2019年1月16日(水)リニューアルオープン! 新宿駅南口徒歩5分。ディスクユニオン唯一の'60年~'70年代の洋楽ロック新品/中古 CD・DVD専門店です。 Allman Brothers Band / Beatles / Bob Dylan / David Bowie / Eric Clapton / Grateful Dead /Jimi Hendrix / Led Zeppelin / Rolling Stones...の王道ロックをはじめ、PSYCH / GARAGE / SOFT ROCK / AOR / SSW / FOLK / HARD ROCK等といった、クラシック・ロック全般を濃く深く取り揃えております。買取は常時大募集中でございます。ロック査定専門スタッフがお客様のコレクションを一点一点丁寧かつ、適正価格で高額買取いたします!

★ERIC CLAPTON、今年のRSDで即完売だった02年リリースの01年ライヴ・アルバム『 ONE MORE CAR ONE MORE RIDER』が通常盤3LPアナログ・リイシュー!

2019年10月入荷予定----



★ERIC CLAPTON、今年のRSDで即完売だった02年リリースの01年ライヴ・アルバム『 ONE MORE CAR ONE MORE RIDER』が通常盤3LPアナログ・リイシュー!

●ERIC CLAPTON / ONE MORE CAR ONE MORE RIDER 輸入LP 6,264円(税込) (WARNER / 9362483741 / 0093624837411)
02年リリースの01年ライヴ・アルバムが3LPアナログ・リイシュー!

2019年4月13日のRECORD STORE DAY 限定盤が通常盤リリース。

02年11月にDUCK/REPRISEからリリースされた8枚目のライヴ・アルバム。

「大規模なワールド・ツアーはこれを最後に行わない」と宣言し、「CLAPTON引退」という報道にまで発展した2001年のCLAPTON最後のワールド・ツアーとされた「REPTILE WORLD TOUR」は、2月3日のロンドンはROYAL ALBERT HALLからスタートし、12月15日の横浜アリーナでファイナルを迎えました。24ヶ国/80都市で計104公演が行われたこのツアーは、近年のCLAPTONのツアーでは最大規模であり、まさに最後のツアーにふさわしい充実した内容となったのは言うまでもありません。

膨大なツアー日程の中から8月18/19日のLAはSTAPLES CENTERでの2夜を収録。バックを支えるのはANDY FAIRWEATHER-LOW、STEVE GADD、NATHAN EAST、BILLY PRESTON、GREG PHILLINGANES、DAVID SANCIOUSという布陣。ふらりとステージに登場しアコースティック・ギター1本で演奏する"KEY TO THE HIGHWAY"からスタートし、スタンダード・ナンバー"OVER THE RAINBOW"で締められる全19曲、ツアー・セットをたっぷりと再現した大充実の名演盤です。




★「ミスター・ロマンティック」ことSTEPHEN BISHOPの2019年新作『WE'LL TALK ABOUT IT LATER IN THE CAR』がCD/LPリリース!

2019年11月入荷予定----



★「ミスター・ロマンティック」ことSTEPHEN BISHOPの2019年新作『WE'LL TALK ABOUT IT LATER IN THE CAR』がCD/LPリリース!

●STEPHEN BISHOP / WE'LL TALK ABOUT IT LATER IN THE CAR (CD) 輸入CD 2,200円(税込) (BMG / CD28947 / 4050538528947)

●STEPHEN BISHOP / WE'LL TALK ABOUT IT LATER IN THE CAR (LP) 輸入LP 2,970円(税込) (BMG / A28961 / 4050538528961)

2019年新作がCD/LPリリース!

