2019年1月16日(水)リニューアルオープン! 新宿駅南口徒歩5分。ディスクユニオン唯一の'60年~'70年代の洋楽ロック新品/中古 CD・DVD専門店です。 Allman Brothers Band / Beatles / Bob Dylan / David Bowie / Eric Clapton / Grateful Dead /Jimi Hendrix / Led Zeppelin / Rolling Stones...の王道ロックをはじめ、PSYCH / GARAGE / SOFT ROCK / AOR / SSW / FOLK / HARD ROCK等といった、クラシック・ロック全般を濃く深く取り揃えております。買取は常時大募集中でございます。ロック査定専門スタッフがお客様のコレクションを一点一点丁寧かつ、適正価格で高額買取いたします!

年末近づいてきましたね・・・レコード・ダイアリー2020入荷しました。 本日の新品新入荷 11/13(水)

★BADFINGERファンもブリティッシュ・ビート・ファンもR&Bファンも必聴の第2弾! プレBADFINGERなIVEYS時代のデビュー直前68年ライヴ音源がメンバー自身の手によって発掘CDリリース!

●BADFINGER / ORIGINS: THE IVEYS ANTHOLOGY VOL. 2 - LIVE AT THINGAMAJIG CLUB SEPTEMBER 6, 1968 READING, ENGLAND (CD) 
輸入CD 2,420円(税込) (RL GRIFFITHS / 2019 / 0641444200320)


ウェールズ南部スウォンジーにて61年にPETE HAMとRON GRIFFITHSを中心にPANTHERSとして結成、その後TOM EVANSを加え、IVEYSと名前を変えて68年にシングル"MAYBE TOMORROW"でAPPLEからデビューするも、レーベルの体制も整わぬまま不発に終わり、バンドは再出発へ。"WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS"の当初のタイトルから再度BADFINGERと名付けられた彼らは、BEATLESの弟分的存在として期待され翌69年に再デビュー。その音楽性の素晴らしさとは裏腹にキャリアを通じて悲しみに暮れ続けた悲運の歴史はファンには広く知られるところです。

そんな彼らの最初期音源集が、バンドのオリジナル・ベーシストRON GRIFFITHSことRONALD LLEWELLYN GRIFFITHSが立ち上げた自主レーベルからファン垂涎の発掘音盤化。66年ライヴを収めた第1弾に続いてのシリーズ第2弾の登場です。

67年7月、オリジナル・リズム・ギタリストDAVE JENKINSに代わり、のちにソングライティングの核となるギタリストTOM EVANSが加入。ほか、ベーシストRON GRIFFITHS、リード・ギタリストPETE HAM、ドラマーMIKE GIBBINSという69年『MAYBE TOMORROW』~70年『MAGIC CHRISTIAN MUSIC』まで続く布陣が遂に完成を見ます。

TOM EVANSの作曲でこの11月にAPPLEからリリースを控えたデビュー・シングル"MAYBE TOMORROW"の僅か2ヶ月前、68年9月6日のレディングはTHINGAMAJIG CLUBでの一夜を収録。

初期からのリズム&ブルース・バンドとしてのレパートリー、IKE & TINA TURNERの"RIVER DEEP - MOUNTAIN HIGH"、OTIS REDDINGの"RESPECT"、WILSON PICKETTの"634-5789"、EDDIE COCHRANの"SUMMERTIME BLUES"、LITTLE RICHARDの"LONG TALL SALLY"、FREDDIE KINGの"HIDE AWAY"にEVERLY BROTHERSの"WHEN WILL I BE LOVED"、GEORGE GERSHWINの"IT AIN'T NECESSARILY SO / SUMMERTIME"といった米国ソウル、R&B、ビッグ・バンド、ロックンロール・クラシックはもちろんのこと、

LEFT BANKEの66年ヒット"WALK AWAY RENEE"、BYRDSがMONKEESを揶揄したことで知られる"SO YOU WANT TO BE A ROCK 'N' ROLL STAR"、BOX TOPSの"THE LETTER"、SAM & DAVEの"I THANK YOU"、JOHN MAYALL & THE BLUESBREAKERSの"CRAWLING UP A HILL"、CREAMの"N.S.U."、JIMI HENDRIX EXPERIENCEの"PURPLE HAZE"に"STONE FREE"、BEATLESの"LADY MADONNA"といった同時代英米カヴァー、

