシャンから今も愛されリスペクトを受け続けているKINKS。2019年に入りRAYとDAVEのDAVIES兄弟がともに新曲に取り組んでいるとの話も伝わり、いよいよ再始動への期待も高まるまさしく英国史そのものバンドの黄金期の記録が2CDリイシュー。

オリジナル・アルバムの2019年最新リマスターのステレオ音源にボーナスとしてオルタネイト・ミックスを追加したDISC 1に加え、

『ARTHUR』のレコーディング・セッションの最中に同時進行しながらも結局完成までには至らなかったDAVE DAVIESの幻のソロ・アルバム用音源にして、73年KINKSの『THE GREAT LOST KINKS ALBUM』になぞらえた『THE GREAT LOST DAVE DAVIES ALBUM』を収録したDISC2をコンパイル。



●KINKS / ARTHUR OR THE DECLINE AND FALL OF THE BRITISH EMPIRE (2LP)
輸入LP 3,080円(税込) (BMG / 5053.85131 / 4050538513103)


69年英国ロック史上の傑作がボーナス追加で50周年記念2LPリイシュー!

ブリティッシュ過ぎるブリティッシュ・ロック・バンドとして世界中のロック・ファンやミュージシャンから今も愛されリスペクトを受け続けているKINKS。2019年に入りRAYとDAVEのDAVIES兄弟がともに新曲に取り組んでいるとの話も伝わり、いよいよ再始動への期待も高まるまさしく英国史そのものバンドの黄金期の記録が2LPリイシュー。

オリジナル・アルバムの2019年最新リマスターのステレオ音源を収録したDISC 1に加え、オルタネイト・ミックスや69年12月28日のラジオ・ショウ「 THE DAVE LEE TRAVIS SHOW」音源等をボーナス収録したDISC 2をコンパイル。





★2017年にはソロ・デビュー50周年を迎え、昨年には通算40作目のアルバムをリリースしたばかりの北アイルランドが生んだ孤高のシンガー・ソングライターによる最新アルバム!

●ヴァン・モリソン / スリー・コーズ・アンド・ザ・トゥルース
国内CD 2,750円(税込) (ユニバーサルミュージック インターナショナル / UICB-1003 / 4988031350935)


●VAN MORRISON / THREE CHORDS AND THE TRUTH (CD)
輸入CD 2,310円(税込) (CAROLINE INTERNATIONAL / 801663 / 0602508016639)


2019年新作がCDリリース!

元THEMのヴォーカリストという肩書きさらりと飛び超えアメリカへ渡り成功するなど、キャリアの早くから確固たる地位を獲得し未だ一線で活動を続ける アイルランドが生んだ稀代のブルー・アイド・ソウルフル・ヴォイスVAN MORRISON。

この4年間で6作目というハイペースで贈る通算41作目の最新作。2018年前作『THE PROPHET SPEAKS 』をはじめ、ここのところの作品は彼の人生とキャリアを通じ彼をインスパイアし続けてきたブルースやジャズ・ヴォーカル、R&Bの名曲の数々へのオマージュを中心としたカヴァー多数の構成となっていましたが、今作は久しぶりに全曲がオリジナル、作詞家DON BLACKとの共作"IF WE WAIT FOR MOUNTAINS"以外の全曲の作詞作曲をVAN MORRISON自身が手掛けプロデュースも務めた意欲作となりました。

カントリー界の名ソングライターHARLAND HOWARDがカントリー・ミュージックの定義付けとして残した名フレーズからタイトルが取られた本作はしかし決してカントリーとはなっていませんが、いつも通りに幅広いジャンルを横断し内包。HARRY BELAFONTEのサイドマンとしてキャリアをスタートし主にジャズ畑で活動、VAN作品では68年傑作『ASTRAL WEEKS』で名演を披露したギタリストJAY BERLINERが09年のライヴ・アルバム『ASTRAL WEEKS LIVE AT THE HOLLYWOOD BOWL』以来の客演を果たしているほか、THE RIGHTEOUS BROTHERSのBILL MEDLEYが"FAME WILL EAT THE SOUL"でデュエット参加し、やはりホワイト・ソウルな華を軽やかに添えています。

相変わらずの伸びやかさでジャジーにリラックスした名唱を聴かせる先行デジタル・シングル"DARK NIGHT OF THE SOUL"などなど、ラヴリーでオーガニックなクラシックVAN MORRISONが味わえる全14曲。






★75年1STがCDリイシュー!