LAで音楽出版社探しに奔走していた若き日、友人LEAH KUNKELから紹介されたのちの盟友ART GARFUNKELが75年のソロ2ND『BREAKAWAY』にBISHOP楽曲2曲を吹き込んだことをきっかけにABC RECORDSと契約。その後すぐに76年デビュー作『CARELESS』、78年2ND『BISH (水色の手帖)』といったAOR屈指の名作を放ち、日本のファンの間では「ミスター・ロマンティック」とも称される都会派AORシンガー・ソングライター、ビッシュことSTEPHEN BISHOP。

2016年の『BLUEPRINT』以来3年ぶりとなるニュー・アルバム。前作に引き続き自身の過去のデモ音源を振り返り、スタジオで再アレンジすることで出来上がっていったという本作。「単なるバラッド歌手じゃないという宣言」だというリード・シングル"LIKE MOTHER LIKE DAUGHTER"に、エミー賞受賞映画音楽家CURT SOBELとの共作で2018年の米ファミリー向けドラマ「BENJI」に提供した"ALMOST HOME"、03年の自主盤デモ集『FEAR OF MASSAGE - DEMO 3』にも収録されていた"ONE IN A MILLION GIRL"、BISHも当時スタジオ/ツアーに参加したART GARFUNKELの77年3RD『WATERMARK』期のARTのステージでも聴けた"THE DAY YOU FALL IN LOVE WITH ME"、HARRY NILSSONの『POPEYE』サントラでも知られる女優/歌手SHELLEY DUVALLに提供した"TINY PILLOW"、そしてソングライター・レジェンドJIMMY WEBBが12歳ではじめて書いたというメランコリー・クラシックにして、BISHのコンサートではオープニングを飾るライヴ・フェイヴァリットとしてファンに知られる"SOMEONE ELSE"のカヴァーなどなど、ヴァラエティに富んだ全13曲を収録しています。

13歳で観たエド・サリヴァン・ショウでのBEATLESをきっかけに音楽に開眼したというBISH。「常にBEATLESには影響を受けてきたよ。とくに彼らに驚かされるのはその音楽の多様性さ。それがこのアルバムで僕がやろうとしたことだった。カントリーにポップ、そしてブロークン・ハートなラヴ・ソングもって感じに、これを少し、それも少しってね。楽しんでくれると嬉しいよ。」

記念すべき76年デビュー作『CARELESS』のジャケットをモチーフにしたアートワークもファンには嬉しい一枚です。





★まさに傑作! NYの女流カルト・シンガーPOLLY NILESがロンドンに残した70年の未発表幻アルバム『SUNSHINE IN MY RAINY DAY MIND』がボーナス大量追加で待望の発掘2CDリイシュー!

2019年11月入荷予定----



★まさに傑作! NYの女流カルト・シンガーPOLLY NILESがロンドンに残した70年の未発表幻アルバム『SUNSHINE IN MY RAINY DAY MIND』がボーナス大量追加で待望の発掘2CDリイシュー!

●POLLY NILES / SUNSHINE IN MY RAINY DAY MIND: THE LOST ALBUM (2CD) 輸入CD 2,420円(税込) (GRAPEFRUIT / CRSEG063D / 5013929186323)
RAMBLIN'JACK ELLIOTTの3人目の妻として知られるカルト・シンガーが残した70年の未発表幻アルバムがボーナス大量追加で待望の発掘2CDリイシュー!

1970年にEMBER RECORDSの元で製作されたこのアルバムは長年に亘りコレクター諸氏から伝説のアルバムとされており、テスト・プレス形式でのみ存在するのではないかとまことしやかに囁かれてきた幻の逸品。

後に72年の映画「SUPER FLY」に出演したNY生まれの女優、モデル、歌手、ソングライターであるPOLLY NILESは、BOB DYLANにも影響を与えたアメリカン・フォーク・シンガーRAMBLIN'JACK ELLIOTTと若くして結婚。60年代半ばに2人は英国へ渡り、69年にロンドンに拠点を置くEMBERレーベルと契約、アルバム用にレコーディング・セッションを重ねるものの、結局計画は頓挫しています。ちなみに当初69年のアルバム用リールには「POLLY ELLIOTT」の記載がありましたが、製作の進行中にELLIOTTとは離婚、その後新たな相手であるテレビ・ディレクターのDAVID NILESと2度目の結婚を果たし、「POLLY NILES」と名義を変えています。