さらにはのちの2NDシングルB面"NO ESCAPING YOUR LOVE"に、69年のAPPLEからのEPコンピレーション『WALL'S ICE CREAM』に収録される"STORM IN A TEACUP"といったTOM EVANS楽曲や、HAM/EVANSによる1STシングルB面"AND HER DADDY'S A MILLIONAIRE"といったいよいよのオリジナルまで、

大西洋を越えてきた外来クラシックに強く影響を受けたリズム&ブルース・バンドから変遷し、時代のサイケでハードでバロック・ポップな空気感も取り入れ始めながらもロウに表出、そして自身のオリジナルを模索しはじめていた当時の彼らを余すところ無く捉えた若いステージが展開されています。単なる米国憧憬カヴァー・バンドに留まらない、より最新の現代的アレンジを意識したブリティッシュ・ビートの実験の記録としても引き続き重要なセットとなっています。
「WITHOUT YOU: THE TRAGIC STORY OF BADFINGER」を著したBADFINGERバイオグラファーDAN MATOVINAによるリストア、エディット、マスタリング。輸入盤CD/簡素なペーパー・スリーヴ仕様。





★77年傑作ライヴ盤がリマスターCDリイシュー!

●FOGHAT / FOGHAT LIVE
輸入CD 1,980円(税込) (ROCK CANDY / CANDY420 / 5055869570121)


全盛期のパフォーマンスを記録し、全米11位のビッグ・ヒットを記録したライヴ・アルバム。前作からNICK JAMESONに代わって参加したCRAIG MACGREGORのドライヴ感に富んだベース・プレイや、ROD 'THE BOTTLE' PRICEのボトルネック・ギターも冴え渡り、スロウなナンバーなど一切なくひたすらエネルギッシュなステージを展開。オープニングの"FOOL FOR THE CITY"から、ボトルネックも冴えわたるロッカー"HOME IN MY HAND"、8分に及ぶ"I JUST WANT TO MAKE LOVE TO YOU"、彼らのスタイルのすべてが爆発したブギー名演"SLOW RIDE"と、ハード・ロッキンなライヴ・バンドとしての魅力をダイレクトに録音した名盤です。プロデュースは前任ベーシストNICK JAMESONが担当。

3500字エッセイ、メモラビリア、レア・フォト、新規インタビュー掲載16ページ・フルカラー・ブックレット。





★64-67年4作品がモノ仕様で正規リマスター4CD+DVDボックス・リイシュー!

●MANFRED MANN / THE ALBUMS '64-'67 / THE ALBUMS 64-67 (4CD+DVD BOX)
輸入CD+DVD 6,050円(税込) (UMBRELLA / UMBCDBOX1 / 5060051334528)


ジャズ、ブルーズ、R&B等々の要素をブレンドしたスマートなサウンドでポップ・ヒットを連発、60年代英国のヒット・シーンを代表したMANFRED MANN。

下記のアルバム4作品に加え、2017年のMANFRED MANN、PAUL JONES、TOM MCGUINNESS、MIKE HUGGへのインタビューをフィーチャーしたボーナスDVD、エクスクルーシヴ・フォト・プリントが付属しています。オリジナル・マスター・テープからの新規リマスター。LPサイズ・ボックス装。

■THE FIVE FACES OF MANFRED MANN (1964)
初期のMANFRED MANNといえば"5-4-3-2-1"や"DO WAH DIDDY DIDDY"といったとっつきやすいポップ・シングルの印象が強いですが、この1STアルバムではR&Bやブルース、ジャズを熱くならずにポップ化したような、まさにジャケットのイメージにぴったりのクールでモッドな作品に仕上がっています。PAUL JONESのだらしなカッコイイ不良っぽいヴォーカル、踊るオルガン/ピアノ、クールに疾走するハーモニカが印象的な、同時期のビート・バンド達とは一線を画すサウンドを鳴らした名盤です。

