2019年1月16日(水)リニューアルオープン! 新宿駅南口徒歩5分。ディスクユニオン唯一の'60年~'70年代の洋楽ロック新品/中古 CD・DVD専門店です。 Allman Brothers Band / Beatles / Bob Dylan / David Bowie / Eric Clapton / Grateful Dead /Jimi Hendrix / Led Zepplin / Rolling Stones...の王道ロックをはじめ、PSYCH / GARAGE / SOFT ROCK / AOR / SSW / FOLK / HARD ROCK等といった、クラシック・ロック全般を濃く深く取り揃えております。買取は常時大募集中でございます。ロック査定専門スタッフがお客様のコレクションを一点一点丁寧かつ、適正価格で高額買取いたします!

★まさかの未発表楽曲も! USガレージ・サイケデリアの秘宝INDEX、サイケ・ファン待望のオリジナル音源集第2弾『ORIGINALS VOL. 2 (1969)』がアナログ・リリース!

2019年06月入荷予定----



★まさかの未発表楽曲も! USガレージ・サイケデリアの秘宝INDEX、サイケ・ファン待望のオリジナル音源集第2弾『ORIGINALS VOL. 2 (1969)』がアナログ・リリース!

●INDEX (PSYCHE) / ORIGINALS VOL. 2 (1969) 輸入LP 3,024円(税込) (LION PRODUCTIONS / LIONLP-177 / 0778578317713)
まさかの未発表楽曲も! サイケ・ファン待望のオリジナル音源集第2弾がアナログ・リリース!

ミシガン州デトロイト近郊の町グロース・ポワントに渦巻いたホームメイド自主制作ガレージ・サイケデリアの秘宝INDEX。67年から68年にかけて自身のDC RECORDSから自主リリースされた2枚のアルバム、通称『BLACK ALBUM』と『RED ALBUM』は、今やオリジナル盤を入手することは(目撃することですら)ほぼ不可能、市場に出れば数十万円は下らないUSサイケ界のトップ・レア・アイテムとして君臨する孤高の逸品として知られています。

2009年2月、INDEXのドラマーJIM VALICEがミシガンの実家のクローゼットで発見した3本のリール・テープに収録されていた全14曲を収録。69年に残されながらも忘れ去られていたこれらの楽曲群は、うち7曲が初アナログ化、残る7曲は完全初音盤化の未発表音源というファン垂涎の秘蔵音源となっています。

前ベーシストでリズム・ギタリストのGARY FRANCISがバンドを去り、通称『RED ALBUM』から参加のベーシストTOMM BALLEWがバンドに定着、69年には純粋なパワー・トリオ編成に回帰していたINDEX。イェール大学で学ぶようになっていたギタリストJOHN FORDは毎週末大学からデトロイトへ戻ることは難しく、やがて需要の大きかったライヴ活動を制限するようになり、バンドは限られた時間の中で作曲と録音にいそしんでいたとのこと。ようやくDIYレベルにまで降りてきた最先端の重ね録りテクノロジーを駆使し、ギター、ベース、ドラム、リード・ヴォーカルによるベーシック・トラックの上に、キーボードや追加のギター、ヴォーカル等を重ね作り上げられた自家製作チューンの数々。

TOMのベースを得てより自由にギターを織り込んでいくJOHNとバンドのダイナミクスを捉えた"LIVIN' IN DETROIT"に"KICK IT OUT"、時代のサイケデリアを体現した"STREET CRIME"や"YESTERDAY AND TODAY"のファスト・ヴァージョン、オルガン・ドライヴンでヒップ・シェイキンなグルーヴィ・チューン"432 LAKESHORE"や、"LOVE IS HERE TO STAY"、"I WALK ALONE"といった不安に満ちたロマンティックなバラッド・ソング、THE JESUS & MARY CHAINとの早過ぎる近似を指摘される未発表トラック"SOMETHING SWEET"まで、のちのパンクやポスト・パンク、オルタナティヴやノイズに至る全ロック・シーンの文字通りの索引としてINDEXが提示したバンドのさまざまな側面を浮き彫りにする全14トラックを収録しています。

オリジナル・テープからのリマスター。JIM VALICEによる詳細バンド史やレア・フォト掲載4面カラー・インサート。




★ギリシャ産ジャズ・ファンクの衝撃再び! ギリシャ人作曲家KYRIAKOS SFETSASが産み落とした76年「GREEK FUSION ORCHESTRA」音源発掘第2弾がCD/LPリリース!