プロデューサーにはブラジリアン・ソウル・シンガーJON LUCIENの作品にも携わったGREENWICH VILLAGE時代からの知り合いでもあるBEAU RAY FLEMING、アレンジには後にソウル・ファンク界の重要人物となりBEN E. KINGやCHERYL LYNNの作品に関わることになるBERT DECOTEAUXが参加。STEPHEN STILLSの"FOR WHAT IT'S WORTH"にJOHNNY CASHの"I WALK THE LINE"、BOB DYLANの"I SHALL BE RELEASED"、JOHN BARRYの"THE MILK OF THE TREE"といったカヴァー・セレクションに、時代のサイケを反映したGERALD NEWMAN/LOU SCHEREによる書き下ろし"SUNSHINE IN MY RAINY DAY MIND"、そしてソウル・シンガーCAROL WOODSによっても吹き込まれた プロデューサーFLEMINGとの共作オリジナル"IF I LET YOU"と、MALACOの歌姫DOROTHY MOOREやマイナー・サイケ・バンドU.S. APPLE CORPSも取り上げた 友人HAROLD BEATY THOMASとの共作"GET HIGH ON JESUS"の2曲のPOLLYのペンによるオリジナルなどなど、プロテスト・シンガーのような歌唱からブロードウェイ調、ポップなサイケにストレンジ、フォーク、ソウル、カントリー、ゴスペルに、セッション・シンガー時代を思わせるソプラノまで、実にヴァラエティ豊かな才能を発揮しています。

当時正式にリリースされたPOLLY NILESの楽曲は、70年のEMBERのレーベル・サンプラー『FUTURE STAR EXPLOSION - NEW FACES OF THE 70'S』に収録されたジェントルなサイケデリック・チューン"SUNSHINE IN MY RAINY DAY MIND"の1曲のみでしたが、後にレーベルメイトMILLY SCOTTや80Sインディ・ロック・バンドTHE PRIMITIVESなど様々なアーティストがカヴァーし注目を集めています。

POLLY ELLIOTT名義の"SINCE I LOST YOU BABY / THE MILK OF THE TREE (EMB S 275, APPROX JUNE 1970)"、"SUNSHINE IN MY RAINY DAY MIND / GET HIGH ON JESUS (EMB S 289, OCTOBER 1970)"といった発売キャンセルとなった70年シングル楽曲のアセテート音源に、アセテート化もされないまま発売中止となった"IF I LET YOU / EAST VIRGINIA"、さらには近年になって各種コンピレーションに収録されたEMBERセッションからの6曲を含む、本来予定されていた全12曲の新規リマスター音源に加え、

同様にキャンセルとなったシングル用のモノ・ヴァージョン、オルタネイト・ミックスや製作途中のトラックに、オリジナルのマルチトラックから作成された2019年最新ミックス等貴重音源をコンパイルした拡張エキスパンデッド・エディション2CD。

POLLY自身がコンサルタントとして参加したアーティスト許諾リリース。初めて語られるPOLLYのストーリーを掲載したジャーナリストのCHARLES DONOVANによる3000字ライナー・エッセイ付属。POLLY自身のアーカイヴからのEMBER期のフォトをあしらったアートワーク。




★ANIMALSのALAN PRICEの74年作『BETWEEN TODAY AND YESTERDAY』がボーナス・トラックを2曲追加の新規リマスターでCDリイシュー!

2019年11月入荷予定----



★ANIMALSのALAN PRICEの74年作『BETWEEN TODAY AND YESTERDAY』がボーナス・トラックを2曲追加の新規リマスターでCDリイシュー!

●ALAN PRICE / BETWEEN TODAY AND YESTERDAY (REMASTERED AND EXPANDED EDITION CD) 輸入CD 1,980円(税込) (ESOTERIC RECORDINGS / ECLEC2694 / 5013929479449)
74年作がボーナス・トラックを2曲追加の新規リマスターでCDリイシュー!