■MANN MADE (1965)
脱退を発表した名リード・ヴォーカルPAUL JONESが参加した(UK盤としては)最後の作品。初期最高傑作との呼び声の通り、元々のR&Bをベースにヒップなジャズにビート・ポップにとヴァラエティに富みながら完成度の高い一枚となっています。TEMPTATIONSやRAY CHARLESカヴァーに引けを取らない、MIKE HUGGやMIKE VICKERSによるモッズ色の強いインストや、ハーモニカ・ソロも映えるTOM MCGUINNESSによるモッド・ジャズ名曲"L.S.D."などなど、演奏面も含めて各々の才能がバランスよく発揮された充実作。

■MANN MADE HITS (1966)
"5-4-3-2-1"、"DO WAH DIDDY DIDDY"、"COME TOMORROW"、"IF YOU GOTTA GO, GO NOW"、"PRETTY FLAMINGO"などなど、初期の名ヴォーカリストPAUL JONESをフィーチャーし、デビューからの勢いに乗った64年から66年にかけて残されたヒット曲の数々をコンパイルした「表ベスト」な一枚です。

■SOUL OF MANN (1967)
多くがシングルB面に収められた彼ら本来の趣向が滲み出た楽曲集。コンピレーションでありながら後年広く注目を集め、MANNの再評価のきっかけを作ったモッド・ジャズの名盤です。60年代を通じ、聴き手を選ばないポップなナンバーを次々にチャートに送り込んだMANFRED MANNの本来の持ち味が集約された「裏ベスト」。メンバーのルーツであるジャズやR&Bをベースにしたスマートなインストゥルメンタル・ナンバーが大半を占める収録曲は、ヒット曲を聴いただけではわからないグループのもうひとつの魅力を余すところなく伝えます。CREAM前のJACK BRUCEをフィーチャー。





★カントリー・ソング・コレクション第2弾がCDリリース!

●BRENDA LEE / SINGS COUNTRY - ULTIMATE COUNTRY COLLECTION VOL 2 (2CD)
輸入CD 2,200円(税込) (HUMP HEAD / HUMP220 / 5060001276632)


わずか10歳でデビューした「リトル・ミス・ダイナマイト」。成長と共にキュートとシャウトが同居するロッキン・ガールズのオリジネイターとして活躍し、今もなお人気を誇る希代のシンガーBRENDA LEE。

73年作『BRENDA』、『NEW SUNRISE』、74年『BRENDA LEE NOW』、80年『TAKE ME BACK』、81年『ONLY WHEN I LAUGH』といった9枚のカントリー・アルバムからのベスト・セレクションに、2曲の初CD化シングル、6曲のBサイドを加えた全50曲を収録。





★58-94年FMラジオ放送用ライヴ音源が3CD化!

●JOHNNY CASH / TRANSMISSION IMPOSSIBLE (3CD)
輸入CD 2,200円(税込) (EAT TO THE BEAT / ETTB114 / 0823564031736)


DISC 1には 58年のラジオ番組「COUNTRY STYLE USA」と59年6月のラジオ番組「GUEST STAR」をコンパイル。

アメリカン・ルーツ・ミュージックの巨木JOHNNY CASHがLUTHER PERKINSとMARSHALL GRANTから成るTHE TENNESSEE TWOと組み収録した貴重な初期音源。フィドルがフィーチャーされたカントリー・スタイルから、トラディショナル"SWING LOW, SWEET CHARIOT"のようなグッド・オールドタイムな世界はもちろん、ジャケットのギラギラした写真のようにリバーブも適度に効いたロカビリー・スタイルの切れの良い"I WALK THE LINE"、"FOLSOM PRISON BLUES"、"CRY CRY CRY"などを聴くと、当時すでにJOHNNY CASHはELVISと比肩するロックンロール帝王として君臨しつつあったのだと再認識させられます。