2019年06月入荷予定----



★ギリシャ産ジャズ・ファンクの衝撃再び! ギリシャ人作曲家KYRIAKOS SFETSASが産み落とした76年「GREEK FUSION ORCHESTRA」音源発掘第2弾がCD/LPリリース!

●KYRIAKOS SFETSAS / GREEK FUSION ORCHESTRA VOL.2 (CD) 輸入CD 1,944円(税込) (TERANGA BEAT / TBCD023 / 5213000760187)

●KYRIAKOS SFETSAS / GREEK FUSION ORCHESTRA VOL.2 (LP) 輸入LP 2,484円(税込) (TERANGA BEAT / TBLP023 / 5213000760194)

ギリシャ産ジャズ・ファンクの衝撃再び! ギリシャ人作曲家KYRIAKOS SFETSASが産み落とした76年「GREEK FUSION ORCHESTRA」音源発掘第2弾がCD/LPリリース!

ギリシャの伝統音楽とジャズ/フュージョンの折衷を試みたプログレッシヴ・ジャズ再び。ギリシャの伝統音楽の音階をボトムが太いジャズ・ロックに昇華させ、OKAY TEMIZなどとも通じる非西洋MEETS西洋グルーヴを実現しています。疾走感あふれる"ON A FOLK MODE"、一転ダーク&トライバルなフリー・ジャズを聴かせつつ後半は高速フュージョンになだれ込む"THE WIDOW"、タイトなドラムが全編を支配する民俗プログレッシヴ・ジャズ・ロック・チューン"FROM A FOREIGN LAND"など、VOL.1に比べてフリーキー&ダークな疾走感が増した鬼気迫る内容。アラビック・ジャズなどを探している生音系のDJ、辺境レア・グルーヴの隠し玉としてもかなりのポテンシャルを持った1枚です!

全編未発表レコーディング。オリジナル・ステレオ・リール・テープからの最新リマスター。バンド・メンバーにも触れたライナーノーツ掲載ブックレット付属。

LPはゲートフォールド・スリーヴ装。ダウンロード・コード付属。
CDはデジパック・スリップケース装。




交響曲、合唱曲、バレエ、演劇音楽、室内楽、電子音楽、フィルム・スコア、ジャズ/フュージョンなどなど多様なジャンルを横断し活動するギリシャのコンポーザーKYRIAKOS SFETSAS。若き日には地元でクラシックの素養と共にギリシャの民俗音楽に接しジプシー・オーケストラとも共演、63年から66年までアテネの国立音楽院でKRINO KALOMIRIにピアノを、MICHALIS VOURTSISに音楽理論を師事、64年にはMARIA CALLASのギリシャでのラスト・パフォーマンスにピアノで帯同、67年にパリで奨学金を得るとMAX DEUTSCHに作曲やオーケストラ指揮を師事、さらにはご存知ギリシャ系フランス人の数学的建築的音楽家IANNIS XENAKISやイタリアの電子音楽/ミュージック・セリエル主導者LUIGI NONO、自由な無調性を模索したフランスのHENRI DUTILLEUXといったヨーロッパを代表する作曲家たちとも親交を深めていきました。
60年代後半から70年代前半をフランスで過ごし、世界初の4チャンネル・テープ作品のひとつとなった自身初のレコードにして激レア盤『FOUR-CHANNEL ELECTRO-ACOUSTIC MUSIC FOR THE "BALLET SMOG"』等を手がけたのち、75年秋にはギリシャへ帰国。国立ラジオ局等で働きながら76年に自身のオーケストラGREEK FUSION ORCHESTRAを結成し、幼き日の地元での記憶とパリでのアヴァンギャルド時代に共に立ち戻るかのようにギリシャの伝統音楽の拡張を模索していきました。
そして産み落とされたプログレッシヴ・ジャズ・フュージョン・ファンクな作品群は一部が80年に『GREEK FUSION ORCHESTRA』として結実します。本シリーズはその膨大な録音の氷山の一角から編まれています。




★STEVIE NICKS、ソロ・キャリアを総括した最新コンピレーション『STAND BACK: 1981-2017』が6LPアナログ・リリース!