THE ANIMALSの創設メンバーであり、英国を代表するオルガン・プレーヤーとして知られるALAN PRICEは、1965年にTHE ANIMALSを脱退した後、ソロ・キャリアをスタートします。

1974年にリリースされた自伝的アルバム『BETWEEN TODAY&YESTERDAY』は、タイトルどおり 「昨日」サイドと 「今日」サイドに分かれた作品で、「昨日」サイドでは彼が育ってきたワーキング・クラスの環境をモチーフにロック以前のミュージック・ホール・スタイルや労働階級アンセムを展開、 「今日」サイドではよりモダンでコンテンポラリーな今日的ロックやブルースを披露しています。

ミュージカル要素全開なパワフル・ナンバー"JARROW SONG"は、英国のシングル・チャートを獲得しています。ごきげんなポップ・ソング"ANGEL EYES"、オルガンでしっとりと聞かせてくるタイトル・トラック"BETWEEN TODAY AND YESTERDAY"など、ALAN PROCEのソロ作品のなかでも最高傑作と評される傑作です。

"JARROW SONG"のシングル・ヴァージョンなど2曲のボーナス・トラックを追加した全14曲。オリジナル・アートワークの復元、新規エッセイ掲載ブックレット付属。




★英国が誇る奇才ROY WOODの75年作『MUSTARD』が新規リマスター&エキスパンデッド・エディションでCDリイシュー!

2019年11月入荷予定----



★英国が誇る奇才ROY WOODの75年作『MUSTARD』が新規リマスター&エキスパンデッド・エディションでCDリイシュー!

●ROY WOOD / MUSTARD (REMASTERED AND EXPANDED EDITION CD) 輸入CD 1,980円(税込) (ESOTERIC RECORDINGS / ECLEC2695 / 5013929479548)
75年作が新規リマスター&エキスパンデッド・エディションでCDリイシュー!

THE MOVE、ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA、WIZZARDと60年代の最重要バンドで活躍した天才ROY WOOD。

75年12月にリリースされた2枚目のソロ・アルバム。多様なスタイルで構成されたこのアルバムは、批評家からはBEACH BOYSのクラシック・アルバム『PET SOUNDS』に相当すると称賛されるほどの傑作となりました。こぼれたマスタードの上でROY WOODがバグパイプを吹いているというシュールなアートワークの通り、作中でバグパイプを使用するなど、作曲、プロデュースはもちろんのこと、レコーディングで使用したすべての楽器を自身で演奏しています。

ゲストには、英国のシンフォニック・ロックを代表するプログレ・バンドRENAISSANCEのヴォーカリストANNIE HASLAMが"THE RAIN CAME DOWN ON EVERYTHING"に、EVERLY BROTHERSの兄PHIL EVERLYが"GET ON DOWN HOME"に、それぞれ参加しています。

WIZZARDとしての2曲を含む同時期75年5月から76年8月までにリリースされたレア・シングル・トラック7曲をボーナス・トラックに追加した全17曲。オリジナル・アートワークを復元、新規エッセイ掲載ブックレット付属




★英国スワンプ/フォーク/シンガー・ソングライター・ファンも! 60年代後半から70年代前半の英国ロック・シーンの隠れた名曲にスポットを当てた3CDコンピレーション!

2019年11月入荷予定----



★英国スワンプ/フォーク/シンガー・ソングライター・ファンも! 60年代後半から70年代前半の英国ロック・シーンの隠れた名曲にスポットを当てたコンピレーション『ACROSS THE GREAT DIVIDE - GETTING IT TOGETHER IN THE COUNTRY 1968-74』が3CDでリリース!

●V.A. (SOUTHERN/SWAMP/COUNTRY ROCK) / ACROSS THE GREAT DIVIDE - GETTING IT TOGETHER IN THE COUNTRY 1968-74 (3CD) 輸入CD 3,300円(税込) (GRAPEFRUIT / CRSEGBOX061 / 5013929186101)
英国スワンプ/フォーク/シンガー・ソングライター・ファンも! 60年代後半から70年代前半の英国ロック・シーンの隠れた名曲にスポットを当てたコンピレーション・アルバムが3CDでリリース! 