●KATE & ANNA MCGARRIGLE / KATE & ANNA MCGARRIGLE
輸入CD 1,760円(税込) (MUSIC ON CD / MOCCD13839 / 8718627230381)


カナダはモントリオール出身、フレンチ・カナディアンのシンガー・ソングライターとしてデビューから30年以上(KATEが2010年癌で亡くなるまで)第一線で活躍を続けた姉妹デュオ、KATE & ANNA MCGARRIGLE。英仏二言語文化圏で育ち、隣国アメリカのロックンロールと英仏のトラディショナル・ミュージックが自然にミックスされ姉妹の中に入り込んだため、64年頃から作り始めた自作曲はユニークで、2人の美しいハーモニーと相まって高い評価を受けました。KATEは71年にLOUDON WAINWRIGHT 3と結婚(のち離婚)し、その後それぞれミュージシャンとして名を成すRUFUSやMARTHAを設けています。

英米フォーク・ロック・シーンの「ソングブック」として評価された記念すべきデビュー・アルバム。

姉妹が作った楽曲がMARIA MULDAURやLINDA RONSTADTに取り上げられたことでWARNER BROTEHRSとの契約への道が開け、MARIA MULDAURやGEOFF MULDAUR、FAIRPORT CONVENTIONの制作で知られるJOE BOYDがプロデュースを手掛けています。参加ミュージシャンもLOWELL GEORGE、DAVID SPINOZZA、RUSS KUNKEL、STEVE GADD、ANDREW GOLD、AMOS GARRETTからDAVID GRISMANにBOBBY KEYS、NICK DECARO、JOHN CALEまで、東西両岸の名手・個性派が顔を揃えてサポートした傑作が誕生しました。

素朴ながらも親しみの沸くメロディ、フォークのルーツに根ざしたすっきりとした音作り。豪華な参加メンバーも決して華美にはならず、姉妹の時流を超えた味わい深い歌は今も色褪せていません。LINDA RONSTADTが74年に取り上げ本作の契機となったANNAのペンによる"HEART LIKE A WHEEL"は姉妹の永遠なる名作です。







★モーターヘッドの大規模リイシュー・シリーズ始動!第1弾は2NDと3RD!



●MOTORHEAD / BOMBER (40TH ANNIVERSARY EDITION)<2CD/BOOK PACK>
輸入CD 2,200円(税込) (BMG/ADA / / 4050538462388)


◆世界で最もラウドで、最もダーティで、そして最強最悪のロックンロール・バンド、モーターヘッド。その爆走の歴史は、フロントマンであり2015年12月28日に惜しくもこの世を去り、伝説となった絶対的フロントマン、レミー・キルミスターの歴史とも言えるだろう。75年から2015年に渡る40年間の輝かしいキャリアの中で、彼らは22枚のスタジオ・アルバム、10枚のライヴ・アルバムを発表してきた。世界中にダイハードなファンベースを持ち、ジャンルを問わず様々なアーティストに影響を与え続ける、真の伝説的ロックンロール・バンドだ。

◆その輝かしき爆走の歴史を再訪する、大規模なリイシュー・シリーズが始動することとなった! その第一弾として今回リリースされるのが、今年で40周年という記念すべきアニバーサリー・イヤーを迎えることとなる1979年に彼らが発表した、セカンド・アルバム『OVERKILL』とサード・アルバム『BOMBER』の2作品。それぞれの作品に当時の未発表ライヴ音源を収録した2枚組CDと3枚組アナログ盤というデラックス・エディションに加え、この79年にリリースされた2作品に焦点を当てた7枚のアナログ盤と1枚の7インチ・シングルからなる究極のファン/コレクターズ・アイテム、『MOTORHEAD 1979 BOX SET』という計5タイトルが、10月25日に一挙リリースとなるのだ。

[BOMBER 40TH ANNIVERSARY EDITION 収録内容]
DISC 1: オリジナル・テープからマスタリングされた『BOMBER』を収録
DISC 2: BOMBER TOURの中から、79年11月3日にフランスはルマンにあるLA ROTUNDEで行われたライヴ音源を全18曲収録。(サウンドボード音源/未発表ライヴ音源)
パッケージ: 貴重な写真やメモラビリア、インタビューなどを掲載した20ページに及ぶメディア・ブック・パッケージを採用

『BOMBER』(1979年作品)
前作から7ヶ月という短いタームで79年10月にリリースされた、サード・アルバム。前作で一気に注目を集めた彼らがその勢いをそのまま封じ込めた今作には、今やモーターヘッドの代名詞とも言うべき「Dead Men Tell No Tales」(バンドにとって初のアンチ・ヘロイン・ソングとなった)などを収録したこのアルバムは、全英チャート12位を記録し、その人気に一気に拍車をかけることとなった。ROCK HARD誌は粉s九を「偉大なるロック&メタル・アルバム500選」の397位に選出している。プロデュースは前作同様ジミー・ミラーが担当。