2019年07月入荷予定----



★STEVIE NICKS、ソロ・キャリアを総括した最新コンピレーション『STAND BACK: 1981-2017』が6LPアナログ・リリース!

●STEVIE NICKS / STAND BACK: 1981-2017 [6LP VINYL] 輸入LP 12,420円(税込) (RHINO / 349785246 / 0603497852468)
ソロ・キャリアを総括した最新コンピレーションが6LPアナログ・リリース!

2019年、今度はソロ・アーティストとして98年のMACに続き2度目のロックの殿堂入りを果たすアメリカン・ロック・シーン永遠の妖精STEVIE NICKS。

女性アーティストとして史上初の快挙を果たす彼女の、40年近くに亘るソロ・キャリアを総括したコレクションが登場です。全米NO.1ヒット"EDGE OF SEVENTEEN"を始めとする代表作にDON HENRYやTOM PETTYとのコラボレーション、さらには81年ツアーからのライヴ音源やサウンドトラック提供曲まで、今も尚輝き続けるロックの歌姫の魅力が全てここに――

"STAND BACK"や"TALK TO ME"、"THE DEALER"といった新旧全米トップ10ヒット・シングルに加え、『BELLA DONNA』に収録されたTOM PETTY & THE HEARTBREAKERSとの"STOP DRAGGING MY HEART AROUND"とDON HENRYとの"LEATHER AND LACE"、そしてSHERYL CROWとの"YOU'RE NOT THE ONE"、LANA DEL REYとの"BEAUTIFUL PEOPLE BEAUTIFUL PROBLEMS"といった彼女ならではのコラボレーション楽曲、さらに"DREAMS"、"RHIANNON"の81年『BELLA DONNA』ツアーからの楽曲に、09年ライヴ・アルバム『THE SOUNDSTAGE SESSIONS』からの"SARA"とDAVE MATTHEWS BANDカヴァー"CRASH"といったライヴ音源、そして映画「HEAVY METAL」の"BLUE LAMP"や映画「PRACTICAL MAGIC」の"IF YOU EVER DID BELIEVE"などのサウンドトラック楽曲も収録しています。




★オールデイズレコード新作! ポーパーズ、ドノヴァン、スキーター・デイヴィス!

2019年05月24日入荷予定----



★オールデイズレコード新作! ポーパーズ、ドノヴァン、スキーター・デイヴィス!

●ポーパーズ / マジック・ピープル 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6786 / 4582239487860)
カナディアン・ロックの実力派バンド、ポーパーズの傑作ファーストが復刻!

モンタレー・ポップ・フェスティバルにも出演したカナダ出身バンド、ポーパーズのファースト(67年)。

全曲がメンバーのスキップ・プロコップ(ドラムス)&アダム・ミッチェル(ギター)によるオリジナルという意欲作で、シングルにもなった表題曲は、そのキャッチーさ、浮遊感のあるハーモニーの響き、巧みに配したフラワー~サイケデリックのエッセンスなど、67年という時代を象徴するような仕上がりだ。解散後、プロコップはアル・クーパーの誘いで『フィルモアの奇蹟』に参加し、その後にライトハウスで成功した。





●ドノヴァン / ウェア・ユア・ラヴ・ライク・ヘヴン 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6793 / 4582239487938)
ドノヴァンのファンタジックな世界と美しいジャケットが織りなす、名盤の輝き

もともと2枚組ボックス仕様を意図して制作された作品で、67年に『WEAR YOUR LOVE LIKE HEAVEN』と『FOR LITTLE ONES 』が単体でリリースされたあと、翌68年にその2枚を美麗なボックスに収めた『ドノヴァンの贈り物/夢の花園より(A GIFT FROM A FLOWER TO A GARDEN)』がリリースされた。

1枚目にあたる本盤は同世代の大人に向けたエレクトリック・ポップ・アルバムで、穏やかでノスタルジックな雰囲気のなか、ドノヴァンならではのファンタジックな世界が展開されている。(さらに初期ドノヴァンの代表曲2曲の別ミックスもボーナス・トラックとして追加)





●ドノヴァン / フォー・リトル・ワンズ 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6794 / 4582239487945)
ドノヴァンのファンタジックな世界に包まれたアコースティックな名盤