DISC 2には 70年4月17日、ワシントンD.C.はホワイト・ハウス公演を収録。

アメリカを代表するカントリー・スーパー・スターとしてついにたどり着いた国の中枢ホワイト・ハウスで、妻JUNE CARTERとともにニクソン大統領の面前で披露されたパフォーマンス。CASHの人気を利用したかっただけで本当はカントリーに興味がない大統領は、無知ゆえにCASHの"A BOY NAMED SUE”とともにMERLE HAGGARDのアンチ・ヒッピー・ソング"OKIE FROM MUSKOGEE”とGUY DRAKEの福祉厚生不正受給ソング"WELFARE CADILLAC”をリクエストしたといいますが、CASHはほか2曲を拒否し、"A BOY NAMED SUE”のみを披露。のち特に"WELFARE CADILLAC”のリクエストに関して各所で問題化したという逸話付き。

DISC 3には 94年12月8日、テキサス州オースティンはテキサス大学内FRANK ERWIN CENTER公演を収録。

CASHが05年に亡くなるまでプロデューサーを務め続けたRICK RUBINとの初めてのコラボレーションとなった『AMERICAN RECORDINGS』を94年4月にリリースし、見事90年代に復活を果たしたJOHNNY CASH。"OH BURY ME NOT"、"DELIA'S GONE"、"BIRD ON THE WIRE"、"THE BEAST IN ME"、"TENNESSEE STUD"、"DOWN THERE BY THE TRAIN"、"DRIVE ON"など新作からの楽曲はもちろんのこと、50年代大クラシック"FOLSOM PRISON BLUES"、70年代アンセム"MAN IN BLACK"などなど充実のステージを披露しています。





★最新号入荷!
レコード・コレクターズ / レコード・コレクターズ 2019年12月号
●レコード・コレクターズ / レコード・コレクターズ 2019年12月号
国内BOOK 880円(税込) (ミュージックマガジン / / 4910196371296)


【特集】細野晴臣の仕事
11月号に続いて、デビュー50周年を迎えた細野晴臣の特集第2弾をお届けします。今回は、70年代のロック/フォーク・アーティストから、80年代以降のアイドルまで、他のアーティストへ提供した曲から選んだ100曲の紹介を中心に、ティン・パン・アレーなどでのセッションでも名高いベーシストとしての活動や、プロデューサーとして関わってきたアルバムなど、自身の音楽にも反映されてきた、長年にわたるその幅広い活動を俯瞰します。

ドキュメンタリー『NO SMOKING』監督:佐渡岳利インタヴュー(村尾泰郎)
細野晴臣、その異能のメロディ・メイカーぶりを探る(湯浅学)
細野晴臣の提供曲100選(池上尚志、小川真一、北中正和、小山守、篠原章、柴崎祐二、真保みゆき、ヒロ宗和、武田昭彦、立川芳雄、田山三樹、能地祐子、萩原健太、馬飼野元宏、松永良平、宗像明将、村尾泰郎、安田謙一、湯浅学、除川哲朗、渡辺亨)
細野晴臣の提供曲/関与した自作のカヴァー作品等(青野裕慈)
細野晴臣のプロデュース作品(青野裕慈)
ヴォーカルでの参加作(青野裕慈)
ベーシストとしての細野晴臣
ごった煮的なスタイルは、"四住期”を超えて深化を続ける(ガモウユウイチ)
重要参加アルバム50選(ガモウユウイチ)
ベース参加作品ディスコグラフィー(ガモウユウイチ+編集部)
主な著作紹介(除川哲朗)

【特集】ザ・ビートルズ『アビー・ロード』
50周年記念盤:ドルビー・アトモス試聴会リポート(名取由恵)
ジャイルズ・マーティン・インタヴュー(武田昭彦)
『スーパー・デラックス・エディション』の詳細を再検証(森山直明)

ザ・ビートルズ
全23枚を最新リマスターで世界各国盤ピクチャー・スリーヴに収めた限定アナログ・シングル・コレクション(藤本国彦)

ザ・ローリング・ストーンズ
ボブ・ディランがゲスト出演した『ブリッジズ・トゥ・ブエノスアイレス』と、『レット・イット・ブリード』の50周年記念盤(藤井貴之)

フリートウッド・マック
68年/70年というブルース期のライヴ/デモ音源をたっぷり収録した貴重音源満載の3枚組CD(白谷潔弘)

キンクス
"再結成”に向けたデイヴィス兄弟の関係修復も感じ取れる『アーサー、もしくは大英帝国の衰退ならびに滅亡』50周年記念盤(犬伏功)