[メンバー]
レミー・キルミスター (vocal / bass)
エディ・クラーク (guitar)
フィル・テイラー (drums)




●MOTORHEAD / OVERKILL (40TH ANNIVERSARY EDITION)<2CD/BOOK PACK>
輸入CD 2,200円(税込) (BMG/ADA / / 4050538462470)


◆世界で最もラウドで、最もダーティで、そして最強最悪のロックンロール・バンド、モーターヘッド。その爆走の歴史は、フロントマンであり2015年12月28日に惜しくもこの世を去り、伝説となった絶対的フロントマン、レミー・キルミスターの歴史とも言えるだろう。75年から2015年に渡る40年間の輝かしいキャリアの中で、彼らは22枚のスタジオ・アルバム、10枚のライヴ・アルバムを発表してきた。世界中にダイハードなファンベースを持ち、ジャンルを問わず様々なアーティストに影響を与え続ける、真の伝説的ロックンロール・バンドだ。

◆その輝かしき爆走の歴史を再訪する、大規模なリイシュー・シリーズが始動することとなった! その第一弾として今回リリースされるのが、今年で40周年という記念すべきアニバーサリー・イヤーを迎えることとなる1979年に彼らが発表した、セカンド・アルバム『OVERKILL』とサード・アルバム『BOMBER』の2作品。それぞれの作品に当時の未発表ライヴ音源を収録した2枚組CDと3枚組アナログ盤というデラックス・エディションに加え、この79年にリリースされた2作品に焦点を当てた7枚のアナログ盤と1枚の7インチ・シングルからなる究極のファン/コレクターズ・アイテム、『MOTORHEAD 1979 BOX SET』という計5タイトルが、10月25日に一挙リリースとなるのだ。

[OVERKILL 40TH ANNIVERSARY EDITION 収録内容]
DISC 1: オリジナル・テープからマスタリングされた『OVERKILL』を収録
DISC 2: OVERKILL TOURの中から、79年3月31日に英バッキンガムシャーのアリスバーリーにあるFRIARSで行われたライヴ音源を全17曲収録。(サウンドボード音源/未発表ライヴ音源)
パッケージ: 貴重な写真やメモラビリア、インタビューなどを掲載した20ページに及ぶメディア・ブック・パッケージを採用

『OVERKILL』(1979年作品)
衝撃的デビューを飾った77年のデビュー作『MOTORHEAD』の後、新たにBronze Recordsと契約を交わし、同レーベルより79年3月にリリースされたセカンド・アルバム。リリース直前となる3/9に彼らはBBCの名物音楽番組「Top of the Pops」に出演、最高のロックンロールを披露し、一気に人気を広げ、最終的にこのアルバムは全英チャート24位を記録した。KERRANG!誌は今作を、時代を超えた100枚の偉大なるヘヴィ・メタル・アルバムの46位に選出している。プロデュースはジミー・ミラー(ローリング・ストーンズやトラフィックなどを手掛ける)が担当。

[メンバー]
レミー・キルミスター (vocal / bass)
エディ・クラーク (guitar)
フィル・テイラー (drums) 





★誇り高きサザン・スピリットを現代に継承するハード・ロッカーが、再び自らのDNAに刻み込まれたブルースに最大の敬意を表するアルバムをリリース!

●BLACK STONE CHERRY / BLACK TO BLUES VOLUME 2
輸入CD 990円(税込) (MASCOT / / 0810020500516)


ケンタッキー出身のアメリカン・ロック・バンド、ブラック・ストーン・チェリーが、2017年に発表したEPに続くブルース・カバー集第二弾を完成させた! 偉大なるブルースの楽曲をBSC流にアレンジした見事なロック・サウンドを、今こそ体感せよ!

「『BLACK TO BLUES』への反応は、俺達が思いもしなかったくらいに凄かったんだ。俺達に大きな影響を与えてくれたサウンドに、こうしてポジティヴなリアクションをもらえるなんて、本当に驚きだよ。さあ、セカンド・ラウンドの始まりだ! 今回はイェーツ・マッキンドリーをオルガン/キーボードに迎えて、前作でもカヴァーした巨人たちの楽曲や、前作では取り上げなかった偉人達の曲もピックアップしてる。早くまたみんなに聴いてもらいたくて、うずうずしてるよ!」 ─ クリス・ロバートソン(vo/g)

◆誇り高きサザン・スピリットを胸に、ハード・ドライヴィングで骨太なアメリカン・ロックの極みを体現する、ケンタッキーが生んだハード・ロッカー、BLACK STONE CHERRY。その骨太かつソウルフルなグルーヴ感と、聴く者の心を熱くするメロディ・ライン…、アメリカ南部特有の音楽性を独自の解釈で昇華させながら新たなアメリカン・ハード・ロック・サウンド像を構築する彼らは、2006年のデビュー以降ひたすらにハード・ロック街道を走り続け、そのサウンドを世界中に轟かせてきた。