もともと2枚組ボックス仕様を意図して制作された作品で、67年に『WEAR YOUR LOVE LIKE HEAVEN』と『FOR LITTLE ONES 』が単体でリリースされたあと、翌68年にその2枚を美麗なボックスに収めた『ドノヴァンの贈り物/夢の花園より(A GIFT FROM A FLOWER TO A GARDEN)』がリリースされた。

2枚目にあたる本盤は、子供たちに向けたアコースティック・フォーク・アルバムというテーマで、穏やかでノスタルジックな雰囲気のなか、ドノヴァンならではのファンタジックな世界が展開されている。(さらに1967年当時のシングル2曲もボーナス・トラックとして追加)





●スキーター・デイヴィス / スキーター・デイヴィス・コレクション 国内CD 3,240円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6790-92 / 4582239487907)
カントリーの歌姫スキーター・デイヴィスによる珠玉のポップ・コレクション!

「エンド・オブ・ザ・ワールド」(63年全米2位)の世界的ヒットで知られるポップ・カントリーの歌姫スキーター・デイヴィスが、そのヒットをきっかけにポップスの分野に進出して63~66年に発表した3枚のアルバムを纏めた独自企画ボックスが登場。

素朴で誠実な佇まいと温かい歌声でカントリー・ソングを披露してきた従来の彼女とはひと味ちがう、明るくて爽やかな歌世界を楽しむことができる、ポップス・ファンにとって嬉しいコレクションだ。(3枚組BOX仕様)

SKEETER DAVIS 「CLOUDY, WITH OCCASIONAL TEARS」
SKEETER DAVIS 「LET ME GET CLOSE TO YOU」
SKEETER DAVIS 「SINGIN' IN THE SUMMER SUN」




★ETERNAL GROOVES新作! ヤードバーズ放送用音源ライヴ集『ジェフ・ベック・イヤーズ』、ビートルズ『スターズ・オブ・'64 #.4 <ワールドツアー>』CD!

★ETERNAL GROOVES新作! ヤードバーズ放送用音源ライヴ集『ジェフ・ベック・イヤーズ』、ビートルズ『スターズ・オブ・'64 #.4 <ワールドツアー>』CD!

●ヤードバーズ / ジェフ・ベック・イヤーズ 国内CD 2,484円(税込) (ETERNAL GROOVES / EGRO-0025 / 4589767512552)
★ジェフ・ベック期の貴重な放送用音源ライヴ集!
★J・ペイジがベース時代の貴重ライヴも追加収録!
★ETERNAL GROOVESの"ROCK OFF"シリーズから登場!

E・クラプトン、J・ベック、J・ペイジと3大ロック・ギタリストを生んだ伝説のブリティッシュ・ビート・バンド、ヤードバーズ。好評を得たジミー・ペイジ・イヤーズに続き、待望のジェフ・ベック期のライヴ音源集が登場です。

エリック・クラプトンに代わりJ・ベックが加入すると、「フォー・ユア・ラブ」、「ハートせつなく」、「シェイプス・オブ・シングス」と、続けざまにヒット曲を連発。しかし凡百のプリティッシュ・ポップバンドと一線を画したのはトリッキーなフレーズを操るスーパー・ギタリストが在籍していたからでしょう。

本CDには、そんなスタジオ録音には収まりきらないJ・ベックの魅力が溢れるライヴテイクを多数収録しています。"SHINDIG"、"HULLABALLOO"といった米国TVやBBCでのライヴ。更にはほんの一時期ジミー・ペイジがベースとして加入した時期のライヴなど、貴重ライヴ満載で登場です。

まず人気に火がついた1965年、米国TV「シンディグ!」での「ハートせつなく」は、まだ新入りだったベック、さすがに制御心が働いたのか、ほぼシングル盤と同じギターソロなのですが、それでもチョーキングのポイントなどが公式版とは明らかに違い、ベックらしさが垣間見えるテイク。英国音楽誌NME主催の人気投票ウィナーズ・コンサートでは、ビートルズ、ストーンズ、ザ・フーらと出演し、そこで強烈なる「THE TRAIN KEPT A-ROLLIN'」と、反戦ソング「SHAPES OF THINGS」を披露。珍しい音源ではサンレモ音楽祭でのイタリア語の「QUESTA VOLTA」でのベック参加ライヴ・バージョン。この「QUESTA VOLTA」は、音楽祭での課題曲として録音を義務化され、ベックがレコーディングをすっぽかしたいわく付の曲なのです。流石に音楽祭には出席したのですが、そこではロック調のベックらしいギターをねじ込んで来る荒業を見せます。

フランスのプロヴァン・ロックフェスではジミー・ペイジが1週間だけベースとして参加した時期の貴重なライヴ(9-11曲目)で「THE TRAIN KEPT A-ROLLIN'」などで、ペイジの前がかりなベースプレイが新鮮です!