キング・クリムゾン
ドラマー3人による大胆な打楽器バトルも新鮮な近5年のツアー記録を年ごとに収めたCD5枚組がリリース(石川真一)

ザ・バンド
"木質のサウンド”をさらに磨き上げた最新リマスターとウッドストック全パフォーマンスを収めた第2作の50周年盤(佐野ひろし)

ボブ・ディラン
ジョニー・キャッシュとのセッションを中心にナッシュヴィル録音期を捉えたブートレッグ・シリーズ第15集(宇田和弘)

プリンス
『パープル・レイン』の成功に必要不可欠だった傑作『1999』が未発表トラック満載の5CD+DVDの豪華版で登場(出田圭)

ポリス
アビー・ロード・スタジオでの最新リマスターが施された全アルバムをお手頃価格で(赤岩和美)

レベッカ
NOKKOが語る、バンドが頂点を迎えた89年のライヴ映像完全版(池上尚志)

ザ・クロマニヨンズ
でっかいボルトのジャケットが象徴的な、よりシャープかつ洗練されたサウンドが炸裂する新作『パンチ』(大鷹俊一)

などなど





★2020年版のテーマは「レコジャケ動物園」!

●レコード・コレクターズ / レコード・ダイアリー2020
国内BOOK 1,000円(税込) (ミュージックマガジン / 9990224003 / 4910196381295)


◆レコード好き、音楽好きなら、毎日が楽しくなる手帳“レコード・ダイアリー”の2020年版です
◆テーマは「レコジャケ動物園」です。動物がフィーチャーされた名盤ジャケットの世界に迷い込むレコスケくん。フランク・ザッパのいたち、ピンク・フロイドの牛、ストーンズのロバなどなど、いろいろな動物とレコスケくんが戯れます!
◆いつでもどこでも書き込めるハンディなサイズ
◆何かと便利な洋楽ロックのアルバム・リスト付き(約200アーティスト)
◆使いやすい1週間見開きのダイアリーには、その日が誕生日の洋楽アーティスト約700人の名前を掲載
◆月間スケジュールもあります

イラストレイション=本秀康
B6判変型160ページ
18.2 x 12.8 x 2 cm





★大阪公演を追加した2枚組仕様で再発!

●GIRL (METAL) / SHEER GREED / LIVE IN OSAKA'82<DIGI/2CD>
輸入CD 2,530円(税込) (HEAR NO EVIL / / 5013929922525)


後にDEF LEPPARDに参加するPhil Collen(G/Vo)や後にL.A.GUNSのPhil Lewis(Vo)が在籍していたことでも知られるNWOBHMバンドが80年に発表した1stフル・アルバムに、シングル、Bサイド、デモの3曲をボーナス・トラックとして追加した仕様に、82年に大阪で行われたライブ音源を加えた2枚組仕様。

・デジパック
・2CD





★'97年作『CALLING ALL STATION』でその歌声を披露した元STILTSKIN/GENESISのヴォーカリスト、'19年2枚組ベスト盤がデジパック仕様で登場!

●RAY WILSON / UPON MY LIFE: 2CD DIGIPACK EDITION
輸入CD 2,365円(税込) (SOULFOOD / RAY12 / 4260268280132)


独Insideout Musicから発表された'03年作『CHANGE』から自主レーベルJaggy Dから発表された'16年作『MAKES ME THINK OF HOME』まで、00年代中期再編STILTSKIN名義で発表された'06年作『SHE』収録曲を含む8枚の00/10年代期Studio作品収録曲から26曲を選曲の上、さらに新曲'Come The End Of The World''I Wait And I Pray'を加えた28曲をDisc1/2に分けて編纂。









★現在もリーダーのDave Cousins(g/acoustic-g/vo)を中心に活発に活動中の名バンド、英Oysterに移籍し発表された'76年作が英Esoteric Recordingsから新規リマスターで'19年再発CD化!