60年代後半から70年代前半の絶え間なく進化する英国のロック・シーンに埋もれた名曲たちにスポットを当てたコンピレーション・アルバムが登場。

サイケデリアの時代の波の中で、英国の田舎でオーガニックなフュージョンを遂げたTRAFFICよろしくのジャズ、フォーク、ポップ、R&Bが渾然一体となった新たなブリティッシュ・ロックの萌芽から始まり、海を越えたTHE BANDのカントリー/ソウルやBYRDSやCSNのハーモニーとアコースティック・サウンド等々から逆輸入的に影響を受けたBRINSLEY SCHWARZやBRONCO、HERON等の新世代カントリー/フォーク・ロック/シンガー・ソングライターなどなど、タイトルどおりに国の中のジャンルの垣根を越えて生み出され始めた時代の産物的楽曲、今日の日本で言うところの「英国スワンプ~パブ・ロック~ルーラル・ロック~米国憧憬アメリカーナ」的トラックを大量に編みこんだ新機軸コンピレーションとなっています。

ROD STEWART、TRAFFIC、FAIRPORT CONVENTIONなどのビッグ・ネームに加え、モッド・バンドTHE ACTIONから転身したカルトなアンダーグラウンド・バンドMIGHTY BABY、DAVID BOWIEやT.REXと共に70年代を駆け抜けたグラム・ロック・バンドMOTT THE HOOPLE、名ジャズ・ロック・バンドEAST OF EDEN後期に活躍したリード・ヴォーカルPETER FILLEULが参加していたチャンネル諸島ジャージー島のフォーク・ロック・グループTHE PARLOUR BANDなどの傑作を堪能することができます。

未発表音源を含む4時間に及ぶ全64曲を3枚のCDに収録。44ページ・ブックレット付属。クラムシェル・ボックス装。




★英国アンダーグラウンド界の重要バンドMIGHTY BABYの6CDアンソロジー・ボックス『AT A POINT BETWEEN FATE AND DESTINY』がリリース!

2019年11月入荷予定----



★英国アンダーグラウンド界の重要バンドMIGHTY BABYの6CDアンソロジー・ボックス『AT A POINT BETWEEN FATE AND DESTINY』がリリース!

●MIGHTY BABY / AT A POINT BETWEEN FATE AND DESTINY - THE COMPLETE RECORDINGS (6CD BOX) 輸入CD 4,180円(税込) (GRAPEFRUIT / CRSEGBOX062 / 5013929186200)
英国アンダーグラウンド界の重要バンドMIGHTY BABYの6CDアンソロジー・ボックスがリリース!

PAUL WELLERの再評価からネオ・モッズ時代に日の目を見た 埋もれたモッド・ソウル・ビート・バンド最高峰THE ACTIONから発展、結果として英国アンダーグラウンド・ロックの中でも一際人気の高いバンドとなった名アンダーグラウンド・サイケデリックスMIGHTY BABY。ブルースやフォーク、ジャズ、サイケ、プログレまで幅広く取り込んだ彼らのユニークな録音の数々がコンプリート・レコーディングスとして一挙6CD音盤化です。

サックスとコーラス・ワークが抜群にかっこいいジャズ・ロック風オープニング・ナンバー"EGYPTIAN TOMB"が印象的なヘヴィでブルージーな名作に仕上がった69年1ST『MIGHTY BABY』、メンバーの大半をイスラム教に改宗させた逸話でも知られる元SAVOY BROWNのギタリストMARTIN STONEのギター・ワークを中心にした芳醇なインスト・ジャムをはじめ、アシッド感覚とスワンプ感覚を行き来するような美しくメロウでレイドバックした郷愁が広がる71年傑作2ND『A JUG OF LOVE』のアルバム楽曲はもちろんのこと、

1STアルバムのリハーサル・セッションや未発表オルタネイト・ヴァージョン、バンドが唯一テレビ出演した際のパフォーマンス音源やその他のスタジオ・アウトテイク、さらにはバンド・フェイヴァリット"VIRGIN SPRING"や"GOIN' DOWN TO MONGOLI"の未発表ヴァージョンや、36分にも及ぶ驚愕の"A BLANKET IN MY MUESLI"のロスト・テイク等を含む71年グラストンベリー・フェスでの実に3時間というライヴ・マテリアルなど、ファン垂涎の貴重で贅沢な音源を一挙コンパイル。

レアな写真やメモラビリアに加え、鍵盤を中心にマルチな活躍を見せた主要メンバーIAN WHITEMANによる未発表の自伝「THE AVERAGE WHITEMAN, AT A POINT BETWEEN FATE AND DESTINY」からの抜粋を含む12000字の新規エッセイ掲載ブックレット付属。クラムシェル・ボックス装。