当時の状況、エピソード、曲目などの日本語解説文を内ジャケに掲載。ETERNAL GROOVESの"ROCK OFF"シリーズから登場!

★日本著作権協会JASRAC許諾商品
★GETTY IMAGES JAPANのライセンス写真使用ジャケ





●ビートルズ / スターズ・オブ・'64 #.4 <ワールドツアー> 国内CD 2,484円(税込) (ETERNAL GROOVES / EGDR-0105 / 4589767512453)
★1964年・カナダ&欧州3公演。未発表ライヴ・シリーズ第5弾!

★2万人が押し寄せた伝説のカナダ・バンクーバー公演!
★英国公演では当時の最新シングル「ハード・デイズ・ナイト」初ライヴの決定的瞬間が!
★ミキサーコンソール直結録音のスウェーデン公演は新鮮!
★ETERNAL GROOVESから、デジパックで登場!

ビートルズの貴重な未発表ライヴを年代順に追いかけるライヴ・シリーズ。第5弾は、1964年英国、スウェーデン、カナダでの貴重な3公演ライヴです。

1964年、エドサリバン・ショウとワシントン公演で米国での人気に火がついたビートルズ。夏に組まれたハリウッドボウルなど大規模な米国ツアー前に行われた小規模な欧州ツアーから唯一残されたライヴ音源、英国ブラックプール公演を収録。これは"BIG NIGHT OUT"という英国ABCテレビ番組での7月19日の生演奏で、7/10に発売したばかりのニューシングル「ハード・デイズ・ナイト」とそのB面「今日の誓い/THINGS WE SAID TODAY」を演奏した、現存する最古のライヴです。地元英国では既にトップスターの彼等。充実した演奏ぶりで観客に応えます。

その約10日後、7月28日のスウェーデン、ストックホルムでのライヴは、5年ほど前にマスターが発見されたレア音源です。おそらくポールのマイクの音声ラインをメインに記録したようなミックスで、ジョンやリンゴの声がかなり小さくしか聴こえませんが、ビートルズの演奏は類を見ない激しさです。特に若きポールのシャウトっぷりは聴けば納得の素晴らしさ!ジョンがリードボーカルの「YOU CAN'T DO THAT」などは、ポール&ジョージのコーラスのバランスが大きいのですが、怪我の功名か、ポールとジョージの若さ弾けるコーラスワークに驚くこと間違なし。特に終始ノリノリのポールが、合間にベイビー!やヤァー!という掛け声を入れまくり、「SHE LOVES YOU」にいたっては、♪ギャー、ギャー!!とハチャメチャです。そんな楽しげな様子をマスタークオリティの音質で聴くことができます。

次に3ソース目は、大規模な米国ツアーの中に組み込まれた、初のカナダ公演となる8月22日のバンクーバーでのライヴを、地元放送局が録音したアーカイブから収録。映画『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』が全米で大ヒット中でもあり、初のカナダ公演には、2万人近い大観衆が詰め掛けました。「TWIST AND SHOUT」から絶好調にショウはスタートし、「ベートーベンをぶっ飛ばせ」が終わる頃には、観客がステージへ押し寄せていたのでしょう。司会者が必死に「さがって下さい!」と促す様子が聴こえます。そんな余りの混乱ぶりに2度も中断された伝説の熱狂ライヴを、ラストナンバー「のっぽのサリー」まで全曲を完全収録。最後にボーナスとして、会場の様子を伝えるラジオ・ニュースも追加収録しました。

当時の状況、背景などを記した日本語解説を内ジャケに掲載。
ETERNAL GROOVESよりデジパックCDで登場です。

★日本著作権協会JASRAC許諾商品
★GETTY IMAGES JAPANのライセンス写真使用ジャケ

T.1-5: BLACKPOOL NIGHT OUT、ENGLAND / JULY 19, 1964 
T.6-12: JOHANNESHOVS, STOCKHOLM SWEDEN / JULY 28, 1964
T.13-23: VANCOUVER CANADA / AUGUST 22, 1964