●STRAWBS / DEEP CUTS: NEWLY REMASTERED AND EXPANDED EDITION - 2019 REMASTER
輸入CD 2,145円(税込) (ESOTERIC RECORDINGS / ECLEC2702 / 5013929480285)


名AOR系作品の数々を生み出したRupert Holmes(p/clavinet/harpsichord/cl)をpro.に、不在のkeyに名アレンジャーRobert Kirby(mellotron/ele-p/horn/vo)やJohn Mealing(p/organ/ele-p/synth/harpsichord)等名Studio/Sessionミュージシャンをサポートに迎え制作/発表、前作の骨太なBritish Rock路線をベースに、Rupert Holmes関連作品群とも共通するまろやかでアダルトな味わいと洗練されたポップ志向を発揮した1枚。

Singleカットされた1曲目'I Only Want My Love To Grow In You'に象徴される、70年代末期AOR系作品群とも共通する洒脱なスタイリッシュさを全編にまといつつ、メロディー・センス/ソングライティング面で窺える隠し切れない英国の香りも発揮さえた隠れた秀作です!!

マスターはオリジナル・マスターからの新規リマスタリング音源を使用、ボーナスとして旧英Witchwood/日Muskrat, Air Mail Archives盤CDにも収録された未発表曲'You Won't See The Light'に加え、新たに同年Singleに収録された'Charmer(Single mix)''(Wasting My Time) Thinking Of You(Edit ver.)'及び'Blue Angel''Oh So Sleepy''The Merchant Adventurer''Beside The Rio Grande(Spoken Word ver.)'各未発表Alternate ver.を追加。ブックレットには貴重写真とDave Cousinsによるの回想録を掲載。

【2019 Remaster/Bonus Track7曲収録予定】





★バンドの前身となるTHE STRAWBERRY HILL BOYS期から復活以降の現在までSTRAWBSを率いて活発に活動を続けるバンド・リーダーして自身も名SSW、英A&Mから発表された'72年ソロ・デビュー作が英Esoteric Recordingsから新規リマスターで'19年再発CD化!

●DAVE COUSINS / TWO WEEKS LAST SUMMER: NEWLY REMASTERED & EXPANDED EDITION - 2019 REMASTER
輸入CD 2,145円(税込) (ESOTERIC RECORDINGS / ECLEC2701 / 5013929480186)


CDは暫し生産中止で入手困難だった1枚、後にSTRAWBSのメンバーとなるDave Lambert(g/vo)、Rick Wakeman(key)の他、KEEF HARTLEY BANDのMiller Anderson(g)、COLOSSEUMの故Jon Hiseman(dr)、DEEP PURPLEのRoger Glover(b)等々英国Rockシーンの錚々たる豪華ミュージシャンを迎え制作/発表。

楽曲によってはFolk/SSW系作品の名盤の数々を手掛けた名アレンジャーRobert Kirbyによる端正なstring arr.も交え、同時期のバンド・サウンドの流れを汲みつつもより自身のプライヴェートかつFolkシンガー/SSWとしての個性を発揮。後に故Sandy Dennyにもカヴァーされた幻想性を湛えたタイトル曲をはじめ、この方のソングライターとしての魅力も詰めこまれた、British Folk/Rockファンなら聴いておくべき隠れた名作です!!

マスターはオリジナル・マスター・テープからの新規リマスタリング音源を使用(予定)、ボーナスとして旧日AIr Mail Recordings盤CD及びKorea:Media Arte盤CDにも収録された'The Actor(Alternative Mix)''See How The Run(1972 Demo)'に加え、新たに'Ways And Measns(Alternative ver.)''I’ve Been My Own Worst Friend''The Rip Off Blues(1972 Demo)'を追加。ブックレットには本人による回想録および新規解説を掲載。

【Bonus Track5曲収録予定/2019 Remaster】



※店舗受取サービスはディスクユニオン・メンバーズ限定のサービスとなります。



引用元: https://diskunion.net/

https://diskunion.net/portal/ct/detail/RY190917BF02B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/RS19111204B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/RS19111216B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/RS19111208B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/RS19111209B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/RS19111210B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/RY191024RD01B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/HMHR191030-301B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008009809B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008001872B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008000008B29


※9/30以前の商品リストの価格は消費税8%で表記されております。
 10/1以降はご購入時に消費税10%に再計算されますので、あらかじめご了承ください。