2018年に発表し、全英チャート、そして全米ハード・ロック・アルバム共にTop 10入りも記録した前スタジオ・アルバム『FAMILY TREE』に続き、この偉大なるサザン・ロックのスピリットを現代に継承するケンタッキー出身の4人組、ブラック・ストーン・チェリーが発表するのが、2017年にリリースしたブルース・カヴァー集『BLACK TO BLUES』の第二弾作品となる、この『BLACK TO BLUES VOLUME 2』だ。

◆フレディ・キングの「Big Legged Woman」やハウリン・ウルフの「Down In The Bottom」といった、前作でも彼らが取り上げたアーティストによる楽曲のカヴァーに加え、ロバート・ジョンソンの「Me And The Devil Blues」、ミシシッピが生んだレジェンド、オーティス・ラッシュによる「All Your Love (I Miss Loving)」、エルモア・ジェイムズのクラシック曲「Early One Morning」、そして彼らがライヴでも披露しており、2014年のライヴ・アルバム『THANK YOU: LIVIN' LIVE BIRMINGHAM』にも収録されている、サン・ハウスの「Death Letter Blues」など、偉人達による偉大なるトラックばかりが、今作には収録されている。

◆ギタリストのベン・ウェルズは、こうコメントしている。
「子供のころからずっとここでカヴァーしている曲を聴いてきたし、今でもまだ聞き続けてるよ。バンドとしてもこの曲達と共に過ごし、成長してきたんだから、ブラック・ストーン・チェリーというバンドのDNAに刻み込まれているサウンドなんだ。ここで聴いてもらえる曲は、単なるカヴァー・ソングなんかじゃない、それぞれの曲を、ブラック・ストーン・チェリー流なアレンジを施した、俺達のヴァージョンになってるんだ」





★スティーヴ・ハケット、待望のオーケストラ共演盤をリリース!

●スティーヴ・ハケット / ジェネシス・リヴィジテッド・バンド&オーケストラ・ライヴ・アット・ザ・ロイヤル・フェスティヴァル・ホール
国内CD+BLU-RAY(ブルーレイ) 4,675円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10237 / 4997184107952)


元ジェネシスという肩書が不要な活動をプログレッシヴ・ロック・シーンで展開するスティーヴ・ハケット。そんな彼がついに様々なアーティストが望むオーケストラとの共演を2018年秋に実現する!

オーケストラ体動という特殊なコンサートであることからツアーはイギリス国内限定10回というスペシャルな内容の中で2018年10月4日のロンドン公演の模様を完全収録したライブ・アルバムだ!当日のセット・リストはアンコールを含めて全14曲でこのライヴ・アルバムはその全てを収録している。

スティーヴ・ハケット自身が想い入れ深いジェネシス時代の楽曲、そしてソロ・アーティストとしてキャリアを交えてのパフォーマンスは改めてスティーヴ・ハケットというミュージシャン/ギタリストの素晴らしさを認識させると同時にプログレッシヴ・ロックの奥深さを知らしめる作品である。プログレッシヴ・ロックの新たなるマイルストーンとなる作品がここに生まれた!

2CD4面紙スリーヴ+ Blu-ray付き!!輸入盤国内仕様
<帯、英語ブックレットの対訳付き>

【メーカー先着購入特典】
本作をご予約/ご購入の方に先着で、本作と同じジャケット・デザインの『紙ジャケット』を差し上げます!





★一言で表すなら、最高! アフリカン・ディスコの最高峰として知られるブアリの『ディスコ・サッカー』がCDでリイシュー!

●BUARI ブアリ / DISCO SOCCER
輸入CD 1,760円(税込) (BBE AFRICA / BBE587ACD / 0193483946818)


かつてはアフリカ大会で金メダルを獲得するほどのスポーツ選手であり、ガーナでは当時知らない人はいないほどのスーパースターであったというシディク・ブアリのミュージシャン転向後、1979年のアルバムがCDでリイシュー! 名ドラマー Bernard Purdie や、サルソウルの名ベースマン Gordon Edwards ともコラボレーションしたこともあるというだけあり、70年代後半の煌びやかなNYディスコサウンドにスペーシーなアレンジが施されたアフリカン・ディスコ・サウンドがたまりません! 女性の嬌声が全面的に入ったフロア映えしそうな1曲目をまずはお聴きください!





※9/30以前の商品リストの価格は消費税8%で表記されております。
 10/1以降はご購入時に消費税10%に再計算されますので、あらかじめご了承ください。